Azure DevOps Server で Azure SQL Database を使用する

Azure DevOps Server 2020 |Azure DevOps Server 2019

注意

Azure DevOps Server は以前に Visual Studio Team Foundation Server と呼ばれていました。

Azure SQL Databaseで Azure DevOps Server を構成するには、この記事の手順に従います。 オンプレミスの SQL server を使用する場合と比較して、このトポロジにはいくつかの追加の手順があります。

必要条件

  • Azure SQL Database は Azure DevOps Server 2019 以降のバージョンでのみ使用できます。

  • Azure SQL Database は、ドメインに参加している Azure Virtual Machines も使用する場合に Azure DevOps Server でのみ使用できます。

    注意

    この制限の主な理由は、Azure DevOps Server と Azure SQL Database 間の接続は マネージドサービス IDを使用して実現されるためです。 マネージドサービス ID を使用すると、SQL 認証を使用する必要がなくなり、ユーザー名とパスワードを保存することができます。これにより、セキュリティ上のリスクが生じます。

  • Azure SQL データベースは単一データベースである必要があります。 マネージインスタンスとエラスティックプールはサポートされていません。

すべての General Purpose および Premium Sku がサポートされています。 Standard Sku S3 以降もサポートされています。 Basic Sku と Standard Sku S2 以下はサポートされていません。 Azure SQL Database を使用する Azure DevOps Server 構成では、SQL Server Analysis Services レポート機能を使用した古い SQL Server Reporting Services はサポートされません。 代わりに、 Azure DevOps Analyticsを使用できます。

Azure SQL Database を使用する場合、Azure DevOps Server へのアップグレードは Team Foundation Server 2015 以降でのみサポートされます。 Azure SQL Database は、暗号化されたストアドプロシージャをサポートしていません。

Azure SQL Database の設定

  1. 仮想マシンでマネージド ID を構成します。 現時点では、システム マネージド ID のみをサポートしています。

    構成は、次を含むすべての標準メカニズムを使用して実行できます。

  2. 新しいインスタンス インスタンスを設定Azure DevOps Server、次の 2 つのデータベースAzure SQLします。

    • AzureDevOps_Configuration

    • AzureDevOps_DefaultCollection

      注意

      既存のデータベースを使用して次のいずれかを行う場合は、この手順をスキップできます。

      • 新しいバージョンの Azure DevOps Server。
      • アプリケーションの最新のインスタンスを移行Azure DevOps ServerにAzure SQL Database。
  3. サーバー Azure Active Directory認証 を構成Azure SQL Databaseします。 サーバーの Active Directory 管理者になります。 残りの構成手順を完了するには、データベースに対する管理者権限が必要です。 このアクセス許可は後で変更できます。

  4. マネージド ID (複数のサーバーを使用する場合は ID) を有効にして、Azure SQL データベースにサインインし、適切なアクセス許可を付与します。 を使用してデータベース サーバーに 接続SQL Server Management Studio。 Active Directory 認証を使用Azure Active Directoryユーザー を使用して接続 します。 SQL 認証でサインインAzure Active Directoryユーザーを操作Azure SQL Database操作できない。

    a. メイン データベースで次の T-SQL コマンドを実行します。

    CREATE USER [VMName] FROM EXTERNAL PROVIDER
    ALTER ROLE [dbmanager] ADD MEMBER [VMName]
    

    VMName を、マネージド ID をデータベースに追加する仮想マシンの名前に置き換える。

    b. 構成とすべてのコレクション データベースで次の T-SQL コマンドを実行します。

    CREATE USER [VMName] FROM EXTERNAL PROVIDER
    ALTER ROLE [db_owner] ADD MEMBER [VMName]
    ALTER USER [VMName] WITH DEFAULT_SCHEMA=dbo
    

Azure DevOps Server の構成

Azure DevOps Server 構成ウィザードに戻ります。 新しいインスタンスを設定する場合は、[ これは新しい Azure DevOps Server デプロイ です] を選択します。 アップグレードまたは移行し、データベースに既存のデータがある場合は、[ この Azure DevOps Server の配置に使用する既存のデータベースがある] を選択します。

構成ウィザードの [ データベース ] ページが表示されたら、Azure SQL Database サーバーインスタンスを指定します。 通常、サーバーインスタンスは Sqlinstancename. database.windows.net の形式になります。

これで、Azure SQL Database で実行される Azure DevOps Server インスタンスが作成されました。