手動テストの実行

Azure Test Plans |Azure DevOps Server 2020 |Azure DevOps Server 2019 |TFS 2018-2015

Microsoft テスト ランナーを使用して、手動テストを実行し、テスト ステップごとにテスト結果を記録します。 テスト中に問題が見つかった場合は、テスト ランナーを使用してバグを作成します。 テストステップ、スクリーンショット、およびコメントは、自動的にバグに含まれます。 Web アプリ用の web ランナー、またはデスクトップアプリのデータ収集用のデスクトップランナーを使用できます。

前提条件

  • プロジェクトに接続する必要があります。 プロジェクトがまだない場合は、 を 作成します
  • プロジェクトに追加する必要があります。 追加するには、プロジェクト またはチーム にユーザーを追加します
  • 手動または自動テストを表示または実行するには、Basic 以上 のアクセス権が 必要です。

詳細については、「手動テスト アクセス とアクセス許可」を参照してください

Web アプリのテストの実行

  1. 手動テストをまだ作成していない場合は、作成します。

  2. テスト スイートからテストを選択し、実行します。

    特定のテストを選択して実行する

    Microsoft テストランナーが開き、新しいブラウザーで実行されます。

  3. テストするアプリを開始します。 アプリは、テストランナーと同じコンピューターで実行する必要はありません。 テストランナーを使用するのは、テストを手動で実行したときに成功または失敗したテストステップを記録することだけです。 たとえば、デスクトップコンピューターでテストランナーを実行し、Windows 8 タブレットでテストしている Windows 8 ストアアプリを実行する場合があります。

    Microsoft テストランナーを使用してテスト結果を記録する

  4. 予期される結果に基づいて、成功または失敗として各テスト ステップをマークします。 テストステップが失敗した場合は、失敗した理由または テストの診断データを収集するコメントを入力できます。

    テスト ステップをマークする

    重要

    期待される結果を持つテストステップは、検証テストステップと呼ばれます。 テスト担当者は、テスト ステップが検証テスト ステップである場合、そのことを示す状態でマークする必要があります。 テスト ケース全体の結果には、テスト担当者がマークしたすべてのテスト ステップの状態が反映されます。 したがって、テスト担当者がテスト ステップを失敗とマークしている場合、または何もマークしていない場合、テスト ケースは失敗の状態になっています。

  5. 失敗について説明するバグを作成します。

    バグの送信

    ステップとコメントがバグに自動的に追加されます。 また、テスト ケースはバグにリンクされます。

    テストランナーが web ブラウザーウィンドウで実行されている場合は、スクリーンショットをクリップボードから直接バグにコピーできます。

  6. テスト セッション中にレポートされたすべてのバグを確認できます。

    記録されたバグ

  7. すべてのテストを実行したら、結果を保存し、テスト ランナーを閉じます。 すべてのテスト結果は Azure DevOps に格納されます。 テストを再開操作方法か、または1つ以上のテストをもう一度実行しますか?

  8. テスト スイートのテストの状態を表示します。 各テストの最新の結果が表示されます。

    テスト結果を表示する

  9. テストを開き、[ 関連作業 ] セクションでテストケースを選択します。 次に、その作業項目の 関連作業 セクションにある リンクを使用して、テスト担当者によって提出されたバグを表示します。

    提出済みバグの表示

テストをオフラインで実行し、結果をインポートできますか。

デスクトップアプリのテストの実行

デスクトップアプリケーションの診断データをさらに収集する場合は、テストランナークライアントを使用してテストを実行します。

  1. [実行] メニューの [デスクトップアプリケーションの実行] をクリックして、Azure DevOps の Azure Test Plans からテストランナークライアントを起動します。

    テストランナークライアントを起動しています

  2. まだ設定していない場合は、テストランナーデスクトップクライアントダウンロード してインストールします。

    テストランナーのダウンロードと起動

    注意

    テストランナークライアントがお使いのプラットフォームで利用可能であることを確認します。 現時点では、テストランナークライアントは x64 でのみ使用できます。

  3. [ 起動 ] を選択し、 前述 の web アプリの場合と同じ方法でテストを開始します。 データ収集の詳細について は、「テスト用の診断データの収集 」を参照してください。

テストをオフラインで実行し、結果をインポートできますか。

次のステップ