Azure DevOps Services と Azure DevOps Server を比較するCompare Azure DevOps Services with Azure DevOps Server

Azure DevOps Services | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013Azure DevOps Services | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013

クラウド サービス (Azure DevOps Services) は、スケーラブルで信頼性の高い、グローバルに利用可能なホステッドサービスを提供します。The cloud offering, Azure DevOps Services, provides a scalable, reliable, and globally available hosted service. これは、24/7 運用チームによって監視され、世界中のローカルデータセンターで利用可能な99.9% の SLA によって支えられています。It's backed by a 99.9% SLA, monitored by our 24/7 operations team, and available in local data centers around the world.

オンプレミスのオファリング(Azure DevOps Server) は、SQL Server バックエンド上に構築されています。The on-premises offering, Azure DevOps Server, is built on a SQL Server back end. 通常、オンプレミスのバージョンは、データがネットワーク内に維持される必要がある場合に選択します。Customers usually choose the on-premises version when they need their data to stay within their network. または、Azure DevOps Server のデータとツールと統合された SQL Server reporting services にアクセスする必要がある場合。Or, when they want access to SQL Server reporting services that integrate with Azure DevOps Server data and tools.

どちらのオファリングにも、Azure DevOps Server と比較して同じ 重要なサービスが用意されていますが、Azure DevOps Services には次のような利点があります。Although both offerings provide the same essential services, compared with Azure DevOps Server, Azure DevOps Services offers the following added benefits:

  • サーバー管理の簡素化。Simplified server management.
  • 最新かつ最高の機能にすぐにアクセスできるImmediate access to the latest and greatest features
  • リモートサイトとの接続性が向上しました。Improved connectivity with remote sites.
  • 資本投資 (サーバーとその他) から運用経費 (サブスクリプション) への移行。A transition from capital expenditures (servers and the like) to operational expenditures (subscriptions).

クラウドとオンプレミスのどちらがニーズを満たしているかを判断するには — — 、次の主な違いを考慮してください。To determine which offering—cloud or on-premises—meets your needs, consider the following key differences.

Azure DevOps Services と Azure DevOps Server の基本的な違いFundamental differences between Azure DevOps Services and Azure DevOps Server

必要なプラットフォームを選択する場合、またはオンプレミスからクラウドへの移行を検討している場合は、次の点を考慮してください。When you're choosing which platform you want, or if you're considering a move from on-premises to the cloud, consider the following areas:

特定の機能領域の違いDifferences in specific feature areas
Azure DevOps Services は Azure DevOps Server のホストされたバージョンですが、機能にはいくつかの違いがあります。Although Azure DevOps Services is a hosted version of Azure DevOps Server, there are some differences between features. 一部の Azure DevOps Server 機能は Azure DevOps Services ではサポートされていません。Some Azure DevOps Server features aren't supported in Azure DevOps Services. たとえば、Azure DevOps Services は、レポートをサポートするための SQL Server Analysis Services との統合をサポートしていません。For example, Azure DevOps Services doesn't support integration with SQL Server Analysis Services to support reporting.

次の2つの領域は、サポートによって異なります。Two of the following other areas differ in their support:

Azure DevOps Server があり、移動を検討していますか?Are you on Azure DevOps Server and considering moving? オプションを理解するには、「 移行オプション 」を参照してください。Read Migration options to understand your options.

データのスコープとスケーリングScope and scale data

ビジネスの成長に合わせて、Azure DevOps インスタンスのスケールアップが必要になる場合があります。As your business grows, you may need to scale up your Azure DevOps instance.

組織とプロジェクトを使用したスケールの Azure DevOps ServicesAzure DevOps Services scales by using organizations and projects

Azure DevOps Services は Azure DevOps Server とは若干異なります。Azure DevOps Services differs slightly from Azure DevOps Server. 現在、データのスコープ設定とスケーリングには、組織とプロジェクトという2つのオプションのみがあります。There are currently only two options for scoping and scaling data: organizations and projects. Azure DevOps Services の組織は独自の Url (など https://dev.azure.com/fabrikamfiber ) を取得し、プロジェクトコレクションは常に1つだけです。Organizations in Azure DevOps Services get their own URLs (for example, https://dev.azure.com/fabrikamfiber), and they always have exactly one project collection. 組織には、コレクション内の多くのプロジェクトを含めることができます。Organizations can have many projects within a collection.

Azure DevOps Server でコレクションを作成する場所にかかわらず、Azure DevOps Services で組織を作成することをお勧めします。We recommend that you create organizations in Azure DevOps Services wherever you would create collections in Azure DevOps Server. 次のシナリオが該当します。The following scenarios apply:

  • 組織ごとのユーザー Azure DevOps Services 購入できます。有料ユーザーは、支払いが行われた組織にのみアクセスできます。You can purchase Azure DevOps Services users per organization - Paid users can access only the organization in which the payment is made. 多くの組織へのアクセスが必要なユーザーがいる場合は、Visual Studio サブスクリプションを魅力的な選択肢にすることができます。If you have users who need access to many organizations, Visual Studio subscriptions can be an attractive option. Visual Studio サブスクライバーは、任意の数の組織に無料で追加できます。Visual Studio subscribers can be added to any number of organizations at no charge. また、1つの組織にグループ化されている多くの組織でアクセスを利用できるようにするその他の方法も検討しています。We're also considering other ways to make access available to many organizations that are grouped into a single organization.
  • 現在は、一度に1つずつ組織を管理する必要があります。You currently have to administer organizations one at a time. 多くの組織がある場合、このプロセスは煩雑になることがあります。This process can be cumbersome when you have many organizations.

詳細につい ては、「Azure DevOps で組織の構造を計画する」を参照してください。Learn more: Plan your organizational structure in Azure DevOps.

配置、プロジェクトコレクション、およびプロジェクトを使用したスケールの Azure DevOps ServerAzure DevOps Server scales by using deployments, project collections, and projects

Azure DevOps Server には、データのスコープ設定とスケーリングに関する次の3つのオプションが用意されています。配置、プロジェクトコレクション、およびプロジェクト。Azure DevOps Server offers the following three options for scoping and scaling data: deployments, project collections, and projects. 最も単純なケースでは、展開はサーバーだけです。In the simplest case, deployments are just servers.

ただし、展開はより複雑になることがありますが、次のようなことが考えられます。Deployments can be more complicated, however, which could include:

  • 別のコンピューターで SQL が分割される2サーバー配置Two-server deployment where SQL is split out on a separate machine
  • 多数のサーバーがある高可用性ファームHigh-availability farms with lots of servers

プロジェクトコレクションは、セキュリティと管理、および物理的なデータベース境界のコンテナーとして機能します。Project collections serve as containers for security and administration, and physical database boundaries. また、関連するプロジェクトをグループ化するためにも使用されます。They're also used to group related projects.

最後に、プロジェクトは、ソースコードや作業項目など、個々のソフトウェアプロジェクトの資産をカプセル化するために使用されます。Finally, projects are used to encapsulate the assets of individual software projects, including source code, work items, and so on.

詳細につい ては、「Azure DevOps で組織の構造を計画する」を参照してください。Learn more: Plan your organizational structure in Azure DevOps.

認証Authentication

Azure DevOps Services では、パブリックインターネット経由で接続します (たとえば、 https://contoso.visualstudio.com )。With Azure DevOps Services, you connect over the public internet (for example, https://contoso.visualstudio.com). 組織のセットアップに応じて、 Microsoft アカウント 資格情報または Azure AD の資格情報で認証することができます。You either authenticate with Microsoft account credentials or with Azure AD credentials, depending on your organization setup. また、multi-factor authentication、IP アドレスの制限などの機能を必要とするように Azure AD を設定することもできます。You can also set up Azure AD to require features such as multi-factor-authentication, IP address restrictions, and so on.

Microsoft アカウントではなく Azure AD を使用するように組織を構成することをお勧めします。We recommend that you configure your organizations to use Azure AD rather than Microsoft accounts. この方法では、多くのシナリオで優れたエクスペリエンスが提供され、セキュリティ強化のためのオプションも増えています。This method provides a better experience in many scenarios and more options for enhanced security.

詳細につい ては、Azure AD を使用した Azure DevOps Services へのアクセスに関するページをご覧ください。Learn more: About accessing Azure DevOps Services with Azure AD.

Azure DevOps Server では、イントラネットサーバー (など) に接続し https://tfs.corp.contoso.com:8080/tfs ます。With Azure DevOps Server, you connect to an intranet server (for example, https://tfs.corp.contoso.com:8080/tfs). Windows 認証と Active Directory (AD) ドメイン資格情報で認証します。You authenticate with Windows Authentication and your Active Directory (AD) domain credentials. このプロセスは透過的であり、どのような種類のサインインエクスペリエンスも表示されません。This process is transparent and you never see any kind of sign-in experience.

ユーザーとグループの管理Manage users and groups

Azure DevOps Services では、同様のメカニズムを使用して、 ユーザーのグループへのアクセスを提供できます。In Azure DevOps Services, you can use a similar mechanism to provide access to groups of users. Azure DevOps Services グループに Azure AD グループを追加できます。You can add Azure AD groups to Azure DevOps Services groups. Azure AD ではなく Microsoft アカウントを使用する場合は、一度に1つずつ ユーザーを追加 する必要があります。If you use Microsoft Accounts instead of Azure AD, you have to add users one at a time.

Azure DevOps Server では、さまざまな Azure DevOps グループ (個々のプロジェクトの共同作成者グループなど) に Active Directory (AD) グループを追加することによって、デプロイへのアクセスをユーザーに提供します。In Azure DevOps Server, you provide users access to deployments by adding Active Directory (AD) groups to various Azure DevOps groups (for example, the Contributors group for an individual project). AD グループのメンバーシップは、同期されたままになります。AD でユーザーが追加または削除されると、Azure DevOps Server にアクセスすることもできなくなります。The AD group memberships are kept in sync. As users are added and removed in AD, they also gain and lose access to Azure DevOps Server.

ユーザー アクセスを管理するManage user access

Azure DevOps Services と Azure DevOps Server の両方で、 アクセスレベルにユーザーを割り当てることによって、機能へのアクセスを管理します。In both Azure DevOps Services and Azure DevOps Server, you manage access to features by assigning users to an access level. すべてのユーザーを1つのアクセスレベルに割り当てる必要があります。All users must be assigned to a single access level. クラウドとオンプレミスの両方のサービスで、作業項目の機能への無料アクセスを無制限の数の関係者に付与することができます。In both the cloud and on-premises offerings, you can give free access to work item features to an unlimited number of Stakeholders. また、無制限の数の Visual Studio サブスクライバーは、すべての基本機能に追加料金なしでアクセスできます。Also, an unlimited number of Visual Studio subscribers can have access to all Basic features at no additional charge. 支払いは、アクセス権を必要とする他のユーザーに対してのみ行ってください。You pay only for other users who need access.

Azure DevOps Services では、組織内の各ユーザーに アクセスレベルを割り当てる 必要があります。In Azure DevOps Services, you must assign an access level to each user in your organization. Azure DevOps Services は、サインイン時に Visual Studio サブスクライバーを検証します。Azure DevOps Services validates Visual Studio subscribers as they sign in. Visual Studio サブスクリプションを使用せずに、無料で5ユーザーに Basic アクセスを割り当てることができます。You can assign Basic access for free to five users without Visual Studio subscriptions.

より多くのユーザーに Basic アクセス以上の権限を付与するには、組織の 課金を設定 し、 より多くのユーザーに対して支払いを行います。To give Basic access or higher to more users, set up billing for your organization and pay for more users. それ以外の場合は、他のすべてのユーザーが利害関係者アクセス権を取得します。Otherwise, all other users get Stakeholder access.

Azure AD グループは、ユーザーのグループにアクセス権を付与します。Azure AD groups give access to groups of users. アクセスレベルは、最初のサインイン時に自動的に割り当てられます。Access levels are automatically assigned at first sign-in. サインインに Microsoft アカウントを使用するように構成されている組織では、アクセスレベルを各ユーザーに明示的に割り当てる必要があります。For organizations that are configured to use Microsoft accounts for signing in, you must assign access levels to each user explicitly.

Azure DevOps Server では、すべての使用が優先システムに適用されます。In Azure DevOps Server, all use is on the honor system. ユーザーのライセンスに基づいてアクセスレベルを設定するには、[管理] ページで アクセスレベル を指定します。To set access levels for users based on their licenses, specify their access levels on the administration page. たとえば、ライセンスのないユーザーには利害関係者アクセスのみを割り当てます。For example, assign unlicensed users Stakeholder access only.

Azure DevOps Server のクライアントアクセスライセンス (CAL) を持つユーザーは、基本的なアクセス権を持つことができます。Users with an Azure DevOps Server Client Access License (CAL) can have Basic access. Visual Studio サブスクライバーは、サブスクリプションに応じて、Basic または Advanced のいずれかのアクセス権を持つことができます。Visual Studio subscribers can have either Basic or Advanced access, depending on their subscriptions. Azure DevOps Server は、これらのライセンスの検証または準拠の強制を試行しません。Azure DevOps Server doesn't attempt to verify these licenses or enforce compliance.

セキュリティとデータ保護Security and data protection

多くのエンティティでは、クラウドへの移行を検討するときに、データ保護についてさらに詳しく知る必要があります。Many entities want to know more about data protection when they consider moving to the cloud. Azure DevOps Services のプロジェクトを安全で安全な状態に保つために取り組んでいます。We're committed to ensuring that Azure DevOps Services projects stay safe and secure. このコミットメントを実現するための技術的な機能とビジネスプロセスが用意されています。We have technical features and business processes in place to deliver on this commitment. データをセキュリティで保護するための手順を実行することもできます。You can also take steps to secure your data. 詳細については、「 データ保護の概要」を参照してください。Learn more in our Data Protection overview.

プロセスのカスタマイズProcess customization

サポートされているプロセスモデルに応じて、次の2つの方法で作業追跡エクスペリエンスをカスタマイズできます。You can customize the work-tracking experience in two different ways, depending on the supported process model:

  • Azure DevOps Services: WYSIWYG のカスタマイズをサポートする 継承 プロセスモデルを使用します。Azure DevOps Services: you use the Inheritance process model, which supports WYSIWYG customization
  • Azure DevOps Server: 作業追跡オブジェクトの XML 定義ファイルのインポートまたはエクスポートによるカスタマイズをサポートする、 継承 プロセスモデルまたは オンプレミスの xml プロセスモデルを選択できます。Azure DevOps Server: you can choose the Inheritance process model or the On-premises XML process model, which supports customization through import or export of XML definition files for work-tracking objects
  • Azure DevOps Server 2018 以前のバージョン: オンプレミスの XML プロセスモデルにのみアクセスできます。Azure DevOps Server 2018 and earlier versions: you only have access to the On-premises XML process model

オンプレミスの XML プロセスモデルオプションは強力ですが、さまざまな問題が発生する可能性があります。Although the On-premises XML process model option is powerful, it can cause various issues. 主な問題は、既存のプロジェクトのプロセスが自動的に更新されないことです。The main issue is that processes for existing projects aren't automatically updated.

たとえば Azure DevOps Server 2013 では、新しい作業項目の種類やその他のプロセステンプレートの変更に依存するいくつかの新機能が導入されました。Azure DevOps Server 2013, for example, introduced several new features that depended on new work-item types and other process template changes. 2012から2013にアップグレードすると、各プロジェクトコレクションは、これらの変更を含む "ボックス内の" プロセステンプレートの新しいバージョンを取得します。When you upgrade from 2012 to 2013, each project collection gets new versions of each of the "in the box" process templates that include these changes. ただし、これらの変更は既存のプロジェクトに自動的に組み込まれません。However, these changes aren't automatically incorporated into existing projects. アップグレードが完了したら、 機能の構成 ウィザードまたはより手動のプロセスを使用して、各プロジェクトに変更を含める必要があります。Instead, after you finish upgrading, you have to include the changes in each project by using the Configure features wizard or a more manual process.

Azure DevOps Services でこれらの問題を回避するために、カスタムプロセステンプレートと witadmin.exe ツールは常に無効になっています。To help you avoid these issues in Azure DevOps Services, custom process templates and the witadmin.exe tool have always been disabled. このアプローチでは、Azure DevOps Services のアップグレードごとに、すべてのプロジェクトを自動的に更新できるようになりました。This approach has enabled us to automatically update all projects with each Azure DevOps Services upgrade. 一方、製品チームは、簡単かつ継続的にサポートできる方法でカスタマイズプロセスを可能にするために作業をしています。Meanwhile, the product team is working hard to make customizing processes possible in ways that we can support easily and continuously. これらの変更の最初の部分が最近導入され、さらに多くの変更が加えられました。We recently introduced the first of these changes and more changes are on the way.

新しいプロセスカスタマイズ機能を使用すると、web ユーザーインターフェイス (UI) 内で直接変更を行うことができます。With the new process-customization capability, you can make changes directly within the web user interface (UI). プロセスをプログラムでカスタマイズする場合は、REST エンドポイントを使用して実行できます。If you want to customize your processes programmatically, you can do so through REST endpoints. この方法でプロジェクトをカスタマイズすると、基本プロセスの新しいバージョンが Azure DevOps Services アップグレードによってリリースされるときに、自動的に更新されます。When you customize projects this way, they're automatically updated when we release new versions of their base processes with Azure DevOps Services upgrades.

詳細については、「 作業追跡エクスペリエンスのカスタマイズ」を参照してください。To learn more, see Customize your work-tracking experience.

レポートReporting

Azure DevOps Services と Azure DevOps Server には、ソフトウェアプロジェクトの進行状況と品質に関する洞察を提供する多くのツールが用意されています。Azure DevOps Services and Azure DevOps Server offer a many tools that give you insight into the progress and quality of your software projects. 次のツールが含まれています。Included are the following tools:

  • クラウドとオンプレミスの両方のプラットフォームで使用できるダッシュボードと軽量のグラフDashboards and lightweight charts that are available in both the cloud and on-premises platforms. これらのツールは簡単にセットアップして使用できます。These tools are easy to set up and use.

Azure DevOps Services と Azure DevOps Server 2019 では、次のサービスへのアクセスも提供されます。Azure DevOps Services and Azure DevOps Server 2019 also provide access to the following services:

  • Analytics サービス および 分析ウィジェットThe Analytics service and Analytics widgets. Analytics サービスは、読み取りアクセスの高速化とサーバーベースの集計のために最適化されています。The Analytics service is optimized for fast read-access and server-based aggregations.
  • Microsoft Power BI 統合。これにより、分析データを Power BI レポートに取り込み、シンプルさと能力を組み合わせて使用できます。Microsoft Power BI integration, which supports getting Analytics data into Power BI reports and provides a combination of simplicity and power.
  • OData サポート。サポートされているブラウザーから分析サービスを直接照会し、返された JSON データを必要に応じて使用できます。OData support, which allows you to directly query the Analytics service from a supported browser, and then use the returned JSON data as you want. 多くのプロジェクトまたは組織全体にまたがるクエリを生成できます。You can generate queries that span many projects or your entire organization.

Analytics サービスと今後のリリースの詳細については、 レポートのロードマップに関するページを参照してください。To learn more about the Analytics service and future releases, see our Reporting roadmap.

SQL Server Reporting Services (SSRS) レポート は、SQL Server Analysis Services で構成されている場合に Azure DevOps Server から使用できます。SQL Server Reporting Services (SSRS) reports are available from Azure DevOps Server when configured with SQL Server Analysis Services.

Visual Studio Team Services の名称は Azure DevOps Services に変更されました。Visual Studio Team Services is now Azure DevOps Services

VSTS のおすすめサービスの多くは、Azure DevOps Services と Azure DevOps Server 2019 の両方でスタンドアロンサービスとして提供されるようになりました。Many of the featured services in VSTS are now offered as standalone services in both Azure DevOps Services and Azure DevOps Server 2019. サービスは、個別に、または Azure DevOps Services としてまとめて取得できます。You can get services separately or all together as Azure DevOps Services. Azure DevOps サブスクライバーの場合は、すべてのサービスに既にアクセスできます。If you're an Azure DevOps subscriber, you have access to all of the services already.

VSTS 機能の名前VSTS feature name Azure DevOps サービス名Azure DevOps service name 説明Description
ビルド & リリースBuild & release Azure PipelinesAzure Pipelines あらゆる言語、プラットフォーム、クラウドで動作する継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD)。Continuous integration and continuous delivery (CI/CD) that works with any language, platform, and cloud.
コードCode Azure ReposAzure Repos プロジェクト用のクラウドホストのプライベート Git および Team Foundation バージョン管理 (TFVC) リポジトリは無制限です。Unlimited cloud-hosted private Git and Team Foundation Version Control (TFVC) repositories for your project.
WorkWork Azure BoardsAzure Boards かんばんボード、バックログ、チームダッシュボード、およびカスタムレポートを使用した作業追跡。Work tracking with Kanban boards, backlogs, team dashboards, and custom reporting.
Server1Test Azure Test PlansAzure Test Plans オールインワンの計画および探索的テストソリューション。All-in-one planned and exploratory testing solution.
パッケージ (拡張機能)Packages (extension) Azure ArtifactsAzure Artifacts パブリックソースとプライベートソースからの Maven、npm、Python、ユニバーサルパッケージ、NuGet パッケージフィード。Maven, npm, Python, Universal Package, and NuGet package feeds from public and private sources.

Azure DevOps Services と Azure DevOps Server 2019 はどちらも、新しいナビゲーションユーザーインターフェイスを使用し、メインのサイドバーを使用してメインのサービス領域 ( ボードリポジトリパイプライン など) に移動します。Both Azure DevOps Services and Azure DevOps Server 2019 use the new navigation user interface, with a vertical sidebar to go to the main service areas: Boards, Repos, Pipelines, and more. 詳細については、 Azure DevOps の Web ポータルのナビゲーションに関するページを参照してください。To learn more, see Web portal navigation in Azure DevOps.

注意

ユーザーインターフェイスから、選択したサービスを無効にすることができます。You can disable select services from the user interface. 詳細については、「 サービスを有効または無効にする」を参照してください。For more information, see Turn a service on or off.

引き続きを使用して visualstudio.com Azure DevOps Services にアクセスできます。You can still use visualstudio.com to access Azure DevOps Services. 新しい dev.azure.com 組織のプライマリ URL として新しいドメイン名に移行しました。We've moved to the new dev.azure.com domain name as the primary URL for new organizations. その URL は https://dev.azure.com/{your organization}/{your project} です。That URL is https://dev.azure.com/{your organization}/{your project}. プライマリとしてを使用するように URL を変更する場合は、組織 dev.azure.com の管理者が [組織の設定] ページから URL を変更できます。If you want to change your URL to be based on dev.azure.com as the primary, an organization administrator can do so from the organization settings page.