Azure DevTest Labs でのラボの作成

Azure DevTest Labs におけるラボとは、Virtual Machines (VM) などのリソース グループを包含するインフラストラクチャであり、制限とクォータを指定することでこれらのリソースをより適切に管理することができます。 この記事では、Azure Portal を使用してラボを作成する手順を説明します。

前提条件

ラボを作成するには、次のものが必要です。

  • Azure サブスクリプション。 Azure 購入オプションの詳細については、「Azure の購入方法」または 1 か月間の無料試用版に関するページをご覧ください。 ラボを作成するには、サブスクリプションの所有者である必要があります。

Azure DevTest Labs でラボを作成する手順

次の手順は、Azure Portal を使用して Azure DevTest Labs でラボを作成する方法を示しています。

  1. Azure ポータルにサインインします。
  2. 左側のメイン メニューから [その他のサービス] (リスト最下部) を選択します。

    [その他のサービス] メニュー オプション

  3. 利用可能なサービスの一覧から [DevTest Labs] を選択します。

  4. [DevTest ラボ] 領域で [追加] をクリックします。

    Add a lab

  5. [DevTest Lab の作成] で次の操作を実行します。

    1. 新しいラボの [ラボ名] を入力します。
    2. ラボに関連付ける [サブスクリプション] を選択します。
    3. ラボを格納する [場所] を選択します。
    4. [自動シャットダウン] を選択し、ラボのすべての VM の自動シャットダウンを有効にする (およびそのパラメーターを定義する) かどうかを指定します。 自動シャットダウン機能は、主にコストを削減する機能で、VM をいつ自動的にシャットダウンするかを指定することができます。 自動シャットダウンの設定は、ラボの作成後に、「Azure DevTest Labs でラボのすべてのポリシーを管理」という記事に書かれている手順に従って変更することができます。
    5. カスタム タグを作成して、ラボで作成するすべてのリソースに追加する場合は、[タグ][名前][値] の情報を入力します。 タグを適用することによって、ラボのリソースをカテゴリ別に管理して整理することができます。 ラボの作成後にタグを追加する方法など、タグの詳細については、ラボにタグを追加する方法に関するページを参照してください。
    6. ラボのショートカットをポータルのダッシュボードに表示したい場合、[ダッシュボードにピン留めする] チェック ボックスをオンにします。
    7. [Automation オプション] を選択して、構成を自動化するための Azure Resource Manager テンプレートを取得します。
    8. [作成]を選択します。 ラボ作成プロセスの状態は、[通知] 領域を見て監視できます。 完了後、ページを最新の情報に更新すると、ラボの一覧に新しく作成されたラボが表示されます。

      DevTest Labs のラボの作成セクション

Azure DevTest Labs を使用する

Azure を利用するのが初めてであれば、 無料の Azure アカウントを作成します

既に Azure をご利用中であれば、 DevTest Labs で最初のラボの使用を開始します。

Get started with Azure DevTest Labs in minutes

次のステップ

ラボを作成した後は、次の手順を考慮します。