クイック スタート:Azure portal と Azure Database Migration Service を使用してハイブリッド モード インスタンスを作成するQuickstart: Create a hybrid mode instance with Azure portal & Azure Database Migration Service

Azure Database Migration Service のハイブリッド モードを使うと、オンプレミスでホストされている移行 worker と、クラウドで実行されている Azure Database Migration Service のインスタンスを併用して、データベースの移行を管理できます。Azure Database Migration Service hybrid mode manages database migrations by using a migration worker that's hosted on-premises together with an instance of Azure Database Migration Service running in the cloud. ハイブリッド モードは、オンプレミス ネットワークと Azure の間にサイト間接続がないシナリオで、またはサイト間接続の帯域幅が限られている場合に、特に便利です。Hybrid mode is especially useful for scenarios in which there's a lack of site-to-site connectivity between the on-premises network and Azure or if there's limited site-to-site connectivity bandwidth.

注意

現在、ハイブリッド モードで動作する Azure Database Migration Service は、次のデータベースへの SQL Server 移行をサポートします。Currently, Azure Database Migration Service running in hybrid mode supports SQL Server migrations to:

  • Azure SQL Managed Instance。ダウンタイムはほぼゼロです (オンライン)。Azure SQL Managed Instance with near zero downtime (online).
  • Azure SQL Database 単一データベース。多少のダウンタイムを伴います (オフライン)。Azure SQL Database single database with some downtime (offline).
  • MongoDb から Azure CosmosDB。ダウンタイムはほぼゼロです (オンライン)。MongoDb to Azure CosmosDB with near zero downtime (online).
  • MongoDb から Azure CosmosDB。多少のダウンタイムを伴います (オフライン)。MongoDb to Azure CosmosDB with some downtime (offline).

このクイックスタートでは、Azure portal を使用してハイブリッド モードで Azure Database Migration Service のインスタンスを作成します。In this Quickstart, you use the Azure portal to create an instance of Azure Database Migration Service in hybrid mode. その後、オンプレミス ネットワークにハイブリッド worker をダウンロードしてインストールし、設定します。Afterwards, you download, install, and set up the hybrid worker in your on-premises network. プレビューの間は、Azure Database Migration Service のハイブリッド モードを使用して、SQL Server のオンプレミスのインスタンスから Azure SQL Database に、データを移行できます。During preview, you can use Azure Database Migration Service hybrid mode to migrate data from an on-premises instance of SQL Server to Azure SQL Database.

注意

Azure Database Migration Service ハイブリッド インストーラーは、Microsoft Windows Server 2012 R2、Window Server 2016、Windows Server 2019、Windows 10 で動作します。The Azure Database Migration Service hybrid installer runs on Microsoft Windows Server 2012 R2, Window Server 2016, Windows Server 2019, and Windows 10.

重要

Azure Database Migration Service ハイブリッド インストーラーには .NET 4.7.2 以降が必要です。The Azure Database Migration Service hybrid installer requires .NET 4.7.2 or later. 最新バージョンの .NET については、「.NET Framework のダウンロード」ページで確認してください。To find the latest versions of .NET, see the Download .NET Framework page.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

Azure portal にサインインするSign in to the Azure portal

Web ブラウザーを開いて Microsoft Azure Portal にアクセスし、資格情報を入力して Portal にサインインします。Open your web browser, navigate to the Microsoft Azure portal, and then enter your credentials to sign in to the portal.

既定のビューはサービス ダッシュボードです。The default view is your service dashboard.

リソース プロバイダーの登録Register the resource provider

Azure Database Migration Service の最初のインスタンスを作成する前に、Microsoft.DataMigration リソース プロバイダーを登録します。Register the Microsoft.DataMigration resource provider before you create your first instance of Azure Database Migration Service.

  1. Azure portal で [サブスクリプション] を選択し、Azure Database Migration Service のインスタンスを作成するサブスクリプションを選択して、 [リソース プロバイダー] を選択します。In the Azure portal, select Subscriptions , select the subscription in which you want to create the instance of Azure Database Migration Service, and then select Resource providers .

    リソース プロバイダーを検索する

  2. 移行を検索し、 Microsoft.DataMigration の右側にある [登録] を選択します。Search for migration, and then to the right of Microsoft.DataMigration , select Register .

    リソース プロバイダーの登録

サービスのインスタンスを作成します。Create an instance of the service

  1. [+ リソースの作成] を選択して、Azure Database Migration Service のインスタンスを作成します。Select + Create a resource to create an instance of Azure Database Migration Service.

  2. Marketplace で "migration" を検索し、 [Azure Database Migration Service] を選択します。 [Azure Database Migration Service] 画面で [作成] を選択します。Search the Marketplace for "migration", select Azure Database Migration Service , and then on the Azure Database Migration Service screen, select Create .

  3. [移行サービスの作成] 画面で:On the Create Migration Service screen:

    • Azure Database Migration Service のインスタンスを識別する、覚えやすい一意の サービス名 を選択します。Choose a Service Name that is memorable and unique to identify your instance of Azure Database Migration Service.

    • インスタンスを作成する Azure サブスクリプション を選択します。Select the Azure Subscription in which you want to create the instance.

    • 既存の リソース グループ を選択するか、新しいリソース グループを作成します。Select an existing Resource Group or create a new one.

    • ソースまたはターゲット サーバーに最も近い [場所] を選択します。Choose the Location that is closest to your source or target server.

    • [サービス モード] では、 [ハイブリッド (プレビュー)] を選択します。For Service mode , select Hybrid (Preview) .

      移行サービスの作成 - 基本

  4. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。Select Review + create .

  5. [確認および作成] タブで、使用条件を確認し、表示されるその他の情報を確認してから、 [作成] を選択します。On the Review + create tab, review the Terms, verify the other information provided, and then select Create .

    移行サービスの作成 - 確認および作成

    しばらくすると、ハイブリッド モードの Azure Database Migration Service のインスタンスが作成され、使用できるようになります。After a few moments, your instance of Azure Database Migration Service in hybrid mode is created and ready to set up. Azure Database Migration Service のインスタンスは、次の図のように表示されます。The Azure Database Migration Service instance displays as shown in the following image:

    Azure Database Migration Service ハイブリッド モード インスタンス

  6. サービスが作成されたら、 [プロパティ] を選択し、 [リソース ID] ボックスに表示されている値をコピーします。この値を使用して、Azure Database Migration Service のハイブリッド worker をインストールします。After the service created, select Properties , and then copy the value displayed in the Resource Id box, which you'll use to install the Azure Database Migration Service hybrid worker.

    Azure Database Migration Service ハイブリッド モードのプロパティ

Azure アプリの登録 ID を作成するCreate Azure App registration ID

オンプレミスのハイブリッド worker がクラウド内の Azure Database Migration Service と通信するために使用できる Azure アプリ登録 ID を作成する必要があります。You need to create an Azure App registration ID that the on-premises hybrid worker can use to communicate with Azure Database Migration Service in the cloud.

  1. Azure portal で、 [Azure Active Directory][アプリの登録][新しい登録] の順に選択します。In the Azure portal, select Azure Active Directory , select App registrations , and then select New registration .

  2. アプリケーションの名前を指定してから、 [サポートされているアカウントの種類] でサポートするアカウントの種類を選択して、アプリケーションを使用できるユーザーを指定します。Specify a name for the application, and then, under Supported account types , select the type of accounts to support to specify who can use the application.

    Azure Database Migration Service ハイブリッド モードのアプリケーションの登録

  3. [リダイレクト URI (省略可能)] フィールドでは既定値を使用し、 [登録] を選択します。Use the default values for the Redirect URI (optional) fields, and then select Register .

  4. アプリ ID の登録が完了したら、ハイブリッド worker のインストール時に使用するので、 [アプリケーション (クライアント) ID] を記録しておきます。After App ID registration is completed, make a note of the Application (client) ID , which you'll use while installing the hybrid worker.

  5. Azure portal で Azure Database Migration Service に移動し、 [アクセス制御 (IAM)] を選択した後、 [ロールの割り当ての追加] を選択して、アプリ ID に共同作成者のアクセス権を割り当てます。In the Azure portal, navigate to Azure Database Migration Service, select Access control (IAM) , and then select Add role assignment to assign contributor access to the App ID.

    Azure Database Migration Service ハイブリッド モードの共同作成者ロールの割り当て

  6. ロールとして [共同作成者] を選択し、 [Azure AD のユーザー、グループ、サービス プリンシパル] にアクセス権を割り当ててから、アプリ ID 名を選択します。Select Contributor as the role, assign access to Azure AD user, or service principal , and then select the App ID name.

    Azure Database Migration Service ハイブリッド モードの共同作成者ロールの割り当ての詳細

  7. [保存] を選択して、Azure Database Migration Service リソースに対するアプリ ID のロールの割り当てを保存します。Select Save to save the role assignment for the App ID on the Azure Database Migration Service resource.

ハイブリッド worker をダウンロードしてインストールするDownload and install the hybrid worker

  1. Azure portal で、Azure Database Migration Service のお使いのインスタンスに移動します。In the Azure portal, navigate to your instance of Azure Database Migration Service.

  2. [設定][ハイブリッド] を選択し、 [Installer download](インストーラーのダウンロード) を選択して、ハイブリッド worker をダウンロードします。Under Settings , select Hybrid , and then select Installer download to download the hybrid worker.

    Azure Database Migration Service ハイブリッド worker のダウンロード

  3. Azure Database Migration Service ハイブリッド worker をホストするサーバーで、ZIP ファイルを抽出します。Extract the ZIP file on the server that will be hosting the Azure Database Migration Service hybrid worker.

    重要

    Azure Database Migration Service ハイブリッド インストーラーには .NET 4.7.2 以降が必要です。The Azure Database Migration Service hybrid installer requires .NET 4.7.2 or later. 最新バージョンの .NET については、「.NET Framework のダウンロード」ページで確認してください。To find the latest versions of .NET, see the Download .NET Framework page.

  4. インストール フォルダーで dmsSettings.json ファイルを見つけて開き、 ApplicationIdresourceId を指定して、ファイルを保存します。In the install folder, locate and open the dmsSettings.json file, specify the ApplicationId and resourceId , and then save the file.

    Azure Database Migration Service ハイブリッド worker の設定

  5. 次のコマンドを使用して、ハイブリッド worker からの通信の認証を行うために Azure Database Migration Service で使用できる証明書を生成します。Generate a certificate that Azure Database Migration Service can use to authenticate the communication from the hybrid worker by using the following command.

    <drive>:\<folder>\Install>DMSWorkerBootstrap.exe -a GenerateCert
    

    証明書は Install フォルダーに生成されます。A certificate is generated in the Install folder.

    Azure Database Migration Service ハイブリッド worker の証明書

  6. Azure portal でアプリ ID に移動し、 [管理][証明書とシークレット] を選択した後、 [証明書のアップロード] を選択して、生成した公開証明書を選択します。In the Azure portal, navigate to the App ID, under Manage , select Certificated & secrets , and then select Upload certificate to select the public certificate you generated.

    Azure Database Migration Service ハイブリッド worker の証明書のアップロード

  7. 次のコマンドを実行して、オンプレミスのサーバーに Azure Database Migration Service ハイブリッド worker をインストールします。Install the Azure Database Migration Service hybrid worker on your on-premises server by running the following command:

    <drive>:\<folder>\Install>DMSWorkerBootstrap.exe -a Install -IAcceptDMSLicenseTerms -d
    

    注意

    インストール コマンドを実行するときに、次のパラメーターを使用することもできます。When running the install command, you can also use the following parameters:

    • -TelemetryOptOut - worker からのテレメトリの送信を停止します。ただし、最小限のログは引き続きローカルで記録されます。-TelemetryOptOut - Stops the worker from sending telemetry but continues to log locally minimally. インストーラーからも引き続きテレメトリが送信されます。The installer still sends telemetry.
    • -p {InstallLocation} --p {InstallLocation} . インストール パスを変更できます (既定では "C:\Program Files\DatabaseMigrationServiceHybrid")。Enables changing the installation path, which by default is “C:\Program Files\DatabaseMigrationServiceHybrid”.
  8. インストーラーがエラーなしで実行されると、Azure Database Migration Service でサービスがオンライン状態として表示され、データベースを移行できる状態になります。If the installer runs without error, then the service will show an online status in Azure Database Migration Service and you're ready to migrate your databases.

    オンライン状態の Azure Database Migration Service

Azure Database Migration Service のハイブリッド モードをアンインストールするUninstall Azure Database Migration Service hybrid mode

現状では、Azure Database Migration Service ハイブリッド モードのアンインストールは、オンプレミス サーバー上の Azure Database Migration Service ハイブリッド worker インストーラーで、次のコマンドを使用することによってのみ、サポートされています。Currently, uninstalling Azure Database Migration Service hybrid mode is supported only via the Azure Database Migration Service hybrid worker installer on your on-premises server, by using the following command:

<drive>:\<folder>\Install>DMSWorkerBootstrap.exe -a uninstall

注意

アンインストール コマンドを実行するときに、"-ReuseCert" パラメーターを使用することもできます。このパラメーターを使用すると、generateCert ワークフローによって生成された AdApp 証明書が維持されます。When running the uninstall command, you can also use the “-ReuseCert” parameter, which keeps the AdApp cert generated by the generateCert workflow. 過去に生成してアップロードした証明書をそのまま使用することができます。This enables using the same cert that was previously generated and uploaded.

PowerShell を使用して Azure Database Migration Service ハイブリッド worker を設定するSet up the Azure Database Migration Service hybrid worker using PowerShell

Azure Database Migration Service のハイブリッド worker のインストール手段は Azure portal だけではありません。PowerShell スクリプトも用意されています。ハイブリッド モードで Azure Database Migration Service の新しいインスタンスを作成した後、そのスクリプトを使用して worker のインストール手順を自動化することができます。In addition to installing the Azure Database Migration Service hybrid worker via the Azure portal, we provide a PowerShell script that you can use to automate the worker installation steps after you create a new instance of Azure Database Migration Service in hybrid mode. スクリプト:The script:

  1. 新しい AdApp を作成します。Creates a new AdApp.
  2. インストーラーをダウンロードします。Downloads the installer.
  3. generateCert ワークフローを実行します。Runs the generateCert workflow.
  4. 証明書をアップロードします。Uploads the certificate.
  5. AdApp を共同作成者として Azure Database Migration Service インスタンスに追加します。Adds the AdApp as contributor to your Azure Database Migration Service instance.
  6. インストール ワークフローを実行します。Runs the install workflow.

このスクリプトは、必要なすべてのアクセス許可がユーザーの環境に既に存在する状況での、簡単なプロトタイプ作成を意図したものです。This script is intended for quick prototyping when the user already has all the necessary permissions in the environment. 実際の運用環境では、AdApp と Cert とで要件が異なる場合があるため、スクリプトの実行に失敗することがあります。Note that in your production environment, the AdApp and Cert may have different requirements, so the script could fail.

重要

このスクリプトは、Azure Database Migration Service のハイブリッド モードのインスタンスが既に存在すること、また、AdApps をテナントに作成したり、サブスクリプションの Azure RBAC に変更を加えたりするためのアクセス許可が、ご利用の Azure アカウントにあることを前提としています。This script assumes that there is an existing instance of Azure Database Migration Service in hybrid mode and that the Azure account used has permissions to create AdApps in the tenant and to modify Azure RBAC on the subscription.

スクリプトの先頭にパラメーターを入力し、管理者権限の PowerShell インスタンスからスクリプトを実行してください。Fill in the parameters at the top of the script, and then run the script from an Administrator PowerShell instance.

次のステップNext steps