Azure DNS に関する FAQAzure DNS FAQ

Azure DNS についてAbout Azure DNS

Azure DNS とはWhat is Azure DNS?

ドメイン ネーム システム (DNS) は、Web サイトまたはサービスの名前をその IP アドレスに変換する (または解決する) 役割を担います。The Domain Name System, or DNS, is responsible for translating (or resolving) a website or service name to its IP address. Azure DNS は、DNS ドメインのホスティング サービスであり、Microsoft Azure インフラストラクチャを使用した名前解決を提供します。Azure DNS is a hosting service for DNS domains, providing name resolution using Microsoft Azure infrastructure. Azure でドメインをホストすることで、その他の Azure サービスと同じ資格情報、API、ツール、課金情報を使用して DNS レコードを管理できます。By hosting your domains in Azure, you can manage your DNS records using the same credentials, APIs, tools, and billing as your other Azure services.

Azure DNS 内の DNS ドメインは、DNS ネーム サーバーから成る Azure のグローバル ネットワーク上でホストされます。DNS domains in Azure DNS are hosted on Azure's global network of DNS name servers. ここではエニーキャスト ネットワークが使用されるため、各 DNS クエリには、使用できる最も近い DNS サーバーが応答します。This uses Anycast networking so that each DNS query is answered by the closest available DNS server. Azure DNS はドメインに高速なパフォーマンスと高可用性の両方を提供します。Azure DNS provides both fast performance and high availability for your domain.

この Azure DNS サービスは、Azure Resource Manager に基づいています。The Azure DNS service is based on Azure Resource Manager. そのため、ロールに基づくアクセス制御、監査ログ、リソース ロックなどの Resource Manager 機能を利用できます。As such, it benefits from Resource Manager features such as role-based access control, audit logs, and resource locking. ドメインとレコードは、Azure ポータル、Azure PowerShell コマンドレット、およびクロス プラットフォームの Azure CLI を使用して管理できます。Your domains and records can be managed via the Azure portal, Azure PowerShell cmdlets, and the cross-platform Azure CLI. DNS の自動管理を必要とするアプリケーションは、REST API および SDK を使用してサービスと統合できます。Applications requiring automatic DNS management can integrate with the service via the REST API and SDKs.

Azure DNS の料金はいくらですか。How much does Azure DNS cost?

Azure DNS の課金モデルは、Azure DNS でホストされている DNS ゾーンの数と、受信する DNS クエリの数に基づきます。The Azure DNS billing model is based on the number of DNS zones hosted in Azure DNS and the number of DNS queries they receive. 使用量に基づいて割引が提供されます。Discounts are provided based on usage.

詳細については、「Azure DNS の価格」ページをご覧ください。For more information, see the Azure DNS pricing page.

Azure DNS の SLA はどうなっていますか。What is the SLA for Azure DNS?

DNS 要求が有効な場合、Azure は 99.99% 以上の時間において Azure DNS ネーム サーバーの少なくとも 1 つから応答を受信することを保証します。Azure guarantees that valid DNS requests will receive a response from at least one Azure DNS name server at least 99.99% of the time.

詳細については、「Azure DNS のSLA」ページをご覧ください。For more information, see the Azure DNS SLA page.

"DNS ゾーン" とは何ですか。What is a ‘DNS zone’? DNS ドメインと同じですか。Is it the same as a DNS domain?

ドメインとは、"contoso.com" など、ドメイン ネーム システム内で一意の名前です。A domain is a unique name in the domain name system, for example ‘contoso.com’.

DNS ゾーンは、特定のドメインの DNS レコードをホストするために使用されます。A DNS zone is used to host the DNS records for a particular domain. たとえば、ドメイン "contoso.com" に、"mail.contoso.com" (メール サーバー用) や "www.contoso.com" (Web サイト用) など、複数の DNS レコードを含めることができます。For example, the domain ‘contoso.com’ may contain several DNS records, such as ‘mail.contoso.com’ (for a mail server) and ‘www.contoso.com’ (for a web site). これらのレコードは DNS ゾーン "contoso.com" でホストされます。These records would be hosted in the DNS zone 'contoso.com'.

ドメイン名は "ただの名前" であり、DNS ゾーンがドメイン名の DNS レコードを含むデータ リソースです。A domain name is just a name, whereas a DNS zone is a data resource containing the DNS records for a domain name. Azure DNS を使用すると、DNS ゾーンをホストし、Azure のドメインの DNS レコードを管理できます。Azure DNS allows you to host a DNS zone and manage the DNS records for a domain in Azure. また、インターネットからの DNS クエリに応答する DNS ネーム サーバーも提供します。It also provides DNS name servers to answer DNS queries from the Internet.

Azure DNS を使用するために DNS ドメイン名を購入する必要がありますか。Do I need to purchase a DNS domain name to use Azure DNS?

必ずしもその必要はありません。Not necessarily.

Azure DNS で DNS ゾーンをホストするためにドメインを購入する必要はありません。You do not need to purchase a domain to host a DNS zone in Azure DNS. ドメイン名を所有することなく、いつでも DNS ゾーンを作成することができます。You can create a DNS zone at any time without owning the domain name. このゾーンに対する DNS クエリが解決されるのは、ゾーンに割り当てられた Azure DNS ネーム サーバーに送られた場合のみです。DNS queries for this zone will only resolve if they are directed to the Azure DNS name servers assigned to the zone.

お客様の DNS ゾーンをグローバル DNS 階層にリンクする場合は、ドメイン名を購入する必要があります。このリンクにより、世界中のどこからでも DNS クエリを実行してお客様の DNS ゾーンを検索し、お客様の DNS レコードを使用して回答が得られるようになります。You need to purchase the domain name if you want to link your DNS zone into the global DNS hierarchy – this linking enables DNS queries from anywhere in the world to find your DNS zone and be answered with your DNS records.

Azure DNS の機能Azure DNS Features

Azure DNS では DNS ベースのトラフィック ルーティングまたはエンドポイント フェールオーバーがサポートされますか。Does Azure DNS support DNS-based traffic routing or endpoint failover?

DNS ベースのトラフィック ルーティングとエンドポイント フェールオーバーは Azure Traffic Manager によって提供されます。DNS-based traffic routing and endpoint failover are provided by Azure Traffic Manager. Azure Traffic Manager は、Azure DNS と組み合わせて使用できる別の Azure サービスです。Azure Traffic Manager is a separate Azure service that can be used together with Azure DNS. 詳細については、Traffic Manager の概要を参照してください。For more information, see the Traffic Manager overview.

Azure DNS では、"静的な" DNS ドメインしかサポートされません。つまり、特定の DNS レコードに対する各 DNS クエリでは常に同じ DNS 応答が返されます。Azure DNS only supports hosting 'static' DNS domains, where each DNS query for a given DNS record always receives the same DNS response.

Azure DNS ではドメイン名の登録がサポートされますか。Does Azure DNS support domain name registration?

いいえ。No. Azure DNS では、現在、ドメイン名の購入はサポートされていません。Azure DNS does not currently support purchasing of domain names. ドメインを購入する場合、サードパーティのドメイン名レジストラーを利用する必要があります。If you want to purchase domains, you need to use a third-party domain name registrar. レジストラーは、通常、少額の年間料金がかかります。The registrar typically charges a small annual fee. 購入後、ドメインを Azure DNS でホストし、DNS レコードを管理できます。The domains can then be hosted in Azure DNS for management of DNS records. 詳細については、「 Azure DNS へのドメインの委任 」を参照してください。See Delegate a Domain to Azure DNS for details.

ドメインの購入は Azure バックログで追跡される機能です。Domain Purchase is a feature being tracked in Azure backlog. フィードバック サイトを使用してこの機能のサポートを登録できます。You can use the feedback site to register your support for this feature.

Azure DNS では DNSSEC はサポートされますか。Does Azure DNS support DNSSEC?

いいえ。No. 現在、Azure DNS で DNSSEC はサポートされません。Azure DNS does not currently support DNSSEC.

DNSSEC は Azure DNS のバックログで追跡される機能です。DNSSEC is a feature being tracked on Azure DNS backlog. フィードバック サイトを使用してこの機能のサポートを登録できます。You can use the feedback site to register your support for this feature.

Azure DNS ではゾーン転送 (IXFR AXFR/) はサポートされますか。Does Azure DNS support zone transfers (AXFR/IXFR)?

いいえ。No. 現在、Azure DNS でゾーン転送はサポートされません。Azure DNS does not currently support zone transfers. DNS ゾーンは Azure CLI を使用して Azure DNS にインポートできます。DNS zones can be imported into Azure DNS using the Azure CLI. その後、DNS レコードは、Microsoft Azure DNS 管理ポータルREST APISDKPowerShell コマンドレットCLI ツールで管理できます。DNS records can then be managed via the Azure DNS management portal, our REST API, SDK, PowerShell cmdlets, or CLI tool.

ゾーン転送は Azure DNS のバックログで追跡される機能です。Zone Transfer is a feature being tracked on Azure DNS backlog. フィードバック サイトを使用してこの機能のサポートを登録できます。You can use the feedback site to register your support for this feature.

Azure DNS では URL リダイレクトはサポートされますか。Does Azure DNS support URL redirects?

いいえ。No. URL リダイレクト サービスは実際には DNS サービスではありません。DNS レベルではなく HTTP レベルで処理されます。URL redirect services are not actually a DNS service - they work at the HTTP level, rather than the DNS level. DNS プロバイダーによって、製品全体に含めて URL リダイレクト サービスをバンドルします。Some DNS providers to bundle a URL redirect service as part of their overall offering. これは現在、Azure DNS ではサポートされていません。This is not currently supported by Azure DNS.

URL リダイレクト機能は Azure DNS バックログで追跡されます。URL Redirect feature is tracked on Azure DNS backlog. フィードバック サイトを使用してこの機能のサポートを登録できます。You can use the feedback site to register your support for this feature.

Azure DNS では、TXT レコードセットの拡張 ASCII エンコード (8 ビット) セットはサポートされますか。Does Azure DNS support extended ASCII encoding (8-bit) set for TXT Recordset ?

はい。Yes. 最新バージョンの Azure REST API、SDK、PowerShell、CLI (2017-10-01 または SDK 2.1 より前のバージョンでは、拡張 ASCII セットはサポートされません) を使用している場合は、Azure DNS で TXT レコードセットの拡張 ASCII エンコード セットがサポートされます。Azure DNS supports the extended ASCII encoding set for TXT Recordsets, if you use the latest version of the Azure REST APIs, SDKs, PowerShell and CLI (versions older than 2017-10-01 or SDK 2.1 do not support the extended ASCII set). たとえば、ユーザーが TXT レコードの値として拡張 ASCII 文字\128 (例: "abcd\128efgh") を含む文字列を指定した場合、Azure DNS ではこの文字のバイト値 (128) を内部表現で使用します。For example, if the user provides a string as the value for a TXT record that has the extended ASCII character \128 (eg: "abcd\128efgh"), Azure DNS will use the byte value of this character (which is 128) in internal representation. DNS 解決時にも、応答でこのバイト値が返されます。At the time of DNS resolution as well this byte value will be returned in the response. また、解決に関する限り、"abc" と "\097\098\099" は代替可能です。Also note that "abc" and "\097\098\099" are interchangeable as far as resolution is concerned.

TXT レコードについては、RFC 1035 のゾーン ファイルのマスター形式のエスケープ規則に従います。We follow RFC 1035 zone file master format escape rules for TXT records. たとえば、RFC に従い、"" は実際にはあらゆるものをエスケープします。For example, ‘\’ now actually escapes everything per the RFC. TXT レコード値として "A\B" を指定した場合、これは "AB" として表され、解決されます。If you specify "A\B" as the TXT record value, it will be represented and resolve as just "AB". 解決時に TXT レコードに "A\B" を含める必要がある場合は、"" を再度エスケープする必要があります。If you really want the TXT record to have "A\B" at resolution, you need to escape the "" again, i.e つまり、"A\B" と指定します。specify as "A\B".

現在、このサポートは、Azure Portal から作成された TXT レコードでは使用できません。Note that this support is currently not available for TXT records created from the Azure Portal.

Azure DNS の使用Using Azure DNS

Azure DNS と別の DNS プロバイダーを使用して 1 つのドメインを共同ホスティングできますか。Can I co-host a domain using Azure DNS and another DNS provider?

はい。Yes. Azure DNS では、他の DNS サービスとのドメインの共同ホスティングがサポートされます。Azure DNS supports co-hosting domains with other DNS services.

これを行うには、ドメインの NS レコードを変更して、両方のプロバイダーのネーム サーバーを指すようにする必要があります (NS レコードによって、ドメインに対する DNS クエリを受け取るプロバイダーが制御されます)。To do so, you need to modify the NS records for the domain (which control which providers receive DNS queries for the domain) to point to the name servers of both providers. これらの NS レコードは、Azure DNS、他のプロバイダー、親ゾーン (通常、ドメイン名レジストラーで構成) の 3 か所で変更できます。You can modify these NS records in three places: in Azure DNS, in the other provider, and in the parent zone (typically configured via the domain name registrar). DNS 委任の詳細については、DNS へのドメインの委任に関する記事を参照してください。For more information on DNS delegation, see DNS domain delegation.

また、ドメインの DNS レコードが両方の DNS プロバイダー間で同期するように確認する必要があります。In addition, you need to ensure that the DNS records for the domain are in sync between both DNS providers. 現在、Azure DNS では DNS ゾーン転送はサポートされません。Azure DNS does not currently support DNS zone transfers. DNS レコードは、Azure DNS 管理ポータルREST APISDKPowerShell コマンドレットCLI ツールのいずれかを使用して同期する必要があります。DNS records need to be synchronized using either the Azure DNS management portal, REST API, SDK, PowerShell cmdlets, or CLI tool.

自分のドメインを 4 個の Azure DNS ネーム サーバーすべてに委任する必要がありますか。Do I have to delegate my domain to all four Azure DNS name servers?

はい。Yes. Azure DNS は、フォールトの分離性と復元性の向上のために 4 個のネーム サーバーを各 DNS ゾーンに割り当てます。Azure DNS assigns four name servers to each DNS zone, for fault isolation and increased resilience. Azure DNS の SLA を満たすには、ドメインを 4 個すべてのネーム サーバーに委任する必要があります。To qualify for the Azure DNS SLA, you need to delegate your domain to all four name servers.

Azure DNS の使用制限とは何ですか。What are the usage limits for Azure DNS?

Azure DNS を使用する際は、次の制限が既定で適用されます。The following default limits apply when using Azure DNS:

ResourceResource 既定の制限Default limit
サブスクリプションあたりのゾーン数Zones per subscription 100 1100 1
ゾーンあたりのレコード セット数Record sets per zone 5000 15000 1
レコード セットあたりのレコード数Records per record set 2020

1 これらの制限値を大きくする必要がある場合は、Azure サポートにお問い合せください。1 Contact Azure Support in case you need to increase these limits.

Azure DNS ゾーンをリソース グループ間またはサブスクリプション間で移動できますか。Can I move an Azure DNS zone between resource groups or between subscriptions?

はい。Yes. DNS ゾーンは、リソース グループ間またはサブスクリプション間で移動できます。DNS zones can be moved between resource groups, or between subscriptions.

DNS ゾーンを移動しても DNS クエリへの影響はありません。There is no impact on DNS queries when moving a DNS zone. ゾーンに割り当てられたネーム サーバーは同じままで、DNS クエリは最初から最後まで通常どおりに処理されます。The name servers assigned to the zone remain the same, and DNS queries are processed as normal throughout.

DNS ゾーンの移動に関する詳細と手順については、「新しいリソース グループまたはサブスクリプションへのリソースの移動」を参照してください。For more information and instructions on how to move DNS zones, see Move resources to a new resource group or subscription.

DNS の変更が有効になるまでどれくらいかかりますか。How long does it take for DNS changes to take effect?

通常、新しい DNS ゾーンと DNS レコードは、Azure DNS ネーム サーバーに数秒以内ですぐに反映されます。New DNS zones and DNS records are typically reflected on the Azure DNS name servers quickly, within a few seconds.

既存の DNS レコードへの変更は少し時間がかかりますが、60 秒以内には Azure DNS ネーム サーバーに反映されます。Changes to existing DNS records can take a little longer, but should still be reflected on the Azure DNS name servers within 60 seconds. この場合、Azure DNS 外部の DNS キャッシュ (DNS クライアントと DNS 再帰リゾルバーによる) も、DNS の変更が有効になるまでの時間に影響することがあります。In this case, DNS caching outside of Azure DNS (by DNS clients and DNS recursive resolvers) can also impact the time taken for a DNS change to be effective. このキャッシュ期間は、各レコード セットの Time-To-Live (TTL) プロパティを使用して制御できます。This cache duration can be controlled using the Time-To-Live (TTL) property of each record set.

誤って削除されないように DNS ゾーンを保護するにはどうすればよいですか。How can I protect my DNS zones against accidental deletion?

Azure DNS は Azure Resource Manager を使用して管理され、Azure Resource Manager が提供するアクセス制御機能のメリットを受けています。Azure DNS is managed using Azure Resource Manager, and benefits from the access control features that Azure Resource Manager provides. ロールに基づくアクセス制御を使用して、DNS ゾーンとレコード セットに対する読み取りアクセスまたは書き込みアクセスを持つユーザーを制御できます。Role-based access control can be used to control which users have read or write access to DNS zones and record sets. DNS ゾーンとレコード セットを誤って変更または削除しないためにリソース ロックを適用することができます。Resource locks can be applied to prevent accidental modification or deletion of DNS zones and record sets.

詳細については、「DNS ゾーンとレコードを保護する方法」を参照してください。For more information, see Protecting DNS Zones and Records.

Azure DNS 内で SPF レコードを設定するにはどうすればよいですか。How do I set up SPF records in Azure DNS?

Sender Policy Framework (SPF) レコードは、特定のドメイン名を使って電子メールを送信することが許可される電子メール サーバーを指定するために使用されます。Sender Policy Framework (SPF) records are used to specifying which email servers are permitted to send email on behalf of a given domain name. SPF レコードを正しく構成するには、送信した電子メールが受信者に "迷惑メール" として分類されないようにする必要があります。Correct configuration of SPF records is important to prevent recipients marking your email as 'junk'.

もともと DNS に関する RFC では、このようなシナリオに対応するレコードの種類として新しく "SPF" が導入されていました。The DNS RFCs originally introduced a new 'SPF' record type to support this scenario. また、旧式のネーム サーバーに対応するために、レコードの種類として TXT を使用して SPF レコードを指定することも許可されていました。To support older name servers, they also permitted the use of the TXT record type to specify SPF records. このあいまいさが原因で混乱が生じていましたが、RFC 7208 によって解決されました。This ambiguity led to confusion, which was resolved by RFC 7208. この RFC では、SPF レコードはレコードの種類として TXT を使用して作成しなければならないことが規定され、レコードの種類としての SPF は廃止されました。This states that SPF records should only be created using the TXT record type, and that the SPF record type is deprecated.

SPF レコードは Azure DNS でもサポートされていますが、レコードの種類として TXT を使用して作成する必要があります。SPF records are supported by Azure DNS and should be created using the TXT record type. 廃止されたレコードの種類としての SPF はサポートされていません。The obsolete SPF record type is not supported. DNS ゾーン ファイルをインポートする際、レコードの種類として SPF が使用されている SPF レコードは、レコードの種類が TXT に変換されます。When importing a DNS zone file, any SPF records using the SPF record type are converted to the TXT record type.

Azure DNS ネーム サーバーは IPv6 で解決しますか。Do Azure DNS Nameservers resolve over IPv6?

はい。Yes. Azure DNS ネーム サーバーはデュアルスタックです (IPv4 と IPv6 の両方のアドレスを持ちます)。Azure DNS Nameservers are dual-stack (have both IPv4 and IPv6 addresses). DNS ゾーンに割り当てられている Azure DNS ネーム サーバーの IPv6 アドレスを調べるには、nslookup などのツールを使用することができます (たとえば、nslookup -q=aaaa <Azure DNS Nameserver>)。To find the IPv6 address for the Azure DNS nameservers assigned to your DNS zone, you can use a tool such as nslookup (for example, nslookup -q=aaaa <Azure DNS Nameserver>).

Azure DNS 内で国際化ドメイン名 (IDN) を設定するにはどうすればよいですか。How do I set up an International Domain Name (IDN) in Azure DNS?

国際化ドメイン名 (IDN) は、"punycode" を使用して各 DNS 名をエンコードすることによって機能します。International Domain Names (IDNs) work by encoding each DNS name using 'punycode'. DNS クエリが、このような punycode エンコーディング名を使用して作成されます。DNS queries are made using these punycode-encoded names.

Azure DNS に国際化ドメイン名 (IDN) を構成するには、まずゾーン名またはレコード セット名を punycode に変換します。You can configure International Domain Names (IDNs) in Azure DNS by first converting the zone name or record set name to punycode. 現在、Azure DNS では punycode に対する組み込みの変換機能はサポートされていません。Azure DNS does not currently support built-in conversion to/from punycode.

プライベート DNSPrivate DNS

重要

Azure DNS Private Zone 機能は現在パブリック プレビュー段階です。The Azure DNS Private Zone feature is currently in Public Preview.

このプレビュー バージョンはサービス レベル アグリーメントなしで提供されています。運用環境のワークロードに使用することはお勧めできません。This preview version is provided without a service level agreement, and it is not recommended for production workloads. 特定の機能はサポート対象ではなく、機能が制限されることがあります。Certain features might not be supported or might have constrained capabilities. 詳しくは、Microsoft Azure プレビューの追加使用条件に関するページをご覧ください。For more information, see Supplemental Terms of Use for Microsoft Azure Previews.

Azure DNS では "プライベート" ドメインはサポートされますか。Does Azure DNS support 'private' domains?

"プライベート" ドメインのサポートは、Private Zones の機能を使用して実装されます。Support for 'private' domains is implemented using Private Zones feature. 現在、この機能はパブリック プレビューでご利用いただけます。This feature is currently available in public preview. プライベート ゾーンは、インターネットに接続された Azure DNS ゾーンと同じツールを使用して管理されていますが、指定した仮想ネットワーク内からのみ解決できます。Private zones are managed using the same tools as internet-facing Azure DNS zones but they are only resolvable from within your specified virtual networks. 詳細については、こちらの概要を参照してください。See the overview for details.

現時点では、Azure Portal で Private Zones はサポートされていません。At this time Private Zones are not supported on the Azure portal.

Azure での他の内部 DNS オプションの詳細については、「VM とロール インスタンスの名前解決」を参照してください。For information on other internal DNS options in Azure, see Name Resolution for VMs and Role Instances.

プライベート ゾーンのコンテキストで、登録仮想ネットワークと解決仮想ネットワークの違いは何ですか。What is the difference between Registration virtual network and Resolution virtual network in the context of private zones?

仮想ネットワークは、登録仮想ネットワークまたは解決仮想ネットワークとして、DNS プライベート ゾーンにリンクできます。You can link virtual networks to a DNS private zone in two ways - as a Registration virtual network, or as a Resolution virtual network. いずれの場合でも、仮想ネットワーク内の仮想マシンがプライベート ゾーン内のレコードに対して正常に解決できます。In either case, virtual machines in the virtual network will be able to successfully resolve against records in the private zone. ただし、仮想ネットワークを登録仮想ネットワークとして指定すると、Azure は仮想ネットワーク内の仮想マシンのゾーンの中に DNS レコードを自動的に登録します (動的な登録)。However, if you specify a virtual network as a Registration virtual network, Azure will automatically register (dynamic registration) DNS records into the zone for the virtual machines in the virtual network. さらに、登録仮想ネットワーク内の仮想マシンが削除されると、Azure はリンクされたプライベート ゾーンから対応する DNS レコードも自動的に削除します。Furthermore, when a virtual machine in a Registration virtual network gets deleted, Azure will also automatically remove the corresponding DNS record from the linked private zone.

Azure DNS Private Zones は Azure リージョンを超えて機能しますか。Will Azure DNS Private Zones work across Azure regions?

はい。Yes. Private Zones は、プライベート ゾーンのすべての仮想ネットワークが解決仮想ネットワークとして指定されている限り、それらの仮想ネットワークが明示的にピアリングされていなくても、Azure のリージョンを超える複数の仮想ネットワーク間の DNS の解決をサポートします。Private Zones is supported for DNS resolution between virtual networks across Azure regions, even without explicitly peering the virtual networks, as long as the virtual networks are all specified as Resolution virtual networks for the private zone. お客様によっては、TCP/HTTP トラフィックがあるリージョンから別のリージョンにフローするように、仮想ネットワークがピアリングされている必要がある場合があります。Customers may need the virtual networks to be peered for TCP/HTTP traffic to flow from one region to another.

Private Zones では仮想ネットワークがインターネットに接続されている必要はありますか?Is connectivity to the Internet from virtual networks required for Private Zones?

いいえ。No. Private Zones は仮想ネットワークと連携して動作し、お客様は仮想ネットワーク内および複数の仮想ネットワーク間の Virtual Machines のドメインやその他リソースを管理できます。Private Zones work in conjunction with virtual networks and let customers manage domains for Virtual Machines or other resources within and across virtual networks. 名前解決にインターネットへの接続は不要です。No internet connectivity is required for name resolution.

複数の仮想ネットワークの解決に同じプライベート ゾーンを使用できますか?Can the same Private Zone be used for multiple virtual networks for resolution?

はい。Yes. 1 つのプライベート ゾーンに最大で 10 の解決仮想ネットワークを関連付けることができます。Customers can associate up to 10 Resolution virtual networks with a single private zone.

別のサブスクリプションに属している仮想ネットワークを、あるプライベート ゾーンの解決仮想ネットワークとして追加できますか?Can a virtual network that belongs to a different subscription be added as a resolution virtual network to a Private Zone?

はい、ユーザーに仮想ネットワークとプライベート DNS ゾーンの両方の書き込み操作のアクセス許可が付与されていれば追加できます。Yes, as long as the User has Write operation permission on both the virtual networks as well as the Private DNS zone. 書き込みアクセス許可は複数の RBAC ロールに割り当てることができます。Note that the Write permission may be allocated to multiple RBAC roles. たとえば、従来のネットワーク共同作成者の RBAC ロールには仮想ネットワークに対する書き込みアクセス許可が付与されています。For example, the Classic Network Contributor RBAC role has write permissions to virtual networks. RBAC ロールについて詳しくは、ロールベースのアクセス制御に関するページをご覧ください。For more information on RBAC roles, see Role Based Access Control

プライベート ゾーンに自動的に登録された仮想マシンがお客様によって削除されると、その仮想マシンの DNS レコードは自動的に削除されますか。Will the automatically registered virtual machine DNS records in a private zone be automatically deleted when the virtual machines are deleted by the customer?

はい。Yes. 登録仮想ネットワーク内にある仮想マシンを削除すると、これが登録仮想ネットワークであるため、そのゾーンに登録されていた DNS レコードも自動的に削除されます。If you delete a virtual machine within a Registration virtual network, we will automatically delete the DNS records that were registered into the zone due to this being a Registration virtual network.

(登録仮想ネットワークから) プライベート ゾーンに自動的に登録された仮想マシンのレコードは手動で削除できますか。Can an automatically registered virtual machine record in a private zone (from a Registration virtual network) be deleted manually?

いいえ。No. 現時点では、登録仮想ネットワークから プライベート ゾーンに自動的に登録された仮想マシンの DNS レコードはお客様に表示されず、編集できません。At this time, the virtual machine DNS records that are automatically registered in a private zone from a Registration virtual network are not visible or editable by customers. ただし、そのような自動的に登録された DNS レコードを、そのゾーンに手動で作成した DNS レコードで置換 (上書き) できます。You can however, replace (overwrite) such automatically registered DNS records with a manually created DNS record in the zone. それに対応する次の質問と回答をご覧ください。See the following question and answer that addresses this.

登録仮想ネットワーク内の (自動的に登録された) 既存の仮想マシンと同じホスト名を持つプライベート ゾーンに新しい DNS レコードを手動で作成しようとするとどうなりますか。What happens when we attempt to manually create a new DNS record into a private zone that has the same hostname as an (automatically registered) existing virtual machine in a Registration virtual network?

登録仮想ネットワーク内の既存の (自動的に登録された) 仮想マシンと同じホスト名を持つプライベート ゾーンに新しい DNS レコードを手動で作成しようとした場合、新しい DNS レコードで自動的に登録された仮想マシン レコードを上書きすることが許可されます。If you attempt to manually create a new DNS record into a private zone that has the same hostname as an existing (automatically registered) virtual machine in a Registration virtual network, we will allow the new DNS record to overwrite the automatically registered virtual machine record. さらに、後でそのゾーンから手動で作成した DNS レコードを削除しようとすると、削除は成功し、その仮想マシンが存在し、プライベート IP がアタッチされている限り、自動登録が再度発生します (そのゾーンに DNS レコードが自動的に再作成されます)。Furthermore, if you subsequently attempt to delete this manually created DNS record from the zone, the delete will succeed, and the automatic registration will happen again (the DNS record will be re-created automatically in the zone) so long as the virtual machine still exists and has a Private IP attached to it.

はい。Yes. プライベート ゾーンから登録仮想ネットワークのリンクを解除 (その DNS ゾーンを更新して関連付けられた登録仮想ネットワークを削除) した場合、Azure はそのゾーンから自動的に登録された仮想マシンのレコードをすべて削除します。If you unlink a Registration virtual network (update the DNS zone to remove the associated Registration virtual network) from a private zone, Azure will remove any automatically registered virtual machine records from the zone.

はい。Yes. リンクを解除する前に登録 (または解決) 仮想ネットワークをプライベート ゾーンから削除すると、Azure では削除操作が成功しますが、プライベート ゾーンに残っている仮想ネットワークのリンクは自動的には解除されません。When you delete a Registration (or Resolution) virtual network without unlinking it from a private zone first, Azure will let your deletion operation to succeed, but the virtual network is not automatically unlinked from your private zone if any. 仮想ネットワークのリンクはプライベート ゾーンから手動で解除する必要があります。You need to manually unlink the virtual network from the private zone. この理由から、仮想ネットワークを削除する前に、まずプライベート ゾーンから仮想ネットワークのリンクを解除することをおすすめします。For this reason, it is advised to first unlink your virtual network from your private zone before deleting it.

既定の FQDN (internal.cloudapp.net) を使用している DNS 解決は、プライベート ゾーン (例: contoso.local) が仮想ネットワークにリンクされている場合でも機能しますか。Would DNS resolution using the default FQDN (internal.cloudapp.net) still work even when a Private Zone (for example: contoso.local) is linked to a virtual network?

はい。Yes. Private Zones の機能は Azure が提供する internal.cloudapp.net ゾーンを使用した既定の DNS 解決に置き換わるものではなく、追加の機能または機能強化として提供されたものです。Private Zones feature does not replace the default DNS resolutions using the Azure-provided internal.cloudapp.net zone, and is offered as an additional capability or enhancement. どちらのケースでも (Azure 提供の internal.cloudapp.net に依存または独自のプライベート ゾーンに依存する場合のいずれでも)、解決するゾーンに対して FQDN を使用することをおすすめします。For both cases (whether relying on Azure-provided internal.cloudapp.net or on your own Private Zone) it is advised to use the FQDN of the zone you want to resolve against.

リンクされた仮想ネットワーク内の仮想マシンの DNS サフィックスは、そのプライベート ゾーンの DNS サフィックスに変更されますか。Would the DNS suffix on virtual machines within a linked virtual network be changed to that of the Private Zone?

いいえ。No. 現時点では、リンクされた仮想ネットワーク内の仮想マシン上の DNS サフィックスは、Azure 提供の既定のサフィックス ("*.internal.cloudapp.net") のまま残ります。At this time, the DNS suffix on the virtual machines in your linked virtual network will remain as the default Azure-provided suffix ("*.internal.cloudapp.net"). ただし、仮想マシン上のこの DNS サフィックスをプライベート ゾーンの DNS サフィックスに手動で変更できます。You can however manually change this DNS suffix on your virtual machines to that of the private zone.

このプレビュー中の Private Zones に制限事項はありますか。Are there any limitations for Private Zones during this preview?

はい。Yes. パブリック プレビュー中は、次の制限事項が存在します。During Public Preview, the following limitations exist:

  • プライベート ゾーンにつき 1 つの登録仮想ネットワーク1 Registration virtual networks per Private Zone
  • プライベート ゾーンにつき最大で 10 の解決仮想ネットワークUpto 10 Resolution virtual networks per Private Zone
  • 1 つの仮想ネットワークは、登録仮想ネットワークとして 1 つのプライベート ゾーンにのみリンク可能A given virtual network can only be linked to one Private Zone as a Registration virtual network
  • 1 つの仮想ネットワークは、解決仮想ネットワークとして最大で 10 のプライベート ゾーンにリンク可能A given virtual network can be linked to up to 10 Private Zones as a Resolution virtual network
  • 登録仮想ネットワークが指定された場合、プライベート ゾーンに登録されているその仮想ネットワーク内の仮想マシンの DNS レコードは PowerShell/CLI/API から表示することも取得することもできないが、VM レコードは登録が行われ、問題なく解決されるIf a Registration virtual network is specified, the DNS records for the VMs from that virtual network that are registered to the Private Zone will not be viewable or retrievable from the Powershell/CLI/APIs, but the VM records are indeed registered and will resolve successfully
  • 逆引き DNS は登録仮想ネットワーク内のプライベート IP 空間に対してのみ機能するReverse DNS will only work for Private IP space in the Registration virtual network
  • プライベート ゾーンに登録されていないプライベート IP (例: プライベート ゾーンに解決仮想ネットワークとしてリンクされている仮想ネットワーク内の仮想マシンのプライベート IP) の逆引き DNS は、DNS サフィックスとして "internal.cloudapp.net" を返すが、このサフィックスは解決できない。Reverse DNS for a Private IP that is not registered in the Private Zone (for example: Private IP for a virtual machine in a virtual network that is linked as a Resolution virtual network to a private zone) will return "internal.cloudapp.net" as the DNS suffix, however this suffix will not be resolvable.
  • 仮想ネットワークは、Virtual network needs to be empty (i.e 最初から登録また解決仮想ネットワークとしてプライベート ゾーンにリンクされているときは、no virtual machines with a NIC attached) when initially (i.e 空である (NIC がアタッチされている仮想マシンがない) 必要がある。for the first time) linking to a Private Zone as Registration or Resolution virtual network. ただし、その他のプライベート ゾーンに登録または解決仮想ネットワークとしてさらにリンクする場合、仮想ネットワークは空でなくてもかまいません。However, the virtual network can then be non-empty for future linking as a Registration or Resolution virtual network, to other private zones.
  • 現時点では、条件付きの転送 (例: Azure とオンプレミス ネットワーク間の解決を有効にする) はサポートされていない。At this time, conditional forwarding is not supported, for example for enabling resolution between Azure and OnPrem networks. 他のメカニズムを介してこのシナリオを実現する方法については、「VM とロール インスタンスの名前解決」を参照してください。For documentation on how customers can realize this scenario via other mechanisms, please see Name Resolution for VMs and Role Instances

Private Zones のゾーンやレコードにクォータや制限はありますか。Are there any quotas or limits on Zones or Records for Private Zones?

Private Zones には、サブスクリプションごとのゾーンの数や、ゾーンごとのレコード セットの数について、別個の制限はありません。There are no separate limits on number of Zones allowed per subscription, or number of record sets per Zone, for Private Zones. Public Zones と Private Zones は両方ともここに示す DNS 全体の制限が適用されます。Both Public and Private Zones count toward the overall DNS limits as documented here

Private Zones のポータル サービスはありますか。Is there Portal support for Private Zones?

非ポータル メカニズム (API/PowerShell/CLI/SDK) によってすでに作成されている Private Zones は Azure Portal に表示されますが、新しいプライベート ゾーンを作成したり、仮想ネットワークとの関連付けを管理したりすることはできません。Private Zones that are already created via non-Portal mechanisms (API/PowerShell/CLI/SDKs) will be visible on the Azure portal, but customers will not able to create new private zones or manage associations with virtual networks. さらに、登録仮想ネットワークとして関連付けられている仮想ネットワークについては、自動的に登録された仮想マシンのレコードは Azure Portal に表示されません。In addition, for virtual networks associated as Registration virtual networks, the automatically registered VM records will not be visible from the Portal.

次の手順Next steps

Azure DNS について学ぶLearn more about Azure DNS
プライベート ドメインに Azure DNS を使用する方法を学ぶLearn more about using Azure DNS for private domains
DNS ゾーンとレコードについて学ぶLearn more about DNS zones and records
Azure DNS の概要Get started with Azure DNS