Azure DNS を他の Azure サービスと使用する方法

Azure DNS は、ホストされる DNS 管理および名前解決サービスです。 これを使用して、Azure にデプロイしている他のアプリケーションやサービスのためにパブリック DNS 名を作成できます。 カスタム ドメイン内の Azure サービスのために名前を作成することは簡単です。 そのサービスの正しい種類のレコードを追加するだけです。

  • IP アドレスが動的に割り当てられる場合は、Azure でサービスに対して作成された DNS 名にマップされる DNS CNAME レコードを作成できます。 DNS の標準により、ゾーンの頂点でCNAME レコードを使用することはできません。 代わりに、エイリアス レコードを使用できます。 詳細については、「チュートリアル: Azure パブリック IP アドレスを参照するエイリアス レコードを構成する」を参照してください。
  • 静的に割り当てられる IP アドレスについては、任意の名前を使用して DNS A レコードを作成することができ、それにはゾーンの頂点の ネイキッド ドメイン 名が含まれます。

次の表は、さまざまな Azure サービスで使用できる、サポートされているレコードの種類の要点を示しています。 表が示すように、Azure DNS は、インターネットに接続するネットワーク リソースの DNS レコードのみをサポートします。 Azure DNS は、内部アドレスやプライベート アドレスの名前解決には使用できません。

Azure サービス ネットワーク インターフェイス 説明
Azure Application Gateway フロントエンド パブリック IP DNS A または CNAME レコードを作成できます。
Azure Load Balancer フロントエンド パブリック IP DNS A または CNAME レコードを作成できます。 Load Balancer には、動的に割り当てられる IPv6 パブリック IP アドレスを設定できます。 IPv6 アドレス用の CNAME レコードを作成してください。
Azure の Traffic Manager パブリック名 Traffic Manager プロファイルに割り当てられている trafficmanager.net 名にマップされるエイリアス レコードのみを作成できます。 詳細については、「Tutorial: Configure an alias record to support apex domain names with Traffic Manager (チュートリアル: Traffic Manager で頂点のドメイン名をサポートするエイリアス レコードを構成する)」を参照してください。
Azure クラウド サービス パブリック IP 静的に割り当てられる IP アドレスには、DNS A レコードを作成できます。 動的に割り当てられる IP アドレスには、 cloudapp.net 名にマップする CNAME レコードを作成する必要があります。
Azure App Service 外部 IP 外部 IP アドレスには、DNS A レコードを作成できます。 それ以外の場合は、azurewebsites.net 名にマップする CNAME レコードを作成する必要があります。 詳細については、Azure アプリへのカスタム ドメイン名のマッピングに関するページを参照してください。
Azure Resource Manager VM パブリック IP Resource Manager VM はパブリック IP アドレスを持つことができます。 パブリック IP アドレスを持つ VM は、ロード バランサーの背後にも配置できます。 パブリック アドレスには、DNS A、CNAME、またはエイリアス レコードを作成できます。 このカスタム名を使用して、ロード バランサーの VIP をバイパスできます。
クラシック VM パブリック IP PowerShell または CLI は使用して作成するクラシック VM は、動的アドレスまたは静的 (予約済み) 仮想アドレスを指定して構成できます。 それぞれ、DNS CNAME または A レコードを作成できます。

次のステップ

  • DNS ゾーンでレコード セットとレコードを管理する方法についてはこちらをご覧ください。