クイック スタート:Azure PowerShell を使用して Azure DNS ゾーンとレコードを作成する

注意

この記事では、Azure と対話するために推奨される PowerShell モジュールである Azure Az PowerShell モジュールを使用します。 Az PowerShell モジュールの使用を開始するには、「Azure PowerShell をインストールする」を参照してください。 Az PowerShell モジュールに移行する方法については、「AzureRM から Az への Azure PowerShell の移行」を参照してください。

このクイック スタートでは、Azure PowerShell を使用して最初の DNS ゾーンとレコードを作成します。 これらの手順は、Azure portal または Azure CLI を使用して実行することもできます。

DNS ゾーンは、特定のドメインの DNS レコードをホストするために使用されます。 Azure DNS でドメインのホストを開始するには、そのドメイン名用に DNS ゾーンを作成する必要があります。 ドメインの DNS レコードはすべて、この DNS ゾーン内に作成されます。 最後に、DNS ゾーンをインターネットに公開するには、ドメインのネーム サーバーを構成する必要があります。 ここでは、その手順について説明します。

Azure PowerShell を使用した DNS デプロイ環境の図。

Azure DNS は、プライベート ドメインの作成もサポートします。 プライベート DNS ゾーンとレコードを初めて作成する方法に関する順を追った説明については、「PowerShell で Azure DNS プライベート ゾーンの使用を開始する」を参照してください。

前提条件

Azure Cloud Shell を使用する

Azure では、ブラウザーを介して使用できる対話型のシェル環境、Azure Cloud Shell がホストされています。 Cloud Shell で Bash または PowerShell を使用して、Azure サービスを操作できます。 ローカル環境に何もインストールしなくても、Cloud Shell にプレインストールされているコマンドを使用して、この記事のコードを実行できます。

Azure Cloud Shell を開始するには:

オプション 例とリンク
コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。 [使ってみる] を選択しても、コードは Cloud Shell に自動的にコピーされません。 Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例
https://shell.azure.com に移動するか、 [Cloud Shell を起動する] ボタンを選択して、ブラウザーで Cloud Shell を開きます。 新しいウィンドウで Cloud Shell を起動する
Azure portal の右上にあるメニュー バーの [Cloud Shell] ボタンを選択します。 Azure Portal の [Cloud Shell] ボタン

Azure Cloud Shell でこの記事のコードを実行するには:

  1. Cloud Shell を開始します。

  2. [コピー] ボタンを選択して、コード ブロックをコードにコピーします。

  3. Windows と Linux では Ctrl+Shift+V キーを選択し、macOS では Cmd+Shift+V キーを選択して、コードを Cloud Shell セッションに貼り付けます。

  4. Enter キーを選択して、コードを実行します。

リソース グループの作成

DNS ゾーンを作成する前に、DNS ゾーンが含まれるリソース グループを作成します。

New-AzResourceGroup -name MyResourceGroup -location "eastus"

DNS ゾーンの作成

DNS ゾーンは、 New-AzDnsZone コマンドレットを使用して作成します。 次の例では、MyResourceGroup というリソース グループに contoso.xyz という DNS ゾーンを作成します。 この例の値を実際の値に置き換えて、DNS ゾーンを作成できます。

New-AzDnsZone -Name contoso.xyz -ResourceGroupName MyResourceGroup

DNS レコードの作成

レコード セットは、New-AzDnsRecordSet コマンドレットを使用して作成します。 下の例では、リソース グループ "MyResourceGroup" で DNS ゾーン "contoso.xyz" に相対名 "www" を持つレコードを作成します。 レコード セットの完全修飾名は、"www.contoso.xyz" になります。 レコードの種類は "A"、IP アドレスは "10.10.10.10"、TTL は 3,600 秒です。

New-AzDnsRecordSet -Name www -RecordType A -ZoneName contoso.xyz -ResourceGroupName MyResourceGroup -Ttl 3600 -DnsRecords (New-AzDnsRecordConfig -IPv4Address "10.10.10.10")

レコードの表示

ゾーンで DNS レコードを表示するには、次を使用します。

Get-AzDnsRecordSet -ZoneName contoso.xyz -ResourceGroupName MyResourceGroup

名前解決をテストする

テスト DNS ゾーンを作成し、その中にテスト "A" レコードを含めたので、nslookup という名前のツールを使用して、名前解決をテストできます。

DNS 名前解決をテストするには:

  1. 次のコマンドレットを実行して、ゾーン用のネーム サーバーの一覧を取得します。

    Get-AzDnsRecordSet -ZoneName contoso.xyz -ResourceGroupName MyResourceGroup -RecordType ns
    
  2. 前の手順の出力から、いずれかのネーム サーバーの名前をコピーします。

  3. コマンド プロンプトを開いて、次のコマンドを実行します。

    nslookup www.contoso.xyz <name server name>
    

    次に例を示します。

    nslookup www.contoso.xyz ns1-08.azure-dns.com.
    

    次のような画面が表示されます。

    n s lookup コマンドと、Server、Address、Name、Address の値を表示するコマンド プロンプト ウィンドウを示すスクリーンショット。

ホスト名 www.contoso.xyz は、構成したとおり、10.10.10.10 に名前解決されています。 この結果で、名前解決が正常に機能していることを確認できます。

リソースをクリーンアップする

不要になった場合、リソース グループを削除することで、このクイック スタートで作成したすべてのリソースを削除できます。

Remove-AzResourceGroup -Name MyResourceGroup

次のステップ

これで、Azure PowerShell を使用して最初の DNS ゾーンとレコードを作成できました。カスタム ドメインで Web アプリのレコードを作成できます。