DocumentDB: MongoDB 用 API とは

MongoDB 向けに作成されたアプリのデータ ストアとして DocumentDB データベースを使用できるようになりました。 つまり、MongoDB データベースの既存のドライバーを使用することで、MongoDB 用に記述されたアプリケーションが DocumentDB と通信し、MongoDB データベースではなく DocumentDB データベースを使用できるようになりました。 多くの場合、接続文字列を変更するだけで、MongoDB から DocumentDB に使用を切り替えることができます。 この機能を使用すると、既にある MongoDB のスキルとツールを無駄にすることなく、DocumentDB の完全に管理されたスケーラブルな NoSQL データベースを利用する MongoDB データベース アプリケーションを簡単に作成し、Azure クラウドで実行することができます。

DocumentDB: MongoDB 用 API を使用するメリット

サーバー管理が不要 - DocumentDB は完全に管理されたサービスです。つまり、インフラストラクチャまたは仮想マシンを自分で管理する必要がありません。 DocumentDB は、30 以上の Azure リージョンで使用できます。

無限のスケール - スループットとストレージを分けてエラスティックにスケールできます。 容量を追加して 1 秒あたり数百万件の要求に簡単に対応できます。

エンタープライズ グレード - DocumentDB では、ローカルとリージョンで障害が発生した場合に 99.99% の可用性とデータ保護を実現する、複数のローカル レプリカがサポートされます。 DocumentDB には、エンタープライズ グレードのコンプライアンス認定とセキュリティ機能があります。

MongoDB の互換性 - DocumentDB: MongoDB 用 API は、MongoDB との互換性が確保されています。 既存のコード、アプリケーション、ドライバー、ツールを使用して DocumentDB を操作できます。

詳細については、Scott Hanselman と DocumentDB プリンシパル エンジニアリング マネージャー Kirill Gavrylyuk による次の Azure Friday ビデオをご覧ください。

開始方法

Azure Portal で DocumentDB: MongoDB 用 API アカウントを作成し、接続を新しいアカウントにスワップします。

"これで終了です。"

詳細な手順については、アカウントの作成に関する記事とアカウントへの接続に関する記事を参照してください。

次のステップ

DocumentDB に関する情報: MongoDB 用 API は、DocumentDB ドキュメント全体に組み込まれていますが、開始するためのいくつかのヒントを次に示します。