マネージド ID を Event Grid のカスタム トピックまたはドメインに割り当てる

この記事では、システム割り当てまたはユーザー割り当てのマネージド ID を Event Grid のカスタム トピックまたはドメインに割り当てる方法について説明します。

トピックまたはドメインの作成時に ID を有効にする

Azure portal では、トピックまたはドメインを作成するときに、システム割り当て ID または 2 つのユーザーによって割り当てられた ID のいずれかを割り当てることができますが、両方の種類の ID を割り当てることはできません。 トピックまたはドメインが作成されたら、「既存のトピックまたはドメインに対して ID を有効にする」セクションの手順に従って、両方の種類の ID を割り当てることができます。

システム割り当て ID を有効にする

トピックまたはドメインの作成ウィザードの [詳細] タブで、 [Enable system assigned identity](システム割り当て ID を有効にする) を選択します。

[Enable system assigned identity]\(システム割り当て ID を有効にする\) オプションが選択されている画像。

ユーザー割り当て ID を有効にする

  1. トピックまたはドメインの作成ウィザードの [詳細] ページで、 [Enable user-assigned identity](ユーザー割り当て ID を有効にする) を選択し、 [Add user assigned identity](ユーザー割り当て ID を追加する) を選択します。

    [Enable user assigned identity]\(ユーザー割り当て ID を有効にする\) オプションが選択されている画像。

  2. [Select user assigned identity](ユーザー割り当て ID の選択) ウィンドウで、ユーザー割り当て ID を持つサブスクリプションを選択し、ユーザー割り当て ID を選択し、 [選択] をクリックします。

既存のカスタム トピックまたはドメインに対して ID を有効にする

このセクションでは、既存のカスタム トピックまたはドメインに対して、システム割り当て ID またはユーザー割り当て ID を有効にする方法について説明します。

Azure portal を使用する場合、既存のトピックまたはドメインに、1 つのシステム割り当て ID と最大 2 つのユーザー割り当て ID を割り当てることができます。

次の手順では、カスタム トピックの ID を有効にする方法を示します。 ドメインに対して ID を有効にする手順と似ています。

  1. Azure ポータルにアクセスします。
  2. 上部の検索バーで「event grid topics (イベント グリッド トピック) 」を検索します。
  3. マネージド ID を有効にする カスタム トピック を選択します。
  4. 左側のメニューの [ID] を選択します。

システム割り当て ID をトピックに割り当てるには

  1. [システム割り当て済み] タブで、スイッチを オン にして ID を有効にします。

  2. ツール バーの [保存] を選択して設定を保存します。

    カスタム トピックの ID ページ

ユーザー割り当て ID をトピックに割り当てるには

  1. ユーザー割り当てマネージド ID の管理」の記事の手順に従って、ユーザー割り当て ID を作成します。

  2. [ID] ページで、右ペインの [ユーザー割り当て済み] タブに切り替え、ツール バーの [+ 追加] を選択します。

    [ユーザー割り当て ID] タブを示す画像

  3. [ユーザー マネージド ID の追加] ウィンドウで、次の手順を実行します。

    1. ユーザー割り当て ID を持つ Azure サブスクリプション を選択します。
    2. ユーザー割り当て ID を選択します。
    3. [追加] を選択します。
  4. [ユーザー割り当て済み] タブの一覧を更新し、追加されたユーザー割り当て ID を確認します。

同様の手順により、イベント グリッド ドメインに対して ID を有効にできます。

次の手順

配信先 (Service Bus キューなど) の適切なロール (Service Bus データ送信者など) に ID を追加する。 詳細な手順については、「マネージド ID に Event Grid の配信先へのアクセスを許可する」を参照してください。