チュートリアル: Azure Event Grid と Logic Apps で仮想マシンの変更を監視するTutorial: Monitor virtual machine changes with Azure Event Grid and Logic Apps

特定のイベントが Azure リソースまたはサード パーティのリソースで発生したときに、自動ロジック アプリ ワークフローを開始できます。You can start an automated logic app workflow when specific events happen in Azure resources or third-party resources. こうしたリソースは、そのイベントを Azure Event Grid に発行できます。These resources can publish those events to an Azure event grid. また、そのイベントは、イベント グリッドによって、エンドポイントとしてキュー、webhook、または Event Hubs を持つサブスクライバーにプッシュされます。In turn, the event grid pushes those events to subscribers that have queues, webhooks, or event hubs as endpoints. ロジック アプリはサブスクライバーとして、イベント グリッドからのイベントを待機してから、自動ワークフローを実行してタスクを実行できます。コードを記述する必要はありません。As a subscriber, your logic app can wait for those events from the event grid before running automated workflows to perform tasks - without you writing any code.

たとえば、Azure Event Grid サービスを介して発行元がサブスクライバーに送信できるイベントをいくつか次に示します。For example, here are some events that publishers can send to subscribers through the Azure Event Grid service:

  • リソースの作成、読み取り、更新、または削除。Create, read, update, or delete a resource. たとえば、Azure サブスクリプションで料金を発生させ、課金内容に影響する可能性がある変更を監視できます。For example, you can monitor changes that might incur charges on your Azure subscription and affect your bill.
  • Azure サブスクリプションのユーザーの追加または削除。Add or remove a person from an Azure subscription.
  • アプリによる特定のアクションの実行。Your app performs a particular action.
  • キューでの新着メッセージ。A new message appears in a queue.

このチュートリアルでは、仮想マシンの変更を監視し、それらの変更に関する電子メールを送信するロジック アプリを作成します。This tutorial creates a logic app that monitors changes to a virtual machine, and sends emails about those changes. Azure リソースのイベント サブスクリプションでロジック アプリを作成する場合、イベントはそのリソースから、イベント グリッドを介してロジック アプリに渡されます。When you create a logic app with an event subscription for an Azure resource, events flow from that resource through an event grid to the logic app. このチュートリアルでは、このロジック アプリを構築する方法を説明します。The tutorial walks you through building this logic app:

概要 - イベント グリッドとロジック アプリによる仮想マシンの監視

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • イベント グリッドからイベントを監視するロジック アプリを作成する。Create a logic app that monitors events from an event grid.
  • 仮想マシンの変更を主に確認する条件を追加する。Add a condition that specifically checks for virtual machine changes.
  • 仮想マシンの変更時に電子メールを送信する。Send email when your virtual machine changes.

前提条件Prerequisites

  • Azure サブスクリプション。An Azure subscription. Azure サブスクリプションがない場合は、無料の Azure アカウントにサインアップしてください。If you don't have an Azure subscription, sign up for a free Azure account.

  • 通知の送信先となるメール アカウント。Logic Apps がサポートするメール プロバイダーは、Office 365 Outlook、Outlook.com、Gmail などです。An email account from an email provider supported by Logic Apps for sending notifications, such as Office 365 Outlook, Outlook.com, or Gmail. その他のプロバイダーについては、こちらのコネクタ一覧を参照してください。For other providers, review the connectors list here.

    このチュートリアルでは、Office 365 Outlook のアカウントを使用します。This tutorial uses an Office 365 Outlook account. 別のメール アカウントを使う場合、おおよその手順は変わりませんが、UI の表示がやや異なることがあります。If you use a different email account, the general steps stay the same, but your UI might appear slightly different.

  • 仮想マシンA virtual machine. 仮想マシンをまだ作成していない場合は、VM を作成するチュートリアルに従って作成してください。If you haven't already done so, create a virtual machine through the Create a VM tutorial. 仮想マシンでイベントを発行する場合は、他の操作を行う必要はありませんTo make the virtual machine publish events, you don't need to do anything else.

空のロジック アプリを作成するCreate blank logic app

  1. Azure アカウントの資格情報で Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal with your Azure account credentials.

  2. Azure のメイン メニューで、 [リソースの作成] > [統合] > [ロジック アプリ] の順に選択します。From the main Azure menu, select Create a resource > Integration > Logic App.

    ロジック アプリを作成する

  3. [ロジック アプリ] で、ロジック アプリに関する情報を入力します。Under Logic App, provide information about your logic app. 操作が完了したら、 [作成] を選択します。When you're done, choose Create.

    ロジック アプリの詳細を指定する

    プロパティProperty 推奨値Suggested value DescriptionDescription
    NameName <ロジック アプリ名><logic-app-name> 一意の名前をロジック アプリに指定します。Provide a unique name for your logic app.
    サブスクリプションSubscription <Azure サブスクリプション名><Azure-subscription-name> このチュートリアルでは、すべてのサービスで同じ Azure サブスクリプションを選択します。Select the same Azure subscription for all services in this tutorial.
    リソース グループResource group <Azure-resource-group><Azure-resource-group> このチュートリアルでは、すべてのサービスで同じ Azure リソース グループを選択します。Select the same Azure resource group for all services in this tutorial.
    場所Location <Azure-datacenter-region><Azure-datacenter-region> このチュートリアルでは、すべてのサービスで同じ リージョンを選択します。Select the same region for all services in this tutorial.

    これで、ロジック アプリの Azure リソースが作成されました。You've now created an Azure resource for your logic app.

  4. ロジック アプリのデプロイ後、紹介ビデオやよく使用されるトリガーが含まれたページが Logic Apps デザイナーに表示されます。After Azure deploys your logic app, the Logic Apps Designer shows a page with an introduction video and commonly used triggers. ビデオとトリガーを超えてスクロールします。Scroll past the video and triggers.

  5. [テンプレート][空のロジック アプリ] を選択します。Under Templates, choose Blank Logic App.

    ロジック アプリ テンプレートを選択する

    Logic Apps デザイナーには、ロジック アプリの起動に使用できるトリガーが表示されています。The Logic Apps Designer now shows you triggers that you can use to start your logic app. すべてのロジック アプリは必ずトリガーから起動され、トリガーは、特定のイベントが発生するか特定の条件が満たされたときに起動されます。Every logic app must start with a trigger, which fires when a specific event happens or when a specific condition is met. トリガーが起動されるたびに、ロジック アプリを実行するワークフロー インスタンスが Azure Logic Apps によって作成されます。Each time the trigger fires, Azure Logic Apps creates a workflow instance that runs your logic app.

イベント グリッド トリガーを追加するAdd Event Grid trigger

ここで、自分の仮想マシンのリソース グループを監視するイベント グリッド トリガーを追加します。Now, add the Event Grid trigger that monitors the resource group for your virtual machine.

  1. デザイナーの検索ボックスに、フィルターとして「event grid」と入力します。On the designer, in the search box, enter "event grid" as your filter. トリガーの一覧から、 [リソース イベントが発生したとき - Azure Event Grid] を選択します。From the triggers list, select this trigger: When a resource event occurs - Azure Event Grid

    トリガーとして、[リソース イベントが発生したとき] を選択する

  2. メッセージが表示されたら、自分の Azure アカウントの資格情報を使用して Azure Event Grid にサインインします。When prompted, sign in to Azure Event Grid with your Azure account credentials. 自分の Azure サブスクリプションに関連付けられている Azure Active Directory テナントが表示される [テナント] の一覧で、適切なテナントが表示されていることを確認します。In the Tenant list, which shows the Azure Active Directory tenant that's associated with your Azure subscription, check that the correct tenant appears.

    Azure の資格情報でサインイン

    注意

    @outlook.com または @hotmail.com などの個人用の Microsoft アカウントでサインインした場合、Event Grid トリガーが正しく表示されないことがあります。If you're signed in with a personal Microsoft account, such as @outlook.com or @hotmail.com, the Event Grid trigger might not appear correctly. この問題を回避するには、[サービス プリンシパルを使用して接続する] を選択するか、ユーザー名@emailoutlook.onmicrosoft.com などの Azure サブスクリプションに関連する Azure Active Directory のメンバーとして認証します。As a workaround, choose Connect with Service Principal, or authenticate as a member of the Azure Active Directory that's associated with your Azure subscription, for example, user-name@emailoutlook.onmicrosoft.com.

  3. 次に、ロジック アプリを発行元イベントに登録します。Now subscribe your logic app to publisher events. 次の表で指定したように、イベント サブスクリプションの詳細を指定します。Provide the details for your event subscription as specified in the following table:

    イベント サブスクリプションの詳細を指定する

    プロパティProperty 必須Required Value 説明Description
    サブスクリプションSubscription はいYes <イベント発行者の Azure サブスクリプション名><event-publisher-Azure-subscription-name> イベント発行者に関連付けられている Azure サブスクリプションの名前を選択します。Select the name for the Azure subscription associated with the event publisher. このチュートリアルでは、自分の仮想マシンの Azure サブスクリプション名を選択します。For this tutorial, select the Azure subscription name for your virtual machine.
    リソースの種類Resource Type はいYes <イベント発行者の Azure リソースの種類><event-publisher-Azure-resource-type> イベント発行者の Azure リソースの種類を選択します。Select the Azure resource type for the event publisher. このチュートリアルでは、Azure リソース グループを監視するためにこの値を選択します。For this tutorial, select this value to monitor Azure resource groups:

    Microsoft.Resources.ResourceGroupsMicrosoft.Resources.ResourceGroups

    リソース名Resource Name はいYes <イベント発行者の Azure リソース名><event-publisher-Azure-resource-name> イベント発行者の Azure リソースの名前を選択します。Select the name for the Azure resource for the event publisher. この一覧は、選択したリソースの種類によって異なります。This list varies based on the resource type that you selected. このチュートリアルでは、自分の仮想マシンの Azure リソース グループの名前を選択します。For this tutorial, select the name for the Azure resource group for your virtual machine.
    イベントの種類の項目Event Type Item いいえ No <イベントの種類><event-types> フィルター処理してイベント グリッドに送信する特定のイベントの種類を 1 つ以上選択します。Select one or more specific event types to filter and send to your event grid. たとえば、リソースが変更または削除された場合にそれを検出するために、これらのイベントの種類を必要に応じて追加することができます。For example, you can optionally add these event types to detect when resources are changed or deleted:

    - Microsoft.Resources.ResourceActionSuccess- Microsoft.Resources.ResourceActionSuccess
    - Microsoft.Resources.ResourceDeleteSuccess- Microsoft.Resources.ResourceDeleteSuccess
    - Microsoft.Resources.ResourceWriteSuccess- Microsoft.Resources.ResourceWriteSuccess

    詳細については、以下のトピックを参照してください。For more information, see these topics:

    - イベントのフィルター処理について- Understand event filtering
    - Event Grid のイベントのフィルター処理- Filter events for Event Grid
    - Azure Event Grid のリソース グループ用のイベント スキーマ- Azure Event Grid event schema for resource groups

    サブスクリプション名Subscription Name いいえ No <イベントのサブスクリプションの名前><event-subscription-name> イベント サブスクリプションに一意の名前を指定します。Provide a unique name for your event subscription.
    オプションの設定については、 [新しいパラメーターの追加] を選択します。For optional settings, choose Add new parameter. いいえ No {説明を参照}{see descriptions} * プレフィックス フィルター:このチュートリアルでは、このプロパティは空のままにします。* Prefix Filter: For this tutorial, leave this property empty. 既定の動作はすべての値と一致します。The default behavior matches all values. ただし、フィルターとしてプレフィックス文字列を指定できます。たとえば、特定のリソースのパスとパラメーターを指定できます。However, you can specify a prefix string as a filter, for example, a path and a parameter for a specific resource.

    * サフィックス フィルター:このチュートリアルでは、このプロパティは空のままにします。* Suffix Filter: For this tutorial, leave this property empty. 既定の動作はすべての値と一致します。The default behavior matches all values. ただし、フィルターとしてサフィックス文字列を指定できます。たとえば、特定の種類のファイルが必要なときは、ファイル名拡張子を指定できます。However, you can specify a suffix string as a filter, for example, a file name extension, when you want only specific file types.

    完了すると、イベント グリッド トリガーが次の例のようになることがあります。When you're done, your Event Grid trigger might look like this example:

    イベント グリッド トリガーの詳細の例

  4. ロジック アプリを保存し、Save your logic app. デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。On the designer toolbar, choose Save. ロジック アプリでアクションの詳細を折りたたんで非表示にするには、アクションのタイトル バーを選択します。To collapse and hide an action's details in your logic app, choose the action's title bar.

    ロジック アプリを保存する

    イベント グリッド トリガーを含むロジック アプリを保存すると、Azure は選択したリソースのロジック アプリのイベント サブスクリプションを自動的に作成します。When you save your logic app with an event grid trigger, Azure automatically creates an event subscription for your logic app to your selected resource. このため、リソースがイベントをイベント グリッドに発行したとき、イベント グリッドは、そのイベントをロジック アプリに自動的にプッシュします。So when the resource publishes an event to the event grid, that event grid automatically pushes the event to your logic app. このイベントはロジック アプリをトリガーし、次の手順で定義するワークフローのインスタンスを作成して実行します。This event triggers your logic app, then creates and runs an instance of the workflow that you define in these next steps.

ロジック アプリは現在アクティブで、イベント グリッドからイベントをリッスンしますが、アクションをワークフローに追加するまでは何も行いません。Your logic app is now live and listens to events from the event grid, but doesn't do anything until you add actions to the workflow.

条件を追加するAdd condition

特定のイベントが発生した場合にのみロジック アプリのワークフローが実行されるようにするには、仮想マシンの "書き込み" 操作を確認する条件を追加します。To run your logic app workflow only when a specific event happens, add a condition that checks for virtual machine "write" operations. この条件が true の場合、ロジック アプリによって、更新された仮想マシンに関する詳細が電子メールで送信されます。When this condition is true, your logic app sends you email with details about the updated virtual machine.

  1. ロジック アプリ デザイナーのイベント グリッド トリガーで、 [新しいステップ] を選択します。In Logic App Designer, under the event grid trigger, choose New step.

    [新しいステップ] を選択する

  2. 検索ボックスに、フィルターとして「条件」と入力します。In the search box, enter "condition" as your filter. アクションの一覧から、次のアクションを選択します。ConditionFrom the actions list, select this action: Condition

    条件を追加する

    ロジック アプリ デザイナーにより、空の条件 (true か false かに応じて従うアクション パスなど) がワークフローに追加されます。The Logic App Designer adds an empty condition to your workflow, including action paths to follow based whether the condition is true or false.

    空の条件

  3. 条件のタイトルの名前を If a virtual machine in your resource group has changed に変更します。Rename the condition title to If a virtual machine in your resource group has changed. 条件のタイトル バーにある省略記号 ( ... ) ボタンを選択し、 [名前の変更] を選択します。On the condition's title bar, choose the ellipses (...) button, and select Rename.

    条件の名前の変更

  4. operationName プロパティが Microsoft.Compute/virtualMachines/write 操作と等しい data オブジェクトのイベントの body をチェックする条件を作成します。Create a condition that checks the event body for a data object where the operationName property is equal to the Microsoft.Compute/virtualMachines/write operation. 詳細については、「Event Grid event schema (Event Grid イベント スキーマ)」を参照してください。Learn more about Event Grid event schema.

    1. 最初の行の [And] の下にある左側のボックス内をクリックします。On the first row under And, click inside the left box. 表示された動的なコンテンツの一覧から [式] を選択します。In the dynamic content list that appears, choose Expression.

      [式] を選択する

    2. 式エディターにこの式を入力して、 [OK] を選択します。In the expression editor, enter this expression, and choose OK:

      triggerBody()?['data']['operationName']

      例: For example:

      [式] を選択する

    3. 中央のボックスでは、演算子を [is equal to] のままにしておきます。In the middle box, keep the operator is equal to.

    4. 右のボックスに、この値を入力します。In the right box, enter this value:

      Microsoft.Compute/virtualMachines/write

    完成した条件は、この例のようになります。Your finished condition now looks like this example:

    完成した条件

    デザイン ビューからコード ビューに切り替えてからデザイン ビューに戻ると、条件で指定した式が data.operationName トークンに解決されます。If you switch from design view to code view and back to design view, the expression that you specified in the condition resolves to the data.operationName token:

    解決された条件

  5. ロジック アプリを保存し、Save your logic app.

メール通知を送信するSend email notifications

次は、指定した条件が true の場合に電子メールを受信するという "アクション" を追加します。Now add an action so that you get an email when the specified condition is true.

  1. その条件の [true の場合] ボックスで、 [アクションの追加] を選択します。In the condition's If true box, choose Add an action.

    条件が true の場合のアクションを追加する

  2. 検索ボックスに、フィルターとして「send an email」と入力します。In the search box, enter "send an email" as your filter. 電子メール プロバイダーに基づいて、一致するコネクタを検索して選択します。Based on your email provider, find and select the matching connector. 次に、コネクタに対して "電子メールの送信" アクションを選択します。Then select the "send email" action for your connector. 例: For example:

    • たとえば、Azure 職場または学校アカウントの場合は、Office 365 Outlook コネクタを選択します。For an Azure work or school account, select the Office 365 Outlook connector.

    • 個人用 Microsoft アカウントの場合は、Outlook.com コネクタを選択します。For personal Microsoft accounts, select the Outlook.com connector.

    • Gmail アカウントの場合は、Gmail コネクタを選択します。For Gmail accounts, select the Gmail connector.

    このチュートリアルでは Office 365 Outlook コネクタを使用して続行します。This tutorial continues with the Office 365 Outlook connector. 別のプロバイダーを使用する場合、手順は変わりませんが、UI の表示が若干異なることがあります。If you use a different provider, the steps remain the same, but your UI might appear slightly different.

    "電子メールの送信" アクション

  3. 電子メール プロバイダーに接続していない場合は、認証を求められた時点で、電子メール アカウントにサインインします。If you don't already have a connection for your email provider, sign in to your email account when you're asked for authentication.

  4. "電子メールの送信" のタイトルを Send email when virtual machine updated というタイトルに変更します。Rename the send email title to this title: Send email when virtual machine updated

  5. 次の表で指定しているとおりに、電子メールの詳細を指定します。Provide details for the email as specified in the following table:

    空の電子メール アクション

    ヒント

    ワークフローの前の手順の結果から選択するには、編集ボックスをクリックして動的なコンテンツの一覧を表示するか、 [動的なコンテンツの追加] を選択します。To select from results from previous steps in your workflow, click in an edit box so that the dynamic content list appears, or choose Add dynamic content. さらに結果を表示するには、一覧の各セクションの [もっと見る] を選択します。For more results, choose See more for each section in the list. 動的なコンテンツの一覧を閉じるには、 [動的なコンテンツの追加] を再度選択します。To close the dynamic content list, choose Add dynamic content again.

    プロパティProperty 必須Required Value 説明Description
    ToTo はいYes <受信者@ドメイン><recipient@domain> 受信者の電子メール アドレスを入力します。Enter the recipient's email address. テスト目的で自分の電子メール アドレスを使用できます。For testing purposes, you can use your own email address.
    [件名]Subject はいYes 更新リソース: [件名]Resource updated: Subject 電子メールの件名の内容を入力します。Enter the content for the email's subject. このチュートリアルでは、指定されたテキストを入力し、イベントの [件名] フィールドを選択します。For this tutorial, enter the specified text, and select the event's Subject field. ここでは、電子メールの件名には更新リソース (仮想マシン) の名前が含まれています。Here, your email subject includes the name for the updated resource (virtual machine).
    本文Body はいYes リソース:トピックResource: Topic

    イベントの種類:イベントの種類Event type: Event Type

    イベント ID:IDEvent ID: ID

    時間:イベント時間Time: Event Time

    電子メールの本文の内容を入力します。Enter the content for the email's body. このチュートリアルでは、指定されたテキストを入力し、イベントの [トピック][イベントの種類][ID][イベント時間] の各フィールドを選択して、その更新に関してイベントを発生させたリソース、イベントの種類、イベント タイムスタンプ、イベント ID が電子メールに含まれるようにします。For this tutorial, enter the specified text and select the event's Topic, Event Type, ID, and Event Time fields so that your email includes the resource that fired the event, event type, event timestamp, and event ID for the update. このチュートリアルの場合、リソースはトリガーで選択された Azure リソース グループです。For this tutorial, the resource is the Azure resource group selected in the trigger.

    コンテンツに空白行を追加するには、Shift + Enter キーを押します。To add blank lines in your content, press Shift + Enter.

    注意

    配列を表すフィールドを選択すると、その配列を参照するアクションに [For each] ループが自動的に追加されます。If you select a field that represents an array, the designer automatically adds a For each loop around the action that references the array. このように、ロジック アプリは、そのアクションを各配列項目に対して実行します。That way, your logic app performs that action on each array item.

    電子メール アクションは次の例のようになる場合があります。Now, your email action might look like this example:

    電子メールに含める出力を選択する

    完了すると、ロジック アプリは次の例のようになります。And your finished logic app might look like this example:

    完成したロジック アプリ

  6. ロジック アプリを保存し、Save your logic app. ロジック アプリで各アクションの詳細を折りたたんで非表示にするには、アクションのタイトル バーを選択します。To collapse and hide each action's details in your logic app, choose the action's title bar.

    ロジック アプリはアクティブですが、仮想マシンが変更されるまで何も行いません。Your logic app is now live, but waits for changes to your virtual machine before doing anything. ロジック アプリをテストするには、次のセクションに進みます。To test your logic app now, continue to the next section.

ロジック アプリ ワークフローをテストするTest your logic app workflow

  1. 指定したイベントをロジック アプリが取得していることを確認するには、仮想マシンを更新します。To check that your logic app is getting the specified events, update your virtual machine.

    たとえば、Azure Portal で仮想マシンのサイズを変更するか、Azure PowerShell で VM のサイズを変更できます。For example, you can resize your virtual machine in the Azure portal or resize your VM with Azure PowerShell.

    しばらくすると、電子メールが届きます。After a few moments, you should get an email. 例: For example:

    仮想マシンの更新に関する電子メール

  2. ロジック アプリの実行とトリガーの履歴を確認するには、ロジック アプリのメニューで [概要] を選択します。To review the runs and trigger history for your logic app, on your logic app menu, select Overview. 実行の詳細を表示するには、その実行の行を選択します。To view more details about a run, select the row for that run.

    ロジック アプリの実行の履歴

  3. 各ステップの入力と出力を表示するには、確認するステップを展開します。To view the inputs and outputs for each step, expand the step that you want to review. この情報は、ロジック アプリの問題を診断してデバッグするのに役立ちます。This information can help you diagnose and debug problems in your logic app.

    ロジック アプリの実行の履歴の詳細

これで、イベント グリッドでリソース イベントを監視し、そのイベントが発生したときに電子メールを送信するロジック アプリが作成および実行されました。Congratulations, you've created and run a logic app that monitors resource events through an event grid and emails you when those events happen. また、プロセスを自動化するワークフローを簡単に作成し、システムとクラウド サービスを統合できる方法を学習しました。You also learned how easily you can create workflows that automate processes and integrate systems and cloud services.

イベント グリッドとロジック アプリを使用して、次のような他の構成の変更を監視できます。You can monitor other configuration changes with event grids and logic apps, for example:

  • 仮想マシンによるロールベースのアクセス制御 (RBAC) 権限の取得。A virtual machine gets role-based access control (RBAC) rights.
  • ネットワーク インターフェイス (NIC) のネットワーク セキュリティ グループ (NSG) への変更。Changes are made to a network security group (NSG) on a network interface (NIC).
  • 仮想マシンのディスクの追加または削除。Disks for a virtual machine are added or removed.
  • 仮想マシン NIC へのパブリック IP アドレスの割り当て。A public IP address is assigned to a virtual machine NIC.

リソースのクリーンアップClean up resources

このチュートリアルではリソースを使用して、Azure サブスクリプションで料金を発生させるアクションを実行します。This tutorial uses resources and performs actions that incur charges on your Azure subscription. このチュートリアルとテストが完了したら、料金を発生させたくないリソースは必ず無効にするか、削除してください。So when you're done with the tutorial and testing, make sure that you disable or delete any resources where you don't want to incur charges.

  • 作業内容を削除することなくロジック アプリの実行を停止するには、アプリを無効にします。To stop running your logic app without deleting your work, disable your app. ロジック アプリのメニューで、 [概要] を選択します。On your logic app menu, select Overview. ツール バーで、 [無効にする] を選択します。On the toolbar, choose Disable.

    ロジック アプリをオフにする

    ヒント

    ロジック アプリのメニューが表示されない場合は、Azure ダッシュボードに戻り、ロジック アプリを開き直してください。If you don't see the logic app menu, try returning to the Azure dashboard, and reopen your logic app.

  • ロジック アプリを完全に削除するには、ロジック アプリのメニューで [概要] を選択します。To permanently delete your logic app, on the logic app menu, select Overview. ツール バーで、 [削除] を選択します。On the toolbar, choose Delete. ロジック アプリを削除することに同意し、 [削除] を選択します。Confirm that you want to delete your logic app, and choose Delete.

次の手順Next steps