ExpressRoute 接続モデル

オンプレミスのネットワークと Microsoft クラウドの間の接続は、CloudExchange での同一場所配置ポイント ツー ポイントのイーサネット接続任意の環境間 (IPVPN) 接続ExpressRoute Direct という 4 つの異なる方法で作成できます。 接続プロバイダーでは、1 つ以上の接続モデルを提供できます。 最適なモデルは接続プロバイダーに相談の上でお選びください。

ExpressRoute 接続モデルの図

クラウドの Exchange で同一場所配置

クラウドの Exchange がある施設に同一場所配置している場合、併置プロバイダーのイーサネット交換経由で Microsoft クラウドに仮想交差接続を要請できます。 併置プロバイダーは、共有施設のインフラストラクチャと Microsoft クラウドの間に、レイヤー 2 交差接続と管理レイヤー 3 交差接続のいずれかを提供します。

ポイント ツー ポイントのイーサネット接続

オンプレミス データセンター/オフィスと Microsoft クラウドをポイント ツー ポイントのイーサネット リンクで接続できます。 ポイント ツー ポイントのイーサネットのプロバイダーは、サイトと Microsoft クラウドの間にレイヤー 2 接続と管理レイヤー 3 接続のいずれかを提供できます。

任意の環境間 (IPVPN) ネットワーク

WAN と Microsoft クラウドを統合できます。 IPVPN プロバイダー (通常、MPLS VPN) は、ブランチ オフィスとデータセンターの間に任意の環境間の接続を提供できます。 Microsoft クラウドを WAN に相互接続し、ブランチ オフィスのように見せることができます。 通常、WAN プロバイダーは管理レイヤー 3 接続を提供します。 ExpressRoute の機能は上記の接続モデルのすべてに共通しています。

ExpressRoute サイトから直接

世界中に戦略的に分散されたピアリングの場所で、Microsoft のグローバル ネットワークに直接接続できます。 ExpressRoute Direct では、大規模なアクティブ/アクティブ接続をサポートするデュアル 100 Gbps または 10 Gbps 接続が提供されます。

次のステップ