PowerShell を使用して ExpressRoute の仮想ネットワーク ゲートウェイを構成するConfigure a virtual network gateway for ExpressRoute using PowerShell

この記事では、既存の仮想ネットワーク (VNet) 用の VNet ゲートウェイを追加、サイズ変更、および削除する手順を説明します。This article helps you add, resize, and remove a virtual network (VNet) gateway for a pre-existing VNet. この構成の手順は、ExpressRoute 構成用に Resource Manager デプロイ モデルを使用して作成された VNet に適用されます。The steps for this configuration apply to VNets that were created using the Resource Manager deployment model for an ExpressRoute configuration. 詳細については、「ExpressRoute 用の仮想ネットワーク ゲートウェイについて」をご覧ください。For more information, see About virtual network gateways for ExpressRoute.

作業を開始する前にBefore beginning

PowerShell での作業Working with PowerShell

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

この記事では、PowerShell コマンドレットを使用します。This article uses PowerShell cmdlets. コマンドレットを実行するには、Azure でホストされ、ブラウザーを介して使用される対話型のシェル環境である Azure Cloud Shell を使用できます。To run the cmdlets, you can use Azure Cloud Shell, an interactive shell environment hosted in Azure and used through the browser. Azure Cloud Shell には、Azure PowerShell コマンドレットが事前にインストールされています。Azure Cloud Shell comes with the Azure PowerShell cmdlets pre-installed.

この記事に含まれるコードを Azure Cloud Shell で実行するには、Cloud Shell セッションを開き、コード ブロック上の [コピー] ボタンを使ってコードをコピーし、Ctrl + Shift + V キー (Windows と Linux) または command + Shift + V キー (macOS) を押して Cloud Shell セッションに貼り付けます。To run any code contained in this article on Azure Cloud Shell, open a Cloud Shell session, use the Copy button on a code block to copy the code, and paste it into the Cloud Shell session with Ctrl+Shift+V on Windows and Linux, or Cmd+Shift+V on macOS. テキストを貼り付けても自動的には実行されません。コードを実行するには、Enter キーを押します。Pasted text is not automatically executed, so press Enter to run code.

Azure Cloud Shell は次の方法で起動できます。You can launch Azure Cloud Shell with:

コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。Select Try It in the upper-right corner of a code block. テキストが自動的に Cloud Shell にコピーされるわけでは__ありません__。This doesn't automatically copy text to Cloud Shell. Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例
ブラウザーで shell.azure.com を開きます。Open shell.azure.com in your browser. Azure Cloud Shell の起動ボタンLaunch Azure Cloud Shell button
Azure Portal の右上隅にあるメニューの [Cloud Shell] ボタンを選択します。Select the Cloud Shell button on the menu in the upper-right corner of the Azure portal. Azure Portal の [Cloud Shell] ボタン

Azure Cloud Shell を使用しない場合は、代わりにローカルに Azure PowerShell をインストールします。If you don't want to use Azure Cloud Shell, install Azure PowerShell locally instead. 最新の機能を使用するには、必ず Azure PowerShell Az モジュールの最新バージョンをインストールします。Be sure to install the latest version of the Azure PowerShell Az module to get up-to-date functionality. 詳しくは、Azure PowerShell のインストールに関する記事をご覧ください。For more information, see Install Azure PowerShell.

構成参照一覧Configuration reference list

このタスクの手順では、以下の構成参照一覧の値に基づいて VNet を使用します。The steps for this task use a VNet based on the values in the following configuration reference list. その他の設定と名前についても、一覧で概要を説明します。Additional settings and names are also outlined in this list. ここでは、この一覧内の値に基づいて変数を追加しますが、どの手順でもこの一覧を直接使用しません。We don't use this list directly in any of the steps, although we do add variables based on the values in this list. 参照として使用する一覧をコピーし、値を独自の値で置き換えることができます。You can copy the list to use as a reference, replacing the values with your own.

  • Virtual Network 名 = "TestVNet"Virtual Network Name = "TestVNet"
  • Virtual Network のアドレス空間 = 192.168.0.0/16Virtual Network address space = 192.168.0.0/16
  • リソース グループ = "TestRG"Resource Group = "TestRG"
  • Subnet1 名 = "FrontEnd"Subnet1 Name = "FrontEnd"
  • Subnet1 アドレス空間 = "192.168.1.0/24"Subnet1 address space = "192.168.1.0/24"
  • ゲートウェイ サブネット名: "GatewaySubnet"。ゲートウェイ サブネットには、常に GatewaySubnet という名前を付ける必要があります。Gateway Subnet name: "GatewaySubnet" You must always name a gateway subnet GatewaySubnet.
  • ゲートウェイ サブネットのアドレス空間 = "192.168.200.0/26"Gateway Subnet address space = "192.168.200.0/26"
  • リージョン = "米国東部"Region = "East US"
  • ゲートウェイ名 = "GW"Gateway Name = "GW"
  • ゲートウェイの IP 名 = "GWIP"Gateway IP Name = "GWIP"
  • ゲートウェイの IP 構成名 = "gwipconf"Gateway IP configuration Name = "gwipconf"
  • 種類 = "ExpressRoute"。ExpressRoute 構成には、この種類が必須です。Type = "ExpressRoute" This type is required for an ExpressRoute configuration.
  • ゲートウェイのパブリック IP 名 = "gwpip"Gateway Public IP Name = "gwpip"

ゲートウェイを追加するAdd a gateway

  1. Azure サブスクリプションに接続します。Connect to your Azure Subscription.

    Azure Cloud Shell を使用している場合は、[試してみる] をクリックすると、Azure アカウントに自動的にサインインします。If you are using the Azure Cloud Shell, you sign in to your Azure account automatically after clicking 'Try it'. ローカルにサインインするには、昇格された特権で PowerShell コンソールを開き、コマンドレットを実行して接続します。To sign in locally, open your PowerShell console with elevated privileges and run the cmdlet to connect.

    Connect-AzAccount
    

    複数のサブスクリプションがある場合は、Azure サブスクリプションの一覧を取得します。If you have more than one subscription, get a list of your Azure subscriptions.

    Get-AzSubscription
    

    使用するサブスクリプションを指定します。Specify the subscription that you want to use.

    Select-AzSubscription -SubscriptionName "Name of subscription"
    
  2. この演習用に変数を宣言します。Declare your variables for this exercise. サンプルを編集して、使用する設定を反映します。Be sure to edit the sample to reflect the settings that you want to use.

    $RG = "TestRG"
    $Location = "East US"
    $GWName = "GW"
    $GWIPName = "GWIP"
    $GWIPconfName = "gwipconf"
    $VNetName = "TestVNet"
    
  3. 仮想ネットワーク オブジェクトを変数として格納します。Store the virtual network object as a variable.

    $vnet = Get-AzVirtualNetwork -Name $VNetName -ResourceGroupName $RG
    
  4. ゲートウェイ サブネットを Virtual Network に追加します。Add a gateway subnet to your Virtual Network. ゲートウェイ サブネット名は、"GatewaySubnet " にする必要があります。The gateway subnet must be named "GatewaySubnet". /27 以上 (/26、/25 など) のゲートウェイ サブネットを作成する必要があります。You should create a gateway subnet that is /27 or larger (/26, /25, etc.).

    Add-AzVirtualNetworkSubnetConfig -Name GatewaySubnet -VirtualNetwork $vnet -AddressPrefix 192.168.200.0/26
    
  5. 構成を設定します。Set the configuration.

    $vnet = Set-AzVirtualNetwork -VirtualNetwork $vnet
    
  6. 変数としてゲートウェイ サブネットを格納します。Store the gateway subnet as a variable.

    $subnet = Get-AzVirtualNetworkSubnetConfig -Name 'GatewaySubnet' -VirtualNetwork $vnet
    
  7. パブリック IP アドレスを要求します。Request a public IP address. IP アドレスは、ゲートウェイを作成する前に要求されます。The IP address is requested before creating the gateway. 使用する IP アドレスは指定できません。IP アドレスは動的に割り当てられます。You cannot specify the IP address that you want to use; it’s dynamically allocated. この IP アドレスは、次の構成セクションで使用します。You'll use this IP address in the next configuration section. AllocationMethod は動的である必要があります。The AllocationMethod must be Dynamic.

    $pip = New-AzPublicIpAddress -Name $GWIPName  -ResourceGroupName $RG -Location $Location -AllocationMethod Dynamic
    
  8. ゲートウェイの構成を作成します。Create the configuration for your gateway. ゲートウェイの構成で、使用するサブネットとパブリック IP アドレスを定義します。The gateway configuration defines the subnet and the public IP address to use. この手順では、ケーブルの作成時に使用される構成を指定します。In this step, you are specifying the configuration that will be used when you create the gateway. この手順では、ゲートウェイ オブジェクトを実際に作成しません。This step does not actually create the gateway object. 次のサンプルを使用して、ゲートウェイの構成を作成します。Use the sample below to create your gateway configuration.

    $ipconf = New-AzVirtualNetworkGatewayIpConfig -Name $GWIPconfName -Subnet $subnet -PublicIpAddress $pip
    
  9. ゲートウェイを作成します。Create the gateway. この手順では、 -GatewayType が特に重要です。In this step, the -GatewayType is especially important. ExpressRouteを使用する必要があります。You must use the value ExpressRoute. これらのコマンドレットを実行してからゲートウェイが作成されるまでに 45 分以上かかる場合があります。After running these cmdlets, the gateway can take 45 minutes or more to create.

    New-AzVirtualNetworkGateway -Name $GWName -ResourceGroupName $RG -Location $Location -IpConfigurations $ipconf -GatewayType Expressroute -GatewaySku Standard
    

ゲートウェイが作成されていることの確認Verify the gateway was created

次のコマンドを使用して、ゲートウェイが作成されていることを確認します。Use the following commands to verify that the gateway has been created:

Get-AzVirtualNetworkGateway -ResourceGroupName $RG

ゲートウェイのサイズを変更するResize a gateway

ゲートウェイ SKUには複数の種類があります。There are a number of Gateway SKUs. 次のコマンドを使用して、ゲートウェイ SKU をいつでも変更できます。You can use the following command to change the Gateway SKU at any time.

重要

このコマンドは UltraPerformance ゲートウェイでは使用できません。This command doesn't work for UltraPerformance gateway. ゲートウェイを UltraPerformance ゲートウェイに変更するには、既存の ExpressRoute ゲートウェイを削除してから、新しい UltraPerformance ゲートウェイを作成します。To change your gateway to an UltraPerformance gateway, first remove the existing ExpressRoute gateway, and then create a new UltraPerformance gateway. ゲートウェイを UltraPerformance ゲートウェイからダウングレードするには、UltraPerformance ゲートウェイを削除してから、新しいゲートウェイを作成します。To downgrade your gateway from an UltraPerformance gateway, first remove the UltraPerformance gateway, and then create a new gateway.

$gw = Get-AzVirtualNetworkGateway -Name $GWName -ResourceGroupName $RG
Resize-AzVirtualNetworkGateway -VirtualNetworkGateway $gw -GatewaySku HighPerformance

ゲートウェイを削除するRemove a gateway

次のコマンドを使用してゲートウェイを削除します。Use the following command to remove a gateway:

Remove-AzVirtualNetworkGateway -Name $GWName -ResourceGroupName $RG

次の手順Next steps

VNet ゲートウェイを作成したので、ExpressRoute 回線に VNet をリンクできるようになりました。After you have created the VNet gateway, you can link your VNet to an ExpressRoute circuit. ExpressRoute 回線への仮想ネットワークのリンク」を参照してください。See Link a Virtual Network to an ExpressRoute circuit.