ExpressRoute 回線の作成と変更Create and modify an ExpressRoute circuit

この記事は、Azure portal と Azure Resource Manager デプロイ モデルを使用して、ExpressRoute 回線を作成するときに役立ちます。This article helps you create an ExpressRoute circuit using the Azure portal and the Azure Resource Manager deployment model. 状態の確認、および回線の更新、削除、プロビジョニング解除を行うこともできます。You can also check the status, update, delete, or deprovision a circuit.

開始する前にBefore you begin

  • 構成を開始する前に、前提条件ワークフローを確認してください。Review the prerequisites and workflows before you begin configuration.
  • Azure ポータルに対するアクセスできることを確認します。Ensure that you have access to the Azure portal.
  • 新しいネットワーク リソースを作成するアクセス許可があることを確認します。Ensure that you have permissions to create new networking resources. 適切なアクセス許可がない場合は、アカウント管理者に連絡してください。Contact your account administrator if you do not have the right permissions.
  • 手順をより理解するため、開始する前にビデオを確認できます。You can view a video before beginning in order to better understand the steps.

ExpressRoute 回線の作成とプロビジョニングCreate and provision an ExpressRoute circuit

1.Azure ポータルにサインインします。1. Sign in to the Azure portal

ブラウザーから Azure ポータル に移動し、Azure アカウントでサインインします。From a browser, navigate to the Azure portal and sign in with your Azure account.

2.新しい ExpressRoute 回線を作成する2. Create a new ExpressRoute circuit

重要

ExpressRoute 回線の課金は、サービス キーが発行されたときから始まります。Your ExpressRoute circuit is billed from the moment a service key is issued. 接続プロバイダーが回線をプロビジョニングする準備ができたら、この操作を実行します。Ensure that you perform this operation when the connectivity provider is ready to provision the circuit.

  1. 新しいリソースを作成するオプションを選択して、ExpressRoute 回線を作成できます。You can create an ExpressRoute circuit by selecting the option to create a new resource. 次の図に示すように、 [リソースの作成] > [ネットワーク] > [ExpressRoute] をクリックします。Click Create a resource > Networking > ExpressRoute, as shown in the following image:

    ExpressRoute 回線の作成

  2. [ExpressRoute] をクリックすると、 [ExpressRoute 回線の作成] ページが表示されます。After you click ExpressRoute, you'll see the Create ExpressRoute circuit page. このページで値を入力するときは、正しい SKU レベル (Standard または Premium) とデータ計測課金モデル (無制限または従量制) を指定してください。When you're filling in the values on this page, make sure that you specify the correct SKU tier (Standard, or Premium) and data metering billing model (Unlimited or Metered).

    SKU レベルとデータ計測方法の構成

    • [レベル] によって、ExpressRoute の Standard と Premium のどちらのアドオンが有効になるかが決まります。Tier determines whether an ExpressRoute standard or an ExpressRoute premium add-on is enabled. 標準 SKU を取得する場合は [Standard] を、プレミアム アドオンの場合は [Premium] を指定できます。You can specify Standard to get the standard SKU or Premium for the premium add-on.

    • [データ計測方法] によって、課金の種類が決まります。Data metering determines the billing type. 従量制課金データ プランの場合は [従量制] を、無制限データ プランの場合は [無制限] を指定できます。You can specify Metered for a metered data plan and Unlimited for an unlimited data plan. 課金の種類を [従量制] から [無制限] に変更できることに注意してください。Note that you can change the billing type from Metered to Unlimited.

      重要

      [無制限] から [従量制] には種類を変更できません。You can't change the type from Unlimited to Metered.

    • ピアリングの場所とは、Microsoft とピアリングしている物理的な場所です。Peering Location is the physical location where you are peering with Microsoft.

      重要

      ピアリングの場所は、Microsoft とピアリングしている物理的な場所を示します。The Peering Location indicates the physical location where you are peering with Microsoft. この場所は "Location" プロパティにリンクされていません。それは、Azure Network Resource Provider が配置されている地理的な場所を参照します。This is not linked to "Location" property, which refers to the geography where the Azure Network Resource Provider is located. それらは関連付けられていませんが、回路のピアリングの場所と地理的に近い場所にある Network Resource Provider を選択することをお勧めします。While they are not related, it is a good practice to choose a Network Resource Provider geographically close to the Peering Location of the circuit.

手順 3.回線とプロパティを表示する3. View the circuits and properties

すべての回線を表示するView all the circuits

左側のメニューで [すべてのリソース] を選択すると、作成したすべての回線を表示できます。You can view all the circuits that you created by selecting All resources on the left-side menu.

回路の表示

プロパティを表示するView the properties

回線を選択し、その回線のプロパティを表示できます。You can view the properties of the circuit by selecting it. 回線の [概要] ページでは、サービス キーがサービス キー フィールドに表示されます。On the Overview page for your circuit, the service key appears in the service key field. プロビジョニング プロセスを完了するには、回線のサービス キーをコピーし、サービス プロバイダーに貼り付ける必要があります。You must copy the service key for your circuit and pass it down to the service provider to complete the provisioning process. 回線のサービス キーは回線に固有です。The circuit service key is specific to your circuit.

プロパティの表示

4.プロビジョニングのためにサービス キーを接続プロバイダーに送信する4. Send the service key to your connectivity provider for provisioning

このページの [プロバイダーの状態] は、サービス プロバイダー側でのプロビジョニングの現在の状態に関する情報を提供します。On this page, Provider status provides information on the current state of provisioning on the service-provider side. [回線の状態] は、Microsoft 側での状態を提供します。Circuit status provides the state on the Microsoft side. 回線のプロビジョニング状態に関する詳細については、 ワークフロー に関する記事を参照してください。For more information about circuit provisioning states, see the Workflows article.

新しい ExpressRoute 回線を作成する場合、この回線は次の状態になります。When you create a new ExpressRoute circuit, the circuit is in the following state:

プロバイダーの状態: 未プロビジョニングProvider status: Not provisioned
回線の状態: EnabledCircuit status: Enabled

プロビジョニング プロセスの開始

回線は、接続プロバイダーが有効にしている間、次の状態に変化します。The circuit changes to the following state when the connectivity provider is in the process of enabling it for you:

プロバイダーの状態: プロビジョニングProvider status: Provisioning
回線の状態: EnabledCircuit status: Enabled

ExpressRoute 回線をユーザーが使用できるように、次の状態にする必要があります。For you to be able to use an ExpressRoute circuit, it must be in the following state:

プロバイダーの状態: プロビジョニング済みProvider status: Provisioned
回線の状態: EnabledCircuit status: Enabled

5.回線キーのステータスと状態を定期的に確認する5. Periodically check the status and the state of the circuit key

関心のある回線を選択し、その回線のプロパティを表示できます。You can view the properties of the circuit that you're interested in by selecting it. [プロバイダーの状態][プロビジョニング済み] になっていることを確認してから続行します。Check the Provider status and ensure that it has moved to Provisioned before you continue.

回線とプロバイダーの状態

6.ルーティング構成を作成する6. Create your routing configuration

回線ピアリングの作成と変更の詳しい手順については、「 PowerShell を使用した ExpressRoute 回線のルーティングの作成と変更 」を参照してください。For step-by-step instructions, refer to the ExpressRoute circuit routing configuration article to create and modify circuit peerings.

重要

次の手順は、サービス プロバイダーが提供するレイヤー 2 接続サービスで作成された回線にのみ適用されます。These instructions only apply to circuits that are created with service providers that offer layer 2 connectivity services. サービス プロバイダーが提供する管理対象レイヤー 3 サービス (MPLS など、通常は IP VPN) を使用する場合、接続プロバイダーがユーザーに代わってルーティングを構成して管理します。If you're using a service provider that offers managed layer 3 services (typically an IP VPN, like MPLS), your connectivity provider configures and manages routing for you.

次に、ExpressRoute 回線に仮想ネットワークをリンクします。Next, link a virtual network to your ExpressRoute circuit. Resource Manager デプロイ モデルを使用するときは、「ExpressRoute 回線への仮想ネットワークのリンク」を参照してください。Use the Linking virtual networks to ExpressRoute circuits article when you work with the Resource Manager deployment model.

ExpressRoute 回線の状態の取得Getting the status of an ExpressRoute circuit

回線を選択し、[概要] ページを表示することで回線の状態を表示できます。You can view the status of a circuit by selecting it and viewing the Overview page.

ExpressRoute 回線の変更Modifying an ExpressRoute circuit

ExpressRoute 回線の特定のプロパティは、接続に影響を与えることなく変更できます。You can modify certain properties of an ExpressRoute circuit without impacting connectivity. 帯域幅、SKU、課金モデルを変更し、 [構成] ページの従来の操作を許可することができます。You can modify the bandwidth, SKU, billing model and allow classic operations on the Configuration page. 制限と制約事項の詳細については、「ExpressRoute の FAQ」を参照してください。For information on limits and limitations, see the ExpressRoute FAQ.

ダウンタイムなく、次のタスクを実行できます。You can perform the following tasks with no downtime:

  • ExpressRoute 回線の ExpressRoute Premium アドオンを有効または無効にします。Enable or disable an ExpressRoute Premium add-on for your ExpressRoute circuit.

  • ポートに使用可能な容量があれば、ExpressRoute 回線の帯域幅を増やします。Increase the bandwidth of your ExpressRoute circuit, provided there is capacity available on the port.

    重要

    回線の帯域幅のダウングレードはサポートされていません。Downgrading the bandwidth of a circuit is not supported.

  • 課金プランを従量制課金データから無制限データに変更します。Change the metering plan from Metered Data to Unlimited Data.

    重要

    無制限データから従量制課金データへの課金プランの変更はサポートされていません。Changing the metering plan from Unlimited Data to Metered Data is not supported.

  • 従来の操作の許可を有効または無効にできます。You can enable and disable Allow Classic Operations.

    重要

    既存のポートの容量が不十分な場合、ExpressRoute 回線の再作成が必要になる可能性があります。You may have to recreate the ExpressRoute circuit if there is inadequate capacity on the existing port. その場所に使用可能な追加の容量がない場合、回路をアップグレードすることはできません。You cannot upgrade the circuit if there is no additional capacity available at that location.

    帯域幅はシームレスにアップグレードできますが、ExpressRoute 回線の帯域幅を中断なく減らすことはできません。Although you can seamlessly upgrade the bandwidth, you cannot reduce the bandwidth of an ExpressRoute circuit without disruption. 帯域幅をダウングレードするには、ExpressRoute 回線のプロビジョニングを解除してから、新しい ExpressRoute 回線を再度プロビジョニングする必要があります。Downgrading bandwidth requires you to deprovision the ExpressRoute circuit and then reprovision a new ExpressRoute circuit.

    Standard 回線で許可されるリソースより多くのリソースを使用する場合、Premium アドオンの無効化操作が失敗することがあります。Disabling the Premium add-on operation can fail if you're using resources that are greater than what is permitted for the standard circuit.

ExpressRoute 回線を変更するには、 [構成] をクリックします。To modify an ExpressRoute circuit, click Configuration.

回線の変更

ExpressRoute 回線のプロビジョニング解除と削除Deprovisioning and deleting an ExpressRoute circuit

[削除] アイコンを選択し、ExpressRoute 回線を削除できます。You can delete your ExpressRoute circuit by selecting the delete icon. 次の情報をメモしておきます。Note the following information:

  • ExpressRoute 回線からすべての仮想ネットワークのリンクを解除する必要があります。You must unlink all virtual networks from the ExpressRoute circuit. この操作が失敗した場合は、回線にリンクされている仮想ネットワークがないか確認してください。If this operation fails, check whether any virtual networks are linked to the circuit.
  • ExpressRoute 回線サービス プロバイダーのプロビジョニング状態がプロビジョニング中またはプロビジョニング済みの場合、サービス プロバイダー側の回線のプロビジョニングを解除するには、サービス プロバイダーに連絡する必要があります。If the ExpressRoute circuit service provider provisioning state is Provisioning or Provisioned you must work with your service provider to deprovision the circuit on their side. Microsoft は、サービス プロバイダーが回線のプロビジョニング解除を完了し、通知するまで、リソースの予約と課金を続行します。We continue to reserve resources and bill you until the service provider completes deprovisioning the circuit and notifies us.
  • サービス プロバイダーが回線のプロビジョニングを解除済み (サービス プロバイダーのプロビジョニング状態が未プロビジョニングに設定されている) の場合、回線を削除することができます。If the service provider has deprovisioned the circuit (the service provider provisioning state is set to Not provisioned), you can delete the circuit. これによって回線の課金が停止されます。This stops billing for the circuit.

次の手順Next steps

回線を作成したら、次の手順に移ります。After you create your circuit, continue with the following next steps: