PowerShell を使用してクラシック デプロイ モデルから Resource Manager デプロイ モデルに ExpressRoute 回線を移行するMove ExpressRoute circuits from classic to Resource Manager deployment model using PowerShell

ExpressRoute 回線をクラシック デプロイ モデルと Resource Manager デプロイ モデルの両方で使用するには、その回線を Resource Manager デプロイ モデルに移行する必要があります。To use an ExpressRoute circuit for both the classic and Resource Manager deployment models, you must move the circuit to the Resource Manager deployment model. 次のセクションでは、PowerShell を使用して回線を移動する方法について説明します。The following sections help you move your circuit by using PowerShell.

開始する前にBefore you begin

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

ExpressRoute 回線の移行Move an ExpressRoute circuit

手順 1: クラシック デプロイ モデルからの回線の詳細を収集するStep 1: Gather circuit details from the classic deployment model

Azure クラシック環境にサインインし、サービス キーを収集します。Sign in to the Azure classic environment and gather the service key.

  1. Azure アカウントにサインインします。Sign in to your Azure account.

    Add-AzureAccount
    
  2. 適切な Azure サブスクリプションを選択します。Select the appropriate Azure subscription.

    Select-AzureSubscription "<Enter Subscription Name here>"
    
  3. Azure および ExpressRoute 用の PowerShell モジュールをインポートします。Import the PowerShell modules for Azure and ExpressRoute.

    Import-Module 'C:\Program Files\WindowsPowerShell\Modules\Azure\5.1.1\Azure\Azure.psd1'
    Import-Module 'C:\Program Files\WindowsPowerShell\Modules\Azure\5.1.1\ExpressRoute\ExpressRoute.psd1'
    
  4. 次のコマンドレットを使用して、すべての ExpressRoute 回線のサービス キーを取得します。Use the cmdlet below to get the service keys for all of your ExpressRoute circuits. キーの取得後、Resource Manager デプロイ モデルに移行する回線のサービス キーをコピーします。After retrieving the keys, copy the service key of the circuit that you want to move to the Resource Manager deployment model.

    Get-AzureDedicatedCircuit
    

手順 2: サインインし、リソース グループを作成するStep 2: Sign in and create a resource group

Resource Manager 環境にサインインし、新しいリソース グループを作成します。Sign in to the Resource Manager environment and create a new resource group.

  1. Azure Resource Manager 環境にサインインします。Sign in to your Azure Resource Manager environment.

    Connect-AzAccount
    
  2. 適切な Azure サブスクリプションを選択します。Select the appropriate Azure subscription.

    Get-AzSubscription -SubscriptionName "<Enter Subscription Name here>" | Select-AzSubscription
    
  3. 次のスニペットを変更して、新しいリソース グループを作成します (まだリソース グループがない場合)。Modify the snippet below to create a new resource group if you don't already have a resource group.

    New-AzResourceGroup -Name "DemoRG" -Location "West US"
    

手順 3:Resource Manager デプロイ モデルに ExpressRoute 回線を移行するStep 3: Move the ExpressRoute circuit to the Resource Manager deployment model

クラシック デプロイ モデルから Resource Manager デプロイ モデルに ExpressRoute 回線を移行する準備はできています。You are now ready to move your ExpressRoute circuit from the classic deployment model to the Resource Manager deployment model. 先に進む前に、「クラシック デプロイ モデルから Resource Manager デプロイ モデルへの ExpressRoute 回線の移行」に記載されている情報を確認してください。Before proceeding, review the information provided in Moving an ExpressRoute circuit from the classic to the Resource Manager deployment model.

回線を移行するには、次のスニペットを変更して実行します。To move your circuit, modify and run the following snippet:

Move-AzExpressRouteCircuit -Name "MyCircuit" -ResourceGroupName "DemoRG" -Location "West US" -ServiceKey "<Service-key>"

クラシック モードの場合、ExpressRoute 回線には、リージョンに関連付けられるという概念はありません。In classic mode, an ExpressRoute circuit does not have the concept of being tied to a region. しかし、Resource Manager の場合、すべてのリソースを Azure リージョンにマップする必要があります。However, in Resource Manager, every resource needs to be mapped to an Azure region. Move-AzExpressRouteCircuit コマンドレットに指定するリージョンは、技術的には任意のリージョンにすることが可能です。The region specified in the Move-AzExpressRouteCircuit cmdlet can technically be any region. 組織化を目的とする場合は、ピアリングの場所を厳密に表すリージョンを選択してください。For organizational purposes, you may want to choose a region that closely represents your peering location.

注意

移行が完了した後は、前のコマンドレットで表示される新しい名前を使用してリソースにアクセスします。After the move has finished, the new name that is listed in the previous cmdlet will be used to address the resource. 回線の名前は実質的に変更されます。The circuit will essentially be renamed.

回線アクセスの変更Modify circuit access

両方のデプロイメント モデルに対して ExpressRoute 回線アクセスを有効にするにはTo enable ExpressRoute circuit access for both deployment models

クラシック ExpressRoute 回線を Resource Manager デプロイ モデルに移行した後に、両方のデプロイ モデルへのアクセスを有効にできます。After moving your classic ExpressRoute circuit to the Resource Manager deployment model, you can enable access to both deployment models. 以下のコマンドレットを実行して、両方のデプロイメント モデルへのアクセスを有効にします。Run the following cmdlets to enable access to both deployment models:

  1. 回線の詳細を取得します。Get the circuit details.

    $ckt = Get-AzExpressRouteCircuit -Name "DemoCkt" -ResourceGroupName "DemoRG"
    
  2. [従来の操作の許可] を TRUE に設定します。Set "Allow Classic Operations" to TRUE.

    $ckt.AllowClassicOperations = $true
    
  3. 回線を更新します。Update the circuit. この操作が正常に完了すると、クラシック デプロイ モデルで回線を表示できるようになります。After this operation has finished successfully, you will be able to view the circuit in the classic deployment model.

    Set-AzExpressRouteCircuit -ExpressRouteCircuit $ckt
    
  4. 次のコマンドレットを実行して、ExpressRoute 回線の詳細を取得します。Run the following cmdlet to get the details of the ExpressRoute circuit. 表示されたサービス キーを確認できる必要があります。You must be able to see the service key listed.

    get-azurededicatedcircuit
    
  5. これで、クラシック VNet についてはクラシック デプロイ モデル コマンドを、Resource Manager VNet については Resource Manager コマンドを使用して、ExpressRoute 回線へのリンクを管理できます。You can now manage links to the ExpressRoute circuit using the classic deployment model commands for classic VNets, and the Resource Manager commands for Resource Manager VNets. 次の記事では、ExpressRoute 回線へのリンクを管理する方法について説明します。The following articles help you manage links to the ExpressRoute circuit:

クラシック デプロイ モデルへの ExpressRoute 回線アクセスを無効にするにはTo disable ExpressRoute circuit access to the classic deployment model

以下のコマンドレットを実行して、クラシック デプロイ モデルへのアクセスを無効にします。Run the following cmdlets to disable access to the classic deployment model.

  1. ExpressRoute 回線の詳細を取得します。Get details of the ExpressRoute circuit.

    $ckt = Get-AzExpressRouteCircuit -Name "DemoCkt" -ResourceGroupName "DemoRG"
    
  2. [従来の操作の許可] を FALSE に設定します。Set "Allow Classic Operations" to FALSE.

    $ckt.AllowClassicOperations = $false
    
  3. 回線を更新します。Update the circuit. この操作が正常に完了すると、クラシック デプロイ モデルで回線を表示できなくなります。After this operation has finished successfully, you will not be able to view the circuit in the classic deployment model.

    Set-AzExpressRouteCircuit -ExpressRouteCircuit $ckt
    

次の手順Next steps