PowerShell を使用した ExpressRoute 回線のピアリングの作成と変更Create and modify peering for an ExpressRoute circuit using PowerShell

この記事は、PowerShell を使用して Resource Manager デプロイ モデルで ExpressRoute 回線のルーティング構成を作成し、管理します。This article helps you create and manage routing configuration for an ExpressRoute circuit in the Resource Manager deployment model using PowerShell. また、ExpressRoute 回線の状態確認、ピアリングの更新、または削除およびプロビジョニング解除を行うこともできます。You can also check the status, update, or delete and deprovision peerings for an ExpressRoute circuit. 別の方法を使用して回線を操作する場合は、次の一覧から記事を選択してください。If you want to use a different method to work with your circuit, select an article from the following list:

次の手順は、サービス プロバイダーが提供するレイヤー 2 接続サービスで作成された回線にのみ適用されます。These instructions only apply to circuits created with service providers offering Layer 2 connectivity services. サービス プロバイダーが提供する管理対象レイヤー 3 サービス (MPLS など、通常は IP VPN) を使用する場合、接続プロバイダーがユーザーに代わってルーティングを構成および管理します。If you are using a service provider that offers managed Layer 3 services (typically an IPVPN, like MPLS), your connectivity provider will configure and manage routing for you.

重要

現在のところ、サービス管理ポータルでは、サービス プロバイダーが構成したピアリングをアドバタイズしていません。We currently do not advertise peerings configured by service providers through the service management portal. できるだけ早くこの機能を提供できるように取り組んでいます。We are working on enabling this capability soon. BGP ピアリングを構成する前に、ご利用のサービス プロバイダーにお問い合わせください。Check with your service provider before configuring BGP peerings.

ExpressRoute 回線用に 1 つ、2 つ、または 3 つすべてのピアリング (Azure プライベート、Azure パブリックおよび Microsoft) を構成することができます。You can configure one, two, or all three peerings (Azure private, Azure public and Microsoft) for an ExpressRoute circuit. ピアリングは任意の順序で構成することができます。You can configure peerings in any order you choose. ただし、各ピアリングの構成は必ず一度に 1 つずつ完了するようにしてください。However, you must make sure that you complete the configuration of each peering one at a time. ルーティング ドメインとピアリングの詳細については、ExpressRoute のルーティング ドメインに関する記事をご覧ください。For more information about routing domains and peerings, see ExpressRoute routing domains.

構成の前提条件Configuration prerequisites

  • 構成を開始する前に必ず、前提条件ページ、ルーティングの要件ページおよびワークフロー ページを確認してください。Make sure that you have reviewed the prerequisites page, the routing requirements page, and the workflows page before you begin configuration.
  • アクティブな ExpressRoute 回線が必要です。You must have an active ExpressRoute circuit. 手順に従って、ExpressRoute 回線を作成し、接続プロバイダー経由で回線を有効にしてから続行してください。Follow the instructions to Create an ExpressRoute circuit and have the circuit enabled by your connectivity provider before you proceed. この記事にあるコマンドレットを実行できるようにするには、ExpressRoute 回線をプロビジョニング済みで有効化された状態にする必要があります。The ExpressRoute circuit must be in a provisioned and enabled state for you to be able to run the cmdlets in this article.

Azure PowerShell を使用するWorking with Azure PowerShell

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

この記事では、PowerShell コマンドレットを使用します。This article uses PowerShell cmdlets. コマンドレットを実行するには、Azure Cloud Shell を使用できます。To run the cmdlets, you can use Azure Cloud Shell. Azure Cloud Shell は、無料の対話型シェルで、一般的な Azure ツールが事前にインストールされており、アカウントで使用できるように構成されています。Azure Cloud Shell is a free interactive shell that has common Azure tools preinstalled and is configured to use with your account. [コピー] をクリックしてコードをコピーし、Cloud Shell に貼り付けて Enter キーを押すだけで、コードを実行することができます。Just click the Copy to copy the code, paste it into the Cloud Shell, and then press enter to run it. Cloud Shell は、次のようにいくつかの方法で起動することができます。There are a few ways to launch the Cloud Shell:

コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] をクリックします。Click Try It in the upper right corner of a code block. この記事の Cloud Shell
ブラウザーで Cloud Shell を開きます。Open Cloud Shell in your browser. https://shell.azure.com/powershell
Azure Portal の右上のメニューの [Cloud Shell] ボタンをクリックします。Click the Cloud Shell button on the menu in the upper right of the Azure portal. ポータルの Cloud ShellCloud Shell in the portal

ローカルでの Azure PowerShell の実行Run Azure PowerShell locally

Azure PowerShell コマンドレットは、ローカルのコンピューターにインストールして実行することもできます。You can also install and run the Azure PowerShell cmdlets locally on your computer. PowerShell コマンドレットは、頻繁に更新されます。PowerShell cmdlets are updated frequently. 最新バージョンを実行していないと、手順で指定されている値は失敗する場合があります。If you are not running the latest version, the values specified in the instructions may fail. システムにインストールされている PowerShell のバージョンを確認するには、Get-Module -ListAvailable Az コマンドレットを使用します。To find the installed versions of PowerShell on your system, use the Get-Module -ListAvailable Az cmdlet. インストールまたは更新するには、「Install the Azure PowerShell module (Azure PowerShell モジュールのインストール)」を参照してください。To install or update, see Install the Azure PowerShell module.

Microsoft ピアリングMicrosoft peering

このセクションでは、ExpressRoute 回線用の Microsoft ピアリング構成を作成、取得、更新、および削除します。This section helps you create, get, update, and delete the Microsoft peering configuration for an ExpressRoute circuit.

重要

2017 年 8 月 1 日より前に構成された ExpressRoute 回線の Microsoft ピアリングでは、ルート フィルターが定義されていない場合でも、すべてのサービス プレフィックスが Microsoft ピアリングでアドバタイズされます。Microsoft peering of ExpressRoute circuits that were configured prior to August 1, 2017 will have all service prefixes advertised through the Microsoft peering, even if route filters are not defined. 2017 年 8 月 1 日以降に構成された ExpressRoute 回線の Microsoft ピアリングでは、ルート フィルターが回線に接続されるまで、プレフィックスはアドバタイズされません。Microsoft peering of ExpressRoute circuits that are configured on or after August 1, 2017 will not have any prefixes advertised until a route filter is attached to the circuit. 詳しくは、「Configure a route filter for Microsoft peering」(Microsoft ピアリング用にルート フィルターを構成する) をご覧ください。For more information, see Configure a route filter for Microsoft peering.

Microsoft ピアリングを作成するにはTo create Microsoft peering

  1. サインインして、使用するサブスクリプションを選択します。Sign in and select your subscription.

    PowerShell をローカルにインストールした場合は、サインインします。If you installed PowerShell locally, sign in. Azure Cloud Shell を使用している場合は、この手順を省略できます。If you are using Azure Cloud Shell, you can skip this step.

    Connect-AzAccount
    

    ExpressRoute 回線を作成するサブスクリプションを選択します。Select the subscription you want to create ExpressRoute circuit.

    Select-AzSubscription -SubscriptionId "<subscription ID>"
    
  2. ExpressRoute 回線を作成します。Create an ExpressRoute circuit.

    手順に従って、 ExpressRoute 回線 を作成し、接続プロバイダー経由で回線をプロビジョニングします。Follow the instructions to create an ExpressRoute circuit and have it provisioned by the connectivity provider. 接続プロバイダーが管理対象レイヤー 3 サービスを提供している場合は、Microsoft ピアリングを有効にするように接続プロバイダーに依頼できます。f your connectivity provider offers managed Layer 3 services, you can ask your connectivity provider to enable Microsoft peering for you. その場合は、次のセクションにリストされている手順に従う必要はありません。In that case, you won't need to follow instructions listed in the next sections. ただし、接続プロバイダーがルーティングを管理しない場合は、回線を作成した後、次の手順を使用して、構成を続行します。However, if your connectivity provider does not manage routing for you, after creating your circuit, continue your configuration using the next steps.

  3. ExpressRoute 回線がプロビジョニングされ、有効になっていることを確認します。Check the ExpressRoute circuit to make sure it is provisioned and also enabled. 次の例を使用してください。Use the following example:

    Get-AzExpressRouteCircuit -Name "ExpressRouteARMCircuit" -ResourceGroupName "ExpressRouteResourceGroup"
    

    応答は次の例のようになります。The response is similar to the following example:

    Name                             : ExpressRouteARMCircuit
    ResourceGroupName                : ExpressRouteResourceGroup
    Location                         : westus
    Id                               : /subscriptions/***************************/resourceGroups/ExpressRouteResourceGroup/providers/Microsoft.Network/expressRouteCircuits/ExpressRouteARMCircuit
    Etag                             : W/"################################"
    ProvisioningState                : Succeeded
    Sku                              : {
                                        "Name": "Standard_MeteredData",
                                        "Tier": "Standard",
                                        "Family": "MeteredData"
                                      }
    CircuitProvisioningState         : Enabled
    ServiceProviderProvisioningState : Provisioned
    ServiceProviderNotes             : 
    ServiceProviderProperties        : {
                                        "ServiceProviderName": "Equinix",
                                        "PeeringLocation": "Silicon Valley",
                                        "BandwidthInMbps": 200
                                      }
    ServiceKey                       : **************************************
    Peerings                         : []
    
  4. 回路の Microsoft ピアリングを構成するConfigure Microsoft peering for the circuit. 続行する前に、次の情報を確認してください。Make sure that you have the following information before you proceed.

    • プライマリ リンク用の /30 または /126 サブネット。A /30 or /126 subnet for the primary link. これは、自分が所有しており、RIR/IRR に登録されている有効なパブリック IPv4 または IPv6 プレフィックスである必要があります。This must be a valid public IPv4 or IPv6 prefix owned by you and registered in an RIR / IRR.
    • セカンダリ リンク用の /30 または /126 サブネット。A /30 or /126 subnet for the secondary link. これは、自分が所有しており、RIR/IRR に登録されている有効なパブリック IPv4 または IPv6 プレフィックスである必要があります。This must be a valid public IPv4 or IPv6 prefix owned by you and registered in an RIR / IRR.
    • このピアリングを確立するための有効な VLAN ID。A valid VLAN ID to establish this peering on. 回線の他のピアリングが同じ VLAN ID を使用しないようにしてください。Ensure that no other peering in the circuit uses the same VLAN ID.
    • ピアリングの AS 番号。AS number for peering. 2 バイトと 4 バイトの AS 番号の両方を使用することができます。You can use both 2-byte and 4-byte AS numbers.
    • アドバタイズするプレフィックス:BGP セッションを介してアドバタイズする予定のすべてのプレフィックスのリストを指定する必要があります。Advertised prefixes: You must provide a list of all prefixes you plan to advertise over the BGP session. パブリック IP アドレス プレフィックスのみが受け入れられます。Only public IP address prefixes are accepted. 一連のプレフィックスを送信する場合は、コンマ区切りのリストを送信できます。If you plan to send a set of prefixes, you can send a comma-separated list. これらのプレフィックスは、RIR/IRR に登録する必要があります。These prefixes must be registered to you in an RIR / IRR. IPv4 BGP セッションには IPv4 のアドバタイズされたプレフィックス、IPv6 BGP セッションには IPv6 のアドバタイズされたプレフィックスが必要です。IPv4 BGP sessions require IPv4 advertised prefixes and IPv6 BGP sessions require IPv6 advertised prefixes.
    • ルーティング レジストリ名: AS 番号とプレフィックスを登録する RIR/IRR を指定することができます。Routing Registry Name: You can specify the RIR / IRR against which the AS number and prefixes are registered.
    • 省略可能:Optional:
      • 顧客 ASN: ピアリング AS 番号に登録されていないプレフィックスをアドバタイズする場合は、そのプレフィックスが登録されている AS 数を指定できます。Customer ASN: If you are advertising prefixes that are not registered to the peering AS number, you can specify the AS number to which they are registered.
      • いずれかを使用する場合は、MD5 ハッシュ。An MD5 hash if you choose to use one.

    次の例を使用して、ご使用の回線用に Microsoft ピアリングを構成します。Use the following example to configure Microsoft peering for your circuit:

    Add-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "MicrosoftPeering" -ExpressRouteCircuit $ckt -PeeringType MicrosoftPeering -PeerASN 100 -PeerAddressType IPv4 -PrimaryPeerAddressPrefix "123.0.0.0/30" -SecondaryPeerAddressPrefix "123.0.0.4/30" -VlanId 300 -MicrosoftConfigAdvertisedPublicPrefixes "123.1.0.0/24" -MicrosoftConfigCustomerAsn 23 -MicrosoftConfigRoutingRegistryName "ARIN"
    
    Add-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "MicrosoftPeering" -ExpressRouteCircuit $ckt -PeeringType MicrosoftPeering -PeerASN 100 -PeerAddressType IPv6 -PrimaryPeerAddressPrefix "3FFE:FFFF:0:CD30::/126" -SecondaryPeerAddressPrefix "3FFE:FFFF:0:CD30::4/126" -VlanId 300 -MicrosoftConfigAdvertisedPublicPrefixes "3FFE:FFFF:0:CD31::/120" -MicrosoftConfigCustomerAsn 23 -MicrosoftConfigRoutingRegistryName "ARIN"
    
    Set-AzExpressRouteCircuit -ExpressRouteCircuit $ckt
    

Microsoft ピアリングの詳細を取得するにはTo get Microsoft peering details

構成の詳細を取得するには、次の例を使用します。You can get configuration details using the following example:

$ckt = Get-AzExpressRouteCircuit -Name "ExpressRouteARMCircuit" -ResourceGroupName "ExpressRouteResourceGroup"

Get-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "MicrosoftPeering" -ExpressRouteCircuit $ckt

Microsoft ピアリング構成を更新するにはTo update Microsoft peering configuration

次の例を使用して構成の任意の部分を更新することができます。You can update any part of the configuration using the following example:

Set-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig  -Name "MicrosoftPeering" -ExpressRouteCircuit $ckt -PeeringType MicrosoftPeering -PeerASN 100 -PeerAddressType IPv4 -PrimaryPeerAddressPrefix "123.0.0.0/30" -SecondaryPeerAddressPrefix "123.0.0.4/30" -VlanId 300 -MicrosoftConfigAdvertisedPublicPrefixes "124.1.0.0/24" -MicrosoftConfigCustomerAsn 23 -MicrosoftConfigRoutingRegistryName "ARIN"

Set-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig  -Name "MicrosoftPeering" -ExpressRouteCircuit $ckt -PeeringType MicrosoftPeering -PeerASN 100 -PeerAddressType IPv6 -PrimaryPeerAddressPrefix "3FFE:FFFF:0:CD30::/126" -SecondaryPeerAddressPrefix "3FFE:FFFF:0:CD30::4/126" -VlanId 300 -MicrosoftConfigAdvertisedPublicPrefixes "3FFE:FFFF:0:CD31::/120" -MicrosoftConfigCustomerAsn 23 -MicrosoftConfigRoutingRegistryName "ARIN"

Set-AzExpressRouteCircuit -ExpressRouteCircuit $ckt

Microsoft ピアリングを削除するにはTo delete Microsoft peering

以下のコマンドレットを実行して、ピアリング構成を削除することができます。You can remove your peering configuration by running the following cmdlet:

Remove-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "MicrosoftPeering" -ExpressRouteCircuit $ckt

Set-AzExpressRouteCircuit -ExpressRouteCircuit $ckt

Azure プライベート ピアリングAzure private peering

このセクションでは、ExpressRoute 回線用の Azure プライベート ピアリング構成を作成、取得、更新、および削除します。This section helps you create, get, update, and delete the Azure private peering configuration for an ExpressRoute circuit.

Azure プライベート ピアリングを作成するにはTo create Azure private peering

  1. ExpressRoute 用の PowerShell モジュールをインポートします。Import the PowerShell module for ExpressRoute.

    ExpressRoute コマンドレットを使用するには、 PowerShell ギャラリー から最新の PowerShell インストーラーをインストールし、Azure リソース マネージャー モジュールを PowerShell セッションにインポートする必要があります。You must install the latest PowerShell installer from PowerShell Gallery and import the Azure Resource Manager modules into the PowerShell session in order to start using the ExpressRoute cmdlets. 管理者として PowerShell を実行する必要があります。You will need to run PowerShell as an Administrator.

    Install-Module Az
    

    既知のセマンティック バージョン範囲内の Az.* モジュールをすべてインポートします。Import all of the Az.* modules within the known semantic version range.

    Import-Module Az
    

    既知のセマンティック バージョン範囲内の選択したモジュールのみをインポートすることもできます。You can also just import a select module within the known semantic version range.

    Import-Module Az.Network 
    

    ご使用のアカウントにサインインします。Sign in to your account.

    Connect-AzAccount
    

    ExpressRoute 回線を作成するサブスクリプションを選択します。Select the subscription you want to create ExpressRoute circuit.

    Select-AzSubscription -SubscriptionId "<subscription ID>"
    
  2. ExpressRoute 回線を作成します。Create an ExpressRoute circuit.

    手順に従って、 ExpressRoute 回線 を作成し、接続プロバイダー経由で回線をプロビジョニングします。Follow the instructions to create an ExpressRoute circuit and have it provisioned by the connectivity provider. 接続プロバイダーが管理対象レイヤー 3 サービスを提供する場合は、Azure プライベート ピアリングを有効にするように接続プロバイダーに依頼できます。If your connectivity provider offers managed Layer 3 services, you can ask your connectivity provider to enable Azure private peering for you. その場合は、次のセクションにリストされている手順に従う必要はありません。In that case, you won't need to follow instructions listed in the next sections. ただし、接続プロバイダーがルーティングを管理しない場合は、回線を作成した後、次の手順を使用して、構成を続行します。However, if your connectivity provider does not manage routing for you, after creating your circuit, continue your configuration using the next steps.

  3. ExpressRoute 回線がプロビジョニングされ、有効になっていることを確認します。Check the ExpressRoute circuit to make sure it is provisioned and also enabled. 次の例を使用してください。Use the following example:

    Get-AzExpressRouteCircuit -Name "ExpressRouteARMCircuit" -ResourceGroupName "ExpressRouteResourceGroup"
    

    応答は次の例のようになります。The response is similar to the following example:

    Name                             : ExpressRouteARMCircuit
    ResourceGroupName                : ExpressRouteResourceGroup
    Location                         : westus
    Id                               : /subscriptions/***************************/resourceGroups/ExpressRouteResourceGroup/providers/Microsoft.Network/expressRouteCircuits/ExpressRouteARMCircuit
    Etag                             : W/"################################"
    ProvisioningState                : Succeeded
    Sku                              : {
                                        "Name": "Standard_MeteredData",
                                        "Tier": "Standard",
                                        "Family": "MeteredData"
                                      }
    CircuitProvisioningState         : Enabled
    ServiceProviderProvisioningState : Provisioned
    ServiceProviderNotes             : 
    ServiceProviderProperties        : {
                                        "ServiceProviderName": "Equinix",
                                        "PeeringLocation": "Silicon Valley",
                                        "BandwidthInMbps": 200
                                      }
    ServiceKey                       : **************************************
    Peerings                         : []
    
  4. 回線用に Azure プライベート ピアリングを構成します。Configure Azure private peering for the circuit. 次の手順に進む前に、以下のものがそろっていることを確認します。Make sure that you have the following items before you proceed with the next steps:

    • プライマリ リンク用の /30 サブネット。A /30 subnet for the primary link. サブネットを、仮想ネットワーク用に予約されたアドレス空間の一部にすることはできません。The subnet must not be part of any address space reserved for virtual networks.
    • セカンダリ リンク用の /30 サブネット。A /30 subnet for the secondary link. サブネットを、仮想ネットワーク用に予約されたアドレス空間の一部にすることはできません。The subnet must not be part of any address space reserved for virtual networks.
    • このピアリングを確立するための有効な VLAN ID。A valid VLAN ID to establish this peering on. 回線の他のピアリングが同じ VLAN ID を使用しないようにしてください。Ensure that no other peering in the circuit uses the same VLAN ID.
    • ピアリングの AS 番号。AS number for peering. 2 バイトと 4 バイトの AS 番号の両方を使用することができます。You can use both 2-byte and 4-byte AS numbers. このピアリングではプライベート AS 番号を使用できます。You can use a private AS number for this peering. 65515 を使用しないようにしてください。Ensure that you are not using 65515.
    • 省略可能:Optional:
      • いずれかを使用する場合は、MD5 ハッシュ。An MD5 hash if you choose to use one.

    次の例を使用して、回線用に Azure プライベート ピアリングを構成します。Use the following example to configure Azure private peering for your circuit:

    Add-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "AzurePrivatePeering" -ExpressRouteCircuit $ckt -PeeringType AzurePrivatePeering -PeerASN 100 -PrimaryPeerAddressPrefix "10.0.0.0/30" -SecondaryPeerAddressPrefix "10.0.0.4/30" -VlanId 200
    
    Set-AzExpressRouteCircuit -ExpressRouteCircuit $ckt
    

    MD5 ハッシュを使用する場合は、次の例を使用します。If you choose to use an MD5 hash, use the following example:

    Add-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "AzurePrivatePeering" -ExpressRouteCircuit $ckt -PeeringType AzurePrivatePeering -PeerASN 100 -PrimaryPeerAddressPrefix "10.0.0.0/30" -SecondaryPeerAddressPrefix "10.0.0.4/30" -VlanId 200  -SharedKey "A1B2C3D4"
    

    重要

    顧客 ASN ではなく、ピアリング ASN として AS 番号を指定するようにしてください。Ensure that you specify your AS number as peering ASN, not customer ASN.

Azure プライベート ピアリングの詳細を取得するにはTo get Azure private peering details

構成の詳細を取得するには、次の例を使用します。You can get configuration details by using the following example:

$ckt = Get-AzExpressRouteCircuit -Name "ExpressRouteARMCircuit" -ResourceGroupName "ExpressRouteResourceGroup"

Get-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "AzurePrivatePeering" -ExpressRouteCircuit $ckt

Azure プライベート ピアリングの構成を更新するにはTo update Azure private peering configuration

構成の任意の部分を更新するには、次の例を使用します。You can update any part of the configuration using the following example. この例では、回線の VLAN ID が 100 から 500 に更新されています。In this example, the VLAN ID of the circuit is being updated from 100 to 500.

Set-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "AzurePrivatePeering" -ExpressRouteCircuit $ckt -PeeringType AzurePrivatePeering -PeerASN 100 -PrimaryPeerAddressPrefix "10.0.0.0/30" -SecondaryPeerAddressPrefix "10.0.0.4/30" -VlanId 200

Set-AzExpressRouteCircuit -ExpressRouteCircuit $ckt

Azure プライベート ピアリングを削除するにはTo delete Azure private peering

ピアリング構成を削除するには、次の例を実行します。You can remove your peering configuration by running the following example:

警告

この例を実行する前に、すべての仮想ネットワークと ExpressRoute Global Reach 接続が削除されていることを確認する必要があります。You must ensure that all virtual networks and ExpressRoute Global Reach connections are removed before running this example.

Remove-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "AzurePrivatePeering" -ExpressRouteCircuit $ckt

Set-AzExpressRouteCircuit -ExpressRouteCircuit $ckt

Azure パブリック ピアリングAzure public peering

このセクションでは、ExpressRoute 回線用の Azure パブリック ピアリング構成を作成、取得、更新、および削除します。This section helps you create, get, update, and delete the Azure public peering configuration for an ExpressRoute circuit.

注意

Azure パブリック ピアリングは、新しい回線では非推奨です。Azure public peering is deprecated for new circuits. 詳細については、ExpressRoute のピアリングに関する記事を参照してください。For more information, see ExpressRoute peering.

Azure パブリック ピアリングを作成するにはTo create Azure public peering

  1. ExpressRoute 用の PowerShell モジュールをインポートします。Import the PowerShell module for ExpressRoute.

    ExpressRoute コマンドレットを使用するには、 PowerShell ギャラリー から最新の PowerShell インストーラーをインストールし、Azure リソース マネージャー モジュールを PowerShell セッションにインポートする必要があります。You must install the latest PowerShell installer from PowerShell Gallery and import the Azure Resource Manager modules into the PowerShell session in order to start using the ExpressRoute cmdlets. 管理者として PowerShell を実行する必要があります。You will need to run PowerShell as an Administrator.

    Install-Module Az
    

    既知のセマンティック バージョン範囲内の Az.* モジュールをすべてインポートします。Import all of the Az.* modules within the known semantic version range.

    Import-Module Az
    

    既知のセマンティック バージョン範囲内の選択したモジュールのみをインポートすることもできます。You can also just import a select module within the known semantic version range.

    Import-Module Az.Network
    

    ご使用のアカウントにサインインします。Sign in to your account.

    Connect-AzAccount
    

    ExpressRoute 回線を作成するサブスクリプションを選択します。Select the subscription you want to create ExpressRoute circuit.

    Select-AzSubscription -SubscriptionId "<subscription ID>"
    
  2. ExpressRoute 回線を作成します。Create an ExpressRoute circuit.

    手順に従って、 ExpressRoute 回線 を作成し、接続プロバイダー経由で回線をプロビジョニングします。Follow the instructions to create an ExpressRoute circuit and have it provisioned by the connectivity provider. 接続プロバイダーが管理対象レイヤー 3 サービスを提供する場合は、Azure パブリック ピアリングを有効にするように接続プロバイダーに依頼できます。If your connectivity provider offers managed Layer 3 services, you can ask your connectivity provider to enable Azure public peering for you. その場合は、次のセクションにリストされている手順に従う必要はありません。In that case, you won't need to follow instructions listed in the next sections. ただし、接続プロバイダーがルーティングを管理しない場合は、回線を作成した後、次の手順を使用して、構成を続行します。However, if your connectivity provider does not manage routing for you, after creating your circuit, continue your configuration using the next steps.

  3. ExpressRoute 回線がプロビジョニングされ、有効になっていることを確認します。Check the ExpressRoute circuit to ensure it is provisioned and also enabled. 次の例を使用してください。Use the following example:

    Get-AzExpressRouteCircuit -Name "ExpressRouteARMCircuit" -ResourceGroupName "ExpressRouteResourceGroup"
    

    応答は次の例のようになります。The response is similar to the following example:

    Name                             : ExpressRouteARMCircuit
    ResourceGroupName                : ExpressRouteResourceGroup
    Location                         : westus
    Id                               : /subscriptions/***************************/resourceGroups/ExpressRouteResourceGroup/providers/Microsoft.Network/expressRouteCircuits/ExpressRouteARMCircuit
    Etag                             : W/"################################"
    ProvisioningState                : Succeeded
    Sku                              : {
                                       "Name": "Standard_MeteredData",
                                        "Tier": "Standard",
                                        "Family": "MeteredData"
                                      }
    CircuitProvisioningState         : Enabled
    ServiceProviderProvisioningState : Provisioned
    ServiceProviderNotes             : 
    ServiceProviderProperties        : {
                                        "ServiceProviderName": "Equinix",
                                        "PeeringLocation": "Silicon Valley",
                                        "BandwidthInMbps": 200
                                      }
    ServiceKey                       : **************************************
    Peerings                         : []
    
  4. 回線用に Azure パブリック ピアリングを構成します。Configure Azure public peering for the circuit. 作業を続行する前に、次の情報がそろっていることを確認します。Make sure that you have the following information before you proceed further.

    • プライマリ リンク用の /30 サブネット。A /30 subnet for the primary link. これは有効なパブリック IPv4 プレフィックスである必要があります。This must be a valid public IPv4 prefix.
    • セカンダリ リンク用の /30 サブネット。A /30 subnet for the secondary link. これは有効なパブリック IPv4 プレフィックスである必要があります。This must be a valid public IPv4 prefix.
    • このピアリングを確立するための有効な VLAN ID。A valid VLAN ID to establish this peering on. 回線の他のピアリングが同じ VLAN ID を使用しないようにしてください。Ensure that no other peering in the circuit uses the same VLAN ID.
    • ピアリングの AS 番号。AS number for peering. 2 バイトと 4 バイトの AS 番号の両方を使用することができます。You can use both 2-byte and 4-byte AS numbers.
    • 省略可能:Optional:
      • いずれかを使用する場合は、MD5 ハッシュ。An MD5 hash if you choose to use one.

    次の例を実行して、ご使用の回線用に Azure パブリック ピアリングを構成します。Run the following example to configure Azure public peering for your circuit

    Add-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "AzurePublicPeering" -ExpressRouteCircuit $ckt -PeeringType AzurePublicPeering -PeerASN 100 -PrimaryPeerAddressPrefix "12.0.0.0/30" -SecondaryPeerAddressPrefix "12.0.0.4/30" -VlanId 100
    
    Set-AzExpressRouteCircuit -ExpressRouteCircuit $ckt
    

    MD5 ハッシュを使用する場合は、次の例を使用します。If you choose to use an MD5 hash, use the following example:

    Add-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "AzurePublicPeering" -ExpressRouteCircuit $ckt -PeeringType AzurePublicPeering -PeerASN 100 -PrimaryPeerAddressPrefix "12.0.0.0/30" -SecondaryPeerAddressPrefix "12.0.0.4/30" -VlanId 100  -SharedKey "A1B2C3D4"
    
    Set-AzExpressRouteCircuit -ExpressRouteCircuit $ckt
    

    重要

    顧客 ASN ではなく、ピアリング ASN として AS 番号を指定するようにしてください。Ensure that you specify your AS number as peering ASN, not customer ASN.

Azure パブリック ピアリングの詳細を取得するにはTo get Azure public peering details

次のコマンドレットを使用して、構成の詳細を取得できます。You can get configuration details using the following cmdlet:

  $ckt = Get-AzExpressRouteCircuit -Name "ExpressRouteARMCircuit" -ResourceGroupName "ExpressRouteResourceGroup"

  Get-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "AzurePublicPeering" -Circuit $ckt

Azure パブリック ピアリング構成を更新するにはTo update Azure public peering configuration

構成の任意の部分を更新するには、次の例を使用します。You can update any part of the configuration using the following example. この例では、回線の VLAN ID が 200 から 600 に更新されています。In this example, the VLAN ID of the circuit is being updated from 200 to 600.

Set-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig  -Name "AzurePublicPeering" -ExpressRouteCircuit $ckt -PeeringType AzurePublicPeering -PeerASN 100 -PrimaryPeerAddressPrefix "123.0.0.0/30" -SecondaryPeerAddressPrefix "123.0.0.4/30" -VlanId 600

Set-AzExpressRouteCircuit -ExpressRouteCircuit $ckt

Azure パブリック ピアリングを削除するにはTo delete Azure public peering

ピアリング構成を削除するには、次の例を実行します。You can remove your peering configuration by running the following example:

Remove-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig -Name "AzurePublicPeering" -ExpressRouteCircuit $ckt
Set-AzExpressRouteCircuit -ExpressRouteCircuit $ckt

次の手順Next steps

次の手順では、 ExpressRoute 回線に VNet をリンクします。Next step, Link a VNet to an ExpressRoute circuit.