ExpressRoute QoS の要件

Skype for Business には、特化した QoS 処理を必要とするさまざまなワークロードがあります。 ExpressRoute で音声サービスを使用する場合、以下の要件に従う必要があります。

Diagram that shows the voice services going through ExpressRoute.

注意

QoS 要件は Microsoft ピアリングにのみ適用されます。 Azure プライベート ピアリングで受信したネットワーク トラフィックの DSCP 値は、そのまま維持されますが、Microsoft のネットワーク上のトラフィックの優先順位付けには使用されません。

次の表は、Microsoft チームと Skype for Business で使用される DSCP マーキングを一覧にしたものです。 詳細については、「 Skype for Business の QoS の管理 」を参照してください。

トラフィック クラス 処理 (DSCP マーキング) Microsoft チームと Skype for Business のワークロード
音声 EF (46) Skype/Microsoft Teams/Lync 音声
対話 AF41 (34) ビデオ、VBSS
AF21 (18) アプリ共有
[Default] AF11 (10) ファイル転送
CS0 (0) その他
  • ワークロードを分類し、適切な DSCP 値をマークする必要があります。 ネットワークに DSCP マーキングを設定する方法については、 ここ の指示に従ってください。
  • ネットワーク内で複数の QoS キューを構成し、サポートする必要があります。 音声はスタンドアロン クラスにし、RFC 3246 で指定されている EF 処理を受信する必要があります。
  • キュー メカニズム、輻輳検出ポリシー、トラフィック クラス別の帯域幅割り当てを決定できます。 ただし、Skype for Business ワークロードの DSCP マーキングを予約する必要があります。
  • 表に記載されていない DSCP マーキング (AF31 (26) など) を使用する場合は、パケットを Microsoft に送信する前に、DSCP 値を 0 に書き換える必要があります。 Microsoft は、表にあるように DSCP 値がマークされているパケットのみを送信します。

次のステップ