ExpressRoute に使用する Network Performance Monitor の構成Configure Network Performance Monitor for ExpressRoute

この記事は、ExpressRoute を監視するよう Network Performance Monitor の拡張機能を構成するのに役立ちます。This article helps you configure a Network Performance Monitor extension to monitor ExpressRoute. Network Performance Monitor (NPM) は、Azure クラウド デプロイとオンプレミス拠点 (支社など) との間の接続性を監視するクラウドベースのネットワーク監視ソリューションです。Network Performance Monitor (NPM) is a cloud-based network monitoring solution that monitors connectivity between Azure cloud deployments and on-premises locations (Branch offices, etc.). NPM は、Azure Monitor ログの一部です。NPM is part of Azure Monitor logs. NPM は、ExpressRoute 用の拡張機能を提供して、プライベート ピアリングまたは Microsoft ピアリングを使用するように構成された ExpressRoute 回線上のネットワーク パフォーマンスを監視できるようにします。NPM offers an extension for ExpressRoute that lets you monitor network performance over ExpressRoute circuits that are configured to use private peering or Microsoft peering. ExpressRoute に対して NPM を構成することにより、特定して排除すべきネットワークの問題を検出することができます。When you configure NPM for ExpressRoute, you can detect network issues to identify and eliminate. このサービスは、Azure Government Cloud でも使用可能です。This service is also available for Azure Government Cloud.

注意

この記事は最近、Log Analytics ではなく Azure Monitor ログという用語を使うように更新されました。This article was recently updated to use the term Azure Monitor logs instead of Log Analytics. ログ データは引き続き Log Analytics ワークスペースに格納され、同じ Log Analytics サービスによって収集されて分析されます。Log data is still stored in a Log Analytics workspace and is still collected and analyzed by the same Log Analytics service. Azure Monitor のログの役割をより適切に反映させるために、用語を更新しています。We are updating the terminology to better reflect the role of logs in Azure Monitor. 詳しくは、Azure Monitor の用語の変更に関するページをご覧ください。See Azure Monitor terminology changes for details.

次のようにすることができます。You can:

  • 各種 VNet 間の損失と待ち時間を監視し、アラートを設定するMonitor loss and latency across various VNets and set alerts

  • ネットワーク上のすべてのパス (冗長パスを含む) を監視するMonitor all paths (including redundant paths) on the network

  • 再現が難しい、ネットワークに関する一過性の問題と特定時点の問題をトラブルシューティングするTroubleshoot transient and point-in-time network issues that are difficult to replicate

  • パフォーマンス低下の原因となっている特定のセグメントをネットワーク上で見つけ出すHelp determine a specific segment on the network that is responsible for degraded performance

  • 仮想ネットワークごとのスループットを把握する (各 VNet にエージェントがインストールされている場合)Get throughput per virtual network (If you have agents installed in each VNet)

  • 過去の時点の ExpressRoute システム状態を確認するSee the ExpressRoute system state from a previous point in time

ワークフローWorkflow

監視エージェントは、複数のサーバー (オンプレミスと Azure の両方) にインストールされます。Monitoring agents are installed on multiple servers, both on-premises and in Azure. これらのエージェントは互いに通信を行いますが、データは送信せず、TCP ハンドシェイク パケットを送信します。The agents communicate with each other, but do not send data, they send TCP handshake packets. エージェント間の通信によって、Azure は、トラフィックが通過する可能性のある経路とネットワーク トポロジとをマッピングすることができます。The communication between the agents allows Azure to map the network topology and path the traffic could take.

  1. NPM ワークスペースを作成します。Create an NPM Workspace. これは、Log Analytics ワークスペースと同じです。This is the same as a Log Analytics workspace.
  2. ソフトウェア エージェントをインストールして構成しますInstall and configure software agents. (監視を Microsoft ピアリング経由でのみ実行する場合は、ソフトウェア エージェントのインストールと構成は必要ありません)。(If you only want to monitor over Microsoft Peering, you do not need to install and configure software agents.):
    • オンプレミス サーバーと Azure VM に監視エージェントをインストールします (プライベート ピアリングの場合)。Install monitoring agents on the on-premises servers and the Azure VMs (for private peering).
    • 監視エージェントが通信を行うことができるように、監視エージェント サーバー上の設定を構成しますConfigure settings on the monitoring agent servers to allow the monitoring agents to communicate. (ファイアウォール ポートを開放するなど)。(Open firewall ports, etc.)
  3. Azure VM にインストールされている監視エージェントがオンプレミスの監視エージェントと通信を行うことができるようにネットワーク セキュリティ グループ (NSG) 規則を構成します。Configure network security group (NSG) rules to allow the monitoring agent installed on Azure VMs to communicate with on-premises monitoring agents.
  4. 監視を設定します。NPM で表示可能なネットワークを自動検出して管理します。Set up monitoring: Auto-Discover and manage which networks are visible in NPM.

既に Network Performance Monitor を使用して他のオブジェクトやサービスを監視しており、かつワークスペースが既に、サポートされているいずれかのリージョンに存在する場合は、手順 1. と手順 2. を省略し、手順 3. で構成を始めてください。If you are already using Network Performance Monitor to monitor other objects or services, and you already have Workspace in one of the supported regions, you can skip Step 1 and Step 2, and begin your configuration with Step 3.

手順 1: ワークスペースを作成するStep 1: Create a Workspace

ExpressRoute 回線への VNet リンクを含んだサブスクリプションにワークスペースを作成します。Create a workspace in the subscription that has the VNets link to the ExpressRoute circuit(s).

  1. ExpressRoute 回線に VNET がピアリングされているサブスクリプションを Azure Portal で選択します。In the Azure portal, select the Subscription that has the VNETs peered to your ExpressRoute circuit. [Marketplace] のサービス一覧で "Network Performance Monitor" を検索します。Then, search the list of services in the Marketplace for 'Network Performance Monitor'. 検索結果で [Network Performance Monitor] をクリックしてそのページを開きます。In the return, click to open the Network Performance Monitor page.

    注意

    新しいワークスペースを作成するか、既存のワークスペースを使用することができます。You can create a new workspace, or use an existing workspace. 既存のワークスペースを使用する場合は、ワークスペースが新しいクエリ言語に移行されていることを確認する必要があります。If you want to use an existing workspace, you must make sure that the workspace has been migrated to the new query language. 詳細情報...More information...

    ポータル

  2. [Network Performance Monitor] メイン ページの一番下にある [作成] をクリックして [Network Performance Monitor - 新しいソリューションの作成] ページを開きます。At the bottom of the main Network Performance Monitor page, click Create to open Network Performance Monitor - Create new solution page. [Log Analytics ワークスペース - ワークスペースを選択します] をクリックして、ワークスペース ページを開きます。Click Log Analytics Workspace - select a workspace to open the Workspaces page. [+ 新しいワークスペースの作成] をクリックしてワークスペース ページを開きます。Click + Create New Workspace to open the Workspace page.

  3. [Log Analytics ワークスペース] ページの [新規作成] を選択し、次の設定を構成します。On the Log Analytics workspace page, select Create New, then configure the following settings:

    • [Log Analytics ワークスペース] - ワークスペースの名前を入力します。Log Analytics Workspace - Type a name for your Workspace.

    • [サブスクリプション] - 複数のサブスクリプションがある場合は、新しいワークスペースに関連付けるサブスクリプションを 1 つ選択します。Subscription - If you have multiple subscriptions, choose the one you want to associate with the new Workspace.

    • [リソース グループ] - リソース グループを作成するか、既存のリソース グループを使用します。Resource group - Create a resource group, or use an existing one.

    • [場所] - この場所は、エージェント接続ログに使用されるストレージ アカウントの場所を指定するために使用します。Location - This location is used to specify the location of the storage account that is used for the agent connection logs.

    • [価格レベル] - 価格レベルを選択します。Pricing tier - Select the pricing tier.

      注意

      ExpressRoute 回線は、世界のどこに配置されていてもかまいません。The ExpressRoute circuit can be anywhere in the world. ワークスペースと同じリージョンに存在する必要はありません。It doesn't have to be in the same region as the Workspace.

      ワークスペース

  4. 設定テンプレートを保存してデプロイするには、 [OK] をクリックします。Click OK to save and deploy the settings template. テンプレートの検証後、 [作成] をクリックしてワークスペースをデプロイします。Once the template validates, click Create to deploy the Workspace.

  5. ワークスペースがデプロイされたら、作成した [NetworkMonitoring(<名前>)] リソースに移動します。After the Workspace has been deployed, navigate to the NetworkMonitoring(name) resource that you created. 設定を確認して、 [このソリューションにはさらに構成が必要です] をクリックします。Validate the settings, then click Solution requires additional configuration.

    追加の構成

手順 2: エージェントのインストールと構成Step 2: Install and configure agents

2.1: エージェントのセットアップ ファイルをダウンロードする2.1: Download the agent setup file

  1. リソースの [ネットワーク パフォーマンス モニターの構成] ページの [共通設定] タブに移動します。Go to the Common Settings tab of the Network Performance Monitor Configuration page for your resource. [Log Analytics エージェントをインストールする] セクションでサーバーのプロセッサに対応するエージェントをクリックし、セットアップ ファイルをダウンロードします。Click the agent that corresponds to your server's processor from the Install Log Analytics Agents section, and download the setup file.

  2. 次に、 [ワークスペース ID][主キー] をメモ帳にコピーします。Next, copy the Workspace ID and Primary Key to Notepad.

  3. [TCP プロトコルを使用して Log Analytics エージェントを監視用に構成します] セクションで、Powershell スクリプトをダウンロードします。From the Configure Log Analytics Agents for monitoring using TCP protocol section, download the Powershell Script. この PowerShell スクリプトは、TCP トランザクションに必要なファイアウォール ポートを開くのに役立ちます。The PowerShell script helps you open the relevant firewall port for the TCP transactions.

    PowerShell スクリプト

2.2: (監視対象となるすべての VNET の) 各監視サーバーに監視エージェントをインストールする2.2: Install a monitoring agent on each monitoring server (on each VNET that you want to monitor)

冗長性のため、ExpressRoute 接続の両側に、少なくとも 2 つのエージェントをインストールすることをお勧めします (たとえば、オンプレミス、Azure VNET)。We recommend that you install at least two agents on each side of the ExpressRoute connection for redundancy (for example, on-premises, Azure VNETs). エージェントは Windows Server (2008 SP1 以降) にインストールする必要があります。The agent must be installed on a Windows Server (2008 SP1 or later). Windows デスクトップ OS や Linux OS を使用した ExpressRoute 回線の監視はサポートされていません。Monitoring ExpressRoute circuits using Windows Desktop OS and Linux OS is not supported. 次の手順を使用してエージェントをインストールします。Use the following steps to install agents:

注意

SCOM でプッシュされるエージェント (MMA を含む) は、Azure でホストされている場合に場所を一貫して検出できないことがあります。Agents pushed by SCOM (includes MMA) may not be able to consistently detect their location if they are hosted in Azure. ExpressRoute を監視するために Azure VNET でこれらのエージェントを使用しないことをお勧めします。We recommend that you do not use these agents in Azure VNETs to monitor ExpressRoute.

  1. ExpressRoute の監視に使用する各サーバーに対し、セットアップを実行してエージェントをインストールします。Run Setup to install the agent on each server that you want to use for monitoring ExpressRoute. 監視に使用するサーバーとしては、VM とオンプレミスとがあり、どちらもインターネット アクセスが必須です。The server you use for monitoring can either be a VM, or on-premises, and must have Internet access. エージェントは、オンプレミスに少なくとも 1 つインストールすると共に、Azure で監視する各ネットワーク セグメントにつき 1 つインストールする必要があります。You need to install at least one agent on-premises, and one agent on each network segment that you want to monitor in Azure.

  2. [ようこそ] ページで [次へ] をクリックします。On the Welcome page, click Next.

  3. [ライセンス条項] ページの記述内容を確認し、 [同意する] をクリックします。On the License Terms page, read the license, and then click I Agree.

  4. [インストール先フォルダー] ページで、既定のインストール フォルダーを変更するか、そのまま使用して、 [次へ] をクリックします。On the Destination Folder page, change or keep the default installation folder, and then click Next.

  5. [エージェントのセットアップ オプション] ページで、Azure Monitor ログまたは Operations Manager にエージェントを接続することを選択できます。On the Agent Setup Options page, you can choose to connect the agent to Azure Monitor logs or Operations Manager. また、エージェントを後から構成する場合は、この選択肢を空欄にしておいてもかまいません。Or, you can leave the choices blank if you want to configure the agent later. 必要な選択を行ったら、 [次へ] をクリックします。After making your selection(s), click Next.

    • Azure Log Analytics に接続することを選んだ場合は、前のセクションでメモ帳にコピーしておいたワークスペース IDワークスペース キー (主キー) を貼り付けます。If you chose to connect to Azure Log Analytics, paste the Workspace ID and Workspace Key (Primary Key) that you copied into Notepad in the previous section. 次に、 [次へ] をクリックします。Then, click Next.

      ID とキー

    • Operations Manager に接続することを選んだ場合は、 [管理グループの構成] ページで [管理グループ名][管理サーバー][管理サーバー ポート] に入力します。If you chose to connect to Operations Manager, on the Management Group Configuration page, type the Management Group Name, Management Server, and the Management Server Port. 次に、 [次へ] をクリックします。Then, click Next.

      Operations Manager

    • [エージェント アクション アカウント] ページで、 [ローカル システム] アカウントまたは [ドメインまたはローカル コンピューターのアカウント] を選択します。On the Agent Action Account page, choose either the Local System account, or Domain or Local Computer Account. 次に、 [次へ] をクリックします。Then, click Next.

      Account

  6. [インストールの準備完了] ページで、設定内容を確認し、 [インストール] をクリックします。On the Ready to Install page, review your choices, and then click Install.

  7. [構成は正常に終了しました] ページで [完了] をクリックします。On the Configuration completed successfully page, click Finish.

  8. 完了すると、コントロール パネルに Microsoft Monitoring Agent が表示されます。When complete, the Microsoft Monitoring Agent appears in the Control Panel. そこでは構成を検証して、エージェントが Azure Monitor ログに接続されていることを確認できます。You can review your configuration there, and verify that the agent is connected to Azure Monitor logs. 接続されると、エージェントにより "Microsoft Monitoring Agent は Microsoft Operations Management Suite サービスに正常に接続しました" というメッセージが表示されます。When connected, the agent displays a message stating: The Microsoft Monitoring Agent has successfully connected to the Microsoft Operations Management Suite service.

  9. 監視対象となるすべての VNET に対してこの手順を繰り返します。Repeat this procedure for each VNET that you need to be monitored.

2.3: プロキシ設定の構成 (省略可能)2.3: Configure proxy settings (optional)

Web プロキシを使用してインターネットにアクセスしている場合、以下の手順を使用して、Microsoft Monitoring Agent のプロキシ設定を構成します。If you are using a web proxy to access the Internet, use the following steps to configure proxy settings for the Microsoft Monitoring Agent. これらの手順は、各サーバーに対して実行してください。Perform these steps for each server. 構成が必要なサーバーの数が多い場合には、このプロセスを自動化するスクリプトを使った方が作業が簡単に済むことも考えられます。If you have many servers that you need to configure, you might find it easier to use a script to automate this process. その場合は、「スクリプトを使って Microsoft Monitoring Agent のプロキシ設定を構成するには」を参照してください。If so, see To configure proxy settings for the Microsoft Monitoring Agent using a script.

コントロール パネルを使って Microsoft Monitoring Agent のプロキシ設定を構成するには:To configure proxy settings for the Microsoft Monitoring Agent using the Control Panel:

  1. コントロール パネルを開きます。Open the Control Panel.

  2. [Microsoft Monitoring Agent] を開きます。Open Microsoft Monitoring Agent.

  3. [プロキシ設定] タブをクリックします。Click the Proxy Settings tab.

  4. [プロキシ サーバーを使用する] をオンにして、URL と (必要に応じて) ポート番号を入力します。Select Use a proxy server and type the URL and port number, if one is needed. プロキシ サーバーで認証が必要な場合には、プロキシ サーバーにアクセスするためのユーザー名とパスワードを入力します。If your proxy server requires authentication, type the username and password to access the proxy server.

    proxy

2.4: エージェントの接続を確認する2.4: Verify agent connectivity

エージェントが通信できているかどうかは簡単に確認できます。You can easily verify whether your agents are communicating.

  1. 監視エージェントがインストールされているサーバーのコントロール パネルを開きます。On a server with the monitoring agent, open the Control Panel.

  2. [Microsoft Monitoring Agent] を開きます。Open the Microsoft Monitoring Agent.

  3. [Azure Log Analytics] タブをクリックします。Click the Azure Log Analytics tab.

  4. [状態] 列に、エージェントが Azure Monitor ログに正常に接続されていることが表示されます。In the Status column, you should see that the agent connected successfully to Azure Monitor logs.

    status

2.5: 監視エージェント サーバーのファイアウォール ポートを開放する2.5: Open the firewall ports on the monitoring agent servers

TCP プロトコルを使用するには、ファイアウォール ポートを開放して、監視エージェントを確実に通信可能な状態にする必要があります。To use the TCP protocol, you must open firewall ports to ensure that the monitoring agents can communicate.

PowerShell スクリプトを実行して、Network Performance Monitor に必要なレジストリ キーを作成できます。You can run a PowerShell script to create the registry keys that are required by the Network Performance Monitor. また、このスクリプトにより、監視エージェントが互いに TCP 接続を作成することを許可する Windows ファイアウォール規則も作成されます。This script also creates the Windows Firewall rules to allow monitoring agents to create TCP connections with each other. スクリプトによって作成されたレジストリ キーは、デバッグ ログを記録するかどうかと、ログ ファイルのパスを指定します。The registry keys created by the script specify whether to log the debug logs, and the path for the logs file. また、通信で使用されるエージェント TCP ポートを定義します。It also defines the agent TCP port used for communication. これらのキーの値は、スクリプトによって自動的に設定されます。The values for these keys are automatically set by the script. これらのキーを手動で変更しないでください。You should not manually change these keys.

ポート 8084 は既定で開放されます。Port 8084 is opened by default. パラメーター "portNumber" をスクリプトに指定することでカスタム ポートを使用できます。You can use a custom port by providing the parameter 'portNumber' to the script. ただし、その場合は、スクリプトの実行対象となるすべてのサーバーで同じポートを指定する必要があります。However, if you do so, you must specify the same port for all the servers on which you run the script.

注意

PowerShell スクリプト "EnableRules" によって Windows ファイアウォール規則を構成できるのは、スクリプトを実行したコンピューターだけです。The 'EnableRules' PowerShell script configures Windows Firewall rules only on the server where the script is run. ネットワーク ファイアウォールがある場合、ネットワーク パフォーマンス モニターによって使用されている TCP ポート宛てのトラフィックを必ず許可する必要があります。If you have a network firewall, you should make sure that it allows traffic destined for the TCP port being used by Network Performance Monitor.

エージェント サーバー上で、管理特権で PowerShell ウィンドウを開きます。On the agent servers, open a PowerShell window with administrative privileges. あらかじめダウンロードしておいた PowerShell スクリプト EnableRules を実行します。Run the EnableRules PowerShell script (which you downloaded earlier). パラメーターは一切使用しません。Don't use any parameters.

PowerShell_Script

手順 3: ネットワーク セキュリティ グループ規則を構成するStep 3: Configure network security group rules

Azure 内のエージェント サーバーを監視するには、NPM の代理トランザクションに使用されるポートの TCP トラフィックを許可するようにネットワーク セキュリティ グループ (NSG) 規則を構成する必要があります。To monitor agent servers that are in Azure, you must configure network security group (NSG) rules to allow TCP traffic on a port used by NPM for synthetic transactions. 既定のポートは 8084 です。The default port is 8084. これにより、Azure VM にインストールされている監視エージェントが、オンプレミスの監視エージェントと通信できるようになります。This allows a monitoring agent installed on an Azure VM to communicate with an on-premises monitoring agent.

NSG の詳細については、ネットワーク セキュリティ グループに関するページを参照してください。For more information about NSG, see Network Security Groups.

注意

この手順に進む前に、エージェント (オンプレミス サーバー エージェントと Azure サーバー エージェントの両方) がインストール済みであること、また PowerShell スクリプトを実行済みであることを確認してください。Make sure that you have installed the agents (both the on-premises server agent and the Azure server agent), and have run the PowerShell script before proceeding with this step.

手順 4: ピアリング接続を検出するStep 4: Discover peering connections

  1. [すべてのリソース] ページに移動し、ホワイトリストに登録された NPM ワークスペースをクリックして、Network Performance Monitor の概要タイルに移動します。Navigate to the Network Performance Monitor overview tile by going to the All Resources page, then click on the whitelisted NPM Workspace.

    npm ワークスペース

  2. [Network Performance Monitor] の概要タイルをクリックしてダッシュボードを表示します。Click the Network Performance Monitor overview tile to bring up the dashboard. ダッシュボード内の ExpressRoute ページに、ExpressRoute が "未構成状態" であることが示されます。The dashboard contains an ExpressRoute page, which shows that ExpressRoute is in an 'unconfigured state'. [機能のセットアップ] をクリックして Network Performance Monitor の構成ページを開いてください。Click Feature Setup to open the Network Performance Monitor configuration page.

    機能のセットアップ

  3. 構成ページの左側のパネルにある [ExpressRoute ピアリング] タブに移動します。On the configuration page, navigate to the 'ExpressRoute Peerings' tab, located on the left side panel. 次に、 [Discover Now](今すぐ検出する) をクリックします。Next, click Discover Now.

    検出

  4. 検出が完了すると、次の項目を含む一覧が表示されます。When discovery completes, you will see a list containing the following items:

    • このサブスクリプションに関連付けられている ExpressRoute 回線のすべての Microsoft ピアリング接続。All of the Microsoft peering connections in the ExpressRoute circuit(s) that are associated with this subscription.
    • このサブスクリプションに関連付けられている VNet に接続するすべてのプライベート ピアリング接続。All of the private peering connections that connect to the VNets associated with this subscription.

手順 5: モニターを構成するStep 5: Configure monitors

このセクションでは、モニターを構成します。In this section, you configure the monitors. 監視するピアリングの種類 (プライベート ピアリング または Microsoft ピアリング) に対応する手順に従ってください。Follow the steps for the type of peering that you want to monitor: private peering, or Microsoft peering.

プライベート ピアリングPrivate peering

プライベート ピアリングの場合、検出が完了すると、一意の回線名VNet 名の規則が表示されます。For private peering, when discovery completes, you see will rules for unique Circuit Name and VNet Name. 初期状態では、これらの規則は無効になっています。Initially, these rules are disabled.

rules

  1. [このピアリングを監視する] チェック ボックスをオンにします。Check the Monitor this peering checkbox.
  2. [このピアリングの正常性監視を有効にする] チェック ボックスをオンにします。Select the checkbox Enable Health Monitoring for this peering.
  3. 監視条件を選択します。Choose the monitoring conditions. しきい値を入力して、正常性イベントを生成するカスタムしきい値を設定できます。You can set custom thresholds to generate health events by typing threshold values. 選択したネットワーク ペア/サブネットワーク ペアに対して選択したしきい値を条件の値が上回ると、正常性イベントが生成されます。Whenever the value of the condition goes above its selected threshold for the selected network/subnetwork pair, a health event is generated.
  4. [ON-PREM エージェント] の [エージェントの追加] ボタンをクリックして、プライベート ピアリング接続を監視するために使用するオンプレミス サーバーを追加します。Click the ON-PREM AGENTS Add Agents button to add the on-premises servers from which you want to monitor the private peering connection. 手順 2 のセクションで指定した Microsoft サービス エンドポイントに接続できるエージェントのみを選択してください。Make sure that you only choose agents that have connectivity to the Microsoft service endpoint that you specified in the section for Step 2. オンプレミスのエージェントは、ExpressRoute 接続を使用してエンドポイントに到達できる必要があります。The on-premises agents must be able to reach the endpoint using the ExpressRoute connection.
  5. 設定を保存します。Save the settings.
  6. 規則を有効にして監視対象の値とエージェントを選択した後、30 ~ 60 分ほど待つと、値が反映され始め、 [ExpressRoute の監視] タイルが利用できる状態になります。After enabling the rules and selecting the values and agents you want to monitor, there is a wait of approximately 30-60 minutes for the values to begin populating and the ExpressRoute Monitoring tiles to become available.

Microsoft ピアリングMicrosoft peering

Microsoft ピアリングの場合は、監視する Microsoft ピアリング接続をクリックし、設定を構成します。For Microsoft peering, click the Microsoft peering connection(s) that you want to monitor, and configure the settings.

  1. [このピアリングを監視する] チェック ボックスをオンにします。Check the Monitor this peering checkbox.
  2. (省略可能) ターゲットの Microsoft サービス エンドポイントを変更できます。(Optional) You can change the target Microsoft service endpoint. NPM の既定では、Microsoft サービス エンドポイントがターゲットとして選択されます。By default, NPM chooses a Microsoft service endpoint as the target. NPM では、ExpressRoute を介してオンプレミス サーバーからこのターゲット エンドポイントへの接続が監視されます。NPM monitors connectivity from your on-premises servers to this target endpoint through ExpressRoute.
    • このターゲット エンドポイントを変更するには、 [ターゲット:][(編集)] リンクをクリックし、URL の一覧から別の Microsoft サービス ターゲット エンドポイントを選択します。To change this target endpoint, click the (edit) link under Target:, and select another Microsoft service target endpoint from the list of URLs. ターゲットを編集するedit target

    • カスタムの URL または IP アドレスを使用できます。You can use a custom URL or IP Address. このオプションは、Microsoft ピアリングを使用してパブリック IP アドレスで提供されている Azure PaaS サービス (Azure Storage、SQL データベース、Websites など) への接続を確立する場合に特に適しています。This option is particularly relevant if you are using Microsoft peering to establish a connection to Azure PaaS services, such as Azure Storage, SQL databases, and Websites that are offered on public IP addresses. これを行うには、URL の一覧の下部にあるリンク [(カスタム URL または IP アドレスを代わりに使用する)] をクリックし、ExpressRoute Microsoft ピアリングによって接続されている Azure PaaS サービスのパブリック エンドポイントを入力します。To do this, click the link (Use custom URL or IP Address instead) at the bottom of the URL list, then enter the public endpoint of your Azure PaaS service that is connected through the ExpressRoute Microsoft peering. カスタム URLcustom URL

    • これらのオプション設定を使用している場合は、ここで Microsoft サービス エンドポイントのみが選択されていることを確認してください。If you are using these optional settings, make sure that only the Microsoft service endpoint is selected here. エンドポイントは、ExpressRoute に接続されていて、オンプレミス エージェントから到達可能である必要があります。The endpoint must be connected to ExpressRoute and reachable by the on-premises agents.

  3. [このピアリングの正常性監視を有効にする] チェック ボックスをオンにします。Select the checkbox Enable Health Monitoring for this peering.
  4. 監視条件を選択します。Choose the monitoring conditions. しきい値を入力して、正常性イベントを生成するカスタムしきい値を設定できます。You can set custom thresholds to generate health events by typing threshold values. 選択したネットワーク ペア/サブネットワーク ペアに対して選択したしきい値を条件の値が上回ると、正常性イベントが生成されます。Whenever the value of the condition goes above its selected threshold for the selected network/subnetwork pair, a health event is generated.
  5. [ON-PREM エージェント] の [エージェントの追加] ボタンをクリックして、Microsoft ピアリング接続を監視するために使用するオンプレミス サーバーを追加します。Click the ON-PREM AGENTS Add Agents button to add the on-premises servers from which you want to monitor the Microsoft peering connection. 手順 2 のセクションで指定した Microsoft サービス エンドポイントに接続できるエージェントのみを選択してください。Make sure that you only choose agents that have connectivity to the Microsoft service endpoints that you specified in the section for Step 2. オンプレミスのエージェントは、ExpressRoute 接続を使用してエンドポイントに到達できる必要があります。The on-premises agents must be able to reach the endpoint using the ExpressRoute connection.
  6. 設定を保存します。Save the settings.
  7. 規則を有効にして監視対象の値とエージェントを選択した後、30 ~ 60 分ほど待つと、値が反映され始め、 [ExpressRoute の監視] タイルが利用できる状態になります。After enabling the rules and selecting the values and agents you want to monitor, there is a wait of approximately 30-60 minutes for the values to begin populating and the ExpressRoute Monitoring tiles to become available.

手順 6: 監視タイルを表示するStep 6: View monitoring tiles

監視中のタイルが表示されていれば、ExpressRoute 回線と接続リソースが NPM によって監視されています。Once you see the monitoring tiles, your ExpressRoute circuits and connection resources are being monitored by NPM. Microsoft ピアリングのタイルをクリックすると、Microsoft ピアリング接続の正常性をドリルダウンできます。You can click on Microsoft Peering tile to drill down on the health of Microsoft Peering connections.

監視タイル

[Network Performance Monitor] ページNetwork Performance Monitor page

NPM ページには、ExpressRoute に関して、その回線とピアリングの正常性を大まかに示したページが表示されます。The NPM page contains a page for ExpressRoute that shows an overview of the health of ExpressRoute circuits and peerings.

ダッシュボード

回線の一覧List of circuits

監視対象の全 ExpressRoute 回線の一覧を表示するには、 [ExpressRoute 回線] タイルをクリックします。To view a list of all monitored ExpressRoute circuits, click the ExpressRoute circuits tile. いずれかの回線を選択すると、その正常性状態のほか、パケット損失、帯域幅使用率、待ち時間の各トレンド グラフを表示できます。You can select a circuit and view its health state, trend charts for packet loss, bandwidth utilization, and latency. これらのグラフは対話操作が可能です。The charts are interactive. グラフのプロット対象となる時間枠を自分で選んでカスタマイズすることができます。You can select a custom time window for plotting the charts. グラフ上の領域でマウスをドラッグすることによってデータ ポイントを拡大し、細かく表示することができます。You can drag the mouse over an area on the chart to zoom in and see fine-grained data points.

回線一覧

パケット損失、待ち時間、スループットのトレンドTrend of Loss, Latency, and Throughput

帯域幅、待ち時間、損失の各グラフは対話操作が可能です。The bandwidth, latency, and loss charts are interactive. これらのグラフの任意のセクションをマウス操作で拡大することができます。You can zoom into any section of these charts, using mouse controls. また、左上の [アクション] ボタンの下にある [日付/時刻] をクリックすることによって、帯域幅、待ち時間、損失データの表示対象間隔を変更することもできます。You can also see the bandwidth, latency, and loss data for other intervals by clicking Date/Time, located below the Actions button on the upper left.

トレンド

ピアリング一覧Peerings list

プライベート ピアリング上の仮想ネットワークに対するすべての接続の一覧を表示するには、ダッシュボードの [プライベート ピアリング] タイルをクリックします。To view list of all connections to virtual networks over private peering, click the Private Peerings tile on the dashboard. ここでいずれかの仮想ネットワークの接続を選択すると、その正常性状態のほか、パケット損失、帯域幅使用率、待ち時間の各トレンド グラフを表示できます。Here, you can select a virtual network connection and view its health state, trend charts for packet loss, bandwidth utilization, and latency.

回線一覧

ノード ビューNodes view

選択した ExpressRoute ピアリング接続のオンプレミス ノードと Azure VM/Microsoft サービス エンドポイント間のすべてのリンクの一覧を表示するには、 [ノード リンクの表示] をクリックします。To view list of all the links between the on-premises nodes and Azure VMs/Microsoft service endpoints for the chosen ExpressRoute peering connection, click View node links. 各リンクの正常性状態、およびそれらに関連付けられた損失および待ち時間の傾向を表示できます。You can view the health status of each link, as well as the trend of loss and latency associated with them.

ノード ビュー

回線トポロジCircuit topology

回線トポロジを表示するには、 [トポロジ] タイルをクリックします。To view circuit topology, click the Topology tile. この操作により、選択した回線またはピアリングのトポロジ ビューが表示されます。This takes you to the topology view of the selected circuit or peering. トポロジ ダイアグラムには、ネットワーク上の各セグメントの待ち時間が表示されます。The topology diagram provides the latency for each segment on the network. 各レイヤー 3 ホップがダイアグラムのノードで表現されます。Each layer 3 hop is represented by a node of the diagram. いずれかのホップをクリックすると、そのホップについてのさらに詳しい情報が表示されます。Clicking on a hop reveals more details about the hop.

[フィルター] の下のスライダー バーを動かすことで、視認性を高めて表示範囲をオンプレミスのホップにまで広げることができます。You can increase the level of visibility to include on-premises hops by moving the slider bar below Filters. スライダー バーを左右に動かすと、トポロジ グラフに表示されるホップ数が増減します。Moving the slider bar to the left or right, increases/decreases the number of hops in the topology graph. 各セグメントの待ち時間が視覚的に確認できるので、ネットワーク上のセグメントの中で、待ち時間の長いセグメントを短時間で切り分けることができます。The latency across each segment is visible, which allows for faster isolation of high latency segments on your network.

filters

回線の詳細なトポロジ ビューDetailed Topology view of a circuit

このビューは、VNet 接続を示しています。This view shows VNet connections. 詳細なトポロジdetailed topology