クイック スタート:グローバル Web アプリケーションの高可用性を実現するフロント ドアを作成するQuickstart: Create a Front Door for a highly available global web application

Azure portal で Azure Front Door を使用して Web アプリケーションの高可用性を設定してみましょう。Get started with Azure Front Door by using the Azure portal to set up high availability for a web application.

このクイックスタートでは、別々の Azure リージョンで実行される、Web アプリケーションの 2 つのインスタンスを Azure Front Door でプールします。In this quickstart, Azure Front Door pools two instances of a web application that run in different Azure regions. 等しく重み付けされた同じ優先度のバックエンドに基づいて Front Door の構成を作成します。You create a Front Door configuration based on equal weighted and same priority backends. この構成では、アプリケーションが実行されている最も近いサイトにトラフィックが誘導されます。This configuration directs traffic to the nearest site that runs the application. Web アプリケーションは、Azure Front Door によって絶えず監視されます。Azure Front Door continuously monitors the web application. 最も近いサイトが利用できない状態になると、サービスによって、使用可能な次のサイトへの自動フェールオーバーが行われます。The service provides automatic failover to the next available site when the nearest site is unavailable.

前提条件Prerequisites

Web アプリの 2 つのインスタンスを作成するCreate two instances of a web app

このクイックスタートには、別々の Azure リージョンで実行される、Web アプリケーションの 2 つのインスタンスが必要です。This quickstart requires two instances of a web application that run in different Azure regions. どちらの Web アプリケーション インスタンスも "アクティブ/アクティブ " モードで実行されるため、トラフィックをどちらでも受け入れることができます。Both the web application instances run in Active/Active mode, so either one can take traffic. この構成は、一方がフェールオーバーとして機能する "アクティブ/スタンバイ" 構成とは異なります。This configuration differs from an Active/Stand-By configuration, where one acts as a failover.

まだ Web アプリがない場合は、次の手順に従ってサンプル Web アプリをセットアップしてください。If you don't already have a web app, use the following steps to set up example web apps.

  1. Azure Portal ( https://portal.azure.com ) にサインインします。Sign in to the Azure portal at https://portal.azure.com.

  2. 画面の左上で、 [リソースの作成] > [WebApp] の順に選択します。On the top left-hand side of the screen, select Create a resource > WebApp.

    Azure portal で Web アプリを作成する

  3. [Web アプリの作成] ページの [基本] タブで、次の情報を入力または選択します。In the Basics tab of Create Web App page, enter or select the following information.

    設定Setting Value
    サブスクリプションSubscription サブスクリプションを選択します。Select your subscription.
    リソース グループResource group [新規作成] を選択し、テキスト ボックスに 「FrontDoorQS_rg1」 と入力します。Select Create new and enter FrontDoorQS_rg1 in the text box.
    名前Name Web アプリの一意の名前を入力します。Enter a unique Name for your web app. この例では WebAppContoso-1 を使用します。This example uses WebAppContoso-1.
    発行Publish [コード] を選択します。Select Code.
    ランタイム スタックRuntime stack [.NET Core 2.1 (LTS)] を選択します。Select .NET Core 2.1 (LTS).
    オペレーティング システムOperating System [Windows] を選択します。Select Windows.
    [リージョン]Region [米国中部] を選択します。Select Central US.
    Windows プランWindows Plan [新規作成] を選択し、テキスト ボックスに「myAppServicePlanCentralUS」と入力します。Select Create new and enter myAppServicePlanCentralUS in the text box.
    SKU とサイズSku and size [Standard S1 100 total ACU, 1.75 GB memory](Standard S1 合計 100 ACU、1.75 GB メモリ) を選択します。Select Standard S1 100 total ACU, 1.75 GB memory.
  4. [確認および作成] を選択し、 [概要] を確認して、 [作成] を選択します。Select Review + create, review the Summary, and then select Create. デプロイが完了するまでに数分かかる場合があります。It might take several minutes for the deployment to complete.

    Azure portal で Web アプリを作成する

デプロイが完了したら、もう 1 つ Web アプリを作成します。After your deployment is complete, create a second web app. 次の値を除き、同じ手順と値を使用します。Use the same procedure with the same values, except for the following values:

設定Setting Value
リソース グループResource group [新規作成] を選択し、「FrontDoorQS_rg2」 と入力します。Select Create new and enter FrontDoorQS_rg2
名前Name Web アプリの一意の名前を入力します (この例では WebAppContoso-2)。Enter a unique name for your Web App, in this example, WebAppContoso-2
[リージョン]Region 異なるリージョンを選択します (この例では [米国中南部] )。A different region, in this example, South Central US
App Service プラン > Windows プランApp Service plan > Windows Plan [新規] を選択し、「myAppServicePlanSouthCentralUS」と入力して、 [OK] を選択します。Select New and enter myAppServicePlanSouthCentralUS, and then select OK

アプリケーション用のフロント ドアを作成するCreate a Front Door for your application

2 つの Web アプリ サーバーのうち待ち時間が短い方にユーザー トラフィックを誘導するように Azure Front Door を構成します。Configure Azure Front Door to direct user traffic based on lowest latency between the two web apps servers. 最初に、Azure Front Door のフロントエンド ホストを追加します。To begin, add a frontend host for Azure Front Door.

  1. ホーム ページまたは Azure メニューから [リソースの作成] を選択します。From the home page or the Azure menu, select Create a resource. [ネットワーク] > [すべて表示] > [フロントドア] の順に選択します。Select Networking > See All > Front Door.

  2. [フロント ドアを作成する] ページの [基本] タブで、次の情報を入力または選択してから、 [次へ: 構成] を選択します。In the Basics tab of Create a Front Door page, enter or select the following information, and then select Next: Configuration.

    設定Setting Value
    サブスクリプションSubscription サブスクリプションを選択します。Select your subscription.
    リソース グループResource group [新規作成] を選択し、テキスト ボックスに「FrontDoorQS_rg0」 と入力します。Select Create new and enter FrontDoorQS_rg0 in the text box.
    リソース グループの場所Resource group location [米国中部] を選択します。Select Central US.
  3. [Frontends/domains](フロントエンド/ドメイン) で、 [+] を選択して [フロントエンド ホストの追加] を開きます。In Frontends/domains, select + to open Add a frontend host.

  4. グローバルに一意のホスト名を [ホスト名] に入力します。For Host name, enter a globally unique hostname. この例では、contoso-frontend を使用します。This example uses contoso-frontend. [追加] を選択します。Select Add.

    Azure portal で Web アプリを作成する

次に、2 つの Web アプリを含んだバックエンド プールを作成します。Next, create a backend pool that contains your two web apps.

  1. 引き続き [フロント ドアを作成する][バックエンド プール][+] を選択し、 [バックエンド プールの追加] を開きます。Still in Create a Front Door, in Backend pools, select + to open Add a backend pool.

  2. [名前] として「myBackendPool」を入力してから、 [バックエンドの追加] を選択します。For Name, enter myBackendPool, then select Add a backend.

    Azure portal で Web アプリを作成する

  3. [バックエンドの追加] ブレードで、次の情報を選択し、 [追加] を選択します。In the Add a backend blade, select the following information and select Add.

    設定Setting Value
    バックエンド ホストの種類Backend host type [App Service] を選択します。Select App service.
    サブスクリプションSubscription サブスクリプションを選択します。Select your subscription.
    バックエンド ホスト名Backend host name 最初に作成した Web アプリを選択します。Select the first web app you created. この例では、WebAppContoso-1 という Web アプリが該当します。In this example, the web app was WebAppContoso-1.

    "*他のフィールドはすべて既定値のままにします。 "*Leave all other fields default.

    Azure portal で Web アプリを作成する

  4. もう一度 [バックエンドの追加] を選択します。Select Add a backend again. 次の情報を選択し、 [追加] を選択します。select the following information and select Add.

    設定Setting Value
    バックエンド ホストの種類Backend host type [App Service] を選択します。Select App service.
    サブスクリプションSubscription サブスクリプションを選択します。Select your subscription.
    バックエンド ホスト名Backend host name 作成した 2 つ目の Web アプリを選択します。Select the second web app you created. この例では、WebAppContoso-2 という Web アプリが該当します。In this example, the web app was WebAppContoso-2.

    "*他のフィールドはすべて既定値のままにします。 "*Leave all other fields default.

  5. [バックエンド プールの追加] ブレードで [追加] を選択して、バックエンド プールの構成を完了します。Select Add on the Add a backend pool blade to complete the configuration of the backend pool.

    Azure portal で Web アプリを作成する

最後に、ルーティング規則を追加します。Finally, add a routing rule. フロントエンド ホストは、ルーティング規則によってバックエンド プールにマップされます。A routing rule maps your frontend host to the backend pool. この規則によって、contoso-frontend.azurefd.net への要求が myBackendPool に転送されます。The rule forwards a request for contoso-frontend.azurefd.net to myBackendPool.

  1. 引き続き [フロント ドアを作成する][ルーティング規則][+] を選択し、ルーティング規則を構成します。Still in Create a Front Door, in Routing rules, select + to configure a routing rule.

  2. [規則を追加する][名前] に「LocationRule」と入力します。In Add a rule, for Name, enter LocationRule. すべて既定値のままにし、 [追加] を選択してルーティング規則を追加します。Accept all the default values, then select Add to add the routing rule.

    Azure portal で Web アプリを作成する

    警告

    Front Door 内の各フロントエンド ホストに、既定のパス (\*) が関連付けられたルーティング規則があることを確認する必要がありますYou must ensure that each of the frontend hosts in your Front Door has a routing rule with a default path (\*) associated with it. つまり、すべてのルーティング規則について、既定のパス (\*) で定義された各フロントエンド ホストに対するルーティング規則が少なくとも 1 つは存在する必要があります。That is, across all of your routing rules there must be at least one routing rule for each of your frontend hosts defined at the default path (\*). そうなっていないと、エンド ユーザーのトラフィックが正しくルーティングされない可能性があります。Failing to do so may result in your end-user traffic not getting routed correctly.

  3. [確認および作成][作成] の順に選択します。Select Review + Create, and then Create.

    Azure portal で Web アプリを作成する

Azure Front Door の動作を確認するView Azure Front Door in action

フロント ドアを作成した後、グローバルに構成がデプロイされるまでに数分かかります。Once you create a Front Door, it takes a few minutes for the configuration to be deployed globally. 完了したら、作成したフロントエンド ホストにアクセスします。Once complete, access the frontend host you created. ブラウザーで contoso-frontend.azurefd.net にアクセスしてください。In a browser, go to contoso-frontend.azurefd.net. 要求は、バックエンド プール内の指定されたサーバーの中から、自分に最も近いサーバーに自動的にルーティングされます。Your request will automatically get routed to the nearest server to you from the specified servers in the backend pool.

それらのアプリをこのクイックスタートで作成した場合は、情報ページが表示されます。If you created these apps in this quickstart, you'll see an information page.

即時グローバル フェールオーバーの動作をテストするために、次の手順を試してみましょう。To test instant global failover in action, try the following steps:

  1. 前述したように、ブラウザーを開き、フロントエンド アドレス (contoso-frontend.azurefd.net) にアクセスします。Open a browser, as described above, and go to the frontend address: contoso-frontend.azurefd.net.

  2. Azure portal で、App Services を検索して選択します。In the Azure portal, search for and select App services. 下へスクロールして、いずれかの Web アプリを探します (この例では WebAppContoso-1)。Scroll down to find one of your web apps, WebAppContoso-1 in this example.

  3. Web アプリを選択し、 [停止][はい] の順に選択して確認します。Select your web app, and then select Stop, and Yes to verify.

  4. ブラウザーを更新します。Refresh your browser. 同じ情報ページが表示されるはずです。You should see the same information page.

    ヒント

    これらの操作では、わずかな待ち時間が発生します。There is a little bit of delay for these actions. 場合によっては、再度、最新の情報に更新する必要があります。You might need to refresh again.

  5. もう一方の Web アプリを探し、同様に停止します。Find the other web app, and stop it as well.

  6. ブラウザーを更新します。Refresh your browser. 今回はエラー メッセージが表示されます。This time, you should see an error message.

    Azure portal で Web アプリを作成する

リソースをクリーンアップするClean up resources

作業が完了したら、作成した項目はすべて削除してかまいません。After you're done, you can remove all the items you created. リソース グループを削除すると、その内容も削除されます。Deleting a resource group also deletes its contents. このフロント ドアを使用する予定がない場合は、不要な料金が発生しないようリソースを削除してください。If you don't intend to use this Front Door, you should remove resources to avoid unnecessary charges.

  1. Azure portal で [リソース グループ] を探して選択するか、Azure portal のメニューから [リソース グループ] を選択します。In the Azure portal, search for and select Resource groups, or select Resource groups from the Azure portal menu.

  2. フィルターを使用するか、下へスクロールしてリソース グループを探します (FrontDoorQS_rg0 など)。Filter or scroll down to find a resource group, such as FrontDoorQS_rg0.

  3. リソース グループを選択し、 [リソース グループの削除] を選択します。Select the resource group, then select Delete resource group.

    警告

    このアクションは元に戻すことができません。This action is irreversable.

  4. リソース グループの名前を入力して確認し、 [削除] を選択します。Type the resource group name to verify, and then select Delete.

他の 2 つのグループについても手順を繰り返します。Repeat the procedure for the other two groups.

次の手順Next steps

次の記事に進んで、フロント ドアにカスタム ドメインを追加する方法を学習してください。Advance to the next article to learn how to add a custom domain to your Front Door.