Microsoft Azure の概要Introducing Microsoft Azure

Microsoft Azure は、パブリック クラウド向けの Microsoft のアプリケーション プラットフォームです。Microsoft Azure is Microsoft's application platform for the public cloud. この記事を読めば、クラウド コンピューティングに関する知識がまったくなくても、Azure の基礎を理解することができます。The goal of this article is to give you a foundation for understanding the fundamentals of Azure, even if you don't know anything about cloud computing.

この記事を読む方法How to read this article

Azure のサービスは常に増え続けているため、そのすべてを理解するのは容易ではありません。Azure is growing all the time so it's easy to get overloaded. まずはこの記事で説明されている各種基本サービスを確認し、その後で追加サービスについて確認してください。Start with the basic services, which are listed first in this article, and then go on to additional services. ユーザー自身では追加サービスを使用できないという意味ではありませんが、Azure 内で実行されているアプリケーションの中核を構成しているのは、基本サービスです。That doesn't mean you can't use just the additional services by themselves, but the basic services make up the core of an application running in Azure.

フィードバックのご提供Give feedback

お客様のフィードバックは重要です。Your feedback is important. この記事によって Azure の概要を効率的にご理解いただけます。This article should give you an effective overview of Azure. ご理解いただけなかった場合は、ページ下部のコメント セクションでその旨をお知らせください。If it does not, tell us in the comments section at the bottom of the page. 期待されていた内容や記事の改善方法について詳しくお聞かせください。Give some detail on what you expected to see and how to improve the article.

Azure のコンポーネントThe Components of Azure

Azure では、管理ポータル内や、 Microsoft Azure のインフォグラフィック などのさまざまな視覚的な説明の中で、サービスをいくつかのカテゴリに分類しています。Azure groups services into categories in the Management Portal and on various visual aids like the What Is Azure Infographic . 管理ポータルは、Azure 内の大半のサービス (すべてではない) を管理するために使用するものです。The Management Portal is what you use to manage most (but not all) services in Azure.

この記事では、 とある組織 を取り上げて、類似の機能に基づくサービスについて説明し、より大規模なサービスの一部である重要なサブサービスを取り上げます。This article will use a different organization to talk about services based on similar function, and to call out important sub-services that are part of larger ones.

Azure コンポーネント Azure components
図: Azure には、Azure データセンターで実行される、インターネット経由でアクセスできるアプリケーション サービスが用意されている。Figure: Azure provides Internet-accessible application services running in Azure datacenters.

管理ポータルManagement Portal

Azure には、管理者が Azure の機能の大半にアクセスして管理できる、 管理ポータル と呼ばれる Web インターフェイスがあります。Azure has a web interface called the Management Portal that allows administrators to access and administer most, but not all Azure features. マイクロソフトは通常、以前のポータルを廃止する前に、より新しい UI ポータルをベータ版としてリリースします。Microsoft typically releases the newer UI portal in beta before retiring an older one. より新しい UI ポータルは " Azure プレビュー ポータル" と呼ばれます。The newer one is called the "Azure Preview Portal".

両方のポータルが使用されている間は、重なり合う部分が多く、主要なサービスは両方のポータルに表示されます。There is typically a long overlap when both portals are active. ただし、片方でしか利用できない機能も存在する可能性があります。While core services will appear in both portals, not all functionality may be available in both. 新しいサービスは新しいポータルに先に実装され、古いサービスと機能は古いポータルにしか存在しないという状況も考えられます。Newer services may show up in the newer portal first and older services and functionality may only exist in the older one. 一方のポータルで見つからない機能があったら、もう一方のポータルで探してみてください。The message here is that if you don't find something in the older portal, check the newer one and vice-versa.

計算Compute

クラウド プラットフォームで行われる最も基本的な項目に、アプリケーションの実行があります。One of the most basic things a cloud platform does is execute applications. 4 つの Azure コンピューティング モデルには、それぞれの役割があります。Each of the Azure compute models has its own role to play.

必要に応じてこれらのテクノロジを単独で使用したり、組み合わせて使用したりすることで、アプリケーションに適した基盤を構築できます。You can use these technologies separately or combine them as needed to create the right foundation for your application. どのアプローチを選ぶかは、解決しようとしている問題によって異なります。The approach you choose depends on what problems you're trying to solve.

Azure Virtual MachinesAzure Virtual Machines

Azure Virtual Machines ROBBCSIART_TEST Azure Virtual Machines ROBBCSIART_TEST
図: Azure Virtual Machines によってクラウド内の仮想マシン インスタンスをきめ細かく制御できる。Figure: Azure Virtual Machines gives you full control over virtual machine instances in the cloud.

標準イメージと独自のイメージのどちらからでも、必要に応じて仮想マシンを作成できる機能は非常に便利です。The ability to create a virtual machine on demand, whether from a standard image or from one you supply, can be very useful. 一般的にサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) と呼ばれるこのアプローチは、Azure の Virtual Machines が提供する機能です。This approach, commonly known as Infrastructure as a Service (IaaS), is what Azure Virtual Machines provides. 図 2 は、仮想マシン (VM) の稼働方法と、VHD から仮想マシンを作成する方法を示しています。Figure 2 shows a combination of how a Virtual Machine (VM) runs and how to create one from a VHD.

VM を作成するには、使用する VHD と VM のサイズを指定します。To create a VM, you specify which VHD to use and the VM's size. そして、VM を実行する料金を時間に応じてお支払いいただきます。You then pay for the time that the VM is running. VHD を使用可能な状態に保持するための最小限のストレージ料金はかかりますが、分単位で実行した時間に対してだけ支払います。You pay by the minute and only while it's running, though there is a minimal storage charge for keeping the VHD available. Azure には、起動可能なオペレーティング システムを含むストック VHD ("イメージ" と呼ばれる) のギャラリーが用意されています。Azure offers a gallery of stock VHDs (called "images") that contain a bootable operating system to start from. これには、Windows Server と Linux、SQL Server、Oracle などマイクロソフトとパートナーが提供する多数のオプションが含まれます。These include Microsoft and partner options, such as Windows Server and Linux, SQL Server, Oracle and many more. 自由に VHD やイメージを作成した後、自分でそれらをアップロードできます。You're free to create VHDs and images, and then upload them yourself. データのみを含む VHD をアップロードすることも可能で、その後、実行中の VM からそれらにアクセスできます。You can even upload VHDs that contain only data and then access them from your running VMs.

どこから提供された VHD でも、VM の実行中に加えたあらゆる変更内容を永続的に格納することができます。Wherever the VHD comes from, you can persistently store any changes made while a VM is running. 次にその VHD から VM を作成するときには、保存した内容が取り込まれます。The next time you create a VM from that VHD, things pick up where you left off. 仮想マシンを支える VHD は Azure Storage BLOB に格納されます。これについては後述します。The VHDs that back the Virtual Machines are stored in Azure Storage blobs, which we talk about later. つまり、ハードウェアやディスクの障害によって VM が消失しないように保証するための冗長性が確保されます。That means you get redundancy to ensure your VMs won’t disappear due to hardware and disk failures. さらに、変更した VHD を Azure の外部にコピーしてローカルで実行することもできます。It's also possible to copy the changed VHD out of Azure, then run it locally.

アプリケーションは、以前にどのように作成されたか、またはゼロから作成することに決めたかに応じて、1 つ以上の仮想マシンで実行されます。Your application runs within one or more Virtual Machines, depending on how you created it before or decide to create it from scratch now.

クラウド コンピューティングに対するこの一般的なアプローチを使用することで、さまざまな問題に対応できます。This quite general approach to cloud computing can be used to address many different problems.

Virtual Machines のシナリオVirtual Machine Scenarios

  1. 開発/テスト - Microsoft Azure VM を使用して開発とテスト用に低価格のプラットフォームを作成し、必要がなくなった時点で停止できます。Dev/Test - You might use them to create an inexpensive development and test platform that you can shut down when you've finished using it. さらに、どのような言語とライブラリを使用するアプリケーションでも作成して実行できます。You might also create and run applications that use whatever languages and libraries you like. これらのアプリケーションでは、Azure が提供するあらゆるデータ管理オプションを使用できるだけでなく、使用する SQL Server や他の DBMS を選択して、1 つ以上の仮想マシン上で実行することもできます。Those applications can use any of the data management options that Azure provides, and you can also choose to use SQL Server or another DBMS running in one or more virtual machines.
  2. アプリケーションの Azure への移行 (リフト アンド シフト) - "リフト アンド シフト" は、フォークリフトを使用して大きな物を移動するようにアプリケーションを移行することを指しています。Move Applications to Azure (Lift-and-shift) - "Lift-and-shift" refers to moving your application much like you'd use a forklift to move a large object. VHD をローカルのデータセンターから "リフト" (持ち上げ)、それを Azure に "シフト" (移動) して、そこで実行します。You "lift" the VHD from your local datacenter, and "shift" it to Azure and run it there. 通常は、他のシステムとの依存関係をなくすためにある程度の作業を行う必要があります。You will typically have to do some work to remove dependencies on other systems. 作業が多すぎる場合は、代わりにオプション 3 を選択できます。If there are too many, you may choose option 3 instead.
  3. データセンターの拡張 - Azure VM をオンプレミスのデータセンターの延長として使用して、SharePoint などのアプリケーションを実行することもできます。Extend your Datacenter - Use Azure VMs as an extension of your on-premises datacenter, running SharePoint or other applications. これをサポートするため、Azure VM で Active Directory を実行して、クラウド内に Windows ドメインを作成することができます。To support this, it's possible to create Windows domains in the cloud by running Active Directory in Azure VMs. Azure Virtual Network (後述) を使用して、ローカル ネットワークと Azure 内のネットワークを相互接続することができます。You can use Azure Virtual Network (mentioned later) to tie your local network and your network in Azure together.

Web AppsWeb Apps

Azure Web Apps ROBBCSIART_TEST Azure Web Apps ROBBCSIART_TEST
図: Azure Web Apps では、基になる Web サーバーを管理しなくても、クラウド内で Web サイト アプリケーションを実行できる。Figure: Azure Web Apps runs a website application in the cloud without having to manage the underlying web server.

クラウドで行われる最も一般的なことの 1 つに、Web サイトと Web アプリケーションの実行があります。One of the most common things that people do in the cloud is run websites and web applications. Azure Virtual Machines でこれを実現できますが、この場合には 1 つ以上の VM と基になるオペレーティング システムをお客様が管理する必要があります。Azure Virtual Machines allows this, but it still leaves you with the responsibility of administering one or more VMs and the underlying operating systems. Cloud Services Web ロールがこれを実行できますが、それらのデプロイと維持には引き続き管理作業が伴います。Cloud services web roles can do this, but deploying and maintaining them still takes administrative work. Web サイトのみが必要で、その管理作業はだれかに任せたい場合はどうでしょうか。What if you just want a website where somebody else takes care of the administrative work for you?

これこそ、Web Apps が提供する機能です。This is exactly what Web Apps provides. このコンピューティング モデルには、Microsoft Azure 管理ポータルおよび API を使用した、管理された Web 環境が用意されています。This compute model offers a managed web environment using the Azure Management portal as well as APIs. 既存の Web サイト アプリケーションを変更せずに Web Apps に移行することもできれば、クラウドに直接新しいサイトを作成することもできます。You can move an existing website application into Web Apps unchanged, or you can create a new one directly in the cloud. Web サイトが稼働したら、インスタンスを動的に追加または削除し、Azure Web Apps で要求の負荷分散を行うことができます。Once a website is running, you can add or remove instances dynamically, relying on Azure Web Apps to load balance requests across them. Azure Apps には、仮想マシン内で他の Web サイトと共に稼働する Shared オプションと、専用の VM でサイトを実行する Standard オプションが用意されています。Azure Apps offers both a shared option, where your website runs in a virtual machine with other sites, and a standard option that allows a site to run in its own VM. 標準オプションは、必要に応じてインスタンスのサイズ (コンピューティング能力) を増強することもできます。The standard option also lets you increase the size (computing power) of your instances if needed.

開発用には、.NET、PHP、Node.js、Java、Python に加え、リレーショナル ストレージのための SQL Database と Azure Database for MySQL をサポートしています。For development, Web Apps supports .NET, PHP, Node.js, Java and Python along with SQL Database and Azure Database for MySQL for relational storage. さらに、WordPress、Joomla、Drupal など、一般的なアプリケーションのサポートも多数組み込まれています。It also provides built-in support for several popular applications, including WordPress, Joomla, and Drupal. パブリック クラウド内で Web サイトと Web アプリケーションを作成するための低価格でスケーラブル、広範な利便性を備えたプラットフォームを提供することが、その目的です。The goal is to provide a low-cost, scalable, and broadly useful platform for creating websites and web applications in the public cloud.

Web Apps のシナリオWeb Apps Scenarios

Web Apps は、企業、開発者、および Web デザイン代理店のいずれにも役立つように設計されています。Web Apps is intended to be useful for corporations, developers, and web design agencies. 企業にとっては、Web サイトのプレゼンスを実行するための、管理が簡単で、スケーラブルな、優れたセキュリティと可用性を備えたソリューションとして利用できます。For corporations, it's an easy-to-manage, scalable, highly secure, and highly available solution for running presence websites. Web サイトを設定する必要がある場合には、まず、Azure Web Apps で開始し、使用できない機能が必要となったときに Cloud Services に進むやり方が最適です。When you need to set up a Website, it’s best to start with Azure Web Apps and proceed to Cloud Services once you need a feature that’s not available. オプションの選択に役立つ、より多くの関連事項については、「コンピューティング」セクションの末尾を参照してください。See the end of the "Compute" section for more links that can help you to choose between the options.

Cloud ServicesCloud Services

Azure クラウド サービス Azure Cloud Service
図: Azure Cloud Services では、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS) 環境で、拡張性の高いカスタム コードを実行できる。Figure: Azure Cloud Services provides a place to run highly scalable custom code on a Platform as a Service (PaaS) environment

多数の同時ユーザーをサポートしながら、管理作業が少なく、停止することがないクラウド アプリケーションを作成したいとします。Suppose you want to build a cloud application that can support lots of simultaneous users, doesn't require much administration, and never goes down. たとえば、既存のソフトウェア ベンダーが、クラウドに自社製アプリケーションのうちの 1 つのバージョンを作成して、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) を導入する場合や、You might be an established software vendor, for example, that's decided to embrace Software as a Service (SaaS) by building a version of one of your applications in the cloud. 新興ベンダーとして、成長が期待されるコンシューマー アプリケーションを作成する場合が考えられます。Or you might be a start-up creating a consumer application that you expect will grow fast. Azure 上に作成する場合は、どの実行モデルを使用しますか。If you're building on Azure, which execution model should you use?

Azure Web Apps でもこのような Web アプリケーションを作成できますが、一部の制約があります。Azure Web Apps allows creating this kind of web application, but there are some constraints. たとえば、管理アクセス権がなければ、任意のソフトウェアをインストールできません。You don't have administrative access, for example, which means that you can't install arbitrary software. Azure の Virtual Machines を使用すると、管理アクセス権を含む高い柔軟性が得られ、これを使用してスケーラブルなアプリケーションを作成できますが、信頼性と管理に関する多くの事項をお客様自身が処理する必要があります。Azure Virtual Machines gives you lots of flexibility, including administrative access, and you certainly can use it to build a very scalable application, but you'll have to handle many aspects of reliability and administration yourself. この場合に必要なのは、必要な制御性を提供する一方で、信頼性と管理に必要なほとんどの作業を処理するオプションです。What you'd like is an option that gives you the control you need but also handles most of the work required for reliability and administration.

これはまさに Azure Cloud Services が提供する機能です。This is exactly what's provided by Azure Cloud Services. このテクノロジは、信頼性が高くスケーラブルで管理作業の少ないアプリケーションをサポートするためのもので、一般的にサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) と呼ばれるテクノロジです。This technology is designed expressly to support scalable, reliable, and low-admin applications, and it's an example of what's commonly called Platform as a Service (PaaS). これを使用するには、C#、Java、PHP、Python、Node.js など、目的に合ったテクノロジを使用してアプリケーションを作成します。To use it, you create an application using the technology you choose, such as C#, Java, PHP, Python, Node.js, or something else. 次に、Windows Server のバージョンを実行する仮想マシン (インスタンスと呼ばれます) でコードを実行します。Your code then executes in virtual machines (referred to as instances) running a version of Windows Server.

しかし、これらの VM は Azure の Virtual Machines で作成する VM とは異なります。But these VMs are distinct from the ones you create with Azure Virtual Machines. まず、Azure が VM を管理し、オペレーティング システム パッチのインストールやパッチを適用した新しいイメージの自動ロールアウトなどの作業を行いますFor one thing, Azure itself manages them, doing things like installing operating system patches and automatically rolling out new patched images. これは、お客様のアプリケーションは Web ロールまたは worker ロール インスタンスで状態を維持せず、次のセクションで説明する Azure データ管理オプションの 1 つで維持する必要があることを意味します。This implies that your application shouldn't maintain state in web or worker role instances; it should instead be kept in one of the Azure data management options described in the next section. また、Azure は VM を監視し、障害が発生した VM を再起動します。Azure also monitors these VMs, restarting any that fail. Cloud Services は、必要に応じて複数のインスタンスを自動的に作成するように設定できます。You can set cloud services to automatically create more or fewer instances in response to demand. これによって、使用量の増加に対処し、使用量が減少した場合は、余剰分を支払わずに済むように規模を縮小できます。This allows you to handle increased usage, and then scale back so you aren’t paying as much when there is less usage.

インスタンスの作成時に、Windows Server をベースとする 2 つのロールのいずれかを選択します。You have two roles to choose from when you create an instance, both based on Windows Server. この 2 つのロールの主な違いは、Web ロール インスタンスは IIS を実行しますが、Worker ロール インスタンスは IIS を実行しないことです。The main difference between the two is that an instance of a web role runs IIS, while an instance of a worker role does not. しかし、どちらも同様に管理され、アプリケーションでは両方を使用することが一般的です。Both are managed in the same way, however, and it's common for an application to use both. たとえば、Web ロール インスタンスがユーザーからの要求を受信し、処理のために Worker ロール インスタンスに渡すことが考えられます。For example, a web role instance might accept requests from users, then pass them to a worker role instance for processing. アプリケーションの規模を拡大または縮小するために、Azure でいずれかのロールのインスタンスをさらに作成したり、既存のインスタンスを停止したりすることもできます。To scale your application up or down, you can request that Azure create more instances of either role or shut down existing instances. また、Azure の Virtual Machines の場合と同様に、Web ロールまたは Worker ロールの各インスタンスも使用時間に応じて課金されます。And similar to Azure Virtual Machines, you're charged only for the time that each web or worker role instance is running.

Cloud Services のシナリオCloud Services Scenarios

Cloud Services は、Azure Web Apps が提供する以上にプラットフォームを厳密に制御する必要があるが、基になるオペレーティング システムを制御する必要はない場合に、大規模なスケールアウトをサポートするために適しています。Cloud Services are ideal to support massive scale out when you need more control over the platform than provided by Azure Web Apps but don’t need control over the underlying operating system.

計算モデルの選択Choosing a Compute Model

Azure Web Apps、Cloud Services、および Virtual Machines の比較 に関するページに、コンピューティング モデルの選択方法について詳細が記載されています。The page Azure Web Apps, Cloud Services and Virtual Machines comparison provides more detailed information on how to choose a Compute model.

データ管理Data Management

アプリケーションにはデータが必要です。そして、アプリケーションが異なれば必要なデータも異なります。Applications need data, and different kinds of applications need different kinds of data. このため、Azure にはデータの格納および管理を行うさまざまな方法が用意されています。Because of this, Azure provides several different ways to store and manage data. Azure には多数のストレージ オプションがありますが、すべて非常に耐久性の高いストレージを実現する目的で設計されています。Azure provides many storage options, but all are designed for very durable storage. これらのオプションのいずれでも、常にデータの 3 つのコピーが Azure データセンターで同期した状態で保持されます。Azure で geo 冗長性を使用して 300 マイル以上離れた別のデータセンターにバックアップしている場合は、6 つのコピーが保持されます。With any of these options, there are always 3 copies of your data kept in sync across an Azure datacenter -- 6 if you allow Azure to use geo-redundancy to back up to another datacenter at least 300 miles away.

Virtual Machines 内In Virtual Machines

Azure Virtual Machines で作成した VM 内で SQL Server や他の DBMS を実行する機能については、既に説明しました。The ability to run SQL Server or another DBMS in a VM created with Azure Virtual Machines has already been mentioned. このオプションはリレーショナル システムに限定されません。MongoDB や Cassandra などの NoSQL テクノロジも実行できることに注意してください。Realize that this option isn't limited to relational systems; you're also free to run NoSQL technologies such as MongoDB and Cassandra. 自社のデータベース システムの実行は簡単で、その機能はマイクロソフトのデータセンターで行う場合と同じですが、その DBMS の管理作業を処理しなければなりません。Running your own database system is straightforward-it replicates what we're used to in our own datacenters-but it also requires handling the administration of that DBMS. その他のオプションでは、Azure はより多くの、またはすべての管理作業を処理します。In other options, Azure handles more or all of the administration for you.

作成またはアップロードした仮想マシンと追加のデータ ディスクの状態は、BLOB ストレージ (後述) によって支えられています。Again, the state of the Virtual Machine and any additional data disk you create or upload are backed by blob storage (which we talk about later).

Azure SQL DatabaseAzure SQL Database

Azure Storage SQL Database

図: Azure SQL Database は、クラウド内で管理されたリレーショナル データベース サービスを提供する。Figure: Azure SQL Database provides a managed relational database service in the cloud.

Azure には、リレーショナル ストレージのために SQL Database が用意されています。For relational storage, Azure provides the feature SQL Database. 名前に騙されないでください。Don't let the naming fool you. これは、Windows Server 上で稼働する SQL Server が提供する通常の SQL Database とは異なります。This is different than a typical SQL Database provided by SQL Server running on top of Windows Server.

以前は SQL Azure と呼ばれていた Azure SQL Database は、アトミック トランザクション、データの整合性が確保された複数ユーザーによる同時データ アクセス、ANSI SQL クエリ、使い慣れたプログラミング モデルを含む、リレーショナル データベース管理システムのすべての主要機能を備えています。Formerly called SQL Azure, Azure SQL Database provides all of the key features of a relational database management system, including atomic transactions, concurrent data access by multiple users with data integrity, ANSI SQL queries, and a familiar programming model. SQL Server と同様、SQL Database には、Entity Framework、ADO.NET、JDBC、およびその他の使い慣れたデータ アクセス テクノロジを使用してアクセスできます。Like SQL Server, SQL Database can be accessed using Entity Framework, ADO.NET, JDBC, and other familiar data access technologies. さらに、SQL Database はほとんどの T-SQL 言語と、SQL Server Management Studio などの SQL Server ツールをサポートしています。It also supports most of the T-SQL language, along with SQL Server tools such as SQL Server Management Studio. SQL Server (または他のリレーショナル データベース) を使い慣れていれば、SQL Database も簡単に使用できます。For anybody familiar with SQL Server (or another relational database), using SQL Database is straightforward.

しかし、SQL Database は、クラウド内の単なる DBMS ではなく、PaaS サービスです。But SQL Database isn't just a DBMS in the cloud-it's a PaaS service. データとそれにアクセスするユーザーはお客様が管理しますが、ハードウェア インフラストラクチャの管理、データベースとオペレーティング システム ソフトウェアの自動更新などの単純な管理作業は SQL Database が行います。You still control your data and who can access it, but SQL Database takes care of the administrative grunt work, such as managing the hardware infrastructure and automatically keeping the database and operating system software up to date. また、SQL Database は、高可用性、自動バックアップ、特定の時点に復元する機能も備え、複数の地理的なリージョンにコピーを複製できます。SQL Database also provides high availability, automatic backups, point-in-time restore capabilities, and can replicate copies across geographical regions.

SQL Database のシナリオScenarios for SQL Database

リレーショナル ストレージを必要とする Azure アプリケーションを (コンピューティング モデルのいずれかを使用して) 作成する場合には、SQL Database が適しています。If you're creating an Azure application (using any of the compute models) that needs relational storage, SQL Database can be a good option. しかし、クラウドの外部で実行されるアプリケーションもこのサービスを使用できるため、他にも多くのシナリオが存在します。Applications running outside the cloud can also use this service, though, so there are plenty of other scenarios. たとえば、SQL Database に格納されたデータは、デスクトップ、ノート PC、タブレット、携帯電話などのさまざまなクライアント システムからアクセスできます。For instance, data stored in SQL Database can be accessed from different client systems, including desktops, laptops, tablets, and phones. さらに、レプリケーションによる高可用性が組み込まれているため、SQL Database を使用することでダウンタイムを低減することができます。And because it provides built-in high availability through replication, using SQL Database can help minimize downtime.

テーブルTables

Azure Storage Tables

図: Azure テーブルは、データを格納するためのフラットな NoSQL の手法を提供する。Figure: Azure Tables provides a flat NoSQL way to store data.

この機能は、「Azure Storage」と呼ばれる、より大規模な機能の一部として、別の用語で呼ばれることもあります。This feature is sometimes called different terms as it's part of a larger feature called "Azure Storage". 「テーブル」、「Azure テーブル」、または「ストレージ テーブル」はすべて同じものです。If you see "tables", "Azure tables" or "storage tables", it's all the same thing.

その名前が誤解を招く可能性がありますが、このテクノロジはリレーショナル ストレージを提供しません。And don't be confused by the name: this technology doesn't provide relational storage. 実際には、キー/値ストアと呼ばれる NoSQL アプローチの一例です。In fact, it's an example of a NoSQL approach called a key/value store. Azure Tables では、アプリケーションが文字列、整数、日付などさまざまな型のプロパティを格納することができます。Azure Tables let an application store properties of various types, such as strings, integers, and dates. その後、アプリケーションはプロパティ グループの一意のキーを指定することで、そのグループを取得できます。An application can then retrieve a group of properties by providing a unique key for that group. 結合などの複雑な操作はサポートされていませんが、テーブルを使用することで型指定されたデータに高速でアクセスすることができます。While complex operations like joins aren't supported, tables offer fast access to typed data. さらに、1 つのテーブルに 1 TB (テラバイト) のデータを格納できるため、非常にスケーラブルです。They're also very scalable, with a single table able to hold as much as a terabyte of data. また、テーブルはその簡素性に合わせて、通常は SQL Database のリレーショナル ストレージを使用する場合よりも低価格です。And matching their simplicity, tables are usually less expensive to use than SQL Database's relational storage.

テーブルのシナリオScenarios for Tables

大量に発生する可能性がある型指定データに高速アクセスする必要があるが、このデータに対して複雑な SQL クエリを実行する必要はない Azure アプリケーションを作成するとします。Suppose you want to create an Azure application that needs fast access to typed data, maybe lots of it, but doesn't need to perform complex SQL queries on this data. たとえば、各ユーザーの顧客プロファイル情報を格納する必要があるコンシューマー アプリケーションを作成する場合を考えてみましょう。For example, imagine you're creating a consumer application that needs to store customer profile information for each user. このアプリケーションは広く利用されるため、大量のデータに対応する必要がありますが、データを格納して単純な方法で取得する以外は、特にデータを処理する必要がありません。Your app is going to be very popular, so you need to allow for lots of data, but you won't do much with this data beyond storing it, then retrieving it in simple ways. このようなシナリオには、Azure テーブルが最適です。This is exactly the kind of scenario where Azure Tables makes sense.

BLOBBlobs

Azure Storage Blobs Azure Storage Blobs
図: Azure BLOB は非構造化バイナリ データを提供する。Figure: Azure Blobs provides unstructured binary data.

Azure BLOB (ここでも「BLOB ストレージ」と「ストレージ BLOB」は同じもの) は、非構造化バイナリ データを格納するために設計されています。Azure Blobs (again "Blob Storage" and just "Storage Blobs" are the same thing) is designed to store unstructured binary data. Tables と同様に、BLOB は低価格のストレージを提供し、1 つの BLOB に 1 TB (1 テラバイト) のデータを格納できます。Like Tables, Blobs provides inexpensive storage, and a single blob can be as large as 1TB (one terabyte). Azure アプリケーションでは、Azure Drive も使用できるので、BLOB は Azure インスタンスにマウントされた Windows ファイル システムの永続的なストレージを提供できます。Azure applications can also use Azure drives, which let blobs provide persistent storage for a Windows file system mounted in an Azure instance. アプリケーションからは、通常の Windows ファイルのように見えますが、実際にはコンテンツは BLOB に格納されています。The application sees ordinary Windows files, but the contents are actually stored in a blob.

BLOB ストレージは、ユーザーのワークロードを確実に処理できるように、他の多数の Azure 機能 (Virtual Machines を含む) によって使用されます。Blob storage is used by many other Azure features (including Virtual Machines), so it can certainly handle your workloads too.

BLOB のシナリオScenarios for Blobs

ビデオ、大量のファイル、その他のバイナリ情報を格納するアプリケーションで、簡単な低価格のストレージを確保するために BLOB を使用することができます。An application that stores video, massive files, or other binary information can use blobs for simple, cheap storage. また、BLOB は一般に、Content Delivery Network (後述) などの他のサービスと組み合わせて使用されます。Blobs are also commonly used in conjunction with other services like Content Delivery Network, which we will talk about later.

Import / ExportImport / Export

Azure Import Export Service

図: Azure Import/Export では、データの一括インポートまたはエクスポートをより速く安価にするために、Azure との間に物理ハード ドライブを接続する機能を提供する。Figure: Azure Import / Export provides the ability to ship a physical hard drive to or from Azure for faster and cheaper bulk data import or export.

大量のデータを Azure に移行する必要がある場合があります。Sometimes you want to move a lot of data into Azure. おそらく数日にわたる長い時間がかかり、大量の帯域幅が使用されます。That would take a long time, perhaps days, and use a lot of bandwidth. このような場合に、Azure Import/Export を使用すると、Bitlocker で暗号化された 3.5" SATA ハード ドライブを直接 Azure データ センターに接続でき、データはマイクロソフトによって専用の BLOB ストレージに転送されます。In these cases, you can use Azure Import/Export, which allows you to ship Bitlocker-encrypted 3.5" SATA hard drives directly to Azure data centers, where Microsoft will transfer the data into blob storage for you. アップロードが完了すると、マイクロソフトはドライブをユーザーに返却します。After the upload is completed, Microsoft ships the drives back to you. また、ハード ドライブにエクスポートされた BLOB ストレージからの大量のデータを要求し、メールを介して受信することもできます。You can also request that large amounts of data from Blob Storage be exported onto hard drives and sent back to you via mail.

Import/Export のシナリオScenarios for Import / Export

  • 大量のデータの移行 – Azure にアップロードするデータが大量にある場合は (テラバイト規模)、インターネット経由で転送するより、Import/Export サービスを使用した方がはるかに迅速で、コストも抑えることができます。Large Data Migration - Anytime you have large amounts of data (Terabytes) that you want to upload to Azure, the Import/Export service is often much faster and perhaps cheaper than transferring it over the internet. データが BLOB に格納されたら、それを処理して、テーブル ストレージや SQL Database などの他の形式に変換できます。Once the data is in blobs, you can process it into other forms such as Table storage or an SQL Database.
  • アーカイブされたデータの回復 – Import/Export では、Azure Blob Storage に格納された大量のデータを、送付していただいたストレージ デバイスに転送し、そのデバイスを希望した場所にお返しすることができます。Archived Data Recovery - You can use Import/Export to have Microsoft transfer large amounts of data stored in Azure Blob Storage to a storage device that you send and then have that device delivered back to a location you desire. これには多少時間がかかるため、障害復旧には適したオプションではありません。Because this will take some time, it's not a good option for disaster recovery. すぐにアクセスする必要のないアーカイブされたデータに適しています。It's best for archived data that you don't need quick access to.

ファイル サービスFile Service

Azure File Service Azure File Service
図: Azure ファイル サービスは、SMB にクラウド内でアプリケーションを実行するための \\server\share パスを提供する。Figure: Azure File Services provides SMB \\server\share paths for applications running in the cloud.

オンプレミスでは、\\Server\share 形式を使用し、サーバー メッセージ ブロック (SMB) プロトコルを介してアクセス可能な大量のファイル ストレージがあるのが一般的です。On-premises, it’s common to have large amounts of file storage accessible through the Server Message Block (SMB) protocol using a \\Server\share format. 現在、Azure には、クラウド内でこのプロトコルを使用可能にするサービスが用意されています。Azure now has a service that allows you to use this protocol in the cloud. Azure 内で稼働するアプリケーションは、このプロトコルを使用して、ReadFile や WriteFile などの使い慣れたファイル システム API を使用している VM 間でファイルを共有できます。Applications running in Azure can use it to share files between VMs using familiar file system APIs like ReadFile and WriteFile. さらに、REST インターフェイスを介して同時にファイルにアクセスできるため、仮想ネットワークも設定されている場合は、オンプレミス サーバーから共有部分へアクセスできます。In addition, the files can also be accessed at the same time via a REST interface, which allows you to access the shares from on-premises when you also set up a virtual network. Azure ファイルは、BLOB サービスを基にして構築されているため、Azure Storage と同じ可用性、耐久性、スケーラビリティ、geo 冗長性を継承しています。Azure Files is built on top of the blob service, so it inherits the same availability, durability, scalability, and geo-redundancy built into Azure Storage.

Azure Files のシナリオScenarios for Azure Files

  • 既存アプリケーションのクラウドへの移行 - オンプレミスのアプリケーションをファイル共有を使用しているクラウドへ移行し、アプリケーションの部分間でデータを共有する方が簡単です。Migrating existing apps to the cloud - Its easier to migrate on-premises applications to the cloud that use file shares to share data between parts of the application. 各 VM はファイル共有に接続し、その後、オンプレミスのファイル共有の場合と同様にファイルを読み書きできます。Each VM connects to the file share and then it can read and write files just like it would against an on-premises file share.
  • 共有アプリケーション設定 - 分散アプリケーションに共通のパターンとして、多数の異なる仮想マシンからアクセス可能な集中管理された場所に構成ファイルが配置されます。Shared Application Settings - A common pattern for distributed applications is to have configuration files in a centralized location where they can be accessed from many different virtual machines. これらの構成ファイルを Azure ファイル共有に格納し、すべてのアプリケーション インスタンスを読み取り可能にすることができます。These configuration files can be stored in an Azure File share, and read by all application instances. また、REST インターフェイスを介して設定を管理できるため、世界中から構成ファイルにアクセスできます。The settings can also be managed via the REST interface, which allows worldwide access to the configuration files.
  • 診断の共有 - ログ、メトリック、クラッシュ ダンプなどの診断ファイルを保存し共有することができます。Diagnostic Share - You can save and share diagnostic files like logs, metrics, and crash dumps. SMB と REST インターフェイスの両方を介してこれらのファイルを使用可能にすることで、アプリケーションは各種分析ツールを使用して、診断データを処理および分析できます。Having these files available through both the SMB and REST interface allows applications to use a variety of analysis tools for processing and analyzing the diagnostic data.
  • 開発/テスト/デバッグ - 開発者または管理者がクラウド内の仮想マシンで作業している場合、通常は、一連のツールやユーティリティが必要です。Dev/Test/Debug - When developers or administrators are working on virtual machines in the cloud, they often need a set of tools or utilities. 各仮想マシンにこれらのユーティリティをインストールおよび配信するのは、時間がかかります。Installing and distributing these utilities on each virtual machine is time consuming. Azure ファイルを使用すれば、開発者または管理者は好みのツールをファイル共有に格納し、任意の仮想マシンからそれらに接続できます。With Azure Files, a developer or administrator can store their favorite tools on a file share and connect to them from any virtual machine.

ネットワークNetworking

Azure は、現在、世界中で広く展開され多数のデータセンターで稼働しています。Azure runs today in many datacenters spread across the world. アプリケーションを実行したり、データを格納したりするときは、これらの中から使用するデータセンターを 1 つ以上選択できます。When you run an application or store data, you can select one or more of these datacenters to use. さらに、以下のサービスを使用して、さまざまな方法でこれらのデータセンターに接続できます。You can also connect to these datacenters in various ways using the services below.

仮想ネットワークVirtual Network

VirtualNetwork

図: Virtual Networks は、さまざまなサービスが相互通信したり、クロスプレミス接続に VPN を設定している場合はオンプレミスのリソースへアクセスしたりできるように、クラウド内でプライベート ネットワークを提供する。Figure: Virtual Networks provides a private network in the cloud so different services can talk to each other, or to on-premises resources if you set up a VPN cross-premises connection.

パブリック クラウドの便利な使用方法として、自社のデータセンターの延長として扱う方法があります。One useful way to use a public cloud is to treat it as an extension of your own datacenter.

VM は必要に応じて作成し、不要になった時点で削除 (および料金のお支払いを停止) できるため、必要なときにのみコンピューティング能力を確保することができます。Because you can create VMs on demand, then remove them (and stop paying) when they're no longer needed, you can have computing power only when you want it. また、Azure Virtual Machines により、SharePoint、Active Directory、その他の使い慣れたオンプレミスのソフトウェアを実行する VM を作成できるため、既にあるアプリケーションでこのアプローチを利用することができます。And since Azure Virtual Machines lets you create VMs running SharePoint, Active Directory, and other familiar on-premises software, this approach can work with the applications you already have.

この有用性を高めるためには、これらのアプリケーションがまるで自社のデータセンターで実行されているかのようにユーザーがアプリケーションを扱うことができる必要があります。To make this really useful, though, your users ought to be able to treat these applications as if they were running in your own datacenter. これを Azure の Virtual Network で実現できます。This is exactly what Azure Virtual Network allows. 管理者は、VPN ゲートウェイ デバイスを使用して、自社のローカル ネットワークと Azure 内の仮想ネットワークにデプロイされた VM の間に仮想プライベート ネットワーク (VPN) を設定できます。Using a VPN gateway device, an administrator can set up a virtual private network (VPN) between your local network and your VMs that are deployed to a virtual network in Azure. クラウド VM には独自の IP v4 アドレスを割り当てるため、VM は自社のネットワーク上にあるように見えます。Because you assign your own IP v4 addresses to the cloud VMs, they appear to be on your own network. 組織内のユーザーは、ローカルで実行されているかのように、VM に含まれるアプリケーションにアクセスできます。Users in your organization can access the applications those VMs contain as if they were running locally.

専用の仮想ネットワークの計画および作成の詳細については、「 Virtual Network」を参照してください。For more information about planning and creating a virtual network that works for you, see Virtual Network.

ExpressRouteExpress Route

ExpressRoute

図: ExpressRoute は Azure Virtual Network を使用しますが、パブリック インターネットの代わりにより高速の専用回線を経由して接続をルーティングする。Figure: ExpressRoute uses an Azure Virtual Network, but routes connections through faster dedicated lines instead of the public Internet.

Azure Virtual Network 接続が提供可能なレベルより広い帯域幅や強力なセキュリティが必要な場合は、ExpressRoute を検討できます。If you need more bandwidth or security than an Azure Virtual Network connection can provide, you can look into ExpressRoute. 場合によっては、ExpressRoute の方が費用を節減できます。In some cases, ExpressRoute can also save you money. 引き続き Azure 内に仮想ネットワークは必要ですが、Azure とユーザー サイト間のリンクは、パブリック インターネットを経由しない専用接続を使用します。You’ll still need a virtual network in Azure, but the link between Azure and your site uses a dedicated connection that does not go over the public Internet. このサービスを使用するためには、ネットワーク サービス プロバイダーまたは接続プロバイダーと契約する必要があります。In order to use this service, you’ll need to have an agreement with either a network service provider, or an exchange provider.

ExpressRoute 接続を設定するには多くの時間と計画が必要なため、サイト間 VPN から着手して、ExpressRoute 接続へ移行することもできます。Setting it up an ExpressRoute connection requires more time and planning, so you might want to start with a site-to-site VPN, then migrate to an ExpressRoute connection.

ExpressRoute の詳細については、「 ExpressRoute の技術概要」を参照してください。For more information about ExpressRoute, see ExpressRoute Technical Overview.

Traffic ManagerTraffic Manager

TrafficManager

図: Azure Traffic Manager では、インテリジェントなルールに基づいて、グローバルなトラフィックを自身のサービスにルーティングできる。Figure: Azure Traffic Manager allows you to route global traffic to your service based on intelligent rules.

Azure アプリケーションが複数のデータセンターで実行されている場合は、Azure Traffic Manager を使用して、アプリケーションのインスタンスにユーザーからの要求をインテリジェントにルーティングできます。If your Azure application is running in multiple datacenters, you can use Azure Traffic Manager to route requests from users intelligently across instances of the application. また、サービスがインターネットからアクセス可能な限り、Azure 内で実行されていないサービスへトラフィックをルーティングすることもできます。You can also route traffic to services not running in Azure as long as they are accessible from the internet.

ユーザーが世界の一地域に限定されている Azure アプリケーションは、1 つの Azure データセンターのみで実行されることがあります。An Azure application with users in just a single part of the world might run in only one Azure datacenter. しかし、世界中にユーザーがいるアプリケーションは、複数のデータセンターか、場合によってはすべてのデータセンターで実行される可能性が高くなります。An application with users scattered around the world, however, is more likely to run in multiple datacenters, maybe even all of them. この 2 番目の状況では、どのようにしてユーザーをアプリケーション インスタンスにインテリジェントに転送するかという問題に直面します。In this second situation, you face a problem: How do you intelligently direct users to application instances? ほとんどの場合は、最適な応答時間を確保するために、ユーザーがそれぞれ最も近いデータセンターにアクセスすることが求められます。Most of the time, you probably want each user to access the datacenter closest to her, since it will likely give her the best response time. しかし、そのアプリケーションのインスタンスがオーバーロード状態になったり、使用できない場合には、But what if that instance of the application is overloaded or unavailable? 別のデータセンターにこのユーザーの要求を自動的に転送することが求められます。In this case, it would be nice to direct her request automatically to another datacenter. これを Azure Traffic Manager が実現します。This is exactly what's done by Azure Traffic Manager.

アプリケーションの所有者は、ユーザーからの要求をデータセンターに転送する方法を指定するルールを定義し、Traffic Manager を使用してこれらのルールを実施します。The owner of an application defines rules that specify how requests from users should be directed to datacenters, then relies on Traffic Manager to carry out these rules. たとえば、通常は最も近い Azure データセンターにユーザーを転送しますが、既定のデータセンターからの応答時間が他のデータセンターからの応答時間を超過した場合には、別のデータセンターに送信します。For example, users might normally be directed to the closest Azure datacenter, but get sent to another one when the response time from their default datacenter exceeds the response time from other datacenters. 多くのユーザーが世界各地に分散しているアプリケーションでは、組み込みのサービスでこのような問題に対処すると効果的です。For globally distributed applications with many users, having a built-in service to handle problems like these is useful.

Traffic Manager は Directory Name Service (DNS) を使用してユーザーをサービス エンドポイントにルーティングしますが、その接続が行われた後は、それ以外のトラフィックが Traffic Manager を経由することはありません。Traffic manager uses Directory Name Service (DNS) to route users to service endpoints, but further traffic does not go through Traffic Manager once that connection is made. これにより、Traffic Manager がサービスの通信の速度低下を招くボトルネックとなるのを防いでいます。This keeps Traffic Manager from being a bottleneck that might slow down your service communications.

開発者サービスDeveloper Services

Azure には、開発者と IT プロフェッショナルがクラウド内でアプリケーションを作成および維持するうえで役立つ多数のツールが用意されています。Azure offers a number of tools to help developers and IT Professional create and maintain applications in the cloud.

Azure SDKAzure SDK

2008 年、最初に発表されたプレリリース版の Azure では .NET 開発のみがサポートされていました。Back in 2008, the very first pre-release version of Azure supported only .NET development. しかし、現在ではかなり多くの言語で Azure アプリケーションを作成できます。Today, however, you can create Azure applications in pretty much any language. マイクロソフトでは現在、.NET、Java、PHP、Node.js、Ruby、Python 向けの言語固有の SDK を提供しています。Microsoft currently provides language-specific SDKs for .NET, Java, PHP, Node.js, Ruby, and Python. C++ など、任意の言語の基本的なサポートを提供する汎用 Azure SDK も用意されています。There's also a general Azure SDK that provides basic support for any language, such as C++.

これらの SDK では、Azure アプリケーションを構築、デプロイ、および管理できます。These SDKs help you build, deploy, and manage Azure applications. www.microsoftazure.com または GitHub から入手でき、Visual Studio や Eclipse と共に使用できます。They're available either from www.microsoftazure.com or GitHub, and they can be used with Visual Studio and Eclipse. Azure には、Linux システムおよび Macintosh システムから Azure にアプリケーションをデプロイするためのツールなど、開発者がエディターや開発環境で使用できるコマンド ライン ツールも用意されています。Azure also offers command line tools that developers can use with any editor or development environment, including tools for deploying applications to Azure from Linux and Macintosh systems.

これらの SDK は、Azure アプリケーションの構築に役立つだけではありません。Azure サービスを使用するソフトウェアの作成に役立つクライアント ライブラリも用意されています。Along with helping you build Azure applications, these SDKs also provide client libraries that help you create software that uses Azure services. たとえば、Azure BLOB の読み取りと書き込みを行うアプリケーションを構築したり、Azure 管理インターフェイスを通じて Azure アプリケーションをデプロイするツールを作成したりすることができます。For example, you might build an application that reads and writes Azure blobs, or create a tool that deploys Azure applications through the Azure management interface.

Visual Studio Team ServicesVisual Studio Team Services

Visual Studio Team Services は、Azure 内でアプリケーションを開発するために役立つ多数のサービスを総称したマーケティング名です。Visual Studio Team Services is a marketing name covering a number services which help to develop applications in the Azure.

混乱を避けるため、Visual Studio のホステッド版や Web ベース版は提供されていません。To avoid confusion - It does not provide a hosted or Web-based version of Visual Studio. 引き続き、Visual Studio のローカルで実行されるコピーが必要です。You still need your local running copy of Visual Studio. ただし、非常に役立つ多数の他のツールが用意されています。But it provides many other tools which can be very helpful.

それには、バージョン管理と作業項目トラッキングを提供する Team Foundation Service と呼ばれるホストされたソース管理システムが含まれます。It does include a hosted source control system called Team Foundation Service, which offers version control and work item tracking. 必要に応じて、バージョン管理に Git を使用することもできます。You can even use Git for version control if you prefer that. さらに、プロジェクトごとに使用するソース管理システムを変えることもできます。And you can vary the source control system you use by project. 数に制限なくプライベート チーム プロジェクトを作成し、世界中のどこからでもアクセスできます。You can create unlimited private team projects accessible from anywhere in the world.

Visual Studio Team Services はロード テスト サービスを提供しています。Visual Studio Team Services provides a load testing service. Visual Studio で作成したロード テストをクラウド内の VM 上で実行できます。You can execute load tests created in Visual Studio on VMs in the cloud. ロード テストを実施するユーザーの合計数を指定すると、Visual Studio Team Services が自動的に必要なエージェント数を決定し、必要な仮想マシンを起動して、ロード テストを実行します。You specify the total number of users you want to load test with, and Visual Studio Team Services will automatically determine how many agents are needed, spin up the required virtual machines and execute your load tests. MSDN のサブスクライバーである場合は、毎月、ロード テスト用に数千のユーザー分数を無料で取得できます。If you're an MSDN subscriber, you get thousands of free user-minutes of load testing each month.

また、Visual Studio Team Services では、継続的な統合ビルド、かんばんボード、仮想チーム ルームなどの機能により、アジャイル開発もサポートされています。Visual Studio Team Services also offers support for agile development with features like continuous integration builds, Kanban boards and virtual team rooms.

Visual Studio Team Services のシナリオVisual Studio Team Services Scenarios

Visual Studio Team Services は、世界規模でのコラボレーションを必要としながら、まだそれを実現するためのインフラストラクチャがないような会社に適したオプションです。Visual Studio Team Services is a good option for companies that need to collaborate worldwide and don't already have the infrastructure in place to do so. 数分で設定して、ソース管理システムを選択し、その日のうちにコードの記述と構築を開始できます。You can get setup in minutes, choose a source control system and start writing code and building that day. チーム ツールが調整およびコラボレーションの場を提供し、追加のツールがアプリケーションを迅速にテストおよび調整するために必要な分析を提供します。The team tools provide a place for coordination and collaboration and the additional tools provide the analysis needed to test and tune your application quickly.

既にオンプレミスのシステムを配備している組織は、Visual Studio Team Services で新しいプロジェクトをテストし、それがより効率的であるかどうかを判別できます。But organizations that already have an on-premises system can test new projects on Visual Studio Team Services to see if it's more efficient.

アプリケーション インサイトApplication Insights

アプリケーション インサイト

図: Application Insights による、実行中の Web アプリまたはデバイス アプリのパフォーマンスと使用状況の監視Figure: Application Insights monitors performance and usage of your live web or device app.

アプリを発行すると、アプリがモバイル デバイス、デスクトップ、Web ブラウザのいずれで実行されるとしても、Application Insights によりアプリの実行状況と利用ユーザーを知ることができます。When you have published your app - whether it runs on mobile devices, desktops, or web browsers - Application Insights tells you how it is performing and what users are doing with it. クラッシュと応答速度低下の発生回数が記録され、回数が許容できないしきい値を超えた場合には警告されるので、問題が起きた場合の原因究明に役立ちます。It will keep a count of crashes and slow response, alert you if the figures cross unacceptable thresholds, and help you diagnose any problems.

新機能を開発する場合は、ユーザーの満足度を測定することを計画してください。When you develop a new feature, plan to measure its success with users. 使用パターンを分析すると、顧客に最も適した機能がわかり、開発サイクルのたびにアプリを強化することができます。By analyzing usage patterns, you understand what works best for your customers and enhance your app in every development cycle.

Application Insights は Azure でホストされていますが、Azure の内外両方のさまざまなアプリに対応しており、その対応範囲は拡大を続けています。Although it's hosted in Azure, Application Insights works for a wide and growing range of apps, both on and off Azure. iOS、Android、OS X、Windows のアプリケーションだけでなく、J2EE と ASP.NET の両方の Web アプリにも対応しています。Both J2EE and ASP.NET web apps are covered, as well as iOS, Android, OSX and Windows applications. アプリでビルドされた SDK から製品利用統計情報が送信され、Azure の Application Insights サービスで分析されて表示されます。Telemetry is sent from an SDK built with the app, to be analyzed and displayed in the Application Insights service in Azure.

より専門的な分析が必要な場合には、製品利用統計情報ストリームをデータベース、Power BI などのツールにエクスポートしてください。If you want more specialized analytics, export the telemetry stream to a database, or to Power BI, or any other tools.

Application Insights のシナリオApplication Insights scenarios

あなたはアプリを開発しています。You are developing an app. Web アプリやデバイス アプリ、あるいは Web バック エンドを備えたデバイス アプリの場合もあります。It might be a web app or a device app, or a device app with a web back end.

  • 発行後またはロード テスト中にアプリのパフォーマンスを調整する。Tune the performance of your app after it is published, or while it is in load testing. Application Insights では、インストール済みのすべてのインスタンスから製品利用統計情報が収集され、応答時間、要求と例外の件数、依存関係の応答時間などのパフォーマンス指標に関するグラフが表示されます。Application Insights aggregates telemetry from all the installed instances, and presents you with charts of response times, request and exception counts, dependency response times, and other performance indicators. これらの指標は、アプリのパフォーマンス調整に役立ちます。These help you tune your app's performance. 必要に応じて、より具体的なデータを報告するコードを挿入できます。You can insert code to report more specific data if you need it.
  • 実行中のアプリにおける問題を検出して診断する。Detect and diagnose problems in your live app. 許容可能なしきい値をパフォーマンス指標が超えた場合、電子メールで警告を受け取ることができます。You can get alerts by email if performance indicators cross acceptable thresholds. たとえば、特定のユーザー セッションを調査することで、例外の原因となった要求を確認できます。You can investigate specific user sessions, for example to see the request that caused an exception.
  • 使用状況を追跡してそれぞれの新機能の満足度を評価する。Track usage to assess the success of each new feature. 新しいユーザー ストーリーを描く場合は、どれだけ使用されているかや、望んでいた目標をユーザーが達成しているかどうかを測定することを計画してください。When you design a new user story, plan to measure how much it is used, and whether users achieve their expected goals. Application Insights によって Web ページの閲覧数などの基本的な使用状況データが得られ、ユーザー エクスペリエンスをさらに詳しく追跡するコードを挿入できます。Application Insights gives you basic usage data such as web page views, and you can insert code to track the user experience in more detail.

AutomationAutomation

同じ手動プロセスを繰り返し実行して時間を無駄にするのが好きな人はいません。No one likes to waste time doing the same manual processes over and over. Azure Automation は、Azure 環境内でリソースを作成、監視、管理、およびデプロイする手法を提供します。Azure Automation provides a way for you to create, monitor, manage, and deploy resources in your Azure environment.

Automation では、内部で Windows PowerShell ワークフロー (正規の PowerShell ではなく) を使用する "Runbook" が採用されています。Automation uses "runbooks", which uses Windows PowerShell workflows (vs. just regular PowerShell) under the covers. Runbook は、ユーザーが介在することなく実行されるようになっています。Runbooks are meant to be executed without user interaction. PowerShell ワークフローによって、途中のチェックポイントでのスクリプトの状態を保存できます。PowerShell workflows allows the state of a script to be saved at checkpoints along the way. その後、障害が発生した場合は、スクリプトを最初から起動し直す必要はありません。Then if a failure occurs, you don't have to start a script from the beginning. 最後のチェックポイントから再起動できます。You can restart it at the last checkpoint. これによって、スクリプトで考えられるすべての問題を処理するために費やす時間を大幅に節減できます。This saves you a lot of work trying to make the script handle every possible failure.

Automation のシナリオAutomation Scenarios

Azure Automation は、手動で、時間がかかり、エラーを招きやすく、頻繁に繰り返されるようなタスクを Azure 内で自動化するために適した選択肢です。Azure Automation is a good choice to automate the manual, long-running, error-prone, and frequently repeated tasks in Azure.

API ManagementAPI Management

アプリケーション プログラマー インターフェイス (API) を作成し、インターネットで公開するのが、アプリケーションにサービスを提供する一般的な方法です。Creating and publishing Application Programmer Interfaces (APIs) on the internet is a common way to provide services to applications. それらのサービスが再販可能な場合 (たとえば、気象データ)、組織は、他のサード パーティに同じサービスへの有料でのアクセスを許可します。If those services are resellable (for example, weather data), an organization can allow other third parties to access those same services for a fee. パートナー数が増えるほど、通常はアクセスを最適化し管理する必要が生じます。As you scale to more partners, you'll usually need to optimize and control access. パートナーによっては、異なる形式でデータが必要な場合もあります。Some partners may even need the data in a different format.

Azure API Management は、組織がより簡単に、規模に応じて安全に API をパートナー、従業員、サード パーティ開発者に発行できるようにします。Azure API Management makes it easy for organizations to publish APIs to partners, employees and third-party developers securely and at scale. 異なる API エンドポイントを設け、キャッシュ、変換、スロットル、アクセス制御、分析集計などのサービスを提供しながら、実際のエンドポイントを呼び出すプロキシとして動作します。It provides a different API endpoint and acts as a proxy to call the actual endpoint while providing services like caching, transformation, throttling, access control, and analytics aggregation.

API Management のシナリオAPI Management Scenarios

たとえば、路上の各トラックにデバイスがある輸送会社のように、会社にデバイスのセットがあり、すべてのデバイスが中央のサービスにコールバックしてデータを取得する必要があるとします。Let's say your company has a set of devices that all need to call back to a central service to get data -- for example, a shipping company that has devices in every truck on the road. 特に、会社は、配送時間を確実に予測し更新できるように、自社のトラックを追跡するシステムを設定することを望んでいます。Certainly the company will want to set up a system to track it's own trucks so it can reliably predict and update delivery times. そのようなシステムがあれば、使用可能なトラック数を把握し、適切に計画できます。It can know how many trucks it has and plan appropriately. 各トラックには、中央サイトにコールバックし、位値データや速度データなどのさまざまなデータを送信するためのデバイスが必要です。Each truck will need a device that calls back to a central location with it's positioning and speed data, and perhaps more.

おそらく、輸送会社の顧客にも、この位置データの取得からメリットがもたらされます。A customer of the shipping company would probably also benefit from getting this positioning data. 顧客はそのデータを使用して、製品の運搬に必要な距離、停滞している場所、特定の経路に沿って支払う金額を把握できます (輸送に支払いが伴う場合)。The customer could use it to know how far products have to travel, where they get stuck, how much they paying along certain routes (if combined with what they paid to ship). 輸送会社がこのデータをあらかじめ集計してあれば、多くの顧客がそれにお金を払うかもしれません。If the shipping company aggregates this data already, many customers might pay for it. しかし、輸送会社は、顧客にデータを提供する手段を用意する必要があります。But then the shipping company needs to provide a way to give customers the data. 顧客にアクセス権を提供すると、データの問い合わせ頻度を制御できなくなる場合があります。Once they provide access to customers, they may not have control over how often the data is queried. だれがどのデータにアクセス可能であるかルールを指定する必要があります。They will have to provide rules about who can access what data. これらのルールをすべて、外部 API に組み込む必要があります。All of these rules would have to be built into their external API. ここで、API Management が役立ちます。This is where API Management can help.

ID とアクセスIdentity and Access

ほとんどのアプリケーションには、ID の処理が含まれます。Working with identity is part of most applications. アプリケーションはユーザーがだれかを認識することで、そのユーザーとの対話方法を決定します。Knowing who a user is lets an application decide how it should interact with that user. Azure は、ID の追跡に加え、既存の ID ストアへの ID の統合にも役立つサービスを提供しています。Azure provides services to help track identity as well as integrate it with identity stores you may already be using.

Active DirectoryActive Directory

ほとんどのディレクトリ サービスと同様、Azure Active Directory は、ユーザーとユーザーが所属する組織に関する情報を格納しています。Like most directory services, Azure Active Directory stores information about users and the organizations they belong to. これにより、ユーザーはログインでき、ID を証明するためにアプリケーションに提示するトークンが提供されます。It lets users log in, then supplies them with tokens they can present to applications to prove their identity. さらに、ローカル ネットワークでオンプレミスとして実行される Windows Server Active Directory とのユーザー情報の同期も可能です。It also allows synchronizing user information with Windows Server Active Directory running on premises in your local network. Azure Active Directory により使用されるメカニズムとデータ形式は、Windows Server Active Directory とは異なりますが、実行する機能はきわめて似ています。While the mechanisms and data formats used by Azure Active Directory aren't identical with those used in Windows Server Active Directory, the functions it performs are quite similar.

ここで重要な点は、Azure Active Directory は主にクラウド アプリケーションで使用するために設計されているということです。It's important to understand that Azure Active Directory is designed primarily for use by cloud applications. Azure Active Directory は、Azure やその他のクラウド プラットフォームで実行するアプリケーションのほか、It can be used by applications running on Azure, for example, or on other cloud platforms. Office 365 など、マイクロソフトのクラウド アプリケーションでも使用されます。It's also used by Microsoft's own cloud applications, such as those in Office 365. しかし、Azure Virtual Machines や Azure Virtual Network を使用してデータセンターをクラウドに拡張する場合には、Azure Active Directory は適していません。If you want to extend your datacenter into the cloud using Azure Virtual Machines and Azure Virtual Network, however, Azure Active Directory isn't the right choice. 代わりに、Virtual Machines 内で Windows Server Active Directory を実行する方が適しています。Instead, you'll want to run Windows Server Active Directory in Virtual Machines.

アプリケーションが中に含まれる情報にアクセスできるようにするため、Azure Active Directory には、Azure Active Directory Graph と呼ばれる REST ベースの API が用意されています。To let applications access the information it contains, Azure Active Directory provides a RESTful API called Azure Active Directory Graph. この API を使用すると、任意のプラットフォームで実行されるアプリケーションからディレクトリ オブジェクトとこれらオブジェクトのリレーションシップにアクセスすることができます。This API lets applications running on any platform access directory objects and the relationships among them. たとえば、承認されたアプリケーションは、ユーザー、ユーザーが属するグループ、およびその他の情報を得るために、この API を使用することが考えられます。For example, an authorized application might use this API to learn about a user, the groups he belongs to, and other information. アプリケーションは、ユーザー間のリレーションシップ (ソーシャル グラフ) を確認し、ユーザー間の接続をよりインテリジェントに処理することができます。Applications can also see relationships between users-their social graph-letting them work more intelligently with the connections among people.

このサービスのもう 1 つの機能である Azure Active Directory Access Control は、アプリケーションが Facebook、Google、Windows Live ID やその他の一般的な ID プロバイダーから ID 情報を簡単に取得できるようにします。Another capability of this service, Azure Active Directory Access Control, makes it easier for an application to accept identity information from Facebook, Google, Windows Live ID, and other popular identity providers. アプリケーションがこれらの各プロバイダーで使用されるさまざまなデータ形式とプロトコルを認識するのではなく、Access Control がこれらのすべてを 1 つの共通形式に変換します。Rather than requiring the application to understand the diverse data formats and protocols used by each of these providers, Access Control translates all of them into a single common format. さらに、アプリケーションは 1 つ以上の Active Directory ドメインからのログインを受け入れることができるようになります。It also lets an application accept logins from one or more Active Directory domains. たとえば、SaaS アプリケーションを提供するベンダーは、Azure Active Directory Access Control を使用して、各顧客のユーザーにアプリケーションへのシングル サインオンを提供できます。For example, a vendor providing a SaaS application might use Azure Active Directory Access Control to give users in each of its customers single sign-on to the application.

ディレクトリ サービスは、オンプレミス コンピューティングの中核的な土台を構成し、Directory services are a core underpinning of on-premises computing. 当然のことながら、クラウドでも重要な役割を担います。It shouldn't be surprising that they're also important in the cloud.

Multi-Factor AuthenticationMulti-Factor Authentication

Azure Multi-Factor Authentication

図: Multi-Factor Authentication は、アプリケーションで複数の形式の ID を検証する機能を提供する。Figure: Multi-Factor Authentication provides the functionality for your application to verify more than one form of identification

セキュリティは常に重要です。Security is always important. Multi-Factor Authentication (MFA) は、ユーザー自身のみが自分のアカウントにアクセスするように保証するために役立ちます。Multi-factor authentication (MFA) helps insure that only users themselves access their accounts. MFA (2 要素認証、"2FA" としても知られる) では、ユーザーのサインインとトランザクションのために、ユーザーが次の 3 つの ID 検証方法のうち 2 つを提供する必要があります。MFA (also known as two-factor authentication or "2FA") requires users provide two of these three methods of identity verification for user sign-ins and transactions.

  • ユーザーが知っているもの (通常はパスワード)Something you know (typically a password)
  • ユーザーが持っているもの (携帯電話など、簡単には複製できない信頼できるデバイス)Something you have (a trusted device that is not easily duplicated, like a phone)
  • ユーザー自身 (生体認証)Something you are (biometrics)

そのため、ユーザーのサインイン時に、モバイル アプリ、電話のコール、またはテキスト メッセージとパスワードを組み合わせて ID を検証するように要求することができます。So when a user signs in, you can require them to also verify their identity with a mobile app, a phone call or a text message in combination with their password. 既定では、Azure Active Directory は、ユーザーのサインインの唯一の認証方式としてパスワードの使用をサポートしています。MFA と Azure AD を併用することもできれば、MFA SDK を使用することで MFA とカスタム アプリケーションおよびディレクトリを併用することもできます。By default, Azure Active Directory supports the use of passwords as its only authentication method for user sign-ins. You can use MFA together with Azure AD or with custom applications and directories by using the MFA SDK. また、Multi-Factor Authentication Server を使用することで、オンプレミスのアプリケーションと併用することもできます。You can also use it together with on-premises applications by using Multi-Factor Authentication Server.

MFA のシナリオMFA Scenarios

銀行へのログインやソース コードへのアクセスなど、機密アカウントでのログインの保護。不正なアクセスにより、財政や知的財産関連のコストが増加しかねない場合に有益です。Login protection on sensitive accounts such as bank logins and source code access where unauthorized entry could have a high financial or intellectual property cost.

モバイルMobile

モバイル デバイスのアプリケーションを作成している場合は、大量のカスタム コードを記述する必要なしに、クラウドへのデータの格納、ユーザーの認証、プッシュ通知の送信を行うために Azure が役立つことがあります。If you are creating an app for a mobile device, Azure can help store data in the cloud, authenticate users, and send push notifications without you having to write a great deal of custom code.

Virtual Machines、Cloud Services、または Web Apps を使用して確実にモバイル アプリケーションのバックエンドをビルドすることもできますが、Azure のサービスを使用すると、このような基盤となるサービス コンポーネントの記述に要する時間を大幅に削減できます。While you can certainly build the backend for a mobile app using Virtual Machines, Cloud Services or Web Apps, you can spend much less time writing the underlying service components by using Azure's services.

Mobile AppsMobile Apps

Mobile Apps

図: Mobile Apps は、モバイル デバイスと連動するアプリケーションによって一般に必要とされる機能を提供する。Figure: Mobile Apps provides functionality commonly required by applications which interface with mobile devices.

Azure Mobile Apps は、モバイル アプリケーションのバックエンドの構築時に時間を節減できる多数の役立つ機能を提供します。Azure Mobile Apps provides many useful functions that can save you time when building a backend for a Mobile application. ユーザーは、SQL Database に格納されるデータをプロビジョニングして管理するだけです。It allows you to do simple provisioning and management of data stored in a SQL Database. サーバー側のコードでは、BLOB ストレージや MongoDB などの追加のデータ ストレージ オプションを簡単に使用できます。With server-side code you can easily use additional data storage options like blob storage or MongoDB. Mobile Apps は通知をサポートしていますが、特定の場合には、次に説明するように、代わりに Notification Hubs を使用できます。Mobile Apps provides support for notifications, though in certain cases you can instead use Notification Hubs as described next. また、サービスは、モバイル アプリケーションが処理を完了するために呼び出すことができる REST API も備えています。The service also has a REST API that your mobile application can call to get work done. さらに、Mobile Apps は、Microsoft と Active Directory、および Facebook、Twitter、Google などの他の有名な ID プロバイダーを介して、ユーザーを認証する機能も提供しています。Mobile Apps also provides the ability to authenticate users through Microsoft and Active Directory as well as other well-known identity providers like Facebook, Twitter, and Google.

Service Bus や worker ロールなどのその他の Azure サービスを使用して、オンプレミスのシステムに接続することもできます。You can use other Azure Services like Service Bus and worker roles, and connect to on-premises systems. Azure ストアからサード パーティのアドオン (電子メール用の SendGrid など) を購入して、追加機能を提供することもできます。You can even consume 3rd party Add-Ons from the Azure Store (like SendGrid for email) to provide additional functionality.

Android、iOS、HTML/JavaScript、Windows Phone、および Windows ストアのネイティブ クライアント ライブラリは、主要なモバイル プラットフォームすべてで使用できるアプリケーションの開発を容易なものにします。Native client libraries for Android, iOS, HTML/JavaScript, Windows Phone, and Windows Store make it easier to develop for apps on all major mobile platforms. REST API では、異なるプラットフォーム上のアプリケーションと共に、Mobile Services データと認証機能を使用できます。A REST API enables you to use Mobile Services data and authentication functionality with apps on different platforms. 1 つのモバイル サービスは、複数のクライアント アプリケーションをサポートできるため、デバイス全体に一貫したユーザー エクスペリエンスを提供できます。A single mobile service can back multiple client apps so you can provide a consistent user experience across devices.

Azure は既にたいへんな規模をサポートしているため、アプリケーションの人気が高まり利用者が増えてもトラフィックを処理できます。Because Azure supports massive scale already, you can handle the traffic as your app becomes more popular. 問題のトラブルシューティングとパフォーマンス管理を促進するために監視とログがサポートされています。Monitoring and logging are supported to help troubleshoot issues and manage performance.

Notification HubsNotification Hubs

NotificationHubs

図: Notification Hubs は、モバイル デバイスと連動するアプリケーションによって一般に必要とされる機能を提供する。Figure: Notification Hubs provides functionality commonly required by applications which interface with mobile devices.

Azure Mobile Apps では通知を実行するコードを記述できますが、Notification Hubs はかなりパーソナライズされた数百万のプッシュ通知を数分でブロードキャストするのに最適です。While you can write code to do notifications in Azure Mobile Apps, Notification Hubs is optimized to broadcast millions of highly personalized push notifications within minutes. 携帯電話会社やデバイスの製造元などの詳細を気にする必要はありません。You don't have to worry about details like mobile carrier or device manufacturer. 単一の API コールで個々のユーザーまたは数百万のユーザーを対象にすることができます。You can target individual or millions of users with a single API call.

Notification Hubs は、いずれのバックエンドでも動作するように設計されています。Notification Hubs is designed to work with any backend. Azure Mobile Apps、プロバイダー上で稼働するクラウド内のカスタム バックエンド、またはオンプレミスのバックエンドを使用できます。You can use Azure Mobile Apps, a custom backend in the cloud running on any provider or an on-premises backend.

Notification Hubs のシナリオ プレイヤーが交代するモバイル ゲームを記述しているとしたら、プレイヤー 1 が自身の順番を終了したことをプレイヤー 2 に通知することが必要になる場合があります。Notification Hub Scenarios If you were writing a mobile game where players took turns, you may need to notify player 2 that player 1 finished her turn. それだけが必要な場合は、Mobile Apps を使用できます。If that's all you need to do, you could just use Mobile Apps. ゲームをプレイするのが 100,000 ユーザーで、時間的制約のある無料プランをすべてのユーザーに送信する場合は、Notification Hubs がより良い選択肢となります。But if you had 100,000 users play your game and you want to send a time sensitive free offer to everyone, Notification Hubs is the better choice.

ニュース速報、スポーツ イベント、製品発表の通知をわずかな遅延で数百万のユーザーに送信できます。You can send breaking news, sporting events, and product announcement notifications to millions of users with low latency. 企業は、セールス リードなどの一刻を争う新たなコミュニケーションについて従業員に通知でき、従業員は電子メールやその他のアプリケーションを何度も確認する必要なく、常に情報を入手できます。Enterprises can notify their employees about new time sensitive communications, such as sales leads, so employees don’t have to constantly check email or other applications to stay informed. また、Multi-Factor Authentication に必要なワンタイム パスワードを送信することもできます。You can also send one-time-passwords required for multi-factor authentication.

バックアップBack-up

どの企業もデータをバックアップし復元する必要があります。Every enterprise needs to backup and restore data. クラウド内かオンプレミスかに関係なく、Azure を使用してアプリケーションをバックアップおよび復元することができます。You can use Azure to backup and restore your application whether in the cloud or on-premises. Azure には、バックアップの種類に応じて役立つさまざまなオプションが用意されています。Azure offers different options to help depending on the type of backup.

Site RecoverySite Recovery

Azure Site Recovery (以前の Hyper-V Recovery Manager) は、サイト間でのレプリケーションと回復を調整することで、重要なアプリケーションの保護を支援します。Azure Site Recovery (formerly Hyper-V Recovery Manager) can help you protect important applications by coordinating the replication and recovery across sites. Site Recovery は、Hyper-v、VMWare、または SAN に基づいてアプリケーションを保護する機能を、セカンダリ サイト、ホスト側のサイト、または Azure に提供することで、独自のセカンダリの場所を構築したり管理したりするための費用と複雑さを回避できるようにします。Site Recovery provides capability to protect applications based on Hyper-v, VMWare or SAN to your own secondary site, to a hoster’s site, or to Azure and avoid the expense and complexity of building and managing your own secondary location. Azure はデータと通信を暗号化するため、保存データの暗号化を有効にするオプションもあります。Azure encrypts data and communications and you have the option enable encryption for data at-rest too.

サービスの正常性を継続的に監視し、プライマリ データセンターでのサイトが機能停止したときに秩序立てて自動的にサービスを回復できるよう支援します。It monitors the health of your services continuously and helps automate the orderly recovery of services in the event of a site outage at the primary datacenter. また、調整された形式で Virtual Machines を導入することで、複雑な多層のワークロードの場合でも、サービスの迅速な復元を可能にします。Virtual machines can be brought up in an orchestrated fashion to help restore service quickly, even for complex multi-tier workloads.

Site Recovery は、Hyper-V Replica、System Center、SQL Server AlwaysOn などの既存のテクノロジと連携動作します。Site Recovery works with existing technologies such as Hyper-V Replica, System Center, and SQL Server Always On. 詳細については、「 Azure Site Recovery の概要 」を参照してください。Check out Azure Site Recovery overview for more details.

Azure BackupAzure Backup

Azure Backup

図: Azure Backup は、オンプレミスの Windows Server からクラウドにデータをバックアップする。Figure: Azure Backup backs up data from on-premises Windows Servers into the cloud.

Azure Backup は、Windows Server が実行されているオンプレミスのサーバーからクラウドにデータをバックアップします。Azure Backup backs up data from on-premises servers running Windows Server into the cloud. Windows Server 2012、Windows Server 2012 Essentials、または System Center 2012 - Data Protection Manager 内のバックアップ ツールから直接バックアップを管理できます。You can manage your backups directly from the backup tools in Windows Server 2012, Windows Server 2012 Essentials, or System Center 2012 - Data Protection Manager. 代替として、特化したバックアップ エージェントを使用することもできます。Alternatively, you can use a specialized backup agent.

バックアップは伝送される前に暗号化され、暗号化されたデータが Azure に格納され、アップロードした証明書によって保護されるため、データはより安全です。Data is safer because backups are encrypted before transmission and stored encrypted in Azure and protected by a certificate that you upload. サービスは、Azure Storage と同じ冗長で可用性の高いデータ保護を使用します。The service uses the same redundant and highly available data protection found in Azure Storage. ファイルとフォルダーは、フルアックアップまたは増分バックアップを実行して、スケジュールにより定期的にバックアップすることも、即座にバックアップすることもできます。You can back up files and folders on a regular schedule or immediately, running either full or incremental backups. データがクラウドにバックアップされたのち、許可されているユーザーは簡単にバックアップをサーバーに回復できます。After data is backed up to the cloud, authorized users can easily recover backups to any server. また、データの格納と転送にかかるコストを管理するために、設定可能なデータの保有ポリシー、データ圧縮、およびデータ転送調整も提供しています。It also offers configurable data retention policies, data compression, and data transfer throttling so you can manage the cost to store and transfer data.

Azure Backup のシナリオScenarios for Azure Backup

既に Windows Server または System Center を使用している場合、Azure Backup は、サーバー ファイル システム、仮想マシン、SQL Server データベースをバックアップするための最適なソリューションです。If you already using Windows Server or System Center, Azure backup is a natural solution for backing up your servers file system, virtual machines, and SQL Server databases. 暗号化ファイル、スパース ファイル、および圧縮ファイルを処理します。It works with encrypted, sparse and compressed files. いくつかの制限があるため、最初に Azure Backup の前提条件を確認 してください。There are some limitations, so you should check the Azure Backup pre-requisites first.

メッセージングと統合Messaging and Integration

どのような処理を行う場合でも、コードは頻繁に他のコードと対話する必要があります。No matter what it's doing, code frequently needs to interact with other code. 状況によって、基本的なキュー メッセージングのみが必要な場合と、In some situations, all that's needed is basic queued messaging. より複雑な対話が必要になる場合があります。In other cases, more complex interactions are required. Azure には、これらの問題を解決するいくつかの手段が用意されています。Azure provides a few different ways to solve these problems. 図 5 に、これらのオプションを示します。Figure 5 illustrates the choices.

キューQueues

Azure Service Bus Relay

図: キューは、アプリケーションの各パーツの疎結合を実現し、スケーリングを容易にする。Figure: Queues allow loose coupling between parts of an application and facilitate scaling.

キューは単純な概念で、あるアプリケーションがキューにメッセージを配置すると、そのメッセージがいずれ別のアプリケーションによって読み取られるというものです。Queuing is a simple idea: One application places a message in a queue, and that message is eventually read by another application. アプリケーションにこのように単純なサービスが必要な場合は、Azure キューが最も適しているでしょう。If your application needs just this straightforward service, Azure Queues might be the best choice.

Azure は時間の経過と共に拡大するため、Azure Storage キューおよび Service Bus キューは類似のキュー サービスを提供しています。Because of the way the Azure grew over time, Azure Storage Queues and Service Bus Queues provide similar queuing services. 一方を他方より優先して使用する理由は、かなり技術的な資料である「 Azure キューと Service Bus キューの比較」で説明されています。The reasons why you would want to use one over the other are covered in the fairly technical paper Azure Queues and Service Bus Queues - Compared and Contrasted. 多くのシナリオでは、どちらも機能します。In many scenarios, either will work.

キューのシナリオQueue Scenarios

今日のキューの一般的な使用方法として、同じ Cloud Services アプリケーション内での web ロール インスタンスと worker ロール インスタンスとの相互通信があります。One common use of queues today is to let a web role instance communicate with a worker role instance within the same Cloud Services application.

たとえば、ビデオを共有するために Azure アプリケーションを作成するとします。For example, suppose you create an Azure application for video sharing. アプリケーションは、ユーザーがビデオのアップロードと視聴を行うために Web ロール内で実行される PHP コードと、アップロードされたビデオをさまざまな形式に変換する、C# で実装される Worker ロールで構成されています。The application consists of PHP code running in a web role that lets users upload and watch videos, together with a worker role implemented in C# that translates uploaded video into various formats.

Web ロール インスタンスがユーザーから新しいビデオを取得すると、ビデオを BLOB に格納し、キューを介して Worker ロールにメッセージを送信してこの新しいビデオの格納場所を通知します。When a web role instance gets a new video from a user, it can store the video in a blob, then send a message to a worker role via a queue telling it where to find this new video. Worker ロール インスタンス (どのインスタンスでもかまいません) は、その後、キューからメッセージを読み取り、バックグラウンドで必要なビデオ変換を実行します。A worker role instance-it doesn't matter which one-will then read the message from the queue and carry out the required video translations in the background.

アプリケーションをこのように構成することで、非同期処理が可能になるだけでなく、Web ロールと Worker ロール インスタンス数を別々に変更できるため、アプリケーションの規模を簡単に変更できるようになります。Structuring an application in this way allows asynchronous processing, and it also makes the application easier to scale, since the number of web role instances and worker role instances can be varied independently. また、キュー サイズをトリガーとして使用して、worker ロールの数を増減することもできます。You can also use the queue size as a trigger to scale the number of worker roles up and down. キュー サイズが大きすぎる場合は、より多くのロールを追加します。Too high, and you add more roles. サイズが小さくなった場合は、実行中のロールの数を減らし、費用を節減できます。When it gets lower, you can reduce the number of running roles to save money.

Web ロールと worker ロールが使用されていなくても、アプリケーションの多くのパーツで同じパターンを使用できます。You can use this same pattern between many different parts of your application even if they don't use web and worker roles. 需要や処理時間のニーズに応じて、キューのどちらかの側でパーツのスケールを調整できます。It allows you to scale the parts on either side of the queue up and down as demand and processing time requires.

Service BusService Bus

クラウド、データセンター、モバイル デバイスなど、アプリケーションをどこで実行する場合でも、対話が必要です。Whether they run in the cloud, in your data center, on a mobile device, or somewhere else, applications need to interact. Azure Service Bus の目的は、データを交換するほとんどすべての場所でアプリケーションを実行できるようにすることです。The goal of Azure Service Bus is to let applications running pretty much anywhere exchange data.

前のキュー (1 対 1) に加え、Service Bus はその他の通信方法も提供しています。In addition to the queues (one-to-one) described earlier, Service Bus also provides to other communication methods.

Service Bus RelayService Bus Relay

Azure Service Bus Relay

図: Service Bus Relay を使用すると、ファイアウォールの異なる側にあるアプリケーション間で通信できる。Figure: Service Bus Relay allows communication between applications on different sides of a firewall.

Service Bus はリレー サービスを介した直接的な通信を実現するため、ファイアウォールを介して安全に対話する手段を確保できます。Service Bus allows direct communication through its relay service, providing a secure way to interact through firewalls. Service Bus リレーは、ローカルではなくクラウドでホストされるエンドポイントを介してメッセージを交換することによって、アプリケーションの通信ができます。Service Bus relays enable applications to communicate by exchanging messages through an endpoint hosted in the cloud, rather than locally.

Service Bus Relay のシナリオService Bus Relay Scenarios

Service Bus を介して通信するアプリケーションは、他のクラウド プラットフォーム上で実行される Azure アプリケーションやソフトウェアである場合も、Applications that communicate through Service Bus might be Azure applications or software running on some other cloud platform. クラウドの外部で実行されるアプリケーションである場合もあります。They can also be applications running outside the cloud, however. たとえば、自社のデータセンター内のコンピューターで予約サービスを実施する航空会社があるとします。For example, think of an airline that implements reservation services in computers inside its own datacenter. この航空会社は、空港のチェックイン キオスク、予約代理店の端末、さらに顧客の携帯電話など、多くのクライアントにこのサービスを公開する必要があります。The airline needs to expose these services to many clients, including check-in kiosks in airports, reservation agent terminals, and maybe even customers' phones. このために Service Bus を使用して、さまざまなアプリケーション間で疎結合方式の対話を作成します。It might use Service Bus to do this, creating loosely coupled interactions among the various applications.

Service Bus トピックとサブスクリプションService Bus Topics and Subscriptions

Azure Service Bus トピック Azure Service Bus Topics
図: Service Bus トピックを使用すると、複数のアプリケーションがメッセージを投稿でき、他のアプリケーションはサブスクライブして特定の条件を満たすメッセージを受信できる。Figure: Service Bus Topics allows multiple apps to post messages and other applications to subscribe to receive messages that meet a specific criteria.

Service Bus は、トピックおよびサブスクリプションと呼ばれる発行/サブスクライブ メカニズムを提供しています。Service Bus provides a Publish-and-subscribe mechanism called Topics and Subscriptions. 発行/サブスクライブでは、アプリケーションはトピックにメッセージを送信でき、他のアプリケーションはこのトピックへのサブスクリプションを作成できます。With publish-subscribe, an application can send messages to a topic, while other applications can create subscriptions to this topic. これにより、アプリケーション セット内で 1 対多コミュニケーションが可能になり、複数の受信者が同じメッセージを読むことができます。This allows one-to-many communication among a set of applications, letting the same message be read by multiple recipients.

Service Bus トピックとサブスクリプションのシナリオService Bus Topics and Subscriptions Scenarios

すべてが重要な多数のメッセージが存在する場所を設定しているが、各ダウンストリーム システムはそれらの通信のうちそれぞれ異なるサブセットしかリッスンする必要がないような場合は、Service Bus トピックとサブスクリプションが適したオプションです。Anytime you are setting up where there are many messages that are all important, but various downstream systems only need to listen to differing subsets of those communications, Service Bus Topic and Subscriptions are a good option.

BizTalk ServicesBizTalk Services

BizTalk Services BizTalk Services
図: BizTalk Services は、クラウド内で XML メッセージ形式を変換する機能を提供する。Figure: BizTalk Services provides the ability to transform XML messages formats in the cloud.

場合によっては、異なるメッセージング形式を使用して通信するシステムを接続する必要があります。Sometimes you need connect systems which communicate using different messaging formats. 共通の基準が使用可能な場合でも、一般に、企業によってデータベース スキーマや XML メッセージング形式は異なっています。It’s common for business to have different database schemas and XML messaging formats, even when a common standard is available. 多数のカスタム コードを記述するのではなく、オンプレミスの BizTalk Server を使用してさまざまなシステムを統合できます。Rather than write a lot of custom code, you can use BizTalk Server on-premises to integrate various systems. Azure BizTalk Services は、同じタイプのサービスをクラウド内で提供します。Azure BizTalk Services provides the same type of service, but in the cloud. 使用量に応じて支払うことができ、オンプレミスのように規模について心配する必要はありません。You can pay for only what you use and not worry about scale like you would have to on-premises.

BizTalk Services のシナリオBizTalk Services Scenarios

Business-to-Business (B2B) のやり取りには、一般にこの種類の変換が必要です。Business-to-Business (B2B) interactions commonly require this type of translation. たとえば、航空機を製造している会社は、さまざまな部品サプライヤーに部品を注文する必要があります。For example, a company building airplanes needs to order parts from it's various parts suppliers. 多数の部品サプライヤーが存在します。It will have many parts suppliers. それらの注文は、航空機製造システムからサプライヤーのシステムに直接送信されるように自動化する必要があります。Those orders should be automated to go directly from the airplane builders systems into the suppliers systems. どちらの会社も自社のコア システムとメッセージ形式を変更することは望んでおらず、それらの形式が同一である場合はほとんどありません。Neither business wants to change their core systems and message formats, and it's very unlikely that those formats are the same. BizTalk Services は、双方向で、メッセージを取得し、相手に応じた新しい形式に変換します。BizTalk Services can take messages and translate between the new formats both ways. どちらがより厳密な制御を望むか、さらに必要な変換の量に応じて、航空機の製造会社が変換作業を実行できる場合もあれば、さまざまなサプライヤーが実行できる場合もあります。Either the airplane supplier can do the work to translate or the various suppliers can, depending on who wants more control and the amount of translation needed.

計算支援Compute Assistance

Azure は、常時実行する必要のないサービスに対する支援を提供しています。Azure provides assistance for services that do not need to run all the time.

SchedulerScheduler

Azure Scheduler Azure Scheduler
図: Azure Scheduler を利用すれば、特定の期間の特定の時間にジョブをスケジュールできる。Figure: Azure Scheduler provides a way to schedule jobs at a specific time for a specific duration.

一定の時間に実行する必要しかないアプリケーションもあります。Sometimes applications only need to run at a certain time. Azure では、データを処理するためにアプリケーションを常時実行しておく代わりに、このタイプのアプリケーションに要する費用を節減できます。On Azure, you can save money with this type of app instead of letting an application just keep running 24x7 waiting for data to process. Azure Scheduler では、時間間隔またはカレンダーに基づいてアプリケーションをいつ実行するかをスケジュールできます。Azure Scheduler allows you to schedule when an application should run based on interval of time or a calendar. 信頼性が高く、ネットワーク、マシン、およびデータセンターで障害が発生した場合でも、プロセスは確実に実行されます。It’s reliable and will verify that a process runs even if there are network, machine, and data center failures. これらのアクションは、Scheduler REST API を使用して管理できます。You use the Scheduler REST API to manage these actions.

スケジュールされたアラームが発行されると、Scheduler は HTTP または HTTPS メッセージを特定のエンドポイントに送信するか、またはメッセージをストレージ キューに入れることができます。When a scheduled alarm occurs, Scheduler sends HTTP or HTTPS messages to a specific endpoint or can put a message in a Storage Queue. アプリケーションがアクセス可能なエンドポイントを保持するか、またはストレージ キューを監視するように設定する必要があります。So you need to have your application either have an accessible endpoint or have it monitor a storage queue. その後、メッセージを取得すると、プログラムされているアクションを実行できます。Then once it gets the message, it can perform whatever action it's programmed to.

Scheduler のシナリオScheduler Scenarios

  • 定期的なアプリケーション アクション: たとえば、サービスは定期的に Twitter からデータを取得し、それらのデータを定期的なフィードへとまとめます。Recurring application actions: As an example, a service may periodically get data from twitter and gather the data into a regular feed.
  • 日々のメンテナンス: ログの処理または排除、バックアップの実行、およびその他の間欠的にスケジュールされたタスク。Daily maintenance: Log processing or pruning, performing backups and other intermittently schedule tasks.
  • 夜間に実行されるタスク。Tasks that run at night.
  • 日々のログの排除、バックアップの実行、その他のメンテナンス タスクなどの Web アプリケーション タスク。Web applications tasks like daily pruning of logs, performing backups, and other maintenance tasks. たとえば、管理者は、今後 9 か月間、毎日午前 1 時にデータベースをバックアップするように選択できます。An administrator may choose to backup her database at 1AM every day for the next 9 months, for example.

Scheduler API を使用すると、ジョブ コレクションとスケジュールされたジョブをプログラムによって作成、更新、削除、表示、管理できます。The Scheduler API allows you to create, update, delete, view, and manage job collections and scheduled jobs programmatically.

パフォーマンスPerformance

パフォーマンスはアプリケーションにとって常に重要です。Performance is always important for an application. アプリケーションは、同じデータに繰り返しアクセスする傾向があります。Applications tend to access the same data over and over. パフォーマンスを向上する 1 つの手段として、アプリケーションの近くにそのデータのコピーを保持して、データの取得に必要な時間を短縮する方法があります。One way to improve performance is to keep a copy of that data closer to the application, minimizing the time needed to retrieve it. Azure では、この目的のためにさまざまなサービスを提供しています。Azure provides different services for doing this.

Azure CacheAzure Caching

Azure Caching Azure Caching
図: Azure アプリケーションは、データをメモリにキャッシュし、それを多数の worker ロールに分割することもできる。Figure: An Azure application can cache data in memory and even split it up across many worker roles

SQL Database、テーブル、BLOB という Azure のデータ管理サービスのいずれかに格納されたデータには高速アクセスできますが、Accessing data stored in any of Azure's data management services-SQL Database, Tables, or Blobs-is quite fast. メモリに格納されたデータへのアクセスはさらに高速です。Yet accessing data stored in memory is even faster. このため、頻繁にアクセスするデータのコピーをメモリ内に維持することで、アプリケーション パフォーマンスを向上できます。Because of this, keeping an in-memory copy of frequently accessed data can improve application performance. これには、Azure のメモリ内 Caching を使用できます。You can use Azure's in-memory Caching to do this.

Cloud Services アプリケーションは、このキャッシュにデータを格納し、その後は永続的なストレージにアクセスしなくても、直接データを取得できます。A Cloud Services application can store data in this cache, then retrieve it directly without needing to access persistent storage. アプリケーションの VM 内にキャッシュを維持することも、キャッシュ専用の VM が提供するキャッシュを使用することもできます。The cache can be maintained inside your application's VMs or be provided by VMs dedicated solely to caching. いずれの場合も、キャッシュを分散して、中に含まれるデータを Azure データセンターの複数の VM に分散することができます。In either case, the cache can be distributed, with the data it contains spread across multiple VMs in an Azure datacenter.

Azure には、時間の経過と共に変化してきた多種多様なキャッシュ テクノロジがあります。Azure has a number of different cache technologies that have shifted over time. それらは、共有キャッシュ、インロール キャッシュ、Managed Cache、Redis Cache の順に導入されました。In the order they were introduced, there is a shared, in-role, managed and Redis cache. Shared Caching は、旧式のテクノロジのため、それを使用して新しい実装を作成するのは避けてください。The shared caching is an older technology and you shouldn’t create new implementations with it. Managed Cache は、In-Role Cache と同じ機能を備えていますが、Microsoft Azure 管理ポータル外部のマネージ サービスとして保持します。The Managed Cache has the same features of the In-Role cache, but as managed service outside of the Azure Management Portal. Redis Cache はプレビュー段階です。The Redis Cache is in preview. Redis 実装は最大数の機能を備え、新規キャッシュ コードを記述するときに推奨されます。The Redis implementation has the largest number of features and is recommended when you write new caching code.

Azure Cache のシナリオAzure Cache Scenarios

たとえば、製品カタログを繰り返し読み取るアプリケーションでは、必要なデータをすばやく取得できるため、このようなキャッシュの使用が有効です。An application that repeatedly reads a product catalog might benefit from using this kind of caching, for example, since the data it needs will be available more quickly. このテクノロジは、ロックもサポートしているため、読み取り/書き込みデータにも読み取り専用データにも使用できます。The technology also supports locking, letting it be used with read/write as well as read-only data. さらに、ASP.NET アプリケーションでは、構成を変更するだけで、サービスを使用してセッション データを格納できます。And ASP.NET applications can use the service to store session data with just a configuration change.

Content Delivery NetworkContent Delivery Network

Azure CDN Azure CDN
図: BLOB のコピーを世界中のサイトでキャッシュできる。Figure: Copies of a blob can be cached at sites around the world.

世界各地のユーザーがアクセスする BLOB データを格納する必要があるとします。Suppose you need to store blob data that will be accessed by users around the world. 例としては、ワールド カップの最新の試合のビデオ、ドライバーの更新プログラム、一般的な電子ブックなどがあります。Maybe it's a video of the latest World Cup match, for instance, or driver updates, or a popular e-book. このために、複数の Azure データセンターにデータのコピーを格納することができますが、ユーザーが多い場合は、十分でない可能性があります。Storing a copy of the data in multiple Azure datacenters will help, but if there are lots of users, it's probably not enough. より優れたパフォーマンスを得るには、Azure CDN を使用します。For even better performance, you can use the Azure CDN.

世界中に数十の CDN サイトがあり、それぞれが Azure BLOB のコピーを格納できます。The CDN has dozens of sites around the world, each capable of storing copies of Azure blobs. 世界のある地域のユーザーが初めて特定の BLOB にアクセスすると、中に含まれている情報が Azure データセンターからその Geo のローカル CDN ストレージにコピーされます。The first time a user in some part of the world accesses a particular blob, the information it contains is copied from an Azure datacenter into local CDN storage in that geography. それ以降のその地域からのアクセスには、CDN にキャッシュされた BLOB コピーが使用されるため、近くの Azure データセンターまでアクセスする必要がありません。After this, accesses from that part of the world will use the blob copy cached in the CDN-they won't need to go all the way to the nearest Azure datacenter. この結果、ユーザーは世界中のどこからでも、頻繁にアクセスするデータに高速アクセスできるようになります。The result is faster access to frequently accessed data by users anywhere in the world.

CDN のシナリオCDN Scenarios

CDN は、世界中にビデオを配信するために、Media Services と併用するのが一般的です。It's common to use CDN with Media Services to deliver video worldwide. ビデオは通常サイズが大きく、大量の帯域幅が必要です。Video is usually large and requires a lot of bandwidth. Media Services については、このページの別の場所で説明します。Media Services is talked about elsewhere on this page.

ビッグ データおよび大規模なコンピューティングBig Data and Big Compute

HDInsight (Hadoop)HDInsight (Hadoop)

HDInsight HDInsight
図: HDInsight は、大量のデータを一括処理するときに役立つ。Figure: HDInsight helps with the bulk processing of huge amounts of data

長年にわたって、データ分析のほとんどは、リレーショナル DBMS で構築されたデータ ウェアハウスに格納されたリレーショナル データに対して行われてきました。For many years, the bulk of data analysis has been done on relational data stored in a data warehouse built with a relational DBMS. このようなビジネス分析は現在も重要であり、それは今後も変わらないでしょう。This kind of business analytics is still important, and it will be for a long time to come. しかし、リレーショナル データベースで対応できないような大量のデータを分析する場合や、But what if the data you want to analyze is so big that relational databases just can't handle it? データがリレーショナルでない場合はどうでしょうか。And suppose the data isn't relational? たとえば、データセンターのサーバー ログや、センサーからの履歴イベント データなどです。It might be server logs in a datacenter, for example, or historical event data from sensors, or something else. このような場合には、ビッグ データ問題と呼ばれる問題に直面するため、In cases like this, you have what's known as a big data problem. 別のアプローチが必要です。You need another approach.

現在、ビッグ データの分析に最もよく使用されているテクノロジは Hadoop です。The dominant technology today for analyzing big data is Hadoop. Apache オープン ソース プロジェクトであるこのテクノロジは、Hadoop 分散ファイル システム (HDFS) を使用してデータを格納し、開発者はデータを分析するための MapReduce ジョブを作成します。An Apache open source project, this technology stores data using the Hadoop Distributed File System (HDFS), then lets developers create MapReduce jobs to analyze that data. HDFS は複数のサーバーにデータを分散し、各サーバーで MapReduce ジョブのチャンクを実行して、ビッグ データを並列処理します。HDFS spreads data across multiple servers, then runs chunks of the MapReduce job on each one, letting the big data be processed in parallel.

HDInsight は、Azure の Apache Hadoop ベース サービスの名前です。HDInsight is the name of the Azure's Apache Hadoop-based service. HDInsight では HDFS がクラスターにデータを格納してそれを複数の VM に分配することができます。HDInsight lets HDFS store data on the cluster and distribute it across multiple VMs. また、これらの VM 全体 MapReduce ジョブのロジックを配布します。It also spreads the logic of a MapReduce job across those VMs. オンプレミスの Hadoop と同様に、データはローカルで (ロジックとそのロジックが処理するデータは同じ VM 内に存在) 並列処理されるため、パフォーマンスが向上します。Just as with on-premises Hadoop, data is processed locally-the logic and the data it works on are in the same VM-and in parallel for better performance. HDInsight は、BLOB を使用する Azure の Storage Vault (ASV) にデータを格納できます。HDInsight can also store data in Azure Storage Vault (ASV), which uses blobs. ASV を使用すると、クラウドにデータを保持したまま使用していない HDInsight クラスターを削除できるため、コスト削減ができます。Using ASV allows you to save money because you can delete your HDInsight cluster when not in use, but still keep your data in the cloud.

HDinsight は Hive および Pig を含めた Hadoop エコシステムのその他のコンポーネントも同様にサポートしています。HDinsight supports other components of the Hadoop ecosystem as well, including Hive and Pig. Microsoft が作成したコンポーネントは、Excel を使用する HiveODBC アダプターや Data Explorer など、従来の BI ツールを使用して HDInsight によって生成されたデータに対する作業を容易にします。Microsoft has also created components that make it easier to work with data produced by HDInsight using traditional BI tools, such as the HiveODBC adapter and Data Explorer that work with Excel.

ハイパフォーマンス コンピューティング (大規模なコンピューティング)High-Performance Computing (Big Compute)

クラウドのプラットフォームはさまざまな面で有効活用できますが、その 1 つが、ハイパフォーマンス コンピューティング (HPC) とその他の "大規模なコンピューティング" アプリケーションの実行です。One of the most attractive ways to use a cloud platform is to run high performance computing (HPC) and other "Big Compute" applications. 例として、業界標準の Message Passing Interface (MPI) を使用するために構築された専用エンジニアリング アプリケーションや、財務リスク モデルなどのいわゆる厄介な並列アプリケーションがあります。Examples include specialized engineering applications built to use the industry-standard Message Passing Interface (MPI) as well as so-called embarrassingly parallel applications, such financial risk models.

大規模なコンピューティングの利点は、多くのマシン上でコードを同時に実行することです。The essence of Big Compute is executing code on many machines at the same time. Azure では、これは、多くの仮想マシンを同時に実行し、すべてを並列で処理して問題を解決することを意味します。On Azure, this means running many virtual machines simultaneously, all working in parallel to solve some problem. このためには、リソースを割り当ててアプリケーションをスケジュールする、つまり、これらのインスタンス間に処理を分散するための手段が必要になります。Doing this requires some way to resources and to schedule applications, i.e., to distribute their work across these instances. マイクロソフトの無料の HPC パックとその他のコンピューティング クラスター ソリューションは、Azure 内で良好に稼働し、Azure コンピューティングおよびインフラストラクチャ サービスを活用して、オンプレミスのコンピューティング クラスターにオンデマンドでキャパシティを追加したり、大規模なコンピューティング アプリケーション全体をクラウド内で実行したりできます。Microsoft’s free HPC Pack and other compute cluster solutions can perform well in Azure, taking advantage of Azure compute and infrastructure services to add capacity on-demand to an on-premises compute cluster or run Big Compute applications entirely in the cloud.

Azure は、CPU コア、メモリ、ディスク容量、および異なるアプリケーションの要件を満たすためのその他の特性から成るさまざまな構成における広範な VM インスタンス サイズに対応しています。Azure provides a range of VM instance sizes with different configurations of CPU cores, memory, disk capacity, and other characteristics to meet the requirements of different applications. 最近導入された A8 および A9 インスタンスは、高速なマルチコア CPU と大量のメモリを搭載しているため、多数のコンピューター集中型のワークロード、特に、並列 MPI アプリケーションに適しています。The recently introduced A8 and A9 instances work well for many compute intensive workloads, and parallel MPI applications in particular, because they have high speed, multicore CPUs and large amounts of memory. 特定の構成のインスタンスでは、並列 MPI アプリケーションの効率を最大化するためにリモート ダイレクト メモリ アクセス (RDMA) が組み込まれたクラウド内で、低遅延でスループットの高いアプリケーション ネットワークを利用します。In certain configurations the instances take advantage of a low-latency and high-throughput application network in the cloud that includes remote direct memory access (RDMA) technology for maximum efficiency of parallel MPI applications.

また、Azure は、大規模なコンピューティング アプリケーションの開発者とパートナーに、コンピューティングの機能、サービス、アーキテクチャの選択肢、開発ツールを含むフル セットを提供しています。Azure also offers Big Compute application developers and partners a full set of compute capabilities, services, architecture choices, and development tools. Azure は、専用のデータ ワークフローとジョブ、および数千のコンピューティング コアまで拡張可能なタスク スケジューリング パターンを含め、カスタマイズされた大規模なコンピューティングのワークフローをサポートします。Azure supports custom Big Compute workflows involving specialized data workflows and job and task scheduling patterns that can scale to thousands of compute cores.

メディアMedia

Azure Media Services Azure Media Services
図: Media Services は、世界中のクライアントにビデオや他のメディアを提供するアプリケーションのプラットフォームです。Figure: Media Services is a platform for applications that provide video and other media to clients around the world.

ビデオは、現在のインターネット トラフィックの大きな部分を占めており、その割合はさらに大きくなっていきます。Video makes up a large part of Internet traffic today, and that percentage will be even larger tomorrow. しかし、Web でビデオを提供するのは簡単ではありません。Yet providing video on the web isn't simple. エンコーディング アルゴリズム、ユーザー画面のディスプレイ解像度など、一定しない要素がたくさんあります。There are lots of variables, such as the encoding algorithm and the display resolution of the user's screen. さらに、多くの人がオンライン ムービーを観ようとする土曜の夜など、ビデオの需要は急増することがよくあります。Video also tends to have bursts in demand, like a Saturday night spike when lots of people decide they'd like to watch an online movie.

その人気を考えると、今後はビデオを使用した新しいアプリケーションが数多く作成されることになるでしょう。Given its popularity, it's a safe bet that many new applications will be created that use video. しかし、どのアプリケーションでも同じ問題を解決する必要があり、アプリケーションごとにそれらの問題を解決するのは合理的ではありません。Yet all of them will need to solve some of the same problems, and making each one solve those problems on its own makes no sense. 多くのアプリケーションにより使用される共通の解決策を提供するプラットフォームを作成するアプローチの方が優れています。A better approach is to create a platform that provides common solutions for many applications to use. そして、このプラットフォームをクラウドにビルドすることにはいくつかの明らかな利点があります。And building this platform in the cloud has some clear advantages. 従量課金制で広範囲に利用してもらうことができ、ビデオ アプリケーションがよく直面する変動に対処することもできます。It can be broadly available on a pay-as-you-go basis, and it can also handle the variability in demand that video applications often face.

Azure Media Services はこの問題に対処します。Azure Media Services addresses this problem. ビデオや他のメディアを使用するアプリケーションを作成および実行する担当者の業務をシンプルにする一連のクラウド コンポーネントが用意されています。It provides a set of cloud components that make life easier for people creating and running applications using video and other media.

図が示すように、Media Services にはビデオや他のメディアと連動する一連のアプリケーション コンポーネントが用意されています。As the figure shows, Media Services provides a set of components for applications that work with video and other media. たとえば、ビデオを Media Services (Azure BLOB における格納場所) にアップロードするためのメディア取り込みコンポーネント、さまざまなビデオ形式やオーディオ形式をサポートするエンコーディング コンポーネント、デジタル権利管理を行うコンテンツ保護コンポーネント、ビデオ ストリームに広告を挿入するコンポーネント、ストリーミングを行うコンポーネントなどが用意されています。For example, it includes a media ingest component to upload video into Media Services (where it's stored in Azure Blobs), an encoding component that supports various video and audio formats, a content protection component that provides digital rights management, a component for inserting ads into a video stream, components for streaming, and more. マイクロソフト パートナーがプラットフォーム向けのコンポーネントを提供し、マイクロソフトがそれらのコンポーネントを代理で配布して請求することもあります。Microsoft partners can also provide components for the platform, then have Microsoft distribute those components and bill on their behalf.

このプラットフォームを使用するアプリケーションは、Azure などで実行できます。Applications that use this platform can run on Azure or elsewhere. たとえば、ビデオ制作会社向けのデスクトップ アプリケーションでは、ユーザーが Media Services にメディアをアップロードし、さまざまな方法で処理できることがあります。For example, a desktop application for a video production house might let its users upload video to Media Services, then process it in various ways. または、Azure で実行されるクラウド ベースのコンテンツ管理サービスが、ビデオを処理および配信する点で Media Services に依存していることがあります。Alternatively, a cloud-based content management service running on Azure might rely on Media Services to process and distribute video. 実行する場所や内容にかかわらず、各アプリケーションは使用する必要があるコンポーネントを選択し、RESTful インターフェイスを通してアクセスします。Wherever it runs and whatever it does, each application chooses which components it needs to use, accessing them through RESTful interfaces.

アプリケーションは、生成データを配信するために、Azure CDN や他の CDN を使用したり、ユーザーに直接データを送信することができます。To distribute what it produces, an application can use the Azure CDN, another CDN, or just send bits directly to users. 配信方法が何であれ、Media Services を使用して作成されたビデオは、Windows、Macintosh、HTML 5、iOS、Android、Windows Phone、Flash、Silverlight など、さまざまなクライアント システムにより使用される可能性があります。However, it gets there, video created using Media Services can be consumed by various client systems, including Windows, Macintosh, HTML 5, iOS, Android, Windows Phone, Flash, and Silverlight. その目的は、最新のメディア アプリケーションの作成を容易にすることにあります。The goal is to make it easier to create modern media applications.

参照References

Media Services の詳細に関するビジュアルな表示については、Azure Media Services ポスターをダウンロードしてください。For a more visual view of how Media Services works, download the Azure Media Services Poster.

コマースCommerce

サービスとしてのソフトウェアの登場により、アプリケーションの作成方法が変わろうとしています。The rise of Software as a Service is transforming how we create applications. さらに、アプリケーションの販売方法も変わろうとしています。It's also transforming how we sell applications. SaaS アプリケーションはクラウドに存在するため、当然ながら潜在的な顧客はソリューションをオンラインで探します。Since a SaaS application lives in the cloud, it makes sense that its potential customers should look for solutions online. この変化は、アプリケーションだけでなくデータにも当てはまります。And this change applies to data as well as to applications. ユーザーは、商用データセットもクラウドで探すはずです。Why shouldn't people look to the cloud for commercially available datasets? Microsoft は、 Azure Marketplaceでどちらの懸念事項にも対応しています。Microsoft addresses both of these concerns with the Azure Marketplace.

Azure Commerce Azure Commerce
図: Azure Marketplace と Azure ストアでは、Azure アプリケーションおよび商用データセットを検索して購入し、それらを Azure アプリケーションの一部として使用できる。Figure: Azure Marketplace and Azure Store let you find and buy Azure applications and commercial datasets and use them as part of your Azure applications.

これら 2 つの違いは、Marketplace が Microsoft Azure 管理ポータルの外にあり、ストアはポータルからアクセスできることです。The difference between the two is that Marketplace is outside of the Azure Management Portal, but the Store can be accessed from inside the portal. 顧客は、それぞれのニーズを満たす Azure アプリケーションを検索して見つけることができます。Potential customers can search to find Azure applications that meet their needs. また、人口統計データ、財務データ、地図データなどの商用データセットも検索することができます。Customers can search for commercial datasets as well, including demographic data, financial data, geographic data, and more. 目的のデータが見つかった場合、そのベンダーから、または Marketplace やストアの Web サイト、場合によっては管理ポータルから直接そのデータにアクセスできます。When they find something they like, they can access it either from the vendor, directly through the Marketplace or Store web locations or in some cases from the Management Portal. アプリケーションで Marketplace 経由で Bing Search API を使用すると、顧客が Web 検索の結果にアクセスできるようにすることもできます。Applications can also use the Bing Search API through the Marketplace, giving them access to the results of web searches.

コマースのシナリオCommerce Scenarios

SendGrid は、電子メールを送信できる Azure ストア内のアプリケーションです。SendGrid is an application in the Azure Store that allows you to send email. 信頼できる配信や統計などの追加機能を提供しています。It offers additional functionality like reliable delivery and statistics. このようなインフラストラクチャを自身で構築する代わりに、このアプリケーションと関連サービスを購入できます。You can buy this application and related services rather than try to build such an infrastructure yourself.

Getting Started (概要)Getting Started

これで全体像を把握できたため、次のステップは最初の Azure アプリケーションを記述することです。Now that you have the big-picture, the next step is to write your first Azure application. 言語を選択して適切な SDK を入手し、作成してみましょう。Choose your language, get the appropriate SDK, and go for it. クラウド コンピューティングはこれからの基本です。今すぐ始めましょう。Cloud computing is the new default--get started now.