Azure 仮想ネットワーク内の HDInsight 上に Apache HBase クラスターを作成するCreate Apache HBase clusters on HDInsight in Azure Virtual Network

Azure 仮想ネットワーク内に Azure HDInsight Apache HBase クラスターを作成する方法について説明します。Learn how to create Azure HDInsight Apache HBase clusters in an Azure Virtual Network.

アプリケーションが HBase と直接通信できるように、仮想ネットワーク統合を使用して、Apache HBase クラスターをアプリケーションと同じ仮想ネットワークにデプロイできます。With virtual network integration, Apache HBase clusters can be deployed to the same virtual network as your applications so that applications can communicate with HBase directly. 次の利点があります。The benefits include:

  • Web アプリケーションと HBase クラスターのノード間の直接接続により、HBase Java リモート プロシージャ コール (RPC) API を使用した通信が可能になります。Direct connectivity of the web application to the nodes of the HBase cluster, which enables communication via HBase Java remote procedure call (RPC) APIs.
  • トラフィックが複数のゲートウェイやロード バランサーを経由しないためパフォーマンスが向上します。Improved performance by not having your traffic go over multiple gateways and load-balancers.
  • 機密情報は、パブリック エンドポイントに公開されることなく、より安全な方法で処理できます。The ability to process sensitive information in a more secure manner without exposing a public endpoint.

Azure サブスクリプションがない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don’t have an Azure subscription, create a free account before you begin.

仮想ネットワークに Apache HBase クラスターを作成するCreate Apache HBase cluster into virtual network

このセクションでは、Azure Resource Manager テンプレートを使用して Azure 仮想ネットワーク内の依存する Azure ストレージ アカウントで Linux ベースの Apache HBase クラスターを作成します。In this section, you create a Linux-based Apache HBase cluster with the dependent Azure Storage account in an Azure virtual network using an Azure Resource Manager template. その他のクラスター作成方法と設定の詳細については、「 HDInsight での Linux ベースの Hadoop クラスターの作成」を参照してください。For other cluster creation methods and understanding the settings, see Create HDInsight clusters. テンプレートを利用して HDInsight で Apache Hadoop クラスターを作成する方法の詳細については、「Resource Manager テンプレートを使用して HDInsight で Apache Hadoop クラスターを作成する」をご覧ください。For more information about using a template to create Apache Hadoop clusters in HDInsight, see Create Apache Hadoop clusters in HDInsight using Azure Resource Manager templates

注意

一部のプロパティは、テンプレートにハードコーディングされています。Some properties are hard-coded into the template. 次に例を示します。For example:

  • [場所] :米国東部 2Location: East US 2
  • クラスターのバージョン:3.6Cluster version: 3.6
  • クラスターの worker ノードの数:2Cluster worker node count: 2
  • 既定のストレージ アカウント: 一意の文字列Default storage account: a unique string
  • 仮想ネットワーク名:CLUSTERNAME-vnetVirtual network name: CLUSTERNAME-vnet
  • 仮想ネットワークのアドレス空間:10.0.0.0/16Virtual network address space: 10.0.0.0/16
  • サブネット名: subnet1Subnet name: subnet1
  • [サブネットのアドレス範囲] : 10.0.0.0/24Subnet address range: 10.0.0.0/24

CLUSTERNAME は、テンプレートを使用する際に指定するクラスター名に置き換えられます。CLUSTERNAME is replaced with the cluster name you provide when using the template.

  1. 次の画像を選択して Azure Portal でテンプレートを開きます。Select the following image to open the template in the Azure portal. テンプレートは Azure クイック スタート テンプレート集にあります。The template is located in Azure quickstart templates.

    Deploy to Azure button for new cluster

  2. [カスタム デプロイ] ダイアログで [テンプレートの編集] を選択します。From the Custom deployment dialog, select Edit template.

  3. 行 165 で、値 Standard_A3Standard_A4_V2 に変更します。On line 165, change value Standard_A3 to Standard_A4_V2. 次に、 [保存] を選択します。Then select Save.

  4. 次の情報を利用して残りのテンプレートを完成させます。Complete the remaining template with the following information:

    プロパティProperty Value
    サブスクリプションSubscription HDInsight クラスター、依存するストレージ アカウント、Azure 仮想ネットワークの作成に使用した Azure サブスクリプションを選択します。Select an Azure subscription used to create the HDInsight cluster, the dependent Storage account and the Azure virtual network.
    Resource groupResource group [新規作成] を選択し、新しいリソース グループの名前を指定します。Select Create new, and specify a new resource group name.
    LocationLocation リソース グループの場所を選びます。Select a location for the resource group.
    クラスター名Cluster Name 作成される Hadoop クラスターの名前を入力します。Enter a name for the Hadoop cluster to be created.
    クラスター ログイン ユーザー名とパスワードCluster Login User Name and Password 既定のユーザー名は admin です。パスワードを指定します。The default User Name is admin. Provide a password.
    SSH のユーザー名とパスワードSsh User Name and Password 既定のユーザー名は sshuser です。The default User Name is sshuser. パスワードを指定します。Provide a password.

    [上記の使用条件に同意する] を選択します。Select I agree to the terms and the conditions stated above.

  5. [購入] を選択します。Select Purchase. クラスターの作成には約 20 分かかります。It takes about around 20 minutes to create a cluster. クラスターが作成されたら、ポータルのクラスターを選択して開くことができます。Once the cluster is created, you can select the cluster in the portal to open it.

記事を完了したら、必要に応じてクラスターを削除できます。After you complete the article, you might want to delete the cluster. HDInsight を使用すると、データは Azure Storage に格納されるため、クラスターは、使用されていない場合に安全に削除できます。With HDInsight, your data is stored in Azure Storage, so you can safely delete a cluster when it is not in use. また、HDInsight クラスターは、使用していない場合でも課金されます。You are also charged for an HDInsight cluster, even when it is not in use. クラスターの料金は Storage の料金の何倍にもなるため、クラスターを使用しない場合は削除するのが経済的にも合理的です。Since the charges for the cluster are many times more than the charges for storage, it makes economic sense to delete clusters when they are not in use. クラスターの削除手順については、「Azure portal を使用して HDInsight の Apache Hadoop クラスターを管理する」を参照してください。For the instructions of deleting a cluster, see Manage Apache Hadoop clusters in HDInsight by using the Azure portal.

新しい HBase クラスターの使用を開始する場合は、HDInsight の Apache Hadoop での Apache HBase の使用開始に関する記事に記載されている手順を使用できます。To begin working with your new HBase cluster, you can use the procedures found in Get started using Apache HBase with Apache Hadoop in HDInsight.

Apache HBase Java RPC API を使用して Apache HBase クラスターに接続するConnect to the Apache HBase cluster using Apache HBase Java RPC APIs

仮想マシンの作成Create a virtual machine

サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) 仮想マシンを同じ Azure 仮想ネットワークと同じサブネットに対して作成します。Create an infrastructure as a service (IaaS) virtual machine into the same Azure virtual network and the same subnet. 新しい IaaS 仮想マシンの作成手順については、「Create a Virtual Machine Running Windows Server (Windows Server を実行する仮想マシンの作成)」をご覧ください。For instructions on creating a new IaaS virtual machine, see Create a Virtual Machine Running Windows Server. このドキュメントの手順に従う場合は、ネットワーク構成に以下の値を使用する必要があります。When following the steps in this document, you must use the following values for the Network configuration:

  • 仮想ネットワーク:CLUSTERNAME-vnetVirtual network: CLUSTERNAME-vnet
  • サブネット: subnet1Subnet: subnet1

重要

CLUSTERNAME を、前の HDInsight クラスターの作成手順で使用した名前に置き換えます。Replace CLUSTERNAME with the name you used when creating the HDInsight cluster in previous steps.

これらの値を使用すると、仮想マシンは、構HDInsight クラスターと同じ仮想ネットワークとサブネットに配置されます。Using these values, the virtual machine is placed in the same virtual network and subnet as the HDInsight cluster. この構成によって、互いに直接通信することができます。This configuration allows them to directly communicate with each other. 空のエッジ ノードがある HDInsight クラスターを作成する方法があります。There is a way to create an HDInsight cluster with an empty edge node. このエッジ ノードを使用して、クラスターを管理できます。The edge node can be used to manage the cluster. 詳細については、「 Use empty edge nodes in HDInsight」(HDInsight で空のエッジ ノードを使用する) を参照してください。For more information, see Use empty edge nodes in HDInsight.

完全修飾ドメイン名を取得するObtain fully qualified domain name

Java アプリケーションを使用して HBase にリモートで接続する場合は、完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用する必要があります。When using a Java application to connect to HBase remotely, you must use the fully qualified domain name (FQDN). これを確認するには、HBase クラスターの接続固有の DNS サフィックスを取得する必要があります。To determine this, you must get the connection-specific DNS suffix of the HBase cluster. そのためには、次のいずれかの方法を実行します。To do that, you can use one of the following methods:

  • Web ブラウザーを使用した Apache Ambari の呼び出し:Use a Web browser to make an Apache Ambari call:

    [https://www.microsoft.com](https://CLUSTERNAME.azurehdinsight.net/api/v1/clusters/CLUSTERNAME/hosts?minimal_response=true) を参照します。Browse to https://CLUSTERNAME.azurehdinsight.net/api/v1/clusters/CLUSTERNAME/hosts?minimal_response=true. DNS サフィックスが付いた JSON ファイルが返されます。It returns a JSON file with the DNS suffixes.

  • Ambari Web サイトの使用Use the Ambari website:

    1. [https://www.microsoft.com](https://CLUSTERNAME.azurehdinsight.net) を参照します。Browse to https://CLUSTERNAME.azurehdinsight.net.
    2. 上部のメニューで [ホスト] を選択します。Select Hosts from the top menu.
  • Curl を使用した REST の呼び出し:Use Curl to make REST calls:

    curl -u <username>:<password> -k https://CLUSTERNAME.azurehdinsight.net/ambari/api/v1/clusters/CLUSTERNAME.azurehdinsight.net/services/hbase/components/hbrest
    

返された JavaScript Object Notation (JSON) データで、"host_name" エントリを見つけます。In the JavaScript Object Notation (JSON) data returned, find the "host_name" entry. これには、クラスターのノードの FQDN が含まれています。It contains the FQDN for the nodes in the cluster. 次に例を示します。For example:

"host_name" : "hn0-hbaseg.hjfrnszlumfuhfk4pi1guh410c.bx.internal.cloudapp.net"

クラスター名で始まるドメイン名の部分は、DNS サフィックスです。The portion of the domain name beginning with the cluster name is the DNS suffix. たとえば、「 hjfrnszlumfuhfk4pi1guh410c.bx.internal.cloudapp.net 」のように入力します。For example, hjfrnszlumfuhfk4pi1guh410c.bx.internal.cloudapp.net.

仮想ネットワーク内の通信を確認するVerify communication inside virtual network

仮想マシンが HBase クラスターと通信できることを確認するには、仮想マシンからコマンド ping headnode0.<dns suffix> を使用します。To verify that the virtual machine can communicate with the HBase cluster, use the command ping headnode0.<dns suffix> from the virtual machine. たとえば、「 ping hn0-hbaseg.hjfrnszlumfuhfk4pi1guh410c.bx.internal.cloudapp.net 」のように入力します。For example, ping hn0-hbaseg.hjfrnszlumfuhfk4pi1guh410c.bx.internal.cloudapp.net.

Java アプリケーションでこの情報を使用するには、HDInsight (Hadoop) で Apache HBase を使用する Java アプリケーションを構築するための Apache Maven の使用に関する記事の手順に従って、アプリケーションを作成します。To use this information in a Java application, you can follow the steps in Use Apache Maven to build Java applications that use Apache HBase with HDInsight (Hadoop) to create an application. アプリケーションをリモート HBase サーバーに接続するには、Zookeeper の FQDN を使用するように、この例の hbase-site.xml ファイルを変更します。To have the application connect to a remote HBase server, modify the hbase-site.xml file in this example to use the FQDN for Zookeeper. 次に例を示します。For example:

<property>
    <name>hbase.zookeeper.quorum</name>
    <value>zookeeper0.<dns suffix>,zookeeper1.<dns suffix>,zookeeper2.<dns suffix></value>
</property>

注意

独自の DNS サーバーの使用方法を含め、Azure Virtual Network の名前解決の詳細については、「 名前解決 (DNS)」をご覧ください。For more information about name resolution in Azure virtual networks, including how to use your own DNS server, see Name Resolution (DNS).

次のステップNext steps

この記事では、Apache HBase クラスターの作成方法を学習しました。In this article, you learned how to create an Apache HBase cluster. 詳細については、次を参照してください。To learn more, see: