SSH を使用して HDInsight (Hadoop) に接続するConnect to HDInsight (Hadoop) using SSH

Secure Shell (SSH) を使って Azure HDInsight の Hadoop に安全に接続する方法について説明します。Learn how to use Secure Shell (SSH) to securely connect to Hadoop on Azure HDInsight.

HDInsight では Linux (Ubuntu) を Hadoop クラスター内のノードのオペレーティング システムとして使用できます。HDInsight can use Linux (Ubuntu) as the operating system for nodes within the Hadoop cluster. 次の表に、SSH クライアントを使用して Linux ベースの HDInsight に接続する際に必要なアドレスとポートの情報を示します。The following table contains the address and port information needed when connecting to Linux-based HDInsight using an SSH client:

AddressAddress ポートPort 接続先Connects to...
<clustername>-ed-ssh.azurehdinsight.net 2222 エッジ ノード (HDInsight の ML サービス)Edge node (ML Services on HDInsight)
<edgenodename>.<clustername>-ssh.azurehdinsight.net 2222 エッジ ノード (エッジ ノードが存在する場合はその他のクラスターの種類)Edge node (any other cluster type, if an edge node exists)
<clustername>-ssh.azurehdinsight.net 2222 プライマリ ヘッド ノードPrimary headnode
<clustername>-ssh.azurehdinsight.net 2323 セカンダリ ヘッド ノードSecondary headnode

注意

<edgenodename> をエッジ ノードの名前に置き換えます。Replace <edgenodename> with the name of the edge node.

<clustername> をクラスターの名前に置き換えます。Replace <clustername> with the name of your cluster.

クラスターにエッジ ノードが含まれている場合は、SSH を使用して__常にエッジ ノードに接続する__ことをお勧めします。If your cluster contains an edge node, we recommend that you always connect to the edge node using SSH. ヘッド ノードは、Hadoop の正常な稼働に不可欠なサービスをホストします。The head nodes host services that are critical to the health of Hadoop. エッジ ノードは、配置されたもののみを実行します。The edge node runs only what you put on it.

エッジ ノードの使用の詳細については、HDInsight でのエッジ ノードの使用に関する記事を参照してください。For more information on using edge nodes, see Use edge nodes in HDInsight.

ヒント

HDInsight に初めて接続すると、ホストの信頼性を確立できないという警告が SSH クライアントに表示されることがあります。When you first connect to HDInsight, your SSH client may display a warning that the authenticity of the host can't be established. メッセージが表示されたら、"はい" を選択して、SSH クライアントの信頼済みサーバーの一覧にこのホストを追加してください。When prompted select 'yes' to add the host to your SSH client's trusted server list.

以前に同じ名前でサーバーに接続したことがある場合は、保存されているホスト キーとサーバーのホスト キーが一致しないという警告が表示されることがあります。If you have previously connected to a server with the same name, you may receive a warning that the stored host key does not match the host key of the server. サーバー名の既存のエントリを削除する方法については、SSH クライアントのドキュメントを参照してください。Consult the documentation for your SSH client on how to remove the existing entry for the server name.

SSH クライアントSSH clients

Linux、Unix、および macOS システムでは、ssh コマンドと scp コマンドが用意されています。Linux, Unix, and macOS systems provide the ssh and scp commands. ssh クライアントは、通常、Linux または Unix ベースのシステムとの間にリモートのコマンドライン セッションを作成するために使用します。The ssh client is commonly used to create a remote command-line session with a Linux or Unix-based system. scp クライアントは、クライアントとリモート システムの間でファイルを安全にコピーするために使用します。The scp client is used to securely copy files between your client and the remote system.

Microsoft Windows には、既定では SSH クライアントがインストールされていません。Microsoft Windows does not install any SSH clients by default. Windows 用の ssh クライアントと scp クライアントは、次の各パッケージで入手できます。The ssh and scp clients are available for Windows through the following packages:

  • OpenSSH クライアント (ベータ): Fall Creators Update で、[設定] > [アプリと機能] > [オプション機能の管理] > [機能の追加] の順に移動して、[OpenSSH Client](OpenSSH クライアント) を選択します。OpenSSH Client (Beta): In the Fall Creators Update, go to Settings > Apps & features > Manage optional features > Add a feature and select the OpenSSH Client.

    注意

    この機能を有効にした後 PowerShell で ssh コマンドと scp コマンドが使用できない場合、ログアウトしてからログインし直してください。If the ssh and scp commands are not available in PowerShell after enabling this feature, log out and back in.

  • Bash on Ubuntu on Windows 10: ssh コマンドおよび scp コマンドは、Bash on Windows のコマンド ラインを介して利用できます。Bash on Ubuntu on Windows 10: The ssh and scp commands are available through the Bash on Windows command line.

  • OpenSSH クライアント (ベータ): Windows 10 Fall Creators Update で導入されるオプション機能です。OpenSSH client (beta): This is an optional feature introduced in the Windows 10 Fall Creators Update.

  • Azure Cloud Shell: Cloud Shell は、ブラウザーで Bash 環境を提供し、sshscp、およびその他の一般的な Linux コマンドを提供します。Azure Cloud Shell: The Cloud Shell provides a Bash environment in your browser, and provides the ssh, scp, and other common Linux commands.

  • Git (https://git-scm.com/): ssh コマンドおよび scp コマンドは、GitBash のコマンド ラインを介して利用できます。Git (https://git-scm.com/): The ssh and scp commands are available through the GitBash command line.

PuTTY (http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/)MobaXterm (http://mobaxterm.mobatek.net/) などのグラフィカルな SSH クライアントもいくつか存在します。There are also several graphical SSH clients, such as PuTTY (http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/) and MobaXterm (http://mobaxterm.mobatek.net/). これらのクライアントは HDInsight への接続に使用できますが、接続するプロセスは、ssh ユーティリティを使用する場合とは異なります。While these clients can be used to connect to HDInsight, the process of connecting is different than using the ssh utility. 詳細については、お使いのグラフィカル クライアントに関するドキュメントを参照してください。For more information, see the documentation of the graphical client you are using.

認証: SSH キーAuthentication: SSH Keys

SSH キーでは、公開キー暗号化を使用して SSH セッションを認証します。SSH keys use Public-key cryptography to authenticate SSH sessions. SSH キーは、パスワードよりも安全性が高く、Hadoop クラスターへのアクセスをセキュリティで保護する簡単な方法を提供します。SSH keys are more secure than passwords, and provide an easy way to secure access to your Hadoop cluster.

SSH アカウントがキーを使用してセキュリティ保護されている場合、クライアントは対応する秘密キーを接続時に提供する必要があります。If your SSH account is secured using a key, the client must provide the matching private key when you connect:

  • ほとんどのクライアントは、既定のキー__を使用するように構成できます。Most clients can be configured to use a __default key. たとえば、Linux 環境または Unix 環境では、ssh クライアントは ~/.ssh/id_rsa で秘密キーを探します。For example, the ssh client looks for a private key at ~/.ssh/id_rsa on Linux and Unix environments.

  • 秘密キーへのパス__を指定できます。You can specify the __path to a private key. ssh クライアントでは、秘密キーへのパスを指定するために -i パラメーターが使用されます。With the ssh client, the -i parameter is used to specify the path to private key. たとえば、「 ssh -i ~/.ssh/id_rsa sshuser@myedge.mycluster-ssh.azurehdinsight.net 」のように入力します。For example, ssh -i ~/.ssh/id_rsa sshuser@myedge.mycluster-ssh.azurehdinsight.net.

  • 異なる複数のサーバーで使用するための 複数の秘密キー がある場合は、ssh-agent (https://en.wikipedia.org/wiki/Ssh-agent) などのユーティリティを使用することを検討してください。If you have multiple private keys for use with different servers, consider using a utility such as ssh-agent (https://en.wikipedia.org/wiki/Ssh-agent). ssh-agent ユーティリティを使用すると、SSH セッションを確立するときに使用するキーを自動的に選択できます。The ssh-agent utility can be used to automatically select the key to use when establishing an SSH session.

重要

パスフレーズを使用して秘密キーをセキュリティ保護した場合は、そのキーを使用するときにパスフレーズを入力する必要があります。If you secure your private key with a passphrase, you must enter the passphrase when using the key. ssh-agent などのユーティリティは、利便性のためにパスワードをキャッシュすることができます。Utilities such as ssh-agent can cache the password for your convenience.

SSH キー ペアの作成Create an SSH key pair

ssh-keygen コマンドを使用して、公開キーと秘密キーのファイルを作成します。Use the ssh-keygen command to create public and private key files. 次のコマンドを実行すると、HDInsight で使用できる 2,048 ビットの RSA キー ペアが生成されます。The following command generates a 2048-bit RSA key pair that can be used with HDInsight:

ssh-keygen -t rsa -b 2048

キーの作成プロセス中には、情報の入力が求められます。You are prompted for information during the key creation process. たとえば、キーが格納されている場所や、パスフレーズを使用するかどうかなどです。For example, where the keys are stored or whether to use a passphrase. プロセスが完了すると、公開キーと秘密キーの 2 つのファイルが作成されます。After the process completes, two files are created; a public key and a private key.

  • 公開キー__は、HDInsight クラスターの作成に使用します。The __public key is used to create an HDInsight cluster. 公開キーの拡張子は .pub です。The public key has an extension of .pub.

  • 秘密キー__は、HDInsight クラスターでクライアントを認証するために使用します。The __private key is used to authenticate your client to the HDInsight cluster.

重要

キーはパスフレーズを使用してセキュリティ保護することができます。You can secure your keys using a passphrase. パスフレーズは実質的には秘密キーのパスワードです。A passphrase is effectively a password on your private key. だれかが秘密キーを入手したとしても、パスフレーズがないと使用できません。Even if someone obtains your private key, they must have the passphrase to use the key.

秘密キーを使用して HDInsight を作成するCreate HDInsight using the public key

作成方法Creation method 公開キーの使用方法How to use the public key
Azure PortalAzure portal [クラスター ログインと同じパスワードを使用します] チェック ボックスをオフにし、[SSH 認証の種類] で [公開キー] を選択します。Uncheck Use same password as cluster login, and then select Public Key as the SSH authentication type. 最後に、公開キー ファイルを選択するか、ファイルのテキストの内容を [SSH 公開キー] フィールドに貼り付けます。Finally, select the public key file or paste the text contents of the file in the SSH public key field.
HDInsight クラスター作成時の SSH 公開キー ダイアログ ボックスSSH public key dialog in HDInsight cluster creation
Azure PowerShellAzure PowerShell New-AzureRmHdinsightCluster コマンドレットの -SshPublicKey パラメーターを使用し、公開キーの内容を文字列として渡します。Use the -SshPublicKey parameter of the New-AzureRmHdinsightCluster cmdlet and pass the contents of the public key as a string.
Azure クラシック CLIAzure Classic CLI azure hdinsight cluster create コマンドの --sshPublicKey パラメーターを使用し、公開キーの内容を文字列として渡します。Use the --sshPublicKey parameter of the azure hdinsight cluster create command and pass the contents of the public key as a string.
Resource Manager テンプレートResource Manager Template テンプレートでの SSH キーの使用例については、SSH キーを使用した Linux での HDInsight のデプロイに関する記事を参照してください。For an example of using SSH keys with a template, see Deploy HDInsight on Linux with SSH key. azuredeploy.json ファイルの publicKeys 要素は、クラスターの作成時にキーを Azure に渡すために使用されます。The publicKeys element in the azuredeploy.json file is used to pass the keys to Azure when creating the cluster.

認証: パスワードAuthentication: Password

SSH アカウントは、パスワードを使用してセキュリティ保護することができます。SSH accounts can be secured using a password. SSH を使用して HDInsight に接続すると、パスワードの入力を求められます。When you connect to HDInsight using SSH, you are prompted to enter the password.

警告

SSH でパスワード認証を使用することはお勧めしません。Microsoft does not recommend using password authentication for SSH. パスワードは推測可能であり、ブルート フォース攻撃に対して脆弱です。Passwords can be guessed and are vulnerable to brute force attacks. 代わりに、SSH キーによる認証を行うことをお勧めします。Instead, we recommend that you use SSH keys for authentication.

重要

SSH アカウントのパスワードは、HDInsight クラスターの作成後 70 日で期限切れになります。The SSH account password expires 70 days after the HDInsight cluster is created. パスワードの期限が切れた場合は、HDInsight の管理に関するドキュメントの情報を使用して変更できます。If your password expires, you can change it using the information in the Manage HDInsight document.

パスワードを使用して HDInsight を作成するCreate HDInsight using a password

作成方法Creation method パスワードの指定方法How to specify the password
Azure PortalAzure portal 既定では、SSH ユーザー アカウントには、クラスター ログイン アカウントと同じパスワードがあります。By default, the SSH user account has the same password as the cluster login account. 別のパスワードを使用するには、[クラスター ログインと同じパスワードを使用します] チェック ボックスをオフにし、[SSH パスワード] フィールドにパスワードを入力します。To use a different password, uncheck Use same password as cluster login, and then enter the password in the SSH password field.
HDInsight クラスター作成時の SSH パスワード ダイアログ ボックスSSH password dialog in HDInsight cluster creation
Azure PowerShellAzure PowerShell New-AzureRmHdinsightCluster コマンドレットの --SshCredential パラメーターを使用して、SSH ユーザー アカウントの名前とパスワードを含む PSCredential オブジェクトを渡します。Use the --SshCredential parameter of the New-AzureRmHdinsightCluster cmdlet and pass a PSCredential object that contains the SSH user account name and password.
Azure クラシック CLIAzure Classic CLI azure hdinsight cluster create コマンドの --sshPassword パラメーターを使用して、パスワードの値を提供します。Use the --sshPassword parameter of the azure hdinsight cluster create command and provide the password value.
Resource Manager テンプレートResource Manager Template テンプレートを使用したパスワードの使用例については、SSH パスワードを使用した Linux での HDInsight のデプロイに関する記事を参照してください。For an example of using a password with a template, see Deploy HDInsight on Linux with SSH password. azuredeploy.json ファイルの linuxOperatingSystemProfile 要素は、クラスターの作成時に SSH アカウントの名前とパスワードを Azure に渡すために使用されます。The linuxOperatingSystemProfile element in the azuredeploy.json file is used to pass the SSH account name and password to Azure when creating the cluster.

SSH パスワードを変更するChange the SSH password

SSH ユーザー アカウントのパスワード変更に関する詳細については、HDInsight の管理に関するドキュメントの「パスワードの変更」セクションを参照してください。For information on changing the SSH user account password, see the Change passwords section of the Manage HDInsight document.

認証: ドメイン参加済み HDInsightAuthentication: Domain-joined HDInsight

ドメイン参加済み HDInsight クラスター を使用している場合は、SSH ローカル ユーザーと接続した後で kinit コマンドを使用する必要があります。If you are using a domain-joined HDInsight cluster, you must use the kinit command after connecting with SSH local user. このコマンドを実行すると、ドメイン ユーザーとパスワードの入力が求められ、クラスターに関連付けられた Azure Active Directory ドメインによってセッションが認証されます。This command prompts you for a domain user and password, and authenticates your session with the Azure Active Directory domain associated with the cluster.

また、ドメイン アカウントを使用して SSH 接続するために、各ドメイン参加ノード (例: ヘッド ノード、エッジ ノード) で Kerberos 認証を有効にすることができます。You can also enable Kerberos Authentication on each domain joined node (e.g. head node, edge node) in order to ssh using the domain account. これを行うには、sshd 構成ファイルを編集します。To do this edit sshd config file:

sudo vi /etc/ssh/sshd_config

コメントを解除し、KerberosAuthenticationyes に変更します。uncomment and change KerberosAuthentication to yes

sudo service sshd restart

Kerberos 認証が成功したかどうかを確認するには、常に klist コマンドを使用します。At any time, in order to verify whether the Kerberos authentication was successful or not, use klist command.

詳細については、ドメイン参加済み HDInsight の構成に関する記事を参照してください。For more information, see Configure domain-joined HDInsight.

ノードへの接続Connect to nodes

ヘッド ノードとエッジ ノード (存在する場合) には、インターネット経由で、ポート 22 および 23 でアクセスできます。The head nodes and edge node (if there is one) can be accessed over the internet on ports 22 and 23.

  • ヘッド ノード__に接続する場合、プライマリ ヘッド ノードに接続するときはポート __22 を使用し、セカンダリ ヘッド ノードに接続するときはポート 23 を使用します。When connecting to the head nodes, use port 22 to connect to the primary head node and port 23 to connect to the secondary head node. 使用する完全修飾ドメイン名は、clustername-ssh.azurehdinsight.net です。ここで、clustername は実際のクラスターの名前です。The fully qualified domain name to use is clustername-ssh.azurehdinsight.net, where clustername is the name of your cluster.

    # Connect to primary head node
    # port not specified since 22 is the default
    ssh sshuser@clustername-ssh.azurehdinsight.net
    
    # Connect to secondary head node
    ssh -p 23 sshuser@clustername-ssh.azurehdinsight.net
    
  • エッジ ノード に接続するときは、ポート 22 を使用します。When connecting to the edge node, use port 22. 完全修飾ドメイン名は、edgenodename.clustername-ssh.azurehdinsight.net です。ここで、edgenodename は、エッジ ノードを作成したときに指定した名前です。The fully qualified domain name is edgenodename.clustername-ssh.azurehdinsight.net, where edgenodename is a name you provided when creating the edge node. clustername は、クラスターの名前です。clustername is the name of the cluster.

    # Connect to edge node
    ssh sshuser@edgnodename.clustername-ssh.azurehdinsight.net
    

重要

前の例では、パスワード認証が使用されていること、または証明書認証が自動的に行われていることを前提としています。The previous examples assume that you are using password authentication, or that certificate authentication is occurring automatically. 認証に SSH キー ペアを使用していて、証明書が自動的に使用されない場合は、-i パラメーターを使用して秘密キーを指定します。If you use an SSH key-pair for authentication, and the certificate is not used automatically, use the -i parameter to specify the private key. たとえば、「 ssh -i ~/.ssh/mykey sshuser@clustername-ssh.azurehdinsight.net 」のように入力します。For example, ssh -i ~/.ssh/mykey sshuser@clustername-ssh.azurehdinsight.net.

接続後はプロンプトが変更され、SSH ユーザー名と接続先ノードが示されます。Once connected, the prompt changes to indicate the SSH user name and the node you are connected to. たとえば、プライマリ ヘッド ノードに sshuser として接続されている場合、プロンプトは sshuser@hn0-clustername:~$ になります。For example, when connected to the primary head node as sshuser, the prompt is sshuser@hn0-clustername:~$.

ワーカー ノードと Zookeeper ノードに接続するConnect to worker and Zookeeper nodes

worker ノードと Zookeeper ノードには、インターネットから直接アクセスすることはできません。The worker nodes and Zookeeper nodes are not directly accessible from the internet. これらのノードには、クラスターのヘッド ノードまたはエッジ ノードからアクセスできます。They can be accessed from the cluster head nodes or edge nodes. 他のノードに接続するための一般的な手順は次のとおりです。The following are the general steps to connect to other nodes:

  1. SSH を使用してヘッド ノードまたはエッジ ノードに接続します。Use SSH to connect to a head or edge node:

     ssh sshuser@myedge.mycluster-ssh.azurehdinsight.net
    
  2. ヘッド ノードまたはエッジ ノードへの SSH 接続から、ssh コマンドを使用してクラスター内のワーカー ノードに接続します。From the SSH connection to the head or edge node, use the ssh command to connect to a worker node in the cluster:

     ssh sshuser@wn0-myhdi
    

    ノード名の一覧を取得するには、Ambari REST API を使用した HDInsight の管理に関するページを参照してください。To retrieve a list of the node names, see the Manage HDInsight by using the Ambari REST API document.

SSH アカウントが パスワード を使用してセキュリティで保護されている場合は、接続時にパスワードを入力します。If the SSH account is secured using a password, enter the password when connecting.

SSH アカウントが SSH キー__を使用してセキュリティで保護されている場合は、クライアント側で SSH の転送が有効になっていることを確認します。If the SSH account is secured using __SSH keys, make sure that SSH forwarding is enabled on the client.

注意

別の方法でクラスター内のすべてのノードに直接アクセスするには、Azure 仮想ネットワークに HDInsight をインストールします。Another way to directly access all nodes in the cluster is to install HDInsight into an Azure Virtual Network. 次に、リモート マシンを同じ仮想ネットワーク内に参加させることで、クラスター内のすべてのノードに直接アクセスできます。Then, you can join your remote machine to the same virtual network and directly access all nodes in the cluster.

詳細については、HDInsight での仮想ネットワークの使用に関する記事を参照してください。For more information, see Use a virtual network with HDInsight.

SSH エージェント転送を構成するConfigure SSH agent forwarding

重要

次の手順では、Linux または UNIX ベースのシステムを想定して Bash on Windows 10 を使用します。The following steps assume a Linux or UNIX-based system, and work with Bash on Windows 10. 次の手順をお使いのシステムで利用できない場合は、必要に応じて SSH クライアントのドキュメントを参照してください。If these steps do not work for your system, you may need to consult the documentation for your SSH client.

  1. テキスト エディターを使用して ~/.ssh/configを開きます。Using a text editor, open ~/.ssh/config. このファイルが存在しない場合は、コマンド ラインで「touch ~/.ssh/config」と入力して作成できます。If this file doesn't exist, you can create it by entering touch ~/.ssh/config at a command line.

  2. config ファイルに次のテキストを追加します。Add the following text to the config file.

     Host <edgenodename>.<clustername>-ssh.azurehdinsight.net
       ForwardAgent yes
    

    Host 情報を、SSH での接続先となるノードのアドレスで置き換えます。Replace the Host information with the address of the node you connect to using SSH. 前の例ではエッジ ノードを使用しています。The previous example uses the edge node. このエントリにより、指定したノード用に SSH エージェント転送が構成されます。This entry configures SSH agent forwarding for the specified node.

  3. 端末から次のコマンドを使用して、SSH エージェント転送をテストします。Test SSH agent forwarding by using the following command from the terminal:

     echo "$SSH_AUTH_SOCK"
    

    このコマンドでは、次のテキストのような情報が返されます。This command returns information similar to the following text:

     /tmp/ssh-rfSUL1ldCldQ/agent.1792
    

    何も返されない場合は、ssh-agent が実行されていません。If nothing is returned, then ssh-agent is not running. 詳細については、「Using ssh-agent with ssh (ssh での ssh-agent の使用)」(http://mah.everybody.org/docs/ssh) でエージェントのスタートアップ スクリプト情報を参照するか、お使いの SSH クライアントのドキュメントを確認してください。For more information, see the agent startup scripts information at Using ssh-agent with ssh (http://mah.everybody.org/docs/ssh) or consult your SSH client documentation.

  4. ssh-agent が実行していることを確認したら、次のコマンドを使用して SSH 秘密キーをエージェントに追加します。Once you have verified that ssh-agent is running, use the following to add your SSH private key to the agent:

     ssh-add ~/.ssh/id_rsa
    

    秘密キーを別のファイルに格納している場合は、 ~/.ssh/id_rsa をそのファイルのパスに置き換えます。If your private key is stored in a different file, replace ~/.ssh/id_rsa with the path to the file.

  5. SSH を使用して、クラスターのエッジ ノードまたはヘッド ノードに接続します。Connect to the cluster edge node or head nodes using SSH. 次に、SSH コマンドを使用して、ワーカー ノードまたは Zookeeper ノードに接続します。Then use the SSH command to connect to a worker or zookeeper node. 転送されたキーを使用して、接続が確立します。The connection is established using the forwarded key.

ファイルのコピーCopy files

scp ユーティリティを使用すると、クラスター内の個々のノード間でファイルをコピーできます。The scp utility can be used to copy files to and from individual nodes in the cluster. たとえば、次のコマンドは、ローカル システムの test.txt ディレクトリをプライマリ ヘッド ノードにコピーします。For example, the following command copies the test.txt directory from the local system to the primary head node:

scp test.txt sshuser@clustername-ssh.azurehdinsight.net:

: の後にパスが指定されていないため、ファイルは sshuser ホーム ディレクトリに配置されます。Since no path is specified after the :, the file is placed in the sshuser home directory.

次の例は、test.txt ファイルをプライマリ ヘッド ノードの sshuser ホーム ディレクトリからローカル システムにコピーします。The following example copies the test.txt file from the sshuser home directory on the primary head node to the local system:

scp sshuser@clustername-ssh.azurehdinsight.net:test.txt .

重要

scp は、クラスター内の個々のノードのファイル システムだけにアクセスできます。scp can only access the file system of individual nodes within the cluster. クラスターの HDFS と互換性のあるストレージ内のデータにアクセスするために使用することはできません。It cannot be used to access data in the HDFS-compatible storage for the cluster.

SSH セッションから使用するためのリソースをアップロードする必要がある場合は、scp を使用します。Use scp when you need to upload a resource for use from an SSH session. たとえば、Python スクリプトをアップロードし、SSH セッションからスクリプトを実行します。For example, upload a Python script and then run the script from an SSH session.

HDFS と互換性のあるストレージに直接データを読み込む方法の詳細については、以下のドキュメントを参照してください。For information on directly loading data into the HDFS-compatible storage, see the following documents:

次の手順Next steps