HDInsight での対話型クエリの使用Use Interactive Query with HDInsight

対話型クエリ (別名 Hive LLAP または Low Latency Analytical Processing) は、Azure HDInsight のクラスターの一種です。Interactive Query (also called Hive LLAP, or Low Latency Analytical Processing) is an Azure HDInsight cluster type. 対話型クエリではインメモリ キャッシュがサポートされるため、Hive クエリの速度と対話性が向上します。Interactive Query supports in-memory caching, which makes Hive queries faster and much more interactive.

対話型クエリ クラスターは、Hadoop クラスターとは異なり、An Interactive Query cluster is different from a Hadoop cluster. Hive サービスのみが含まれます。It contains only the Hive service.

注意

対話型クエリ クラスターの Hive サービスには、Ambari Hive View、Beeline、および Microsoft Hive Open Database Connectivity ドライバー (Hive ODBC) からのみアクセスできます。You can access the Hive service in the Interactive Query cluster only via Ambari Hive View, Beeline, and the Microsoft Hive Open Database Connectivity driver (Hive ODBC). Hive コンソール、Templeton、Azure クラシック CLI、Azure PowerShell からはアクセスできません。You can’t access it via the Hive console, Templeton, the Azure Classic CLI, or Azure PowerShell.

対話型クエリ クラスターの作成Create an Interactive Query cluster

HDInsight クラスターの作成について詳しくは、HDInsight での Hadoop クラスターの作成に関するページをご覧ください。For information about creating a HDInsight cluster, see Create Hadoop clusters in HDInsight. 対話型クエリのクラスターの種類を選択します。Choose the Interactive Query cluster type.

対話型クエリから Hive クエリを実行するExecute Hive queries from Interactive Query

Hive クエリを実行するには、次のオプションがあります。To execute Hive queries, you have the following options:

Java Database Connectivity (JDBC) 接続文字列は次の方法で調べることができます。To find the Java Database Connectivity (JDBC) connection string:

  1. https://<クラスター名>.AzureHDInsight.net という URL を使用して Ambari にサインインします。Sign in to Ambari by using the following URL: https://<cluster name>.AzureHDInsight.net.
  2. 左側のメニューで [Hive] を選択します。In the left menu, select Hive.
  3. URL をコピーするには、クリップボード アイコンを選択します。To copy the URL, select the clipboard icon:

    HDInsight Hadoop 対話型クエリ LLAP JDBC

次の手順Next steps