Azure HPC Cache 向けに Azure CLI を設定する

Azure CLI を使用して Azure HPC Cache を作成または管理する前に、次の手順に従って環境を準備します。

前提条件

  • Azure Cloud Shell で Bash 環境を使用します。 詳細については、Azure Cloud Shell の Bash のクイックスタートに関するページを参照してください。

    新しいウィンドウで Cloud Shell を起動する

  • CLI リファレンス コマンドをローカルで実行する場合、Azure CLI をインストールします。 Windows または macOS で実行している場合は、Docker コンテナーで Azure CLI を実行することを検討してください。 詳細については、「Docker コンテナーで Azure CLI を実行する方法」を参照してください。

    • ローカル インストールを使用する場合は、az login コマンドを使用して Azure CLI にサインインします。 認証プロセスを完了するには、ターミナルに表示される手順に従います。 その他のサインイン オプションについては、Azure CLI でのサインインに関するページを参照してください。

    • 初回使用時にインストールを求められたら、Azure CLI 拡張機能をインストールします。 拡張機能の詳細については、Azure CLI で拡張機能を使用する方法に関するページを参照してください。

    • az version を実行し、インストールされているバージョンおよび依存ライブラリを検索します。 最新バージョンにアップグレードするには、az upgrade を実行します。

  • Azure HPC Cache には、Azure CLI のバージョン 2.7 以降が必要です。 Azure Cloud Shell を使用している場合は、最新バージョンが既にインストールされています。

既定のリソース グループを設定する (省略可能)

ほとんどの hpc-cache コマンドでは、キャッシュのリソース グループを渡す必要があります。 既定のリソース グループを設定するには、az config を使用します。

次のステップ

Azure CLI 拡張機能をインストールしてログインすると、Azure CLI を使用して Azure HPC Cache システムを作成および管理できます。