Azure HPC キャッシュを作成するCreate an Azure HPC Cache

Azure portal を使用してキャッシュを作成します。Use the Azure portal to create your cache.

Azure portal に表示されるキャッシュの概要と下部の作成ボタンのスクリーンショット

基本的な詳細を定義するDefine basic details

Azure portal のプロジェクト詳細ページのスクリーンショット

[プロジェクトの詳細] で、キャッシュのホストとなるサブスクリプションとリソース グループを選択します。In Project Details, select the subscription and resource group that will host the cache. サブスクリプションがアクセス一覧にあることを確認します。Make sure the subscription is on the access list.

[サービスの詳細] で、キャッシュの名前と、これらのその他の属性を設定します。In Service Details, set the cache name and these other attributes:

  • 場所 - サポートされているリージョンのいずれかを選択します。Location - Select one of the supported regions.
  • 仮想ネットワーク - 既存のものを選択するか、新しい仮想ネットワークを作成することができます。Virtual network - You can select an existing one or create a new virtual network.
  • サブネット - 少なくとも 64 個の IP アドレス (/24) を持つサブネットを選択または作成します。Subnet - Choose or create a subnet with at least 64 IP addresses (/24). このサブネットは、この Azure HPC Cache インスタンスにのみ使用する必要があります。This subnet must be used only for this Azure HPC Cache instance.

キャッシュ容量を設定するSet cache capacity

[キャッシュ] ページで、キャッシュの容量を設定する必要があります。On the Cache page, you must set the capacity of your cache. ご自分のキャッシュで保持できるデータの量とクライアント要求の処理の迅速さは、ここで設定する値によって決まります。The values set here determine how much data your cache can hold and how quickly it can service client requests.

また、容量はキャッシュのコストにも影響します。Capacity also affects the cache's cost.

これらの 2 つの値を設定して容量を選択してください。Choose the capacity by setting these two values:

  • キャッシュの最大データ転送速度 (スループット) (GB/秒)The maximum data transfer rate for the cache (throughput), in GB/second
  • キャッシュ データ用に割り当てるストレージの容量 (TB)The amount of storage allocated for cached data, in TB

選択可能ないずれかのスループット値とキャッシュ ストレージ サイズを選択してください。Choose one of the available throughput values and cache storage sizes.

実際のデータ転送速度は、ワークロードとネットワーク速度、ストレージ ターゲットの種類によって異なることに注意してください。Keep in mind that the actual data transfer rate depends on workload, network speeds, and the type of storage targets. 選択した値により、キャッシュ システム全体の最大スループットが設定されますが、その一部はオーバーヘッド タスクに使用されます。The values you choose set the maximum throughput for the entire cache system, but some of that is used for overhead tasks. たとえば、キャッシュに既に格納されていないファイルがクライアントによって要求された場合、またはファイルが古いとマークされている場合、キャッシュでは、スループットの一部を使用して、バックエンド ストレージからファイルがフェッチされます。For example, if a client requests a file that isn't already stored in the cache, or if the file is marked as stale, your cache uses some of its throughput to fetch it from back-end storage.

Azure HPC Cache では、キャッシュ ヒット率を最大限に高めるために、どのファイルをキャッシュして事前に読み込むかが管理されます。Azure HPC Cache manages which files are cached and preloaded to maximize cache hit rates. キャッシュの内容は絶えず評価され、アクセスされる頻度が低くなったファイルは長期ストレージに移されます。Cache contents are continuously assessed, and files are moved to long-term storage when they're less frequently accessed. メタデータ用の追加領域やその他のオーバーヘッドと、アクティブな作業ファイル一式を無理なく保持できるキャッシュ ストレージ サイズを選んでください。Choose a cache storage size that can comfortably hold the active set of working files, plus additional space for metadata and other overhead.

キャッシュ サイズ設定ページのスクリーンショット

Azure Key Vault の暗号化を有効にする (省略可能)Enable Azure Key Vault encryption (optional)

カスタマー マネージド暗号化キーをサポートしているリージョンにキャッシュがある場合は、 [キャッシュ][タグ] タブの間に [Disk encryption keys](ディスク暗号化キー) ページが表示されます。If your cache is in a region that supports customer-managed encryption keys, the Disk encryption keys page appears between the Cache and Tags tabs. 公開時点では、このオプションは米国東部、米国中南部、米国西部 2 でサポートされています。At publication time, this option is supported in East US, South Central US, and West US 2.

キャッシュ ストレージで使用する暗号化キーを管理する場合は、 [Disk encryption keys](ディスク暗号化キー) ページで Azure Key Vault 情報を入力します。If you want to manage the encryption keys used with your cache storage, supply your Azure Key Vault information on the Disk encryption keys page. キー コンテナーは、キャッシュと同じリージョンおよび同じサブスクリプションに存在する必要があります。The key vault must be in the same region and in the same subscription as the cache.

カスタマー マネージド キーが不要な場合は、このセクションを省略できます。You can skip this section if you do not need customer-managed keys. Azure では、既定で Microsoft のマネージド キーを使用してデータを暗号化します。Azure encrypts data with Microsoft-managed keys by default. 詳細については、Azure Storage の暗号化に関する記事を参照してください。Read Azure storage encryption to learn more.

注意

  • キャッシュの作成後に、Microsoft のマネージド キーとカスタマー マネージド キーを切り換えることはできません。You cannot change between Microsoft-managed keys and customer-managed keys after creating the cache.
  • キャッシュが作成されたら、それに対してキー コンテナーへのアクセスを承認する必要があります。After the cache is created, you must authorize it to access the key vault. キャッシュの [概要] ページの [暗号化を有効にする] ボタンをクリックして、暗号化を有効にします。Click the Enable encryption button in the cache's Overview page to turn on encryption. この手順は、キャッシュの作成から 90 分以内に実行してください。Take this step within 90 minutes of creating the cache.
  • キャッシュ ディスクは、この承認の後に作成されます。Cache disks are created after this authorization. これは、最初のキャッシュ作成時間は短いが、アクセスを承認してから 10 分以上はキャッシュを使用できないことを意味します。This means that the initial cache creation time is short, but the cache will not be ready to use for ten minutes or more after you authorize access.

カスタマー マネージド キー暗号化プロセスの詳細については、「Azure HPC Cache にカスタマー マネージド暗号化キーを使用する」を参照してください。For a complete explanation of the customer-managed key encryption process, read Use customer-managed encryption keys for Azure HPC Cache.

[Customer managed](カスタマー マネージド) が選択され、キー コンテナーのフィールドが表示されている暗号化キー ページのスクリーンショット

カスタマー マネージド キー暗号化を選択するには、 [Customer managed](カスタマー マネージド) を選択します。Select Customer managed to choose customer-managed key encryption. キー コンテナー指定のフィールドが表示されます。The key vault specification fields appear. 使用する Azure Key Vault を選択し、このキャッシュに使用するキーとバージョンを選択します。Select the Azure Key Vault to use, then select the key and version to use for this cache. キーは、2048 ビット RSA キーである必要があります。The key must be a 2048-bit RSA key. このページで、新しいキー コンテナー、キー、キー バージョンを作成できます。You can create a new key vault, key, or key version from this page.

キャッシュを作成したら、それに対してキー コンテナー サービスの使用を承認する必要があります。After you create the cache, you must authorize it to use the key vault service. 詳細については、「キャッシュから Azure Key Vault の暗号化を承認する」を参照してください。Read Authorize Azure Key Vault encryption from the cache for details.

リソース タグを追加する (省略可)Add resource tags (optional)

[タグ] ページでは、お使いの Azure HPC キャッシュ インスタンスにリソース タグを追加できます。The Tags page lets you add resource tags to your Azure HPC Cache instance.

キャッシュの作成を完了するFinish creating the cache

新しいキャッシュを構成したら、 [確認と作成] タブをクリックします。選択内容がポータルによって検証されるほか、自分で選択内容を確認することができます。After configuring the new cache, click the Review + create tab. The portal validates your selections and lets you review your choices. すべて正しければ [作成] をクリックしてください。If everything is correct, click Create.

キャッシュの作成には 10 分程度かかります。Cache creation takes about 10 minutes. 進行状況は、Azure portal の通知パネルで追跡できます。You can track the progress in the Azure portal's notifications panel.

ポータルのキャッシュ作成画面 ("デプロイが進行中です" ページと "通知" ページ) のスクリーンショット

作成が完了すると、新しい Azure HPC Cache インスタンスへのリンクと共に通知が表示され、ご利用のサブスクリプションの [リソース] リストにキャッシュが表示されます。When creation finishes, a notification appears with a link to the new Azure HPC Cache instance, and the cache appears in your subscription's Resources list.

Azure portal における Azure HPC Cache インスタンスのスクリーンショット

注意

キャッシュでカスタマー マネージド暗号化キーを使用する場合は、デプロイの状態が完了に変更される前に、リソースの一覧にそのキャッシュが表示されることがあります。If your cache uses customer-managed encryption keys, the cache might appear in the resources list before the deployment status changes to complete. キャッシュの状態が [Waiting for key](キーの待機中) になるとすぐに、それに対してキー コンテナーの使用を承認することができます。As soon as the cache's status is Waiting for key you can authorize it to use the key vault.

次のステップNext steps

[リソース] の一覧にキャッシュが表示されたら、次の手順に進むことができます。After your cache appears in the Resources list, you can move to the next step.