Azure HPC Cache をマウントする

作成されたキャッシュには、NFS クライアントから単純な mount コマンドでアクセスできます。 このコマンドは、Azure HPC Cache 上の特定のストレージ ターゲット パスを、クライアント マシンのローカル ディレクトリに接続します。

mount コマンドは、次の要素で構成されています。

  • キャッシュのマウント アドレスの 1 つ (キャッシュの概要ページに一覧表示されます)
  • ストレージ ターゲットに対して設定する仮想名前空間のパス (キャッシュの名前空間ページに一覧表示)
  • クライアントで使用するローカル パス
  • この種類の NFS マウントの成功を最適化するコマンド パラメーター

キャッシュの [Mount instructions]\(マウント手順\) ページでは、情報と推奨されるオプションが収集され、コピーできるプロトタイプの mount コマンドが作成されます。 詳細については、「マウント手順ユーティリティを使用する」をお読みください。

クライアントを準備する

このセクションのガイドラインに従って、クライアントが Azure HPC Cache をマウントできることを確認します。

ネットワーク アクセスを提供する

クライアント マシンには、キャッシュの仮想ネットワークとプライベート サブネットへのネットワーク アクセスが必要です。

たとえば、同じ仮想ネットワーク内にクライアントの VM を作成するか、または仮想ネットワーク内でエンドポイントやゲートウェイなどのソリューションを使用して外部からアクセスできるようにします。 (キャッシュ自体以外は、キャッシュのサブネット内でホストする必要があることに注意してください)。

ユーティリティをインストールする

NFS の mount コマンドをサポートするために適切な Linux ユーティリティ ソフトウェアをインストールします。

  • Red Hat Enterprise Linux または SuSE の場合: sudo yum install -y nfs-utils
  • Ubuntu または Debian の場合: sudo apt-get install nfs-common

ローカル パスを作成する

各クライアントに、キャッシュに接続するためのローカル ディレクトリ パスを作成します。 マウントする名前空間のパスごとにパスを作成します。

例: sudo mkdir -p /mnt/hpc-cache-1/target3

Azure portal の [マウントに関する指示] ページに、コピーできるプロトタイプ コマンドがあります。

クライアント マシンをキャッシュに接続するときに、このパスを、ストレージ ターゲット エクスポートを表す仮想名前空間のパスに関連付けます。 クライアントが使用する仮想名前空間のパスごとに、ディレクトリを作成します。

マウント手順ユーティリティを使用する

Azure portal の [マウントに関する指示] ページを使用して、コピー可能な mount コマンドを作成できます。 このページは、ポータルのキャッシュ ビューの [構成] セクションから開きます。

クライアントでコマンドを使用する前に、クライアントが前提条件を満たしており、前述の「クライアントを準備する」で説明したように、NFS mount コマンドを使用するために必要なソフトウェアがあることを確認してください。

screenshot of an Azure HPC Cache instance in the portal, with the Configure > Mount instructions page loaded

mount コマンドを作成するには、次の手順に従います。

  1. [クライアント パス] フィールドをカスタマイズします。 このフィールドは、クライアントでローカル パスを作成するために使用できるコマンドの例を示します。 クライアントは、このディレクトリで Azure HPC Cache からローカルにコンテンツにアクセスします。

    フィールドをクリックし、コマンドを編集して目的のディレクトリ名を含めます。 その名前は、sudo mkdir -p の後の文字列の末尾に配置します

    screenshot of the client path field with cursor positioned at the end

    フィールドの編集が完了すると、ページの下部にある mount コマンドが新しいクライアント パスで更新されます。

  2. 一覧からキャッシュのマウント アドレスを選択します。 このメニューには、キャッシュのクライアント マウント ポイントがすべて一覧表示されます。

    キャッシュのパフォーマンスを向上させるために、使用可能なすべてのマウント アドレスでクライアントの負荷を分散させます。

    screenshot of the cache mount address field, with selector showing three IP addresses to choose from

  3. クライアントに使用する仮想名前空間のパスを選択します。 これらのパスは、バックエンド ストレージ システム上のエクスポートにリンクします。

    Screenshot that shows the

    仮想名前空間のパスは、 [名前空間] ポータル ページで表示および変更できます。 方法については、「集約された名前空間を設定する」を参照してください。

    Azure HPC Cache の集約された名前空間の機能の詳細については、「集約された名前空間を計画する」を参照してください。

  4. [Mount command]\(mount コマンド\) フィールドには、前のフィールドで設定したマウント アドレス、仮想名前空間のパス、クライアント パスを使用する、カスタマイズされた mount コマンドが自動的に入力されます。

    フィールドの右側にあるコピー記号をクリックすると、自動的にクリップボードにコピーされます。

    screenshot of the prototype mount command field, showing hover text for the

    その下に、同じクライアント パスと名前空間パスが含まれているが、異なるキャッシュ マウント アドレスを使用する代替のマウント コマンドが表示されます。 最高のパフォーマンスを得るには、HPC Cache 上の使用可能なすべてのアドレス間で均等にクライアントをマウントする必要があります。

  5. コピーした mount コマンドをクライアント マシンで使用して、それを Azure HPC Cache に接続します。 コマンドをクライアントのコマンド ラインから直接発行することも、クライアントのセットアップ スクリプトまたはテンプレートに mount コマンドを含めることもできます。

mount コマンドの構文について

mount コマンドの形式は次のとおりです。

sudo mount {"オプション"} "キャッシュ マウント アドレス":/"名前空間のパス" "ローカル パス"

例:

root@test-client:/tmp# mkdir hpccache
root@test-client:/tmp# sudo mount -o hard,proto=tcp,mountproto=tcp,retry=30 10.0.0.28:/blob-demo-0722 hpccache
root@test-client:/tmp#

このコマンドが成功すると、ストレージ エクスポートの内容がクライアントの hpccache ディレクトリに表示されます。

マウント コマンドのオプション

クライアントのマウントが確実に行われるように、mount コマンドで以下の設定と引数を渡します。

mount -o hard,proto=tcp,mountproto=tcp,retry=30 ${CACHE_IP_ADDRESS}:/${NAMESPACE_PATH} ${LOCAL_FILESYSTEM_MOUNT_POINT}

推奨される mount コマンドの設定 説明
hard Azure HPC Cache に対するソフト マウントは、アプリケーション エラーおよび可能性のあるデータ損失と関連付けられます。
proto=tcp このオプションは、NFS ネットワーク エラーの適切な処理をサポートします。
mountproto=tcp このオプションは、マウント操作に対するネットワーク エラーの適切な処理をサポートします。
retry=<value> 一時的なマウントの障害を回避するため、retry=30 を設定します。 (フォアグラウンド マウントの場合は、別の値が推奨されます。)

mount コマンドのコンポーネントを見つける

[マウントに関する指示] ページを使用せずに mount コマンドを作成する場合は、キャッシュの [概要] ページでマウント アドレスを、 [名前空間] ページで仮想名前空間のパスを確認できます。

screenshot of Azure HPC Cache instance's Overview page, with a highlight box around the mount addresses list on the lower right

注意

キャッシュのマウント アドレスは、キャッシュのサブネット内のネットワーク インターフェイスに対応します。 リソース グループでは、これらの NIC が、末尾に -cluster-nic- と数字が付いた名前で表示されます。 これらのインターフェイスは変更したり削除したりしないでください。キャッシュが利用できなくなります。

仮想名前空間のパスは、キャッシュの [名前空間] 設定ページに表示されます。

screenshot of the portal Settings > Namespace page with a highlight box around the first column of the table:

使用可能なすべてのマウント アドレスを使用する

キャッシュ用に一覧表示されているすべての IP アドレス間でクライアント トラフィックを分散させる必要があります。 すべてのクライアントを 1 つのアドレスにのみマウントすると、キャッシュのパフォーマンスが低下します。

クライアントごとに異なるマウント アドレスを手動で、またはスクリプトを作成することによって選択できます。 また、ラウンドロビン DNS (RRDNS) 用に構成された DNS サーバーを使用して、使用可能なすべてのアドレス間でクライアント マウントを自動的にローテーションすることもできます。 詳細については、HPC Cache トラフィックの負荷分散に関するページを参照してください。

次のステップ