Azure HPC Cache をマウントするMount the Azure HPC Cache

作成されたキャッシュには、NFS クライアントから単純な mount コマンドでアクセスできます。After the cache is created, NFS clients can access it with a simple mount command. このコマンドは、Azure HPC Cache 上の特定のストレージ ターゲット パスを、クライアント マシンのローカル ディレクトリに接続します。The command connects a specific storage target path on the Azure HPC Cache to a local directory on the client machine.

mount コマンドは、次の要素で構成されています。The mount command is made up of these elements:

  • キャッシュのマウント アドレスの 1 つ (キャッシュの概要ページに一覧表示されます)One of the cache's mount addresses (listed on the cache overview page)
  • ストレージ ターゲットに対して設定する仮想名前空間のパス (キャッシュの名前空間ページに一覧表示)A virtual namespace path that you set for the storage target (listed on the cache namespace page)
  • クライアントで使用するローカル パスThe local path to use on the client
  • この種類の NFS マウントの成功を最適化するコマンド パラメーターCommand parameters that optimize the success of this kind of NFS mount

キャッシュの [Mount instructions](マウント手順) ページでは、情報と推奨されるオプションが収集され、コピーできるプロトタイプの mount コマンドが作成されます。The Mount instructions page for your cache collects the information and the recommended options for you, and creates a prototype mount command that you can copy. 詳細については、「マウント手順ユーティリティを使用する」をお読みください。Read Use the mount instructions utility for details.

クライアントを準備するPrepare clients

このセクションのガイドラインに従って、クライアントが Azure HPC Cache をマウントできることを確認します。Make sure your clients are able to mount the Azure HPC Cache by following the guidelines in this section.

ネットワーク アクセスを提供するProvide network access

クライアント マシンには、キャッシュの仮想ネットワークとプライベート サブネットへのネットワーク アクセスが必要です。The client machines must have network access to the cache's virtual network and private subnet.

たとえば、同じ仮想ネットワーク内にクライアントの VM を作成するか、または仮想ネットワーク内でエンドポイントやゲートウェイなどのソリューションを使用して外部からアクセスできるようにします。For example, create client VMs within the same virtual network, or use an endpoint, gateway, or other solution in the virtual network for access from outside. (キャッシュ自体以外は、キャッシュのサブネット内でホストする必要があることに注意してください)。(Remember that nothing other than the cache itself should be hosted inside the cache's subnet.)

ユーティリティをインストールするInstall utilities

NFS の mount コマンドをサポートするために適切な Linux ユーティリティ ソフトウェアをインストールします。Install the appropriate Linux utility software to support the NFS mount command:

  • Red Hat Enterprise Linux または SuSE の場合: sudo yum install -y nfs-utilsFor Red Hat Enterprise Linux or SuSE: sudo yum install -y nfs-utils
  • Ubuntu または Debian の場合: sudo apt-get install nfs-commonFor Ubuntu or Debian: sudo apt-get install nfs-common

ローカル パスを作成するCreate a local path

各クライアントに、キャッシュに接続するためのローカル ディレクトリ パスを作成します。Create a local directory path on each client to connect to the cache. マウントする名前空間のパスごとにパスを作成します。Create a path for each namespace path that you want to mount.

例: sudo mkdir -p /mnt/hpc-cache-1/target3Example: sudo mkdir -p /mnt/hpc-cache-1/target3

Azure portal の [マウントに関する指示] ページに、コピーできるプロトタイプ コマンドがあります。The Mount instructions page in the Azure portal includes a prototype command that you can copy.

クライアント マシンをキャッシュに接続するときに、このパスを、ストレージ ターゲット エクスポートを表す仮想名前空間のパスに関連付けます。When you connect the client machine to the cache, you will associate this path with a virtual namespace path that represents a storage target export. クライアントが使用する仮想名前空間のパスごとに、ディレクトリを作成します。Create directories for each of the virtual namespace paths the client will use.

マウント手順ユーティリティを使用するUse the mount instructions utility

Azure portal の [マウントに関する指示] ページを使用して、コピー可能な mount コマンドを作成できます。You can use the Mount instructions page in the Azure portal to create a copyable mount command. このページは、ポータルのキャッシュ ビューの [構成] セクションから開きます。Open the page from the Configure section of the cache view in the portal.

クライアントでコマンドを使用する前に、クライアントが前提条件を満たしており、前述の「クライアントを準備する」で説明したように、NFS mount コマンドを使用するために必要なソフトウェアがあることを確認してください。Before using the command on a client, make sure the client meets the prerequisites and has the software needed to use the NFS mount command as described above in Prepare clients.

[構成] > [Mount instructions](マウント手順) ページが読み込まれている、ポータルの Azure HPC Cache インスタンスのスクリーンショット

mount コマンドを作成するには、次の手順に従います。Follow this procedure to create the mount command.

  1. [クライアント パス] フィールドをカスタマイズします。Customize the Client path field. このフィールドは、クライアントでローカル パスを作成するために使用できるコマンドの例を示します。This field gives an example command that you can use to create a local path on the client. クライアントは、このディレクトリで Azure HPC Cache からローカルにコンテンツにアクセスします。The client accesses the content from the Azure HPC Cache locally in this directory.

    フィールドをクリックし、コマンドを編集して目的のディレクトリ名を含めます。Click the field and edit the command to contain the directory name you want. その名前は、sudo mkdir -p の後の文字列の末尾に配置しますThe name appears at the end of the string after sudo mkdir -p

    カーソルが末尾に置かれた [クライアント パス] フィールドのスクリーンショット

    フィールドの編集が完了すると、ページの下部にある mount コマンドが新しいクライアント パスで更新されます。After you finish editing the field, the mount command at the bottom of the page updates with the new client path.

  2. 一覧から キャッシュのマウント アドレス を選択します。Choose the Cache mount address from the list. このメニューには、キャッシュのクライアント マウント ポイントがすべて一覧表示されます。This menu lists all of the cache's client mount points.

    キャッシュのパフォーマンスを向上させるために、使用可能なすべてのマウント アドレスでクライアントの負荷を分散させます。Balance client load across all of the available mount addresses for better cache performance.

    [キャッシュのマウント アドレス] フィールドのスクリーンショット (選択できる 3 つの IP アドレスがセレクターに表示されている)

  3. クライアントに使用する 仮想名前空間のパス を選択します。Choose the Virtual namespace path to use for the client. これらのパスは、バックエンド ストレージ システム上のエクスポートにリンクします。These paths link to exports on the back-end storage system.

    セレクターが開かれている [仮想名前空間のパス] フィールドを示すスクリーンショット。

    仮想名前空間のパスは、 [名前空間] ポータル ページで表示および変更できます。You can view and change virtual namespace paths on the Namespace portal page. 方法については、「集約された名前空間を設定する」を参照してください。Read Set up the aggregated namespace to see how.

    Azure HPC Cache の集約された名前空間の機能の詳細については、「集約された名前空間を計画する」を参照してください。To learn more about Azure HPC Cache's aggregated namespace feature, read Plan the aggregated namespace.

  4. 手順 3 の [Mount command](mount コマンド) フィールドには、前のフィールドで設定したマウント アドレス、仮想名前空間のパス、クライアント パスを使用する、カスタマイズされた mount コマンドが自動的に入力されます。The Mount command field in step three automatically populates with a customized mount command that uses the mount address, virtual namespace path, and client path that you set in the previous fields.

    フィールドの右側にあるコピー記号をクリックすると、自動的にクリップボードにコピーされます。Click the copy symbol to the right side of the field to automatically copy it to your clipboard.

    [クリップボードにコピー] ボタンのホバー テキストが表示されているプロトタイプ マウント コマンド フィールドのスクリーンショット

  5. コピーした mount コマンドをクライアント マシンで使用して、それを Azure HPC Cache に接続します。Use the copied mount command on the client machine to connect it to the Azure HPC Cache. コマンドをクライアントのコマンド ラインから直接発行することも、クライアントのセットアップ スクリプトまたはテンプレートに mount コマンドを含めることもできます。You can issue the command directly from the client command line, or include the mount command in a client setup script or template.

mount コマンドの構文についてUnderstand mount command syntax

mount コマンドの形式は次のとおりです。The mount command has the following form:

sudo mount {options} cache_mount_address:/namespace_path local_pathsudo mount {options} cache_mount_address:/namespace_path local_path

例:Example:

root@test-client:/tmp# mkdir hpccache
root@test-client:/tmp# sudo mount -o hard,proto=tcp,mountproto=tcp,retry=30 10.0.0.28:/blob-demo-0722 hpccache
root@test-client:/tmp#

このコマンドが成功すると、ストレージ エクスポートの内容がクライアントの hpccache ディレクトリに表示されます。After this command succeeds, the contents of the storage export will be visible in the hpccache directory on the client.

マウント コマンドのオプションMount command options

クライアントのマウントが確実に行われるように、mount コマンドで以下の設定と引数を渡します。For a robust client mount, pass these settings and arguments in your mount command:

mount -o hard,proto=tcp,mountproto=tcp,retry=30 ${CACHE_IP_ADDRESS}:/${NAMESPACE_PATH} ${LOCAL_FILESYSTEM_MOUNT_POINT}mount -o hard,proto=tcp,mountproto=tcp,retry=30 ${CACHE_IP_ADDRESS}:/${NAMESPACE_PATH} ${LOCAL_FILESYSTEM_MOUNT_POINT}

推奨される mount コマンドの設定Recommended mount command settings 説明Description
hard Azure HPC Cache に対するソフト マウントは、アプリケーション エラーおよび可能性のあるデータ損失と関連付けられます。Soft mounts to Azure HPC Cache are associated with application failures and possible data loss.
proto=tcp このオプションは、NFS ネットワーク エラーの適切な処理をサポートします。This option supports appropriate handling of NFS network errors.
mountproto=tcp このオプションは、マウント操作に対するネットワーク エラーの適切な処理をサポートします。This option supports appropriate handling of network errors for mount operations.
retry=<value> 一時的なマウントの障害を回避するため、retry=30 を設定します。Set retry=30 to avoid transient mount failures. (フォアグラウンド マウントの場合は、別の値が推奨されます。)(A different value is recommended in foreground mounts.)

mount コマンドのコンポーネントを見つけるFind mount command components

[マウントに関する指示] ページを使用せずに mount コマンドを作成する場合は、キャッシュの [概要] ページでマウント アドレスを、 [名前空間] ページで仮想名前空間のパスを確認できます。If you want to create a mount command without using the Mount instructions page, you can find the mount addresses on the cache Overview page and the virtual namespace paths on the Namespace page.

Azure HPC Cache インスタンスの概要ページのスクリーンショット (右下に一連のマウント アドレスが枠囲みで強調表示されている)

注意

キャッシュのマウント アドレスは、キャッシュのサブネット内のネットワーク インターフェイスに対応します。The cache mount addresses correspond to network interfaces inside the cache's subnet. リソース グループでは、これらの NIC が、末尾に -cluster-nic- と数字が付いた名前で表示されます。In a resource group, these NICs are listed with names ending in -cluster-nic- and a number. これらのインターフェイスは変更したり削除したりしないでください。キャッシュが利用できなくなります。Do not alter or delete these interfaces, or the cache will become unavailable.

仮想名前空間のパスは、キャッシュの [名前空間] 設定ページに表示されます。The virtual namespace paths are shown on the cache's Namespace settings page.

テーブルの以下の最初の列に強調のボックスが表示されている、ポータルの [設定] > [名前空間] ページのスクリーンショット: "名前空間のパス"

次のステップNext steps