Export ジョブの修復

エクスポート ジョブが完了した後、オンプレミスで Microsoft Azure Import/Export ツールを実行して、次を行うことができます。

  1. Azure Import/Export サービスでエクスポートできなかったファイルをダウンロードする。

  2. ドライブ上のファイルが正しくエクスポートされたことを検証する。

この機能を使用するには Azure ストレージへの接続が必要になります。

インポート ジョブを修復するためのコマンドは RepairExport です。

RepairExport パラメーター

次のパラメーターは RepairExport とともに指定できます。

パラメーター 説明
/r:<RepairFile> 必須。 修復の進行状況を追跡し、中断された修復を再開できる修復ファイルへのパスです。 各ドライブには修復ファイルが 1 つのみ必要です。 特定のドライブの修復を開始する場合は、まだ存在していない修復ファイルにパスを渡します。 中断された修復を再開するには、既存の修復ファイルの名前を指定してください。 ターゲット ドライブに対応する修復ファイルを必ず指定してください。
/logdir:<LogDirectory> 省略可能。 ログ ディレクトリ。 詳細ログ ファイルは、このディレクトリに書き込まれます。 ログ ディレクトリが指定されていない場合、現在のディレクトリがログ ディレクトリとして使用されます。
/d:<TargetDirectory> 必須。 検証、修復するディレクトリです。 このディレクトリは、通常エクスポート ドライブのルート ディレクトリになりますが、エクスポートされたファイルのコピーが含まれるネットワーク ファイル共有にもできます。
/bk:<BitLockerKey> 省略可能。 エクスポート ファイルが格納されている暗号のロックを解除する場合は、BitLocker キーを指定します。
/sn:<StorageAccountName> 必須。 エクスポート ジョブのストレージ アカウント名です。
/sk:<StorageAccountKey> コンテナー SAS が指定されていない場合のみ 必須。 エクスポート ジョブのストレージ アカウントのアカウント キーです。
/csas:<ContainerSas> ストレージ アカウント キーが指定されていない場合のみ 必須。 エクスポート ジョブに関連付けられている BLOB にアクセスするためのコンテナー SAS です。
/CopyLogFile:<DriveCopyLogFile> 必須。 ドライブ コピー ログ ファイルへのパスです。 ファイルは、Windows Azure Import/Export サービスによって生成され、ジョブに関連付けられた BLOB ストレージからダウンロードできます。 コピー ログ ファイルには、障害が発生した BLOB または修復するファイルに関する情報が含まれています。
/ManifestFile:<DriveManifestFile> 省略可能。 エクスポート ドライブのマニフェスト ファイルへのパスです。 このファイルは、Windows Azure Import/Export サービスによって生成され、エクスポート ドライブ上に格納されます。 必要に応じて、ジョブに関連付けられているストレージ アカウントの BLOB に格納されます。

エクスポート ドライブ上のファイルの内容は、このファイルに格納されている MD5 ハッシュに基づいて検証されます。 破損したファイルはすべてダウンロードされ、ターゲット ディレクトリに書き換えられます。

RepairExport モードを使用して失敗したエクスポートを修正する

Azure Import/Export ツールを使用して、エクスポートできなかったファイルをダウンロードできます。 コピー ログ ファイルには、エクスポートできなかったファイルの一覧が格納されます。

エクスポート エラーの原因の可能性には次が含まれます。

  • 破損したドライブ

  • 転送処理中に変更されたストレージ アカウント キー

WAImportExport ツールを RepairExport モードで実行するには、まず、エクスポートしたファイルが保存されているドライブをコンピューターに接続します。 次に、Azure Import/Export ツールを実行して、/d パラメーターでそのドライブへのパスを指定します。 また、ダウンロードしたドライブのコピー ログ ファイルへのパスも指定する必要があります。 次のコマンド ラインの例では、エクスポートに失敗したファイルを修復するツールが実行されます。

WAImportExport.exe RepairExport /r:C:\WAImportExport\9WM35C3U.rep /d:G:\ /sn:bobmediaaccount /sk:VkGbrUqBWLYJ6zg1m29VOTrxpBgdNOlp+kp0C9MEdx3GELxmBw4hK94f7KysbbeKLDksg7VoN1W/a5UuM2zNgQ== /CopyLogFile:C:\WAImportExport\9WM35C3U.log  

次の例は、BLOB 内のブロックの 1 つがエクスポートに失敗したことを示すコピー ログ ファイルの例です。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>  
<DriveLog>  
  <DriveId>9WM35C2V</DriveId>  
  <Blob Status="CompletedWithErrors">  
    <BlobPath>pictures/wild/desert.jpg</BlobPath>  
    <FilePath>\pictures\wild\desert.jpg</FilePath>  
    <LastModified>2012-09-18T23:47:08Z</LastModified>  
    <Length>163840</Length>  
    <BlockList>  
      <Block Offset="65536" Length="65536" Id="AQAAAA==" Status="Failed" />  
    </BlockList>  
  </Blob>  
  <Status>CompletedWithErrors</Status>  
</DriveLog>  

コピー ログ ファイルでは、Windows Azure Import/Export サービスが BLOB ブロックの 1 つをエクスポート ドライブのファイルにダウンロードしている間にエラーが発生したことを示しています。 ファイルの他のコンポーネントは正常にダウンロードされ、ファイルの長さは正しく設定されていました。 この場合、ツールはドライブ上のファイルを開き、ストレージ アカウントからブロックをダウンロードして、長さ 65536 でオフセット 65536 から始まる範囲のファイルに書き込みます。

RepairExport を使用してドライブの内容を検証する

RepairExport オプションを指定して Azure インポート/エクスポート ツールを実行すれば、ドライブ上のデータが正しいかどうかを検証することもできます。 各エクスポート ドライブのマニフェスト ファイルには、ドライブの内容に関する MD5 が含まれています。

また Azure Import/Export サービスは、エクスポート プロセス中にマニフェスト ファイルをストレージ アカウントに保存することもできます。 マニフェスト ファイルの場所は、ジョブが完了した際に Get Job 操作を通じて利用可能になります。 ドライブ マニフェスト ファイルの形式の詳細については、Import/Export サービスのマニフェスト ファイルの形式に関する記事を参照してください。

次の例では、/ManifestFile パラメーターと /CopyLogFile パラメーターを使用する Azure Import/Export ツールを実行する方法を示しています。

WAImportExport.exe RepairExport /r:C:\WAImportExport\9WM35C3U.rep /d:G:\ /sn:bobmediaaccount /sk:VkGbrUqBWLYJ6zg1m29VOTrxpBgdNOlp+kp0C9MEdx3GELxmBw4hK94f7KysbbeKLDksg7VoN1W/a5UuM2zNgQ== /CopyLogFile:C:\WAImportExport\9WM35C3U.log /ManifestFile:G:\9WM35C3U.manifest  

次の例では、マニフェスト ファイルを示します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>  
<DriveManifest Version="2011-10-01">  
  <Drive>  
    <DriveId>9WM35C3U</DriveId>  
    <ClientCreator>Windows Azure Import/Export service</ClientCreator>  
    <BlobList>
      <Blob>  
        <BlobPath>pictures/city/redmond.jpg</BlobPath>  
        <FilePath>\pictures\city\redmond.jpg</FilePath>  
        <Length>15360</Length>  
        <PageRangeList>  
          <PageRange Offset="0" Length="3584" Hash="72FC55ED9AFDD40A0C8D5C4193208416" />  
          <PageRange Offset="3584" Length="3584" Hash="68B28A561B73D1DA769D4C24AA427DB8" />  
          <PageRange Offset="7168" Length="512" Hash="F521DF2F50C46BC5F9EA9FB787A23EED" />  
        </PageRangeList>  
        <PropertiesPath Hash="E72A22EA959566066AD89E3B49020C0A">\pictures\city\redmond.jpg.properties</PropertiesPath>  
      </Blob>  
      <Blob>  
        <BlobPath>pictures/wild/canyon.jpg</BlobPath>  
        <FilePath>\pictures\wild\canyon.jpg</FilePath>  
        <Length>10884</Length>  
        <BlockList>  
          <Block Offset="0" Length="2721" Id="AAAAAA==" Hash="263DC9C4B99C2177769C5EBE04787037" />  
          <Block Offset="2721" Length="2721" Id="AQAAAA==" Hash="0C52BAE2CC20EFEC15CC1E3045517AA6" />  
          <Block Offset="5442" Length="2721" Id="AgAAAA==" Hash="73D1CB62CB426230C34C9F57B7148F10" />  
          <Block Offset="8163" Length="2721" Id="AwAAAA==" Hash="11210E665C5F8E7E4F136D053B243E6A" />  
        </BlockList>  
        <PropertiesPath Hash="81D7F81B2C29F10D6E123D386C3A4D5A">\pictures\wild\canyon.jpg.properties</PropertiesPath>  
      </Blob> 
    </BlobList>  
 </Drive>  
</DriveManifest>  

修復処理が終わると、ツールではマニフェスト ファイルで参照されている各ファイルを読み取り、MD5 ハッシュに基づいて、ファイルの整合性を検証します。 上記のマニフェストでは、次のコンポーネントを確認します。

G:\pictures\city\redmond.jpg, offset 0, length 3584  
  
G:\pictures\city\redmond.jpg, offset 3584, length 3584  
  
G:\pictures\city\redmond.jpg, offset 7168, length 3584  
  
G:\pictures\city\redmond.jpg.properties  
  
G:\pictures\wild\canyon.jpg, offset 0, length 2721  
  
G:\pictures\wild\canyon.jpg, offset 2721, length 2721  
  
G:\pictures\wild\canyon.jpg, offset 5442, length 2721  
  
G:\pictures\wild\canyon.jpg, offset 8163, length 2721  
  
G:\pictures\wild\canyon.jpg.properties  

検証に失敗したコンポーネントはすべて、ツールによってダウンロードされ、ドライブ上の同じファイルに書き換えられます。

次のステップ