Azure Information Protection の別名Azure Information Protection - also known as ...

適用対象: Azure Information ProtectionOffice 365Applies to: Azure Information Protection, Office 365

Azure Information Protection (AIP という略称で呼ばれることもある) は、権利管理保護を実装する、Microsoft の長い歴史を持つ確立されたテクノロジから進化したものです。Azure Information Protection (sometimes abbreviated to AIP) has evolved from a long history of established technologies from Microsoft that implement rights management protection. このような進化により、このソリューションは以前のいずれかの名前で知られている可能性があります。Because of this evolution, you might know this solution by one of its previous names. また、ドキュメント、UI およびログ ファイルでは以前の名前が使用されている可能性もあります。Or you might see references to these names in documentation, the UI, and log files.

これらの名前のいくつかを次のセクションで示します。The following sections list some of these names.

ヒント

これらの製品とサービス名、および関連する用語は「Azure Information Protection の用語」にあります。You'll find many of these product and service names, and their related terms in Terminology for Azure Information Protection.

クラウドベース ソリューションCloud-based solutions

  • Azure Rights Management または Azure Rights Management サービス — 多くの場合、Azure RMS という略称で呼ばれるAzure Rights Management or Azure Rights Management service—frequently abbreviated to Azure RMS

  • Azure Active Directory Rights ManagementAADRM という略称で呼ばれることもあるAzure Active Directory Rights Management—occasionally abbreviated to AADRM

  • Windows Azure Active Directory Rights Management — 多くの場合、Windows Azure AD Rights Management という略称で呼ばれるWindows Azure Active Directory Rights Management—often abbreviated to Windows Azure AD Rights Management

オンプレミス ソリューションOn-premises solutions

  • Active Directory Rights Management サービス — 多くの場合、AD RMS という略称で呼ばれるActive Directory Rights Management Services—frequently abbreviated to AD RMS

  • Windows Rights Management サービス — 多くの場合、Windows RMS という略称で呼ばれるWindows Rights Management Services—often abbreviated to Windows RMS

その他の名前Other names

  • Microsoft Rights Management または Microsoft Rights Management サービスMicrosoft Rights Management or Microsoft Rights Management services

    現在のオンプレミス バージョン (AD RMS) とクラウドベース バージョン (Azure RMS) を含む集合名。The collective name that includes the current on-premises version (AD RMS) and the cloud-based version (Azure RMS).

  • "新しい Microsoft RMS""The NEW Microsoft RMS"

    クラウドベース バージョンが正式にリリースされた際に、オンプレミスの旧システムと比べてそのデプロイの容易さを強調するために、しばしば使用された一般的な表現。A popular label that was sometimes used when the cloud-based version was officially released, to emphasize the new ease of deployment in comparison to its on-premises predecessors.

  • Information Rights Management — 多くの場合、IRM という略称で呼ばれるInformation Rights Management—often abbreviated to IRM

    現在のオンプレミス バージョン (AD RMS) とクラウドベース バージョン (Azure RMS) をサポートするテクノロジを Office に実装したもの。The Office implementation of the technology that supports the current on-premises version (AD RMS) and the cloud-based version (Azure RMS).

  • Rights Management オンラインまたは RMS オンラインRights Management Online or RMS Online

    これは、クラウドベース バージョンの AD RMS に対して提案された初期の名前ですが、ログ ファイルやエラー メッセージでこの名前が表示される可能性があるためここに示しました。This was a proposed early name for the cloud-based version of AD RMS, and included here because you might see this name in log files and error messages.

このテクノロジについては、デジタル著作権管理でよく知られている省略形である DRM として目にしたり、耳にしたりする場合があることに注意してください。Note that you might see or hear references to this technology as DRM, which is a well-known abbreviation for digital rights management. DRM ソリューションは、通常、このエンタープライズ情報保護ソリューションとは大きく異なり、デジタル ソフトウェアの違法配布から保護します。DRM solutions typically protect against illegal distribution of digital software, which is very different from this enterprise information protection solution.

現在、これらの名前はすべて "Azure Information Protection" に置き換えられていますか?Does "Azure Information Protection" now replace all these names?

クラウドベースのソリューションを購入された場合は、置き換えられています。As the cloud-based solution that you purchase, yes. Azure Information Protection では、組織のドキュメントや電子メールの分類およびラベル付けに関する新しい機能が提供されます。したがって、Rights Management による保護を適用できます。Azure Information Protection offers the new capabilities of classification and labeling for an organization's documents and emails, which in turn can apply Rights Management protection.

ただし、Azure Rights Management は Azure Information Protection の保護テクノロジとして、このクラウドベースの Rights Management 保護を使用する Office 365 サービスで引き続き使用されます。However, Azure Rights Management is still used as the protection technology for Azure Information Protection, and for Office 365 services that use this cloud-based Rights Management protection. したがって、Azure Information Protection で使用される保護テクノロジのコンテキストの場合、"Azure Rights Management" (Azure RMS) は現在の名前のままです。So in the context of the protection technology that is used by Azure Information Protection, "Azure Rights Management" (Azure RMS) remains a current name.

同様に、"Active Directory Rights Management Services" (AD RMS) は、オンプレミスの Rights Management 保護を提供する Windows Server サーバー役割については現在の名前のままです。Similarly, "Active Directory Rights Management Services" (AD RMS) remains a current name for the Windows Server server role, which provides on-premises Rights Management protection. この保護テクノロジは Azure Information Protection で使用でき、オンプレミス キーで保護する必要がある、ごく一部のドキュメントや電子メールに適している場合があります。This protection technology can be used with Azure Information Protection and might be suitable for a very small percentage of documents and emails that must be protected by an on-premises key. このシナリオでは、AD RMS は多くの場合、"Hold Your Own Key" (HYOK) ソリューションと呼ばれます。In this scenario, AD RMS is often referred to as the "hold your own key" or HYOK solution.

最新バージョンの評価または購入方法How to evaluate or purchase the latest version

Azure Information Protection の購入および評価方法、またはサブスクリプション プラン別の異なる機能の詳細については、Azure Information Protection のサイトを参照してください。For more information about how you can purchase or evaluate Azure Information Protection, and the different features that are available for the subscription plans, see the Azure Information Protection site.