Rights Management API をサポートするその他のアプリケーションOther applications that support the Rights Management APIs

*適用対象: Azure Information ProtectionOffice 365**Applies to: Azure Information Protection, Office 365*

*関連する内容: AIP の統合ラベル付けクライアントとクラシック クライアント。**Relevant for: AIP unified labeling client and classic client.*

注意

統一された効率的なカスタマー エクスペリエンスを提供するため、Azure portal の Azure Information Protection のクラシック クライアントラベル管理 は、2021 年 3 月 31 日 をもって 非推奨 になります。To provide a unified and streamlined customer experience, Azure Information Protection classic client and Label Management in the Azure Portal are being deprecated as of March 31, 2021. このタイムフレームにより、現在のすべての Azure Information Protection のお客様は、Microsoft Information Protection 統合ラベル付けプラットフォームを使用する統一されたラベル付けソリューションに移行できます。This time-frame allows all current Azure Information Protection customers to transition to our unified labeling solution using the Microsoft Information Protection Unified Labeling platform. 詳細については、公式な非推奨の通知をご覧ください。Learn more in the official deprecation notice.

次の情報は、Azure Information Protection の Azure Rights Management サービスが他のアプリケーションをサポートして組織のデータを保護する方法を理解するのに役立ちます。Use the following information to help you understand how the Azure Rights Management service from Azure Information Protection can support other applications to protect your organization's data.

Azure Information Protection SDK を使用すると、社内開発者は、Azure Rights Management サービスをネイティブでサポートする基幹業務アプリケーションを作成できます。By using the Azure Information Protection SDKs, your internal developers can write line-of-business applications to natively support the Azure Rights Management service. これらのアプリケーションと情報保護を統合する方法は、アプリケーションの作成方法によって決まります。How information protection is integrated with these applications depends on how they are written. たとえば、ユーザーによる最小限の対話操作で統合を自動的に適用するか、またはより細かくカスタマイズされた場合は、ファイルの情報保護を適用するための設定を構成するようにユーザーに要求することができます。For example, the integration might be automatically applied with minimal user interaction required, or for a more customized experience, users might be prompted to configure settings to apply information protection to files.

同様に、多くのソフトウェア ベンダーが情報保護ソリューションを提供するアプリケーションを提供しています。これらは ERM (Enterprise Rights Management) 製品とも呼ばれます。Similarly, many software vendors provide applications to provide information protection solutions, also known as enterprise rights management (ERM) products. 一般的な例は、特定のプラットフォームで Azure Rights Management サービスをサポートする PDF リーダーです。A popular example is a PDF reader that supports the Azure Rights Management service for specific platforms. Azure Rights Management データ保護をサポートするアプリケーション」にある表を使用して Rights Management をサポートするアプリケーション (RMS 対応アプリケーション) を特定してから、Web 検索を使用してそのアプリケーションを購入またはダウンロードすることができます。You can use the table in Applications that support Azure Rights Management data protection to identify applications that support Rights Management (RMS-enlightened applications), and then use a web search to purchase or download the application.

次のステップNext steps

他のアプリケーションおよびサービスで Azure Rights Management サービスをサポートする方法については、「アプリケーションによる Azure Rights Management サービスのサポート」を参照してください。To see how other applications and services support the Azure Rights Management service, see How Applications Support the Azure Rights Management service.