Azure Rights Management 用にアプリケーションを構成するConfiguring applications for Azure Rights Management

適用対象: Azure Information ProtectionOffice 365Applies to: Azure Information Protection, Office 365

注意

ここでは、Azure Information Protection をデプロイした IT 管理者やコンサルタント向けの情報を紹介しています。This information is for IT administrators and consultants who have deployed Azure Information Protection. 特定のアプリケーション用の Rights Management 機能の使用方法、または権利保護されたファイルを開く方法に関するユーザー向けヘルプや情報をお探しの場合は、アプリケーションに付属しているヘルプとガイダンスを使用してください。If you are looking for user help and information about how to use the Rights Management functionality for a specific application or how to open a file that is rights-protected, use the help and guidance that accompanies your application.

たとえば、Office アプリケーションの場合、[ヘルプ] アイコンをクリックし、「 Rights Management 」や「 IRM」などの検索語句を入力します。For example, for Office applications, click the Help icon and enter search terms such as Rights Management or IRM. Windows 用 Azure Information Protection クライアントについては、「Azure Information Protection ユーザー ガイド」を参照してください。For the Azure Information Protection client for Windows, see the Azure Information Protection client user guide.

組織に Azure Information Protection をデプロイしたら、次の情報を使用してアプリケーション、Azure Information Protection クライアント、サービスを構成します。After you have deployed Azure Information Protection for your organization, use the following information to configure applications, the Azure Information Protection client, and services. たとえば、Word 2019、Word 2016、Word 2013 などの Office アプリケーションです。For example, Office applications such as Word 2019, Word 2016, and Word 2013. また、Exchange Online (トランスポート ルール、データ損失の防止、転送禁止、およびメッセージの暗号化) や SharePoint Online (保護されたライブラリ) などのサービスも含まれます。Also services such as Exchange Online (transport rules, data loss prevention, do not forward, and message encryption) and SharePoint Online (protected libraries). これらのアプリケーションとサービスで Azure Information Protection からデータ保護サービスをサポートする方法については、「アプリケーションによる Azure Rights Management サービスのサポート」を参照してください。For information about how these applications and services support the data protection service from Azure Information Protection, see How applications support the Azure Rights Management service.

重要

サポートされているバージョンとその他の要件については、「 Azure Information Protection の要件」を参照してください。For information about supported versions and other requirements, see Requirements for Azure Information Protection.

Exchange Server や SharePoint Server などのオンプレミス サーバーを構成する場合は、「Azure Rights Management コネクタをデプロイする」を参照してください。To configure on-premises servers such as Exchange Server and SharePoint Server, see Deploying the Azure Rights Management connector.

これらのアプリケーションおよびサービスに加えて、Rights Management API をサポートする他のアプリケーションがあります。In addition to these applications and services, there are other applications that support the Rights Management APIs. このカテゴリには、Rights Management SDK を使用して社内で作成された基幹業務アプリケーション、および Rights Management SDK を使用して作成されたソフトウェア ベンダー製アプリケーションが含まれます。This category includes line-of-business applications that are written in-house by using the Rights Management SDK, and applications from software vendors that are written by using the Rights Management SDK. これらのアプリケーションについては、アプリケーション付属の手順を参照してください。For these applications, follow the instructions that are provided with the application.

次の手順Next steps

Azure Rights Management サービスをサポートするためにアプリケーションを構成したら、Azure Information Protection のデプロイ ロードマップを使用して、Azure Information Protection をユーザーおよび管理者にロールアウトする前に行う他の構成手順があるかどうかを確認します。After you’ve configured your applications to support the Azure Rights Management service, use the Azure Information Protection deployment roadmap to check whether there are other configuration steps that you might want to do before you roll out Azure Information Protection to users and administrators. 他の手順を実行する必要がない場合は、次の操作に関する情報が役に立ちます。If not, you might find the following operational information useful: