Azure Information Protection クライアント:クライアントのインストールと構成Azure Information Protection client: Installation and configuration for clients

適用対象: Azure Information ProtectionOffice 365Applies to: Azure Information Protection, Office 365

Office 2010 を実行しているコンピューターでは、Azure Information Protection サービスに対して認証を行うために、Azure Information Protection クライアント (クラシック) または Azure Information Protection 統合ラベルクライアントが必要です。Computers running Office 2010 require either the Azure Information Protection client (classic) or the Azure Information Protection unified labeling client to authenticate to the Azure Information Protection service.

これらの2つのクライアントの違いがわからない場合は、Not sure of the difference between these two clients? Azure Information Protection クライアントと Azure Information Protection の統一されたラベル付けクライアントの違いをご覧ください。See What's the difference between the Azure Information Protection client and the Azure Information Protection unified labeling client?

これらのクライアントは Office アドインをインストールするため、すべての Windows コンピューターにも推奨されます。これにより、ユーザーは Office リボンから直接ドキュメントや電子メールに簡単にラベルを付けて保護することができます。These clients are also recommended for all Windows computers because they install an Office add-in so that users can easily label and protect documents and emails directly from the Office ribbon. また、これらのクライアントは、保護サービス (Azure Rights Management) によってネイティブでサポートされていないファイルの種類のラベル付けと保護、および Office アプリで開くことができない保護されたファイルのビューアーを提供します。These clients also offer labeling and protection for files types that are not natively supported by the protection service (Azure Rights Management), and a viewer for protected files that can't be opened by Office apps. IOS と Android にも同様のビューアーがあります。There's a similar viewer for iOS and Android.

また、クラシッククライアントでは、ユーザーが保護したファイルを追跡および取り消すためのドキュメント追跡サイトもサポートしています。The classic client also supports a document tracking site for users to track and revoke files that they have protected.

Windows 用 Azure Information Protection クライアント: インストールと構成The Azure Information Protection client for Windows: Installation and configuration

Windows 用のクライアントのエンタープライズインストールおよび構成については、次の管理者ガイドを参照してください。For an enterprise installation and configuration of the client for Windows, see the following admin guides:

ただし、これらのクライアントを1台のコンピューターに簡単にインストールしてテストする場合は、ユーザーガイドの次の手順を参照してください。However, if you want to quickly install and test these clients for a single computer, see the following instructions from the user guides:

IOS および Android 用の Azure Information Protection アプリ:インストールと管理The Azure Information Protection app for iOS and Android: Installation and management

IOS および Android 用の Azure Information Protection アプリビューアーをインストールするには、 [Microsoft Azure Information Protection] ページのリンクを使用します。To install the Azure Information Protection app viewer for iOS and Android, use the links on the Microsoft Azure Information Protection page. 構成は必要ありません。No configuration is required.

注意

Mac コンピューターの場合、このページのリンクから RMS 共有アプリをダウンロードします。For Mac computers, links from this page download the RMS sharing app. これらのコンピューターは Azure Information Protection クライアントをサポートしていません。These computers do not support the Azure Information Protection client.

Intune との統合Integration with Intune

Azure Information Protection viewer アプリは Microsoft Intune アプリソフトウェア開発キットを使用するため、iOS デバイスと Android デバイスが Intune に登録されている場合は、次のデバイス用の Azure Information Protection ビューアーアプリを展開して管理できます。Because the Azure Information Protection viewer app uses the Microsoft Intune App Software Development Kit, when iOS and Android devices are enrolled by Intune, you can deploy and manage the Azure Information Protection viewer app for these devices:

  1. Intune に Azure Information Protection アプリを追加するAdd the Azure Information Protection app to Intune

  2. 次のオプションの一方または両方を実行します。Do one or both of the following actions:

Azure Information Protection アプリを Intune に追加するときの追加情報:Additional information for when you add the Azure Information Protection app to Intune:

  • IOS の場合:Intune からアプリを検索して追加します。For iOS: Search for and add the app from Intune.

  • Android の場合:アプリを追加するときに、次の Appstore URL を使用します。For Android: When you add the app, use the following Appstore URL:

      https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.ipviewer
    

Android デバイス用のアプリ保護ポリシーに対して Azure Information Protection アプリを構成すると、保護されたテキスト、イメージ、および PDF ドキュメントを開くだけでなく、このアプリではオーディオ ファイルとビデオ ファイルを開くこともできます。When the Azure Information Protection app is configured for an app protection policy for Android devices, in addition to opening protected text, images, and PDF documents, this app can also open audio and video files. 詳細については、「Azure Information Protection アプリでメディア ファイルを表示する」を参照してください。For more information, see View media files with the Azure Information Protection app.

次の手順Next steps

Azure Information Protection クライアントをインストールして構成した後、ドキュメントや電子メールを保護するために使用できるさまざまな使用権限をクライアントが解釈する方法について、詳細を確認する必要がある場合があります。After you have installed and configured Azure Information Protection clients, you might need to learn more about how the client interprets the different usage rights that can be used to protect documents and emails. 詳細については、「 Azure Information Management の使用権限を構成する」を参照してください。For more information, see Configuring usage rights for Azure Information Management.