Office アプリ: Azure Rights Management サービスを使用するようにクライアントを構成するOffice apps: Configuration for clients to use the Azure Rights Management service

適用対象: Azure Information ProtectionOffice 365Applies to: Azure Information Protection, Office 365

Azure Information Protection から Office アプリと Azure Rights Management サービスを連動するために必要なことを、この情報を元に決定してください。Use this information to determine what you need to do so that Office apps work with the Azure Rights Management service from Azure Information Protection.

Office 365 アプリ、Office 2019、Office 2016、および Office 2013Office 365 apps, Office 2019, Office 2016, and Office 2013

これらの最近のバージョンの Office では、Azure Rights Management サービスをネイティブでサポートしているため、クライアント コンピューターを構成しなくても、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Outlook on the web などのアプリケーションで Information Rights Management (IRM) 機能がサポートされます。Because these later versions of Office natively support the Azure Rights Management service, no client computer configuration is required to support the information rights management (IRM) features for applications such as Word, Excel, PowerPoint, Outlook, and Outlook on the web. すべてのユーザーが Windows 上のこれらのアプリに対して実行する必要があるのは、office 365 資格情報を使用して Office アプリケーションにサインインすることです。All users have to do for these apps on Windows, is sign in to their Office applications with their Office 365 credentials. サインイン後、ファイルやメールを保護したり、他のユーザーが保護したファイルやメールを利用したりできます。They can then can protect files and emails, and use files and emails that have been protected by others.

Office for Mac のユーザー向けの手順User instructions for Office for Mac

Office for Mac を使用するユーザーは、コンテンツを保護する前に、まず資格情報を確認する必要があります。Users who have Office for Mac must first verify their credentials before they can protect content. たとえば、次のようになります。For example:

  1. Office 365 の職場または学校のアカウントを使用して、Outlook を開き、プロファイルを作成します。Open Outlook and create a profile by using your Office 365 work or school account.

  2. 新しいメッセージを作成し、 [オプション] タブで [アクセス許可] を選択し、 [資格情報の検証] を選択します。Create a new message and on the Options tab, select Permissions, and then select Verify Credentials. 入力要求が表示されたら、Office 365 の職場または学校のアカウントの詳細をもう一度指定し、 [サインイン] を選択します。When prompted, specify your Office 365 work or school account details again, and select Sign in.

    この操作により、Azure Rights Management テンプレートがダウンロードされ、資格情報が、制限なし転送不可、およびテナントに発行されている Azure Rights Management テンプレートを含むオプションに置き換えられるようになりました。This action downloads the Azure Rights Management templates and Verify Credentials is now replaced with options that include No Restrictions, Do Not Forward, and any Azure Rights Management templates that are published for your tenant.

  3. この新しいメッセージを今すぐ取り消すことができます。You can now cancel this new message.

  4. 電子メールメッセージまたはドキュメントを保護するには、 [オプション] タブで [アクセス許可] を選択し、電子メールまたはドキュメントを保護するオプションまたはテンプレートを選択します。To protect an email message or a document: On the Options tab, select Permissions and choose an option or template that protects your email or document.

Office 2010Office 2010

クライアントコンピューターが Office 2010 で Azure Rights Management サービスを使用するには、Azure Information Protection クライアント (クラシック) が必要です。For client computers to use the Azure Rights Management service with Office 2010, they must have the Azure Information Protection client (classic). 他の構成は必要ありません。ユーザーが各自の Office 365 資格情報でサインインしさえすれば、ファイルを保護したり、他のユーザーによって保護されたファイルを使用したりできます。No further configuration is required other than users must sign in with their Office 365 credentials and they can then protect files and use files that have been protected by others.

Azure Information Protection クライアント (クラシック) の詳細については、「クライアントのインストールと構成」を参照して Azure Information Protection ください。For more information about the Azure Information Protection client (classic), see Azure Information Protection client: Installation and configuration for clients.