Azure Information Protection ポリシーにラベルを追加または削除するAdd or remove a label to or from an Azure Information Protection policy

適用対象: Azure Information ProtectionApplies to: Azure Information Protection

手順: Windows 用の Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

Azure Information Protection ラベルを作成したら、ユーザーが使用できるようにラベルをポリシーに追加できます。After you create an Azure Information Protection label, you can then add it to a policy so that it is available for users. ラベルがすべてのユーザーに対するものである場合は、ラベルをグローバル ポリシーに追加します。If the label is for all users, add the label to the global policy. ラベルがユーザーのサブセットに対するものである場合は、ラベルをスコープ ポリシーに追加します。If the label is for a subset of users, add the label to a scoped policy. ラベルは 1 つのポリシーにのみ追加できます。A label can be added to only one policy.

サブラベルを追加するには、親ラベルが同じポリシーまたはグローバル ポリシーにある必要があります。To add a sublabel, its parent label must be in the same policy, or in the global policy. サブラベルを追加するとき、メイン ラベルの設定は継承されません。When you add a sublabel, settings from the main label are not inherited. ポリシーでサブラベルを割り当てられているユーザーの場合、メイン ラベルは名前と色の表示コンテナーとしてのみサポートされます。For users who are assigned the sublabel in their policy, the main label is supported only as a display container for the name and color. このシナリオでは、メイン ラベルの他の構成設定は、視覚的なマーキング、保護、および条件に対してサポートされません。In this scenario, other configuration settings in the main label are not supported for visual markings, protection, and conditions. それらを構成することはできますが、メイン ラベルでのそれらの設定は、サブラベルを含まないポリシー内にメイン ラベルがあるユーザーに対してのみサポートされます。Although you can still configure them, those settings in the main label are supported only for users who have the main label in their policy without the sublabel.

既にポリシー内にあるラベルは、ポリシーから削除できます。For labels that are already in a policy, you can remove them from the policy. このアクションでは、ラベルは削除されません。This action does not delete the label. 別のポリシーで利用可能なままになります。It remains available to be used in another policy.

ラベルをまだ作成していない場合は、「Azure Information Protection の新しいラベルを作成する方法」をご覧ください。If you haven't yet created the label, see How to create a new label for Azure Information Protection.

ラベルがユーザーのサブセットに適用されるようにスコープ ポリシーを作成する必要がある場合は、「スコープ ポリシーを使用して特定のユーザーの Azure Information Protection ポリシーを構成する方法」をご覧ください。If you need to create a scoped policy so that the label applies to a subset of users, see How to configure the Azure Information Protection policy for specific users by using scoped policies.

ポリシーにラベルを追加または削除するにはTo add or remove a label to or from a policy

  1. まだサインインしていない場合は、新しいブラウザー ウィンドウを開き、Azure Portal にサインインします。If you haven't already done so, open a new browser window and sign in to the Azure portal. 次に、 [Azure Information Protection] ウィンドウに移動します。Then navigate to the Azure Information Protection pane.

    たとえば、リソース、サービス、ドキュメントの検索ボックスで、「情報の入力を開始し、 [Azure Information Protection] を選択します。For example, in the search box for resources, services, and docs: Start typing Information and select Azure Information Protection.

  2. 分類 > ポリシー メニューオプションから: Azure Information Protection - ポリシー ウィンドウで、追加 または 削除 のラベルをすべてのユーザーに適用する場合は グローバル を選択します。From the Classifications > Policies menu option: On the Azure Information Protection - Policies pane, select Global if the label to add or remove applies to all users.

    追加または削除するラベルがユーザーのサブセットに適用される場合は、代わりにスコープ ポリシーを選択します。If the label to add or remove applies to a subset of users, select your scoped policy instead.

  3. [ポリシー] ウィンドウで、 [ラベルの追加または削除] を選択します。On the Policy pane, select Add or remove labels.

  4. [ポリシー: ラベルの追加または削除] ウィンドウで、既にポリシーに含まれている場合はチェックボックスがオンになっているすべてのラベルと、ポリシー列の対応するポリシー名が表示されます。On the Policy: Add or remove labels pane, you see all your labels with a checkbox selected if they are already in a policy, and the corresponding policy name in the POLICY column.

    サブラベルはインデントされて表示されます。Sublabels display as indented. スコープ ポリシーでは、グローバル ポリシーから継承されているラベルは利用不可として表示されます。In a scoped policy, labels that are inherited from the global policy display as unavailable.

    次の 1 つ以上のアクションを実行し、 [OK] をクリックします。Do one or more of the following actions, and then click OK:

    • ラベルを追加するには、そのラベルを選択すると、オンになったチェックボックスが追加されます。To add a label, select it, which adds a selected checkbox.

    • ラベルを削除するには、そのチェック ボックスをオフにします。To remove a label, clear its checkbox.

  5. 変更を保存するには、 [保存] をクリックします。To save your changes, click Save.

    変更内容はユーザーとサービスに対して自動的に利用可能になります。Your changes are automatically available to users and services. 独立した公開オプションはなくなりました。There's no longer a separate publish option.

次のステップNext steps

Azure Information Protection ポリシーの構成の詳細については、「組織のポリシーの構成」セクションのリンクを使用してください。For more information about configuring your Azure Information Protection policy, use the links in the Configuring your organization's policy section.