Azure Information Protection 用の視覚的なマーキングのラベルを構成する方法How to configure a label for visual markings for Azure Information Protection

適用対象: Azure Information ProtectionApplies to: Azure Information Protection

手順: Windows 用の Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

ドキュメントまたは電子メール メッセージにラベルを割り当てるときに、選択した分類を見やすくするためのさまざまなオプションを選択できます。When you assign a label to a document or email message, you can select several options to make the chosen classification easily visible. これらの視覚的なマーキングには、ヘッダー、フッター、および透かしがあります。These visual markings are a header, a footer, and a watermark.

視覚的なマーキングに関する追加情報:Additional information about these visual markings:

  • ヘッダーとフッターは、Word、Excel、PowerPoint、および Outlook に適用されます。Headers and footers apply to Word, Excel, PowerPoint, and Outlook.

  • 透かしは、Word、Excel、および PowerPoint に適用されます。Watermarks apply to Word, Excel, and PowerPoint:

    • Excel: 透かしが表示されるのは、ページ レイアウト モード、印刷プレビュー モード、および印刷時のみです。Excel: Watermarks are visible only in Page layout and Print preview modes, and when printed.

    • PowerPoint: 透かしは、マスター スライドに背景画像として適用されます。PowerPoint: Watermarks are applied to the master slide, as a background image. [表示] タブの [スライド マスター] で、 [背景グラフィックを表示しない] チェック ボックスがオフになっていることを確認します。On the View tab, Slide Master, make sure that the Hide Background Graphics check box is not selected.

  • 透かしと、Word、Excel、PowerPoint のヘッダーおよびフッターでは、複数の行がサポートされています。Multiple lines are supported for watermarks, and for headers and footers in Word, Excel, and PowerPoint. Outlook で適用されるラベルのヘッダーまたはフッターに対して複数の行を指定した場合、その行は連結されます。If you specify multiple lines for a label's header or footer that is applied in Outlook, the lines are concatenated. このシナリオでは、Word、Excel、PowerPoint、Outlook にさまざまな視覚的なマーキングを設定する構成の使用を検討します。In this scenario, consider using the configuration to set different visual markings for Word, Excel, PowerPoint, and Outlook.

  • 文字列の最大長:Maximum string lengths:

    • ヘッダーとフッターに入力できる文字列の最大長は 1024 文字です。The maximum string length that you can enter for headers and footers is 1024 characters. しかし、Excel にはヘッダーとフッターに合計 255 文字の制限があります。However, Excel has a total limit of 255 characters for headers and footers. この制限には、Excel で表示されない文字 (書式設定コードなど) が含まれます。This limit includes characters that aren't visible in Excel, such as formatting codes. その制限に達すると、入力した文字列は Excel では表示されません。If that limit is reached, the string you enter is not displayed in Excel.

    • 入力できる透かしの文字列の最大長は 255 文字です。The maximum string length for watermarks that you can enter is 255 characters.

  • ヘッダー、フッター、または透かしを適用するときに、単なるテキスト文字列を指定するか、変数を使用してテキスト文字列を動的に作成することができます。You can specify just a text string, or use variables to dynamically create the text string when the header, footer, or watermark is applied.

  • Word、PowerPoint、Outlook に加えて Excel でも、さまざまな色の視覚的なマーキングがサポートされるようになりました。Word, PowerPoint, Outlook, and now Excel support visual markings in different colors.

  • 視覚的なマーキングがサポートする言語は 1 つのみです。Visual markings support one language only.

視覚的なマーキングが適用されるタイミングWhen visual markings are applied

メール メッセージの場合、Outlook からメール メッセージが送信されたときに視覚的なマーキングが適用されます。For email messages, the visual markings are applied when an email message is sent from Outlook. そのメール メッセージがラベルを変更されて転送または返信された場合、元の視覚的なマーキングは常に保持されます。If that email message is forwarded or replied to with a change of label, the original visual markings are always retained.

ドキュメントでは、視覚的なマーキングが次のように適用されます。For documents, the visual markings are applied as follows:

  • Office アプリでは、ラベルの適用時に、ラベルからの視覚的なマーキングが適用されます。In an Office app, the visual markings from a label are applied when the label is applied. ラベル付きのドキュメントを開いたときと、ドキュメントを最初に保存したときにも、視覚的なマーキングが適用されます。Visual markings are also applied when a labeled document is opened and the document is first saved.

  • エクスプローラー、PowerShell、Azure Information Protection スキャナーを使用してドキュメントにラベルを付けると、視覚的なマーキングはすぐには適用されませんが、ドキュメントを Office アプリで開いたときと、ドキュメントが最初に保存されるときに、Azure Information Protection クライアントによって適用されます。When a document is labeled by using File Explorer, PowerShell, or the Azure Information Protection scanner: Visual markings are not immediately applied but are applied by the Azure Information Protection client when that document is opened in an Office app and the document is first saved.

    SharePoint Online、OneDrive、または OneDrive for Business に保存されているファイルに対して Office アプリで自動保存を使用すると、[自動保存] をオンにしている場合は、 [クライアントの詳細設定] をに構成しない限り、視覚的なマーキングは適用されません。分類を継続的にバックグラウンドで実行します。The exception is when you use AutoSave with Office apps for files that are saved in SharePoint Online, OneDrive, or OneDrive for Business: When AutoSave is on, visual markings are not applied unless you configure the advanced client setting to turn on classification to run continuously in the background.

ラベルの視覚的なマーキングを構成するにはTo configure visual markings for a label

ラベルの視覚的なマーキングを構成するには、次の手順に従います。Use the following instructions to configure visual markings for a label.

  1. まだサインインしていない場合は、新しいブラウザー ウィンドウを開き、Azure Portal にサインインします。If you haven't already done so, open a new browser window and sign in to the Azure portal. 次に、 [Azure Information Protection] ウィンドウに移動します。Then navigate to the Azure Information Protection pane.

    たとえば、リソース、サービス、ドキュメントの検索ボックスで、「情報の入力を開始し、 [Azure Information Protection] を選択します。For example, in the search box for resources, services, and docs: Start typing Information and select Azure Information Protection.

  2. [分類 > ラベル] メニューオプションから: [Azure Information Protection ラベル] ウィンドウで、追加または変更する視覚的なマーキングが含まれているラベルを選択します。From the Classifications > Labels menu option: On the Azure Information Protection - Labels pane, select the label that contains the visual markings you want to add or change.

  3. [ラベル] ウィンドウの [視覚的なマーキングの設定 (ヘッダーやフッターなど)] セクションで、目的の視覚的なマーキングの設定を構成し、 [保存] をクリックします。On the Label pane, in the Set visual marking (such as header or footer) section, configure the settings for the visual markings that you want, and then click Save:

    • ヘッダーを構成するには: [Documents with this label have a header] (このラベルを持つドキュメントにヘッダーを設定する) で、ヘッダーを設定する場合は [オン] を、設定しない場合は [オフ] を選択します。To configure a header: For Documents with this label have a header, select On if you want a header, and Off if you do not. [オン] を選択した場合は、ヘッダーのテキスト、サイズ、フォント、ヘッダーの配置を指定します。If you select On, then specify the header text, size, font, color, and alignment for the header.

    • フッターを構成するには: [Documents with this label have a footer] (このラベルを持つドキュメントにフッターを設定する) で、フッターを設定する場合は [オン] を、設定しない場合は [オフ] を選択します。To configure a footer: For Documents with this label have a footer, select On if you want a footer, and Off if you do not. [オン] を選択した場合は、フッターのテキスト、サイズ、フォント、フッターの配置を指定します。If you select On, then specify the footer text, size, font, color, and alignment for the footer.

    • 透かしを構成するには: [Documents with this label have a watermark] (このラベルを持つドキュメントに透かしを設定する) で、透かしを設定する場合は [オン] を、設定しない場合は [オフ] を選択します。To configure a watermark: For Documents with this label have a watermark, select On if you want a watermark, and Off if you do not. [オン] を選択した場合は、透かしのテキスト、サイズ、フォント、透かしの配置を指定します。If you select On, then specify the watermark text, size, font, color, and alignment for the watermark.

[保存] をクリックすると、変更内容がユーザーとサービスに対して自動的に利用可能になります。When you click Save, your changes are automatically available to users and services. 独立した公開オプションはなくなりました。There's no longer a separate publish option.

テキスト文字列に変数を使用するUsing variables in the text string

ヘッダー、フッター、または透かしのテキスト文字列には、次の変数を使用できます。You can use the following variables in the text string for your header, footer, or watermark:

  • ${Item.Label}: 選択したラベル。${Item.Label} for the selected label. 例: GeneralFor example: General

  • ${Item.Name}: ファイル名または電子メールの件名。${Item.Name} for the file name or email subject. 例: JulySales.docxFor example: JulySales.docx

  • ${Item.Location}: ドキュメントのパスとファイル名、電子メールの件名。${Item.Location} for the path and file name for documents, and the email subject for emails. 例: \\Sales\2016\Q3\JulyReport.docxFor example: \\Sales\2016\Q3\JulyReport.docx

  • ${User.Name}: ドキュメントまたは電子メールの所有者、Windows のサインイン ユーザー名。${User.Name} for the owner of the document or email, by the Windows signed in user name. 例: rsimoneFor example: rsimone

  • ${User.PrincipalName}: ドキュメントまたは電子メールの所有者、Azure Information Protection クライアントのサインイン電子メール アドレス (UPN)${User.PrincipalName} for the owner of the document or email, by the Azure Information Protection client signed in email address (UPN). たとえば次のようになります。rsimone@vanarsdelltd.comFor example: rsimone@vanarsdelltd.com

  • ${Event.DateTime}: 選択したラベルが設定された日時。${Event.DateTime} for the date and time when the selected label was set. 例: 8/16/2016 1:30 PMFor example: 8/16/2016 1:30 PM

例: General ラベル フッターに Document: ${item.name} Classification: ${item.label} という文字列を指定する場合、project.docx というドキュメントに適用されるフッター テキストは、Document: project.docx Classification: General になります。Example: If you specify the string Document: ${item.name} Classification: ${item.label} for the General label footer, the footer text applied to a documented named project.docx will be Document: project.docx Classification: General.

ヒント

また、ドキュメントやテンプレートにラベル名を挿入するフィールド コードも使用します。You also use a field code to insert the label name into a document or template.

Word、Excel、PowerPoint、Outlook にさまざまな視覚的マーキングを設定するSetting different visual markings for Word, Excel, PowerPoint, and Outlook

既定では、指定した視覚的マーキングは Word、Excel、PowerPoint、Outlook のすべてに適用されます。By default, the visual markings that you specify are applied across Word, Excel, PowerPoint, and Outlook. ただし、テキスト文字列に "If.App" という変数ステートメントを入れると、Office アプリケーションごとに視覚的マーキングを指定できます。WordExcelPowerPointOutlook という値を利用し、アプリケーションの種類を区別できます。However, you can specify visual markings per Office application type when you use an "If.App" variable statement in the text string, and identify the application type by using the values Word, Excel, PowerPoint, or Outlook. このような値は省略することもできます。同じ If.App ステートメントで複数回指定する場合に必要になります。You can also abbreviate these values, which is necessary if you want to specify more than one in the same If.App statement.

次の構文を使用します。Use the following syntax:

${If.App.<application type>}<your visual markings text> ${If.End}

このステートメントのこの構文では、大文字と小文字が区別されます。This syntax in this statement is case-sensitive.

例:Examples:

  • Word 文書だけにヘッダー テキストを設定する:Set header text for Word documents only:

    ${If.App.Word}This Word document is sensitive ${If.End}

    Word 文書のヘッダーのみに、ラベルは "This Word document is sensitive" (この Word 文書では大文字と小文字が区別されます) という見出しテキストを適用します。In Word document headers only, the label applies the header text "This Word document is sensitive". 他の Office アプリケーションには、ヘッダー テキストは適用されません。No header text is applied to other Office applications.

  • Word、Excel、Outlook と PowerPoint で異なるフッター テキストを設定する:Set footer text for Word, Excel, and Outlook, and different footer text for PowerPoint:

    ${If.App.WXO}This content is confidential. ${If.End}${If.App.PowerPoint}This presentation is confidential. ${If.End}

    Word、Excel、Outlook で、ラベルは "This content is confidential" (このコンテンツは社外秘です) というフッター テキストを適用します。In Word, Excel, and Outlook, the label applies the footer text "This content is confidential." PowerPoint では、ラベルは "This presentation is confidential" (このプレゼンテーションは社外秘です) というフッター テキストを適用します。In PowerPoint, the label applies the footer text "This presentation is confidential."

  • Word と PowerPoint に特定の透かしテキストを設定し、Word、Excel、PowerPoint に透かしテキストを設定する:Set specific watermark text for Word and PowerPoint, and then watermark text for Word, Excel, and PowerPoint:

    ${If.App.WP}This content is ${If.End}Confidential

    Word と PowerPoint で、ラベルは "This content is Confidential" (このコンテンツは社外秘です) という透かしテキストを適用します。In Word and PowerPoint, the label applies the watermark text "This content is Confidential". Excel で、ラベルは "Confidential" (社外秘) という透かしテキストを適用します。In Excel, the label applies the watermark text "Confidential". Outlook では、視覚的マーキングとしての透かしが Outlook に対応していないため、ラベルはいかなる透かしテキストも適用しません。In Outlook, the label doesn't apply any watermark text because watermarks as visual markings are not supported for Outlook.

フォント名を設定するSetting the font name

Calibri は、ヘッダー、フッター、透かしのテキストに使われる既定のフォントです。Calibri is the default font for headers, footers, and watermark text. 別のフォント名を指定する場合、視覚的なマーキングを適用するクライアント デバイスでそれが利用できることを確認してください。If you specify an alternative font name, make sure that it is available on the client devices that will apply the visual markings.

指定したフォントが使用可能でない場合、クライアントは Calibri フォントの使用にフォールバックします。If the font specified is not available, the client falls back to using the Calibri font.

フォントの色を設定するSetting the font color

利用できる色の一覧から選択するか、赤、緑、青 (RGB) の色のコンポーネントの 16 進数コードを入力してカスタムの色を指定できます。You can choose from the list of available colors or specify a custom color by entering a hex triplet code for the red, green, and blue (RGB) components of the color. たとえば、 #40e0d0は水色の RGB 16 進値です。For example, #40e0d0 is the RGB hex value for turquoise.

これらのコードの参照が必要な場合は、MSDN web ドキュメントの< 色 >のページにある便利な表を参照してください。また、これらのコードは、画像を編集できる多くのアプリケーションでも見つかります。If you need a reference for these codes, you'll find a helpful table from the <color> page from the MSDN web docs. You also find these codes in many applications that let you edit pictures. たとえば、Microsoft ペイントでは、パレットからカスタム色を選択できます。RGB 値が自動的に表示されるので、それをコピーできます。For example, Microsoft Paint lets you choose a custom color from a palette and the RGB values are automatically displayed, which you can then copy.

次のステップNext steps

Azure Information Protection ポリシーの構成の詳細については、「組織のポリシーの構成」セクションのリンクを使用してください。For more information about configuring your Azure Information Protection policy, use the links in the Configuring your organization's policy section.