Azure Information Protection の新しいラベルを作成する方法How to create a new label for Azure Information Protection

適用対象: Azure Information ProtectionApplies to: Azure Information Protection

手順: Windows 用の Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

Azure Information Protection にはカスタマイズできる既定のラベルが付属していますが、独自のラベルを作成することもできます。Although Azure Information Protection comes with default labels that you can customize, you can also create your own labels.

新しいラベルを追加するか、分類のレベルをさらに細かくする必要がある場合は既存のラベルに新しいサブラベルを追加できます。You can add a new label, or add a new sublabel to an existing label when you need a further level of classification. たとえば、既定のポリシーに含まれる最後のラベルには、サブラベルが含まれています。For example, the last label in the default policy, contains sublabels.

ラベルに最初のサブラベルを作成すると、ユーザーは元の親ラベルを選択できなくなります。When you create the first sublabel for a label, users can no longer select the original, parent label. ユーザーが同じ設定を適用できるように、必要に応じて新しいサブラベルを作成して親ラベル設定を再作成してください。If necessary, create a new sublabel to recreate the parent label settings so that users can apply the same settings.

Azure Information Protection ポリシーに追加できる新しいラベルを追加するには、次の手順に従います。Use the following instructions to add a new label that can then be added to an Azure Information Protection policy.

新しいラベルを作成するにはTo create a new label

  1. まだサインインしていない場合は、新しいブラウザー ウィンドウを開き、Azure Portal にサインインします。If you haven't already done so, open a new browser window and sign in to the Azure portal. 次に、 [Azure Information Protection] ウィンドウに移動します。Then navigate to the Azure Information Protection pane.

    たとえば、リソース、サービス、ドキュメントの検索ボックスで、「情報の入力を開始し、 [Azure Information Protection] を選択します。For example, in the search box for resources, services, and docs: Start typing Information and select Azure Information Protection.

  2. [分類 > ラベル] メニューオプションから: [Azure Information Protection ラベル] ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。From the Classifications > Labels menu option: On the Azure Information Protection - Labels pane, do one of the following actions:

    • 新しいラベルを作成するには: [Add a new label] (新しいラベルの追加) をクリックします。To create a new label: Click Add a new label.

    • 新しいサブラベルを作成するには: サブラベルを作成するラベルを右クリックするかコンテキスト メニュー ( ... ) をクリックし、 [サブラベルの追加] をクリックします。To create a new sublabel: Right-click or select the context menu (...) for the label that you want to create a sublabel for, and then click Add a sub-label.

  3. [ラベル] または [サブラベル] ペインで、この新しいラベルに使用するオプションを選択し、 [保存] をクリックします。On the Label or Sub-label pane, select the options that you want for this new label, and then click Save.

    表示名を指定する際、一部の文字 (円記号やアンパサンドなど) は使用できません。Azure Information Protection を使用するすべてのサービスとアプリケーションで、これらの文字をサポートできるとは限らないためです。When you specify a display name, you are prevented from specifying some characters (such as a backslash and ampersand) because not all services and applications that use Azure Information Protection can support these characters. ブロックされる文字に加えて、 # 文字も指定しないでください。In addition to the characters that are blocked, do not specify the # character.

    新しいラベルには自動的に黒色が割り当てられます。Note that new labels are automatically assigned the color black. 識別のための色を一覧から選択するか、赤、緑、青 (RGB) の色のコンポーネントの 16 進数コードを入力します。Choose a distinguishing color from the list of colors, or enter a hex triplet code for the red, green, and blue (RGB) components of the color. たとえば、 #DAA520 と入力します。For example, #DAA520. これらのコードの参照が必要な場合は、MSDN web ドキュメントの< 色 >のページにある便利な表を参照してください。また、これらのコードは、画像を編集できる多くのアプリケーションでも見つかります。If you need a reference for these codes, you'll find a helpful table from the <color> page from the MSDN web docs. You also find these codes in many applications that let you edit pictures. たとえば、Microsoft ペイントでは、パレットからカスタム色を選択できます。RGB 値が自動的に表示されるので、それをコピーできます。For example, Microsoft Paint lets you choose a custom color from a palette and the RGB values are automatically displayed, which you can then copy.

  4. 新しいラベルをユーザーが利用できるようにするには、 [分類] > [ポリシー] メニュー オプションから、新しいラベルを含むポリシーを選択します。To make your new label available to users: From the Classifications > Policies menu option, select the policy to contain the new label. [ラベルの追加または削除] を選択します。Select Add or remove labels. [ポリシー: ラベルの追加または削除] ウィンドウでラベルを選択し、 [OK] を選択して [保存] を選択します。Select the label from the Policy: Add or remove labels pane, select OK, and then select Save.

    ヒント

    新しいラベルについては、まず、テストに使用するスコープ ポリシーに追加することを検討してください。For new labels, consider adding them first to a scoped policy that you use for testing. 結果に満足したら、このテスト スコープからラベルを削除し、運用環境で使用するポリシーにラベルを追加します。When you are satisfied with the results, remove the label from this testing scope, and then add the label to a policy that you use in production.

    ラベルの追加について詳しくは、ラベルを追加または削除する方法に関する記事をご覧ください。For more information about adding labels, see How to add or remove a label.

    変更内容はユーザーとサービスに対して自動的に利用可能になります。Your changes are automatically available to users and services. 独立した公開オプションはなくなりました。There's no longer a separate publish option.

  5. この新しいラベル名と説明をユーザーが他の言語で見られるようにするには、異なる言語のラベルを構成する方法に関する記事の手順に従ってください。If you want this new label name and description to display in different languages for users: Follow the procedures in How to configure labels for different languages.

次のステップNext steps

Azure Information Protection ポリシーの構成の詳細については、「組織のポリシーの構成」セクションのリンクを使用してください。For more information about configuring your Azure Information Protection policy, use the links in the Configuring your organization's policy section.