保護テンプレート用の PowerShell リファレンスPowerShell reference for protection templates

*適用対象: Azure Information ProtectionOffice 365**Applies to: Azure Information Protection, Office 365*

*関連: Windows 用のクラシッククライアント Azure Information Protectionます。*Relevant for: Azure Information Protection classic client for Windows. 統一されたラベル付けクライアントについては、Microsoft 365 のドキュメントの「 秘密度ラベルについて 」を参照してください。 *For the unified labeling client, see Learn about sensitivity labels from the Microsoft 365 documentation.*

注意

統一された効率的なカスタマー エクスペリエンスを提供するため、Azure portal の Azure Information Protection のクラシック クライアントラベル管理 は、2021 年 3 月 31 日 をもって 非推奨 になります。To provide a unified and streamlined customer experience, the Azure Information Protection classic client and Label Management in the Azure Portal are deprecated as of March 31, 2021. クラシック クライアントは構成どおりに動作しますが、今後のサポートは提供されず、メンテナンス バージョンがクラシック クライアントにリリースされなくなります。While the classic client continues to work as configured, no further support is provided, and maintenance versions will no longer be released for the classic client.

統一されたラベル付けに移行し、統一されたラベル付けクライアントにアップグレードすることをお勧めします。We recommend that you migrate to unified labeling and upgrade to the unified labeling client. 詳細については、最新の非推奨に関するブログを参照してください。Learn more in our recent deprecation blog.

Azure Information Protection の保護設定は、保護テンプレートに保存されます。Protection settings for Azure Information Protection are saved in protection templates. Azure Portal で保護設定を作成し、管理するためにできることはすべて、PowerShell を使用してコマンド ラインからも実行できます。Everything that you can do in the Azure portal to create and manage protection settings, you can do from the command line by using PowerShell.

さらに、保護テンプレートのエクスポートとインポートもできます。In addition, you can export and import protection templates. これら 2 つの操作により、テナント間で保護テンプレートをコピーしたり、多言語の名前や説明などの複雑なプロパティを一括編集したりできるようになります。These two actions let you copy protection templates between tenants or do bulk edits of complex properties, such as multilingual names and descriptions.

エクスポートとインポートを使用して保護テンプレートをバックアップして復元することもできます。You can also use export and import to back up and restore your protection templates. テンプレートは定期的にバックアップすることをお勧めします。As a best practice, regularly back up your templates. これで、意図しない保護設定を変更してしまった場合でも、前のバージョンに簡単に戻すことができます。Then, if you make a change to the protection settings that wasn't intended, you can easily revert to a previous version.

インストール手順については、「 AIPService PowerShell モジュールのインストール」を参照してください。For installation instructions, see Installing the AIPService PowerShell module.

保護テンプレートの作成および管理をサポートするコマンドレットは次のとおりです。The cmdlets that support creating and managing protection templates:

参照See Also

Azure Information Protection のテンプレートを構成して管理するConfiguring and managing templates for Azure Information Protection