Rights Management SDK 4.2Rights Management SDK 4.2

目的Purpose

Rights Management SDK 4.2 は、Rights Management サービスを介して、情報を保護しながらデバイスのアプリをアップグレードする際に軽量の開発エクスペリエンスを実現する、シンプルな次世代の API です。The Rights Management SDK 4.2 is a simplified, next-generation API that enables a lightweight development experience in upgrading your device apps with information protection via Rights Management Services. 開発者は、情報保護を提供するために Active Directory Rights Management サービス (AD RMS) または Azure Rights Management を利用するアプリを構築できます。また、キー管理、暗号化と復号化、ポリシーとアクセス許可の作成、セキュリティで保護されたキャッシュ、AD RMS および Azure RMS サービスとの通信などの複雑なセキュリティ プラクティスを透過的に処理しつつ、情報を簡単に保護または消費することができます。Developers can build apps that leverage Active Directory Rights Management Services (AD RMS) or Azure Rights Management to provide information protection and can easily protect or consume information, while transparently handling complex security practices such as key management, encryption and decryption, policy and permissions creation, secure caching, and communication with AD RMS and Azure RMS services.

対象となる開発者Developer audience

RMS SDK 4.2 API では各オペレーティング システムに対して標準的なプログラミング言語およびモデルが使用されるため、使い慣れたツールで簡単に開発することができます。The RMS SDK 4.2 APIs use standard programming languages and models for each operating system so, they are easy and familiar to work with.

サポートされるオペレーティング システムSupported Operating Systems

この RMS SDK 4.2 リリースは、次のオペレーティング システムで使用できます。This release, RMS SDK 4.2, is available for the following operating systems:

  • Google AndroidGoogle Android
  • Apple iOS および Mac OS XApple iOS and Mac OS X
  • Windows PhoneWindows Phone
  • Windows ストアWindows Store
  • Linux フレーバー オペレーティング システム用の Portable C++Portable C++ for Linux flavored operating systems

セクションSections

Overview (概要) - Rights Management サービスは、デジタル情報を権限のない使用から保護するために役立つ情報保護テクノロジです。Overview - Rights Management Services is an information protection technology that helps safeguard digital information from unauthorized use. コンテンツの所有者は、権限を有効にしたアプリケーションを通じて、そのコンテンツを開く、変更する、印刷する、転送する、などの操作を実行できるユーザーを定義することができます。Through your rights-enabled applications, content owners will be able to define who can open, modify, print, forward, or take other actions with their content.

作業開始 - RMS SDK 4.2 のこのリリースでは、初めてのアプリケーションをすばやく開発するために、各オペレーティング システム/プラットフォームの開発環境のセットアップ ガイドを使用します。Get started- For this release of the RMS SDK 4.2, your quick start approach to a first application is through the development environment setup guides for each of the operating systems / platforms.

開発者ガイドと用語 - RMS SDK 4.2 では、Right Management サービスを利用する AD RMS 対応アプリケーションを、可能な限りシンプルに構築できるようにすることに重点が置かれています。Developer guidance and terms - The focus of RMS SDK 4.2 is to help you build AD RMS-enabled applications that leverage Right Management Services, as simply as possible.

API リファレンス - RMS SDK 4.2 では、目次に記載されたいくつかのオペレーティング システムがサポートされています。API reference - The RMS SDK 4.2 supports several operating systems noted in the table of contents following.