アプリケーションの種類Application types

このトピックでは、権限保護対応として作成できるアプリケーションの種類について説明します。This topic covers types of applications that you might choose to create as rights-enabled.

Rights Management サービス SDK 2.1 では、次のアプリケーションの種類が現在サポートされていますThe following application types are currently supported by Rights Management Services SDK 2.1

単純なアプリケーションSimple applications

単純なアプリケーションには、指定されたファイルを暗号化するために作成されたコマンド ライン ツールなどがあります。A simple application could be a command line tool built to encrypt a provided file. 単純な権限保護対応アプリケーションの例は、「アプリケーションの開発」で説明されている IPCHelloWorld の実装を参照してください。For an example of a simple, rights-enabled application see our implementation of IPCHelloWorld, described in Developing your application.

サーバー モード アプリケーションServer mode applications

サーバー モードは、RMS で保護されたコンテンツの使用、保護、処理を行う非対話型アプリケーションのためのモードです。Server mode is meant for non-interactive applications that consume, protect or process RMS-protected content. 例として、ファイル サーバー上のサービスとして動作し、機密性の高いドキュメントを自動的に保護する、データ損失防止アプリケーションが挙げられます。An example would be a Data Loss Prevention application that runs as a service on a file server and automatically protects sensitive documents. このアプリケーションの種類の例については、IpcDlp サンプルのページを参照してください。See the IpcDlp sample for an example of this application type.

アプリケーションでサーバー モードを使用する場合は、RMS サーバーをサイレント認証する必要があります。If your application uses the server mode, it should authenticate to the RMS server silently. "クライアント モード" とは異なり、サイレント認証に失敗した場合でも、RMS SDK 2.1 で資格情報プロンプトは開かれません。Unlike the client mode, the RMS SDK 2.1 will not open a credential prompt when it fails to authenticate silently. また、サーバー モードで実行しているときは、アプリケーション マニフェストも必要ありません。Also, when running in server mode, no application manifest is needed.

API のセキュリティ モード設定の詳細については、「Setting the API security mode (API のセキュリティ モードの設定)」を参照してください。For more information on setting the API security mode see, Setting the API security mode.

リッチ クライアント アプリケーションRich client applications

リッチ クライアント アプリケーションでは、ユーザーはグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) を介してデータを表示および操作できます。A rich client application allows users to view and manipulate data through a graphical user interface (GUI). 多くの場合、この GUI に表示されるデータは価値が高く、盗難されたり、誤って開示されたりすると問題になるデータです。Often, the data presented in this GUI is high-value and sensitive to theft or accidental exposure. 通常、情報の保護により既存のシナリオの強化がサポートされますが、情報の保護はこのアプリケーションを開発する主な目的ではありません。Information protection support typically enhances existing scenarios but, is not the primary motivation for developing the application.

リッチ クライアント アプリケーションで RMS SDK 2.1 を使用すると、次のことがサポートされます。Using RMS SDK 2.1 with rich client applications helps you:

  • データを常に確実に暗号化するEnsure that this data is always encrypted.

  • 保護されていない形式にユーザーがデータを抽出する (クリップボードを使用してコピーして貼り付けるなど) のを防ぐPrevent users from extracting data to an unprotected format (for example, prevent using the clipboard to copy and paste).

Microsoft のメモ帳は、単純なリッチ クライアント アプリケーションです。Microsoft Notepad is a simple rich client application. Microsoft Office は、より複雑なリッチ クライアント アプリケーションです。Microsoft Office is a more complex rich client application.

アプリケーションの保護の詳細については、「Understanding usage restrictions (使用制限について)」を参照してください。For more information on protecting your application, see Understanding usage restrictions.