RMS SDK 4.2 の非推奨の通知RMS SDK 4.2 Deprecation Notice

2020年3月より前のすべての RMS SDK 4.2 バージョンリリースに適用可能Applicable to all RMS SDK 4.2 versions release before March 2020

2020年3月3日、Android、iOS、OSX 用の RMS SDK 4.2 の更新プログラムは、Microsoft ダウンロードセンターでリリースされました。On March 3, 2020, an update to the RMS SDK 4.2 for Android, iOS, and OSX was released via Microsoft Download Center. 現時点では、これらの RMS SDK プラットフォームを使用するすべてのアプリケーションに対して、この更新プログラムは必須です。This update is mandatory for all applications that use these RMS SDK platforms today.

2021年1月の時点で、2020年3月より前にリリースされた RMS SDK のバージョンは、Azure Rights Management サービスエンドポイントへの接続に失敗します。As of January 2021, versions of the RMS SDK released prior to March of 2020 will fail to connect to the Azure Rights Management Service endpoint. まだ更新されていないアプリケーションは、Azure Rights Management サービスとの TLS 接続を確立できません。Applications not yet updated will fail to establish a TLS connection with the Azure Rights Management Service.

変更の理由Reason for Change

以前のバージョンの RMS SDK は、証明書のピン留めを使用して、RMS 対応クライアントが RMS サービスと通信し、特定の予想されるルート CA にチェーンされている証明書を受信していることを確認します。Previous versions of the RMS SDK use certificate pinning to ensure that the RMS-enabled client is communicating with the RMS service, receiving a certificate chained to a specific, expected root CA.

最新のブラウザーでは、証明書の透過性ログを使用して、証明書が正当なドメイン所有者に発行されていること、および信頼されたルート証明機関によって証明書が発行されたことを確認Modern browsers use certificate transparency logs to verify that certificates have been issued to legitimate domain owners and that those certificates are issued by trusted root certification authorities.

最新のブラウザーをより適切にサポートするために、Microsoft は、2020年12月1日に、発行された証明書を、 https://api.aadrm.com 最新のブラウザーによって信頼されている証明書の透明性のログに報告する、グローバルに信頼されたルート CA によって発行された新しい証明書をに更新To better support modern browsers, on December 1, 2020, Microsoft will update the certificate for https://api.aadrm.com to a new certificate issued by a globally trusted root CA that reports issued certificates to certificate transparency logs trusted by modern browsers. この変更が完了すると、予期したルート証明書に対して証明書の固定を実行しようとする RMS SDK のレガシバージョンは、その証明書を見つけることができず、接続に失敗します。Once this change is complete, legacy versions of RMS SDK attempting to perform certificate pinning to the expected root certificate will fail to find that certificate and will fail to connect.

クライアントへの影響Client Impact

次の Microsoft アプリケーションでは、現時点で RMS Sdk を使用しています。The following Microsoft applications use the RMS SDKs today. これらのプラットフォームで更新プログラムが利用可能になりました。デバイスは、12月の期限前に更新する必要があります。Updates have been made available for these platforms and devices should be updated prior to the December deadline.

  • Office Pro Plus/2019 for Mac バージョン16.40 以降。Office Pro Plus/2019 for Mac version 16.40 or later.
  • Office 2016 for Mac バージョン16.16.27 以降。Office 2016 for Mac version 16.16.27 or later.
  • Word、Excel、PowerPoint for iOS バージョン2.40.20071600 以降。Word, Excel, and PowerPoint for iOS version 2.40.20071600 or later.
  • Word、Excel、および PowerPoint for Android バージョン16.0.12827.20140 以降。Word, Excel, and PowerPoint for Android version 16.0.12827.20140 or later.

リソースResources