方法: エラーとパフォーマンスのログを有効にするHow to: Enable error and performance logging

Microsoft Rights Management SDK 4.2 では、診断ログとパフォーマンス ログのアップロードが 1 つのデバイス プロパティで管理されます。The Microsoft Rights Management SDK 4.2 manages diagnosis and performance logs upload through a single device property.

[ポリシー]Overview

診断、パフォーマンス、およびテレメトリに関するデータ ログの Microsoft への自動アップロードを有効にすると、ユーザーのエクスペリエンスとトラブルシューティングを改善できます。You can improve your users' experience and troubleshooting by enabling automatic diagnostics, performance, and telemetry logging data upload to Microsoft.

重要

ユーザーのプライバシーを保証するために、アプリ開発者は、自動ログ記録を有効にする前に、ユーザーに同意を求める必要があります。In order to honor user privacy, you as the app developer, must ask the user to consent before enabling the automatic logging.

注意

たとえば、Microsoft の標準のメッセージでは、ログ記録について次のように通知しています。As example, here is a standard message Microsoft uses for logging notification:

エラーとパフォーマンスのログ記録をオンにすると、エラーとパフォーマンスのデータを Microsoft に送信することに同意したことになります。 マイクロソフトは、インターネット経由でエラーとパフォーマンスのデータを収集します ("データ")。 Microsoft はこのデータを使用して、Microsoft の製品およびサービスの品質、セキュリティ、および整合性を提供し、改善します。 たとえば、使用する機能、機能の反応速度、デバイスのパフォーマンス、ユーザーインターフェイスの操作、製品で発生した問題など、パフォーマンスと信頼性を分析します。 データには、現在実行しているソフトウェアや IP アドレスなど、ソフトウェアの構成に関する情報も含まれます。By turning on Error and Performance Logging, you are agreeing to send Error and Performance Data to Microsoft. Microsoft will collect error and performance data over the internet (“Data”). Microsoft uses this Data to provide and improve the quality, security and integrity of Microsoft products and services. For example, we analyze performance and reliability, such as what features you use, how quickly the features respond, device performance, user interface interactions, and any problems you experience with the product. Data will also include information about the configuration of your software like the software you are currently running, and the IP address.

ログ コントロールは、2 つのプロパティを使用して管理します。You will manager logging control through two properties.

  • ログを有効にするには、IpcCustomerExperienceDataCollectionEnabled プロパティを使用します。Enable logging through the IpcCustomerExperienceDataCollectionEnabled property. この設定は、デバイスをリセットしても保持されます。The setting is persistent across device resets.

  • ログ記録レベルは、IpcLogLevel プロパティを使用して制御します。次の設定を使用します。Control the logging level through the IpcLogLevel property using the following settings.

    • 1 - 詳細1 - Verbose
    • 2 - 情報2 - Informational
    • 3 - 警告3 - Warning
    • 4 - エラー4 - Error
    • 5 - 重大5 - Critical

次の各サンプル コード スニペットにおいて、呼び出し元アプリケーションは、プロパティを設定または照会できます。In each of the example code snippets following, the calling application can set or query the property.

AndroidAndroid

自動更新を有効にするEnable automatic logging

SharedPreferences preferences = PreferenceManager.getDefaultSharedPreferences(context);
SharedPreferences.Editor editor = preferences.edit();
editor.putBoolean("IpcCustomerExperienceDataCollectionEnabled", true);
editor.commit();

現在のログ コントロール フラグ設定を取得するGet current logging control flag setting

SharedPreferences preferences = PreferenceManager.getDefaultSharedPreferences(context);
Boolean isLogUploadEnabled = preferences.getBoolean("IpcCustomerExperienceDataCollectionEnabled", false);

[iOS]iOS

自動更新を有効にするEnable automatic logging

NSUserDefaults \*prefs = [NSUserDefaults standardUserDefaults];
    [prefs setBool:FALSE forKey:@"IpcCustomerExperienceDataCollectionEnabled”];
    [[NSUserDefaults standardUserDefaults] synchronize];

現在のログ コントロール フラグ設定を取得するGet current logging control flag setting

[[NSUserDefaults standardUserDefaults] boolForKey:@"IpcCustomerExperienceDataCollectionEnabled"];

ログ レベル コントロールを設定するSet log level control

NSUserDefaults \*prefs = [NSUserDefaults standardUserDefaults];
  [prefs setInteger:1 forKey:@"IpcLogLevel”];
  [[NSUserDefaults standardUserDefaults] synchronize];

ログ コントロール設定を取得するGet log level control setting

[[NSUserDefaults standardUserDefaults] boolForKey:@"IpcLogLevel"];

 

WindowsWindows

自動更新を有効にするEnable automatic logging

CustomerExperienceConfiguration::Option = CustomerExperienceOptions::LoggingEnabledNow;

オプションの設定の詳細については、「CustomerExperienceOptions」を参照してください。For more information on optional settings, see CustomerExperienceOptions.

現在のログ コントロール フラグ設定を取得するGet current logging control flag setting

CustomerExperienceOptions loggingOption = CustomerExperienceConfiguration::Option;

: 上記の Windows コード スニペットは C++ で記述されています。Note - The Windows code snips above are in C++. C# の場合は、構文の "::" をFor C#, update the syntax with ‘.’ "." に置き換えてください。in place of ‘::’.

Linux/C++ - この SDK には、他のプラットフォームほど大規模ではないいくつかの基本的なログ記録機能が含まれています。Linux / C++ - This SDK has some basic logging that is not as extensive as that of the other platforms. 詳細については、「RMS SDK for portable C++ (移植可能 C++ のための RMS SDK)」の "README.md" の「Troubleshooting (トラブルシューティング) 」セクションを参照してください。For more information see the Troubleshooting section of the "README.md" at RMS SDK for portable C++.