作業の開始Getting started

Rights Management サービス SDK 2.1 プラットフォームを使用すると、開発者は RMS サーバーまたは Azure RMS を介して RMS 情報保護を利用するアプリケーションを作成できます。The Rights Management Services SDK 2.1 platform enables developers to build applications that leverage RMS information protection via an RMS Server or Azure RMS. このプラットフォームでは、キー管理、暗号化、復号化処理などの複雑なセキュリティ プラクティスを処理し、容易なアプリケーション開発のために簡略化された API を提供します。The platform handles complex security practices such as key management, encryption and decryption processing and, offers a simplified API for easy application development.

RMS SDK 2.1 の概要Get started with RMS SDK 2.1

このトピックでは、テスト環境で権限保護対応アプリケーションをセットアップおよび実行するためのプロセスについて説明します。This topic will guide you through the process of setting up and running your rights-enabled application in a testing environment. 次のトピックでは、開発環境をセットアップする方法について説明しています。これらのトピックは、推奨されるタスクの実行順序に従って紹介されています。The following topics discuss how to set up your development environment and are listed such that they suggest an order that you could perform the tasks.

このセクションの内容In this sections

トピックTopic 説明Description
リリース ノートRelease Notes このトピックには、RMS SDK 2.1 のこのリリースとそれ以前のリリースに関する重要な情報が含まれています。This topic contains important information about this and previous releases of the RMS SDK 2.1.
SDK のインストールInstall the SDK このトピックでは、開発者ツールをインストールする方法について説明します。This topic guides you through installing the developer tools.
Visual Studio の構成Configure Visual Studio このトピックでは、RMS SDK 2.1 を使用するように Visual Studio プロジェクトを構成する手順について説明します。This topic contains instructions about how to configure a Visual Studio project to use the RMS SDK 2.1.
アプリケーションの開発Developing your application このトピックでは、RMS 対応アプリケーションの中心部分について基本的なことを説明します。独自のアプリケーションを開発する際に基礎となります。This topic contains essential guidance on the core aspects of an RMS enabled application and can serve as the foundation of your own application development.
アプリケーションのテストTesting your application このトピックでは、アプリケーション テストを設定する方法について説明します。This topic contains instructions about how to setup for your application testing.
運用環境にデプロイするDeploy into production このトピックでは、権利保護に対応したアプリケーションのデプロイ オプションについて順を追って各操作を説明します。This topic guides you through deployment options for your rights-enabled application.

これらのトピックのガイダンスに従って、RMS SDK 2.1 を使用してみてください。Try using RMS SDK 2.1 by following the guidance in these topics:

コンテンツの保護に RMS SDK 2.1 を使用する理由Why use RMS SDK 2.1 for protecting your content

RMS のサポートを新規および既存のアプリケーションに追加する開発者に向けて、RMS SDK 2.1 は、次の作業を簡略化します。For developers who want to add RMS support to their new and existing applications, the RMS SDK 2.1 helps make it easier to:

  • 管理しやすく、規制に準拠した、堅牢な RMS 対応アプリケーションを作成するAuthor manageable, compliant and robust RMS-aware applications.
  • ユーザー データを永続的に暗号化するEncrypt user data persistently. 環境、デバイス、またはオペレーティング システムに関係なくデータの暗号化を維持するThe data remains encrypted regardless of the environment, device, or operating system.
  • 機密データの画面キャプチャの防止など、さまざまな使用制限を適用するEnforce a rich set of usage restrictions, such as preventing screen captures of your sensitive data.
  • 企業が管理する保護ポリシーをサポートするSupport enterprise-managed protection policies.
  • 新しい認証メカニズムや暗号化アルゴリズムの登場と同時にサポートするSupport new authentication mechanisms and encryption algorithms as they become available.

RMS SDK 2.1 では、重要なクライアントおよびサーバー プラットフォームを幅広くサポートします。The RMS SDK 2.1 supports a range of important client and server platforms. 詳細については、「サポートされているプラットフォーム」を参照してください。For more information see, Supported platforms.

基本原則Core principles

簡略化 - AD RMS SDK 1.0 のフィードバックと使用状況パターンを分析し、そのデータを最も困難なプログラミング タスクを簡略化または自動化するために使用しました。Simplicity—Feedback and usage patterns for the AD RMS SDK 1.0 were analyzed, and that data used to simplify or automate the most difficult programming tasks. 通常、RMS SDK 2.1 を使用して作成する RMS アプリケーションに必要な RMS コードの行数は、AD RMS SDK 1.0 を使用して記述された RMS アプリケーションよりも 5 ~ 10 倍少なくなります。RMS applications authored using the RMS SDK 2.1 typically require 5–10 times fewer lines of RMS code than RMS applications written using AD RMS SDK 1.0. 1 回の記述 - RMS SDK 2.1 アプリケーションでは、最新の RMS 機能を使用するためにコードの変更や再コンパイルは必要ありません。Write once—RMS SDK 2.1 applications do not need a code change or a recompile to work with the newest RMS features. RMS の新機能は、RMS サーバーに追加されるとすぐに既存のアプリケーションで使用可能になります。New RMS features will become available in your existing application as they get added to the RMS server. 一貫性 - RMS SDK 2.1 により、さまざまな RMS 構成に一貫して従うアプリケーションを記述しやすくなります。Consistency—RMS SDK 2.1 helps make it easy to write applications that consistently honor different RMS configurations. アプリケーション開発者が作成する必要のある RMS ユーザー インターフェイスの量が大幅に減少するので、ルック アンド フィールの一貫性が強化され、ユーザー教育の必要性を減らすこともできます。It also significantly reduces the amount of RMS user interface you, as the application developer, needs to author, encouraging a consistent look and feel and reducing the need for user education.