方法: ドキュメント追跡を使用するHow to: Use document tracking

ドキュメント追跡機能を使用するには、関連付けられているメタデータの管理とサービスへの登録について理解している必要があります。Using the document tracking feature requires some simple understandings about managing the associated metadata and registration with the service.

ドキュメント追跡メタデータの管理Managing document tracking metadata

ドキュメント追跡をサポートする各オペレーティング システムは、似たような実装を持ちます。Each of the operating systems supporting document tracking have similar implementations. これには、メタデータを表すプロパティのセット、ユーザー ポリシー作成メソッドに追加される新しいパラメーター、ドキュメント追跡サービスで追跡するポリシーを登録するためのメソッドが含まれます。These include as set of properties that represent the metadata, a new parameter added to the user policy creation methods and a method for registering the policy to be tracked with the document tracking service.

運用上、ドキュメント追跡に必要なプロパティは、コンテンツ名通知の種類のみです。Operationally, only the content name and the notification type properties are required for document tracking.

特定のコンテンツに対してドキュメント追跡をセットアップするための手順を次に示します。The sequence of steps you will use to setup document tracking for a given piece of content is:

  • ライセンス メタデータ オブジェクトを作成してから、コンテンツ名通知タイプを設定します。Create a license metadata object then set the content name and notification type. 必須のプロパティはこれらのプロパティのみです。These are the only required properties.

ポリシーの種類 (テンプレートまたはアドホック) を選択します。Chose policy type; template or ad-hoc: