[ポリシー]Overview

Microsoft Rights Management SDK 4.2 は情報保護テクノロジであり、複数のプラットフォームで利用できます。Microsoft Rights Management SDK 4.2 is an information protection technology and is available for several platforms. クライアント コンピューターおよびデバイス向けに "権限が有効になった" アプリケーションからの情報へのアクセスおよび使用を保護するために設計されている Software Developer Kit (SDK) またはフレームワークを提供します。It provides a software developer kit (SDK) or framework, which is designed for client computers and devices to help protect access to and usage of information flowing through applications that are “rights-enabled”. これらのプラットフォーム用の SDK によって、デジタル コンテンツの保護と使用、テンプレートの取得、サーバーからのポリシーの取得、およびその他の関連する権限関連タスクの実行を行うための単純な API がアプリケーション開発者に提供されます。The SDKs for these platforms provide a simple API for an application developer to protect or consume digital content, retrieve templates and acquire policies from a server, and other related rights management tasks.

現在サポートされているプラットフォームの詳細については、Microsoft Rights Management SDK の開発者ドキュメント ポータルを参照してください。For more information on the currently supported platforms, see our developer documentation portal for Microsoft Rights Management SDK.

考えられるシナリオの一部を次に示します。The following are just a few of the scenarios possible:

  • 機密情報を含む電子メール メッセージが印刷または転送されないようにすることを望む法律事務所。A law firm wants to prevent sensitive email messages from being printed or forwarded on a mobile device.
  • パスワードを使用することなく、描画のアクセスを研究部門内の小規模のユーザー グループに制限することを希望する CAD/CAM ソフトウェアの開発者。The developers of computer-aided design and manufacturing software want to limit drawing access to a small group of users within the research division without requiring the use of passwords.
  • 1 つのライセンスを使用して、イメージの低解像度のコピーは無料で表示できるが、高解像度のコピーを表示する場合は支払いを求めるようにすることを望む、グラフィック デザインのモバイル アプリ所有者。The owners of a graphic design mobile app want to use a single license that allows free viewing of low-resolution copies of their images but requires payment for access to the high-resolution versions.
  • ドキュメントがモバイル デバイスにダウンロードされたときに、ユーザーの ID に基づいて、ドキュメントの表示、印刷、または編集の権限を有効にすることを望むオンライン ドキュメント ライブラリの所有者。The owners of an online document library want to enable rights to view, print, or edit documents based on the identity of the user, when documents are downloaded to a mobile device.
  • 表示と編集の権限を特定のユーザーに制限する社内の Web サイトに従業員の機密情報を公開することを望む企業。A corporation wants to publish sensitive employee information to an internal website that restricts viewing and editing privileges to certain users.

MS RMS SDK 4.2 は、使用許諾契約書を確認して承諾することでダウンロードできるようになり、サードパーティ製ソフトウェアと一緒に自由に配布できるため、クライアントは環境内の AD RMS サーバーを使用してデプロイすることで、権利保護されたコンテンツにアクセスできるようになります。MS RMS SDK 4.2 can be downloaded, with acknowledgment and acceptance of its license agreement, freely distributed with your third-party software to enable client access to content that has been rights-protected by use and deployment of AD RMS servers in your environment or Azure RMS services. 詳細については、「作業開始」を参照してください。For more information, see Get started.

SDK の概要SDK Highlights

MS RMS SDK 4.2 には、次のような便利な新機能があります。MS RMS SDK 4.2 offers some new cool features that include the following:

  • 再設計された API – MS RMS SDK 4.2 API は可能な限りわかりやすくなるように再設計されているため、開発者は最低限の労力で API のシンプルかつ透過的な暗号化および暗号化の解除を利用できます。Re-designed API – MS RMS SDK 4.2 API was re-designed for maximum simplicity, so developers can enjoy a simple and transparent encryption and decryption API, which provides consistent RMS behaviors with minimum efforts.
  • AD RMS および Azure RMS のハイブリッド サポート – 1 つの RMS 対応アプリで、AD RMS サーバー (AD RMS のモバイル デバイス拡張機能を使用) と Azure RMS サービスの両方からのコンテンツを使用および保護できます。Hybrid support for AD RMS and Azure RMS – a single RMS enabled app can consume and protect content from both AD RMS server (using AD RMS’s mobile device extension) and Azure RMS service. MS RMS SDK 4.2 では、IT 管理者が構成できる関連エンドポイントが透過的に検出されます。MS RMS SDK 4.2 transparently discovers the relevant end-point that IT administrators can configure.
  • 独自の認証ライブラリの使用 – ユーザーは、アプリ開発者として MS RMS SDK 4.2 で使用する認証ライブラリを選択できます。Bring your own authentication library – as an app developer you can choose which authentication library is used with MS RMS SDK 4.2. Azure AD Authentication ライブラリでもユーザーの組織のカスタム ライブラリでも、MS RMS SDK 4.2 によって認証スタックが分離されるため、ユーザーはニーズに最も適したライブラリを選択することができます。Whether it is Azure AD Authentication Library or your organization’s custom library, MS RMS SDK 4.2 segregates the auth stack so you can choose the library that most fits your needs.
  • 独自のユーザー インターフェイスの使用 - MS RMS SDK 4.2 では、カスタマイズしたユーザー インターフェイスを実装できるようになりました。Bring your own user interface - MS RMS SDK 4.2 now allows you to implement your customize user interface. 保護されたコンテンツを使用しているときのコンテンツの保護およびテンプレートの選択からアクセス許可の変更まで、MS RMS SDK 4.2 によってアプリの組み込み UI を強制されることはありません。From protecting content and choosing templates to showing and changing permissions while consuming protected content, MS RMS SDK 4.2 does not enforce any built-in UI on your apps. ただし、希望する場合は、 GitHub アカウントからすべてのプラットフォームに対して Microsoft RMS の UI ライブラリを使用できます。If you would like, however, you can use Microsoft RMS UI libraries for all platforms via our GitHub account.
  • 保護されたコンテンツへのオフライン アクセス – MS RMS SDK 4.2 では、インターネットへの接続がない場合でも、アプリのユーザーは保護されたコンテンツにアクセスできます。Access protected content offline – MS RMS SDK 4.2 allows your app users to access protected content even when there is no internet connectivity. MS RMS SDK 4.2 では保護されているコンテンツの使用ポリシーが安全にキャッシュされるため、ユーザーは RMS で保護されたデータにオフラインでアクセスできます。MS RMS SDK 4.2 securely caches the consumption policies of the protected content so your users can access RMS protected data offline.

作業開始ガイドを使用して、保護されている情報のデバイス アプリ プロジェクトを開始してください。Use the Get started guide to begin your protected information device app project.