新機能とリリース ノートWhat's new and Release notes

新機能What's new

このトピックでは、重要な変更点と、この新しいバージョンの RMS SDK v4.x の機能について説明します。This topic outlines important changes and features in this new version of the RMS SDK v4.x.

2017 年 7 月の新機能New for July 2017

7 月リリースの更新で SDK が改訂され、4.2.5 になりました。The update for our July release included incrementing the revision of the SDK, now 4.2.5.

  • Android SDK: Android SDK で、ログ記録レベルをその場で設定 (オンザフライ設定) できるようになりました。Android SDK: Your app can now set the logging level on-the-fly with the Android SDK. 詳細については、「方法: エラーとパフォーマンスのログを有効にする」を参照してください。For more information, see How to: Enable error and performance logging
  • iOS SDK では、ログ記録レベルを設定できません。The iOS SDK does not support logging level.
  • SDK は、NULL アクセス トークンに対してエラーを返すようになりました。The SDK now returns an error for a NULL access token.

2016 年 10 月の更新October 2016 update

  • バックエンド バグをいくつか修正。Implement a few back-end bug fixes.
  • Apple iOS/OSX SDK のビットコードを有効化。Enable bitcode for the Apple iOS/OSX SDK.

2016 年 6 月の更新June 2016 update

  • 先進認証のサポート - Active Directory Authentication Library (ADAL) ベースのサインインを RMS 対応アプリに導入。Support for Modern Authentication - brings Active Directory Authentication Library (ADAL)-based sign-in to RMS enlightened apps. これによって利用可能になるサインイン機能としては、Multi-Factor Authentication (MFA)、SAML ベースのサードパーティ ID プロバイダーと RMS クライアント アプリケーションの組み合わせ、スマート カードや証明書をベースとする認証などがあります。また、RMS 対応アプリで基本認証プロトコルを使用する必要がなくなります。It enables sign-in features like Multi-Factor Authentication (MFA), SAML-based third-party Identity Providers with RMS client applications, smart card, and certificate-based authentication and it removes the need for RMS enlightened apps to use the basic authentication protocol.
  • ドキュメント追跡のサポート -開発するアプリの中でドキュメントを保護するときに、ドキュメント追跡を有効化できるようになりました。Document Tracking support - developers can now enable document tracking when protecting document in their apps
  • パフォーマンスの向上Performance improvements
  • バグの修正Bug fixes

2015 年 12 月更新December 2015 update

このリリースでは、デバイス用の RMS SDK はバージョン 4.2 であり、以下の機能が追加されています。With this release, the RMS SDK for devices is now at version 4.2 and adds:

2015 年 7 月の更新 – Linux / C++ による開発のサポートを追加July 2015 Update - Adds support for Linux / C++ development

このリリースでは、以下の更新が追加されています。This release adds the following updates:

  • Linux プラットフォーム向けの RMS SDK 4.1RMS SDK 4.1 for Linux platforms

    詳細については、「作業開始」を参照してください。For more information, see Get started.

2015 年 5 月の更新 – ログの制御を追加May 2015 Update - Adds logging control

このリリースでは、以下の更新のサポートが追加されています。This release adds support for the following updates:

2015 年 2 月の更新 – Windows ストア アプリケーションのサポートを追加February 2015 Update - Adds Windows Store application support

このリリースでは、Windows ストア アプリケーションのサポートを追加し、RMS SDK 4.1 の Windows Phone、Android、iOS/OS X 版リリースにそれぞれ同等の機能を提供しています。This release adds support for Windows Store applications and provides functional parity with the Windows Phone, Android, and iOS/OS X release of the RMS SDK 4.1.

2015 年 1 月の更新 – WinPhone プラットフォームのサポートを追加January 2015 Update - Adds WinPhone platform support

このリリースでは、Windows Phone オペレーティング システムのサポートを追加し、RMS SDK 4.1 の Android 版および iOS/OS X 版リリースにそれぞれ同等の機能を提供しています。This release adds support for the Windows Phone operating system and provides functional parity with the Android and iOS/OS X release of the RMS SDK 4.1.

2014 年 10 月の更新 – Microsoft RMS SDK 4.1 にアップグレードOctober 2014 Update - Upgrade to Microsoft RMS SDK 4.1

RMS SDK のバージョン 4.1 のリリースでは、Google Android と Apple iOS/OS X に以下の新機能が追加されています。The version 4.1 release of the RMS SDK adds the following new features to the Google Android and Apple iOS / OS X.

  • ユーザーの同意を処理するための Android および iOS/OS SDK API 拡張により、SDK の動作をユーザーが確認できるようになりました。Android and iOS/OS X SDK API extensions for user consent processing, allowing user confirmation of SDK behaviors. 現在、サポートされている同意タイプは、ドキュメント追跡、および不明な AD RMS サービス URL へのアクセスです。Currently, document tracking and accessing unknown AD RMS service URLs are the supported consent types.

    詳細については、Android API バージョンの ConsentCallback インターフェイスを例として参照してください。For more information, see as example, the Android API version of ConsentCallback interface.

  • iOS 8 および OS X 10.10 (Yosemite) がサポートされるようになりました。iOS 8 and OS X 10.10 (Yosemite) are now supported. Xcode 6 で必要ないくつかのプロパティ名も変更されました。There have also been a few property name changes required by Xcode 6.

    たとえば、MSUserPolicy.name が MSUserPolicy.policyName に変更されました。Example; MSUserPolicy.name changed to MSUserPolicy.policyName.

リリース ノートRelease notes

このセクションでは、開発者が知っておくと便利な、Microsoft Rights Management SDK 4.x API の現在および以前のリリースに関する情報をまとめています。This section outlines information about the current and previous releases of the Microsoft Rights Management SDK 4.x APIs that you, as a developer, want to be aware of.

AD RMS SDK 4.1 – iOS/OS X および Android プラットフォームのグローバル公開リリースAD RMS SDK 4.1 - iOS / OS X and Android platforms Global Availability Release

  • AD RMS のサポート – 新しい AD RMS サーバーのモバイル デバイス拡張機能により、IT 管理者はモバイル デバイスで RMS 対応アプリケーションを使用できます。AD RMS support - IT administrators can use RMS enabled apps on mobile devices with the new AD RMS server's mobile device extensions.
  • オフラインで使用 - エンドユーザーが RMS 保護されたデータにオフラインでアクセスできます。Offline Consumption - end users can access RMS protected data offline.
  • 認証の分離 - 独自に開発した認証ライブラリを Azure RMS と AD RMS に使用できます (推奨される Azure AD 認証ライブラリ (ADAL) を使用することもできます)。Segregated Auth - developers can use their own authentication library for Azure RMS and AD RMS (or use the recommended Azure AD Authentication Library (ADAL)).
  • UI の分離 – 開発者は、RMS 保護されたドキュメントを保護および使用するためのユーザー インターフェイスを構築できます。Segregated UI - developers can build their user interface to protect and consume RMS protected documents.
  • 再設計された API – 暗号化/復号化の API が単純でわかりやすくなりました。RMS の動作と操作方法に一貫性があり、労力が最小限に抑えられます。Redesigned API - developers can now enjoy a straightforward and transparent encryption and decryption API, which provides consistent RMS behaviors and user experience, with minimum effort.

すべてのプラットフォームに共通Common to all platforms

  • RMS SDK 4.x API はスレッド セーフではありません。The RMS SDK 4.x APIs are not thread-safe.

AndroidAndroid

  • Amazon® Kindle デバイスで .ptxt の添付ファイルを表示するサンプル アプリケーションを使用する際に、表示する前に、まずファイルをダウンロードする必要があります。When you use a sample app on an Amazon® Kindle device to view .ptxt attachments, you must first download the file before you view it.

    解決策 - 既知の問題には後に対処されます。Solution - a known issue that will be addressed later.

  • 複数のインスタンスが許可されていると、SDK を使用するアプリケーションがクラッシュすることがあります。An application that uses the SDK may crash if multi-instance is allowed.

    ソリューション – アプリケーションが Android API への複数インスタンスの呼び出しを許可しないようにします。Solution - Make sure the application does not allow multi-instance calls to the Android API.

  • ProtectedFileOutputStream.write(byte[] array, int offset, int length) メソッドを使用するときに、長さが array.length の値と異なっていると、後で SDK を使用してコンテンツを使用することができません。When I use the ProtectedFileOutputStream.write( byte[] array, int offset, int length ) method with a length different from the array.length value, I am not able to consume the content later using the SDK.

    ソリューション – これは既知の問題です。Solution - This is a known issue. 対策としては、byte [] 配列に渡す長さの値は常に length パラメーターと同じにするか、ProtectedFileOutputStream.write(byte[] array) メソッドを使用します。To mitigate it, either always pass a byte [] array with the same length value as the length parameter, or use the ProtectedFileOutputStream.write(byte[] array) method.

iOS および OS XiOS and OS X

  • iOS および OS X 用 SDK をサポートするポルトガル語の言語仕様は 2 つありますが、There are two dialects of Portuguese that our iOS and OS X SDKs support. バグがあるため、現在のところ、最初の言語仕様のローカライズは完全にサポートしていません。Unfortunately, due to a bug, we do not currently support the first localization completely. このバグにより、ポルトガル語は完全にはサポートされていません。Because of this bug, Portuguese is not fully supported. テキストの大部分は翻訳されますが、UI は翻訳されません。Most of the text is translated, but not the UI.

    1. ポルトガル語Portuguese

    2. ポルトガル語 (ポルトガル)Portuguese (Portugal)

iOS のみiOS only

  • RMS SDK 4.x では、ネットワーク アクティビティのインジケーターは表示されません。The RMS SDK 4.x does not show the network activity indicator.

    Apple のヒューマン インターフェイス ガイドラインによると、これは iOS の既知の省略可能な動作です。This is a known optional behavior for iOS according to the Apple Human Interface Guidelines.

OS X のみOS X only

  • RMS SDK 4.x では、ネットワーク アクティビティのインジケーターは表示されません。The RMS SDK 4.x does not show the network activity indicator.

    Apple のヒューマン インターフェイス ガイドラインによると、これは OS X の既知の省略可能な動作です。This is a known optional behavior for OS X according to the Apple Human Interface Guidelines.

  • ソリューション – マルチ ドキュメント インターフェイス (MDI) アプリケーションを作成する場合には、次のガイダンスに従って OS X SDK を使用します。Solution - To create a multiple document interface (MDI) application using our OS X SDK, use the following guidance.

    次のメソッドは同時に実行しないでください。The following methods must not be run concurrently. 実行の完了を監視するには、説明に従って完了ブロック アプローチを使用します。In order to monitor for execution completion, use the completion block approach as noted.

  MDI アプリケーションは、iOS API ではサポートされていません。Note  MDI applications are not supported by our iOS API.

よく寄せられる質問Frequently asked questions

すべてのプラットフォームAll platforms

Q: 保護ワークフローにカスタム アクセス許可の選択 UI が表示されません。Q: I don’t see a Custom Permissions selection UI in the protection workflow. なぜでしょうか。Why?

A: これは既知の問題であり、今後対応する予定です。A: This is a known issue and will be addressed later.

Q: SDK およびサンプル アプリケーションを試すために新しい組織のテナントを取得するにはどうすればよいですか。Q: How do I get new organizational tenants to try out the SDK and sample applications?

A: Azure AD RMS のテスト組織の資格情報を要求するには、rmcstbeta@microsoft.com に電子メールを送信してください。A: To request credentials for Azure AD RMS test organizations, send email to rmcstbeta@microsoft.com.

Q: ドキュメントにテスト階層についての説明が見当たりません。Q: I don’t see any test hierarchy discussion here in the documentation. なぜでしょうか。Why?

A: 新しい AD RMS SDK にはテスト階層の概念はなく、A: There is no test hierarchy concept with the new AD RMS SDKs. 常に運用階層を使用します。You will always work with the production hierarchy.

Q: RMS SDK バージョン 2.1 では、情報保護を実装するアプリケーションごとに生成済みマニフェストが必要です。Q: In the 2.1 version of the RMS SDK, a generated manifest was needed for each application implementing information protection. SDK バージョン 4.0 以降でも同じでしょうか。Is this still true for the 4.0 and later versions of the SDK?

A: いいえ、マニフェストは Rights Management SDK バージョン 3.0 以降では不要です。A: No, manifests are no longer needed for the 3.0 and later versions of the Rights Management SDK.

AndroidAndroid

Q: SDK はどの開発環境でテストされていますか。Q: Which development environments has the SDK been tested with?

A: Google API 15 以降を使用した Eclipse Juno です。A: Eclipse Juno using Google API 15 and above.

Q: UI スレッドから操作を取り消すメソッド cancel() を呼び出すことはできますか。Q: Can I call cancel() a cancel method from the UI thread? A: cancel() は、ネットワーク接続を中止する可能性があるため、非 UI スレッドから呼び出す必要があります。A: You should call cancel() from a non-UI thread, as it may abort network a connection.

iOSiOS

Q: SDK の開発はどのプラットフォームで検証されましたか。Q: Which platforms were verified for SDK development?

A: iOS 7 以降を使用した Xcode 5.0 です。A: Xcode 5.0 with iOS 7 and later.

Q: 操作に対して cancel() メソッドを呼び出しましたが、まだ操作が完了したことを示す通知が届きます。Q: I called a cancel() method on an operation, however I still got notification that the operation completed. なぜでしょうか。Why?

A: すべての操作が取り消し可能なわけではなく、取り消し操作は可能な限りにおいて実行されます。A: Not all operations can be canceled, so a cancellation operation is executed as best as is possible.

OS XOS x

Q: サンプル アプリケーションのフレームワークは Xcode 5 に対応していますが、Xcode 4.6 でも使用できますか。Q: Sample app framework is adapted to Xcode 5, can I work with Xcode 4.6?

A: OS X SDK は Xcode 4.6 以降のみ、および OS X 10.8 以降で動作します。A:The OS X SDK works with Xcode 4.6 and later only, as well as OS X 10.8 and later.