開発環境ファイルDevelopment environment files

このトピックでは、開発環境のファイルと、コンピューター上での相対的なインストール場所について説明します。This topic shows the development environment files and their relative installation locations on your computer.

Rights Management サービス SDK 2.1 には、次のファイルが含まれています。これらのファイルは、コンピューター上の既定の場所または指定された場所 (%MsipcSDKDir%) にインストールされます。The Rights Management Services SDK 2.1 includes the following files, installed on your computer at the default location or the one you have specified: %MsipcSDKDir%.

FileFile パスPath 説明Description
ReadMe.htmReadMe.htm \ RMS ヘルプおよびリリース ノートへのリンクが含まれています。Contains link to RMS help and Release notes.
Isvtier5appsigningprivkey.datIsvtier5appsigningprivkey.dat \bin\bin RMS 対応アプリケーションの開発時に使用するマニフェストを生成するための秘密キーが含まれています。Contains the private key used to generate a manifest for use during development of an RMS–enabled application.
Isvtier5appsigningpubkey.datIsvtier5appsigningpubkey.dat \bin\bin RMS 対応アプリケーションの開発時に使用するマニフェストを生成するための公開キーが含まれています。Contains the public key used to generate a manifest for use during development of an RMS–enabled application.
Isvtier5appsignsdk_client.xmlIsvtier5appsignsdk_client.xml \bin\bin RMS 対応アプリケーションの開発時に使用するマニフェストを生成するために使用します。Used to generate a manifest for use during development of an RMS–enabled application.
YourAppName.isv.mcfYourAppName.isv.mcf \bin\bin RMS 対応アプリケーションの開発時にマニフェストを生成するために使用できるボイラープレート マニフェスト構成ファイル。A boilerplate manifest configuration file you can use to generate a manifest during development of an RMS–enabled application.
Ipcsecproc_isv.dllIpcsecproc_isv.dll \bin\x86\bin\x86 ISV 階層で動作するときに Active Directory Rights Management サービス クライアント 2.1 によって内部的に使用される、x86 アプリケーション用の DLL。DLL used internally, for x86 applications, by the Active Directory Rights Management Services Client 2.1 when operating in the ISV hierarchy.
Ipcsecproc_ssp_isv.dllIpcsecproc_ssp_isv.dll \bin\x86\bin\x86 ISV 階層で動作するときに AD RMS 2.1 によって内部的に使用される、x86 アプリケーション用の DLL。DLL used internally, for x86 applications, by the AD RMS 2.1 when operating in the ISV hierarchy.
Ipcsecproc_isv.dllIpcsecproc_isv.dll \bin\x64\bin\x64 ISV 階層で動作するときに AD RMS クライアント 2.1 によって内部的に使用される、x64 アプリケーション用の DLL。DLL used internally, for x64 applications, by the AD RMS Client 2.1 when operating in the ISV hierarchy.
Ipcsecproc_ssp_isv.dllIpcsecproc_ssp_isv.dll \bin\x64\bin\x64 ISV 階層で動作するときに AD RMS クライアント 2.1 によって内部的に使用される、x64 アプリケーション用の DLL。DLL used internally, for x64 applications, by the AD RMS Client 2.1 when operating in the ISV hierarchy.
Msipc.hMsipc.h \inc\inc RMS SDK 2.1 用のメインのインクルード ファイル。Main include file for the RMS SDK 2.1.
Ipcprot.hIpcprot.h \inc\inc RMS SDK 2.1 によってエクスポートされたパブリック インターフェイスが含まれています。Contains the public interface exported by the RMS SDK 2.1.
Ipcbase.hIpcbase.h \inc\inc RMS SDK 2.1 によってエクスポートされた基本的な型およびヘルパー関数が含まれています。Contains basic types and helper functions exported by the RMS SDK 2.1.
Ipcerror.hIpcerror.h \inc\inc RMS SDK 2.1 によってエクスポートされたパブリック エラー コードが含まれています。Contains public error codes exported by RMS SDK 2.1.
Ipcfile.hIpcfile.h \inc\inc RMS SDK 2.1 によってエクスポートされた File API インターフェイスが含まれています。Contains the File API interfaces exported by the RMS SDK 2.1
Msipc.libMsipc.lib \lib\lib RMS SDK 2.1 を使用して x86 アプリケーションを構築するときにリンクするライブラリ。Library to link with when using the RMS SDK 2.1 to build x86 applications.
Msipc_s.libMsipc_s.lib \lib\lib x86 アプリケーション用の IpcInitialize のエントリ ポイントを提供します。Provides entry point for IpcInitialize for x86 applications.
Msipc.libMsipc.lib \lib\x64\lib\x64 RMS SDK 2.1 を使用して x64 アプリケーションを構築するときにリンクするライブラリ。Library to link with when using the RMS SDK 2.1 to build x64 applications.
Msipc_s.libMsipc_s.lib \lib\x64\lib\x64 x64 アプリケーション用の IpcInitialize のエントリ ポイントを提供します。Provides entry point for IpcInitialize for x64 applications.
Genmanifest.exeGenmanifest.exe \tools\tools RMS 対応アプリケーションの開発時に使用するマニフェストを生成します。Generates a manifest for use during development of an RMS-enabled application.