開発環境のセットアップSetup developer environment

次のトピックでは、特定のオペレーティング システム用の AD RMS SDK API を使用するための開発環境を設定する方法について説明します。The following topics show you how to setup you your development environment to work with the AD RMS SDK APIs for your particular operating system.

プラットフォームPlatform 説明Description
AndroidAndroid Android アプリケーションは Microsoft Rights Management SDK 4.2 を使用して、Azure Active Directory Rights Management (AAD RM) を使用することでそのアプリケーション内で統合情報保護を有効にできます。Android applications can use the Microsoft Rights Management SDK 4.2 to enable integrated information protection in their applications by using Azure Active Directory Rights Management (AAD RM ).
LinuxLinux Linux オペレーティング システムの一部のエディションで MS RMS SDK 4.2 を使用して、Azure Active Directory Rights Management (AAD RM) を使用することでそのアプリケーション内で統合情報保護を有効にできるようになりました。Several flavors of Linux operating systems can now make use of the MS RMS SDK 4.2 to enable integrated information protection in their application by using the Azure Active Directory Rights Management (AAD RM).
iOS および OS XiOS and OSX iOS および OS X アプリケーションでは、MS RMS SDK 4.2 を使用して、Azure Active Directory Rights Management (AAD RM) を使用することで、そのアプリケーション内で統合情報保護を有効にできます。iOS and OS X applications can use the MS RMS SDK 4.2 to enable integrated information protection in their application by using the Azure Active Directory Rights Management (AAD RM).
Windows PhoneWindows Phone Windows Phone アプリケーションでは、MS RMS SDK 4.2 を使用して、Azure Active Directory Rights Management (AAD RM) を使用することで、そのアプリケーション内で統合情報保護を有効にできます。Windows Phone applications can use the MS RMS SDK 4.2 to enable integrated information protection in their application by using the Azure Active Directory Rights Management (AAD RM).
Windows ストアWindows Store Windows ストア アプリケーションでは、MS RMS SDK 4.2 を使用して、Azure Active Directory Rights Management (AAD RM) を使用することで、そのアプリケーション内で統合情報保護を有効にできます。Windows Store applications can use the MS RMS SDK 4.2 to enable integrated information protection in their application by using the Azure Active Directory Rights Management (AAD RM).