Windows ストアのセットアップWindows Store setup

Windows ストア アプリケーションは Microsoft Rights Management SDK 4.2 を使用して、Azure Active Directory Rights Management (AAD RM) を使用することでそのアプリケーション内で統合情報保護を有効にできます。Windows Store applications can use the Microsoft Rights Management SDK 4.2 to enable integrated information protection in their application by using the Azure Active Directory Rights Management (AAD RM).

このトピックでは、独自の新しいアプリを作成するために環境をセットアップする方法について説明します。This topic will guide you through setting up your environment for creating your own new apps.

前提条件Prerequisites

開発システムには、以下のソフトウェアが必要です。You must have the following software on your development system:

新機能に関するトピックで、API の更新情報、デバイスと環境情報、リリース ノート、よく寄せられる質問 (FAQ) をお読みください。Read the What's new topic for information on API updates, device and environment information, release notes and frequently asked questions (FAQ).

OptionalOptional

UI ライブラリは、独自のカスタム UI 作成を望まない開発者のために、使用操作と保護操作用の再利用可能な UI を提供します - Windows ストア アプリ用の UI ライブラリOur UI library provides re-usable UI for consumption and protection operations for developers who don’t want to create their own custom UI - UI Library for Windows Store apps. Windows ストア アプリのサンプル アプリケーションも提供しています - Windows ストア用の RMS サンプル アプリケーションWe also provide a Windows Store app sample application - RMS Sample application for Windows Store.

開発環境の構成Configuring your development environment

  • Visual Studio を開きます。Open Visual Studio.

  • [ファイル][新規作成][プロジェクト] の順にクリックします。Click File, click New, and then click Project.

  • [新しいプロジェクト] ダイアログ ボックスで、 [Visual C#][空のアプリケーション (Windows)] の順にクリックし、 [OK] をクリックします。In the New Project dialog box, click Visual C# and select Blank App (Windows) then click OK.

    新規プロジェクトの作成

  • ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、 [参照の追加] を選択して [参照の追加] ダイアログ ボックスを開きます。In Solution Explorer, right-click your project, and select Add Reference to open the Add Reference dialog box.

    参照の追加

  • [参照の追加] ダイアログ ボックスで [参照] をクリックし、SDK パッケージを解凍したフォルダー内にある Microsoft.RightsManagement.dll ファイルを選択します。In the Add Reference dialog box, click Browse and select the Microsoft.RightsManagement.dll file that is located in the folder you extracted the SDK package in.

  • 管理対象アプリ - 管理対象アプリを構築するには、この参照を追加する必要があります。 [Windows 8.1] -> [拡張機能] を選択し、 [Windows Visual C++ Runtime Package for Windows] のチェック ボックスをオンにしてください。Managed Apps - For building a managed app, you will have to add this reference; select Windows 8.1->Extensions and check the box for Windows Visual C++ Runtime Package for Windows

    拡張機能の追加

  • 機能を追加する - アプリケーションで SDK を使用するには、[インターネット (クライアントとサーバー)] 機能が必要です。Adding Capabilities - Your application will need "Internet (Client & Server)" capability to use the SDK. この機能をアプリに追加するには、Package.appxmanifest ファイルをプロジェクトで開き、 [機能] タブに移動して追加します。To add this capability to your app, open the Package.appxmanifest file in the project and navigate to the Capabilities tab to add.

これで、新しい独自の Windows ストア アプリを作成する準備が整いました。You are now ready to create your own new Windows Store apps.

関連項目See Also

開始するにはGet started

新機能What's new

開発者の用語と概念Developer terms and concepts

Windows 8Windows 8

Visual Studio 2012Visual Studio 2012

Windows API リファレンスWindows API Reference