Azure Information Protection を使用する一般的なシナリオに関する操作ガイドHow-to guides for common scenarios that use Azure Information Protection

適用対象: Azure Information ProtectionApplies to: Azure Information Protection

手順:Windows 用 Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

Azure Information Protection を使用して組織のドキュメントや電子メールを分類したり、必要に応じて保護したりするためには、多くの方法があります。There are many ways in which you can use Azure Information Protection to classify and optionally, protect your organization's documents and emails.

展開が最も成功するのは、組織にとってビジネス上の利益が最大になる特定のユース ケースを見つけた場合です。The most successful deployments are those that identify specific use cases that provide the most business benefit to the organization. 一般的なシナリオと手順に関する以下の一覧を使用して、展開を開始しましょう。Use the following list of common scenarios and instructions to get your deployment off the ground.

一般的なシナリオCommon scenarios

よう目的:Scenario: I want to ... 手順Instructions
組織がオンプレミスに格納している機密情報を検索するFind what sensitive information my organization stores on-premises クイック スタート: オンプレミスに格納しているファイル内の機密情報を検索するQuickstart: Find what sensitive information you have in files stored on-premises
ユーザーが機密情報を含む電子メールを簡単に保護できるようにするMake it easy for users to protect their emails that contain sensitive information クイック スタート: ラベルを構成して、ユーザーが機密情報を含む電子メールを簡単に保護できるようにするQuickstart: Configure a label for users to easily protect emails that contain sensitive information
ユーザーがデータを作成または編集したときに簡単に分類し、機密情報を含む場合は保護できるようにするMake it easy for users to classify data as it's created or edited, and protect it if it contains sensitive information チュートリアル: ポリシーを編集して新しいラベルを作成するTutorial: Edit the policy and create a new label
ユーザーが保護されたドキュメントに対して簡単に共同作業できるようにするMake it easy for users to collaborate on a protected document Azure Information Protection を使用したセキュアなドキュメント コラボレーションの構成Configuring secure document collaboration by using Azure Information Protection
組織の外部に送信されるユーザーの電子メールを自動的に保護するAutomatically protect users' emails that are sent outside the organization Azure Information Protection ラベルのメール フロー ルールの構成Configuring mail flow rules for Azure Information Protection labels
オンプレミスのデータ ストアにある既存のデータを自動的に分類して保護するAutomatically classify and protect existing data in my on-premises data stores Azure Information Protection スキャナーの展開Deploying the Azure Information Protection scanner
自分のキーを使用して自分の組織のデータを保護するUse my own key to protect my organization's data テナント キーの計画と実装Planning and implementing your tenant key
AD RMS から移行するMigrate from AD RMS AD RMS から Azure Information Protection への移行Migrating from AD RMS to Azure Information Protection

デプロイの追加手順Additional deployment instructions

Azure Information Protection テクニカルブログには、最前線からの追加のガイダンスが含まれています。Our Azure Information Protection technical blog includes additional guidance from the trenches.

たとえば、ビジネスの意思決定者や IT の実装担当者向けのベスト プラクティスを使った方法:For example, a methodology with best practices for business decision makers and IT implementers:

詳しい手順:Step-by-step instructions:

次の手順Next steps

目的のシナリオが見つかりませんでしたか。Don't see your scenario listed? 計画と展開の手順に関する完全な一覧については、デプロイ ロードマップを参照してください。Check the Deployment roadmap for a full list of planning and deployment steps.

Azure Information Protection を使用した経験がない場合は、ご自身の展開を開始する前に、サービスの概略を説明した「Azure Information Protection とは」をご覧ください。If you're new to Azure Information Protection, review What is Azure Information Protection? for a quick introduction to the service before you begin your deployment.