Azure クラシック ポータルで行っていたタスクTasks that you used to do with the Azure classic portal

適用対象: Azure Information ProtectionOffice 365Applies to: Azure Information Protection, Office 365

Azure Rights Management サービスの管理には Azure クラシック ポータルが利用されていました。Azure Portal への移行でサポートが必要ですか?Used to the Azure classic portal for managing the Azure Rights Management service, and need some help transitioning to the Azure portal?

Azure クラシック ポータルは、2018 年 1 月 8 日をもって廃止されました。The Azure classic portal retired January 08, 2018. この日付以降は、クラシック ポータルから Azure Rights Management サービスとカスタム テンプレートを管理することができません。After this date, you will not be able to manage the Azure Rights Management service and custom templates from the classic portal. クラシック ポータルにアクセスしようとすると、新しい Azure Portal に移動するためのリンクが表示されます。If you try to access the classic portal, you see a link that takes you to the new Azure portal.

クラシック ポータルの廃止については、ブログ投稿でのお知らせ「Marching into the future of the Azure AD admin experience: retiring the Azure classic portal」 (Azure AD 管理は未来に向かいます: Azure クラシック ポータルは使用停止に) を参照してください。For more information about the classic portal retirement, see the blog post announcement: Marching into the future of the Azure AD admin experience: retiring the Azure classic portal. 元々の廃止日の一時的な延長については、「Update on retirement of Azure AD classic portal experience and migration of conditional access policies」 (Azure AD クラシック ポータル エクスペリエンスの廃止と条件付きアクセス ポリシーの移行に関する更新) を参照してください。For the temporary extension to the original retirement date, see Update on retirement of Azure AD classic portal experience and migration of conditional access policies.

使い慣れた管理タスクの実行方法How to do your familiar admin tasks

次の情報を利用して、最新のポータルに短時間で移行できます。Use the following information to help you quickly transition to the current portal.

Azure クラシック ポータルAzure classic portal このタスクを Azure Portal で実行する方法How to do this task in the Azure portal
構成設定に初めてアクセスするAccess the configuration settings for the first time 1. Azure portal にサインインします。1. Sign in to the Azure portal.

2. [Azure Information Protection] ウィンドウに初めてアクセスするには、の指示に従います。2. Follow the instructions for To access the Azure Information Protection pane for the first time.
新しいテンプレートを作成するCreate a new template 保護を適用するラベルを作成します。 [権限の設定] を利用し、アクセス許可、有効期限、オフライン アクセスを定義します。Create a label that applies protection, and use Set permissions to define the permissions, expiration, and offline access.

その処理の裏では、この構成により、Rights Management テンプレートと統合されるサービスとアプリケーションが次からアクセスできるようになる新しいカスタム テンプレートが作成されます。Under the covers, this configuration creates a new custom template that can then be accessed by services and applications that integrate with Rights Management templates.

詳細については、「新しいテンプレートを作成するには」を参照してください。For more information, see To create a new template.
テンプレートのプロパティを編集する:Edit the template properties:

- テンプレート名と説明- Template name and description

- 使用権限、コンテンツの有効期限、オフライン アクセス設定- Usage rights, content expiration, and offline access settings
まだ行っていない場合、テンプレートをラベルに変換し、次の作業を行ってください。If you haven't already done so, convert the template to a label, and then do the following

1. ラベルの名前と説明を変更します。1. Change the label name and description

2. ラベルの保護設定を変更して、アクセス許可、有効期限、およびオフラインアクセスの設定を更新します。2. Change the protection settings on the label to update the permissions, expiration, and offline access settings.

詳しくは、ラベルの保護設定の構成に関するページをご覧ください。For more information, see To configure a label for protection settings.
テンプレートをアーカイブに収めるArchive a template ラベル状態を [無効] に設定します。Set the label status to Disabled.
スコープ テンプレートを作成するCreate a scoped template スコープ テンプレートを作成し、その範囲で保護を適用するラベルを作成します。Create a scoped policy and create a label in this scope that applies protection.

詳細については、「スコープ ポリシーを使用して特定のユーザーの Azure Information Protection ポリシーを構成する方法」を参照してください。For more information, see How to configure the Azure Information Protection policy for specific users by using scoped policies.
テンプレートをコピーするCopy a template Azure Portal では、テンプレートをコピーできません。You can't copy a template in the Azure portal. 2 つのラベルに同じ保護設定を与える場合、ラベルごとにアクセス許可を設定する必要があります。If you want two labels to have the same protection settings, you must set the permissions on each label.

詳しくは、ラベルの保護設定の構成に関するページをご覧ください。For more information, see To configure a label for protection settings.
テンプレートを削除するDelete a template テンプレートを削除するとデータにアクセスできなくなることがあります。そのため、Azure Portal ではテンプレートを削除できないようになっています。Deleting templates can result in inaccessible data, so the Azure portal doesn't support this action. ただし、ラベルを削除してから、PowerShell のremove-AipServiceTemplateコマンドレットを使用してテンプレートを削除することができます。However, you can delete the label and then use the PowerShell Remove-AipServiceTemplate cmdlet to remove the template.

詳細については、「Azure Information Protection のラベルを削除または順序変更する方法」を参照してください。For more information, see How to delete or reorder a label for Azure Information Protection.
複数言語サポートMulti-language support [管理] メニュー選択から、 [言語] を選択すると、テンプレート名と説明が含まれるカスタマイズ可能なフィールドがエクスポートされます。From the Manage menu selection, select Languages to export the customizable fields that include the template name and description. 文字列を変換し、ポータルにインポートします。Translate the strings, and then import these strings into the portal.

詳細については、「Azure Information Protection で他の言語のラベルとテンプレートを構成する方法」を参照してください。For more information, see How to configure labels and templates for different languages in Azure Information Protection.
Rights Management Web レポートRights Management web reports Azure Information Protection の中央レポート機能は現在プレビュー段階です。Centralized reporting for Azure Information Protection is now in preview.

また、PowerShell のget-helpコマンドレットを使用して、Azure Rights Management サービスの使用状況ログをダウンロードすることもできます。You can also use the PowerShell Get-AipServiceUsageLog cmdlet to download usage logs for the Azure Rights Management service. そのデータを利用し、カスタマイズされたレポートを作成できます。You can then use this data to create customized reports. 詳細については、「 Azure Information Protection からの保護の使用状況のログと分析」を参照してください。For more information, see Logging and analyzing the protection usage from Azure Information Protection.
Rights Management サービスを有効/無効化するActivate and deactivate the Rights Management service [管理] メニュー オプションで、 [保護のアクティブ化] を選択します。From the Manage menu options, select Protection activation.

詳細については、「 Azure portal から Rights Management 保護サービスをアクティブ化する方法」を参照してください。For more information, see How to activate the Rights Management protection service from the Azure portal.

Azure Portal でテンプレートを編集したり、ラベルに変換したりする前に、「Azure Portal のテンプレートに関する考慮事項」を参照してください。Before you edit your templates or convert them to labels in the Azure portal, see Considerations for templates in the Azure portal.

その他の変更点What else has changed

Azure Portal の新機能:New functionality in the Azure portal:

  • ユーザーが所属する組織のために既定のテンプレートが自動的に作成されますが、その既定のテンプレートを編集できます。You can edit the default templates that are automatically created for your organization.

  • テンプレートをラベルに変換できます。結果的に、テンプレートとラベルをそれぞれ管理するのではなく、1 つのオブジェクトを管理することになります。You can convert templates to labels, so that you manage a single object rather than manage a template and label independently. 方法については、「テンプレートをラベルに変換するには」を参照してください。For instructions, see To convert templates to labels.

  • 他の管理者ロールのサポート: azure Rights Management を構成するには、グローバル管理者として Azure クラシックポータルにサインインする必要がありましたが、他の多くの管理者ロールを使用して Azure Information Protection を管理するために Azure portal にサインインできます。これには、コンプライアンス管理者コンプライアンスデータ管理者が含まれます。Support for other admin roles: Whereas you had to sign in to the Azure classic portal as a Global administrator to configure Azure Rights Management, you can sign in to the Azure portal to manage Azure Information Protection by using many other administrative roles that include Compliance administrator and Compliance data administrator. サポートされているロールの完全な一覧については、「 Azure portal へのサインイン」セクションを参照してください。The full list of roles supported are included in the Signing in to the Azure portal section.

テンプレートの作成と管理、サービスの有効化と無効化のための PowerShell コマンドレットは、変更なく引き続きサポートされます。The PowerShell cmdlets to create and manage templates, and to activate or deactivate the service, remain supported without changes.

See also

詳細については、「Azure Information Protection ポリシーでテンプレートを構成して管理する」を参照してください。For more detailed information, see Configuring and managing templates in the Azure Information Protection policy.