Azure クラシック ポータルで行っていたタスク

適用対象: Azure Information ProtectionOffice 365

*関連: Windows 用のクラシッククライアント Azure Information Protectionます。 統一されたラベル付けクライアントについては、Microsoft 365 のドキュメントの「 秘密度ラベルについて 」を参照してください。 *

注意

統一された効率的なカスタマー エクスペリエンスを提供するため、Azure portal の Azure Information Protection のクラシック クライアントラベル管理 は、2021 年 3 月 31 日 をもって 非推奨 になります。 クラシック クライアントは構成どおりに動作しますが、今後のサポートは提供されず、メンテナンス バージョンがクラシック クライアントにリリースされなくなります。

統一されたラベル付けに移行し、統一されたラベル付けクライアントにアップグレードすることをお勧めします。 詳細については、最新の非推奨に関するブログを参照してください。

Azure Rights Management サービスの管理には Azure クラシック ポータルが利用されていました。Azure Portal への移行でサポートが必要ですか?

Azure クラシック ポータルは、2018 年 1 月 8 日 をもって廃止されました。 この日付以降は、クラシック ポータルから Azure Rights Management サービスとカスタム テンプレートを管理することができません。 クラシック ポータルにアクセスしようとすると、新しい Azure Portal に移動するためのリンクが表示されます。

クラシック ポータルの廃止については、ブログ投稿でのお知らせ「Marching into the future of the Azure AD admin experience: retiring the Azure classic portal」 (Azure AD 管理は未来に向かいます: Azure クラシック ポータルは使用停止に) を参照してください。 元々の廃止日の一時的な延長については、「Update on retirement of Azure AD classic portal experience and migration of conditional access policies」 (Azure AD クラシック ポータル エクスペリエンスの廃止と条件付きアクセス ポリシーの移行に関する更新) を参照してください。

使い慣れた管理タスクの実行方法

次の情報を利用して、最新のポータルに短時間で移行できます。

Azure クラシック ポータル このタスクを Azure Portal で実行する方法
構成設定に初めてアクセスする 1. Azure portal にサインインします。

2. [Azure Information Protection] ウィンドウに初めてアクセスするには、の指示に従います。
新しいテンプレートを作成する 保護を適用するラベルを作成します。[権限の設定] を利用し、アクセス許可、有効期限、オフライン アクセスを定義します。

その処理の裏では、この構成により、Rights Management テンプレートと統合されるサービスとアプリケーションが次からアクセスできるようになる新しいカスタム テンプレートが作成されます。

詳細については、「新しいテンプレートを作成するには」を参照してください。
テンプレートのプロパティを編集する:

- テンプレート名と説明

- 使用権限、コンテンツの有効期限、オフライン アクセス設定
まだ行っていない場合、テンプレートをラベルに変換し、次の作業を行ってください。

1. ラベルの名前と説明を変更します。

2. ラベルの保護設定を変更して、アクセス許可、有効期限、およびオフラインアクセスの設定を更新します。

詳しくは、ラベルの保護設定の構成に関するページをご覧ください。
テンプレートをアーカイブに収める ラベル状態を [無効] に設定します。
スコープ テンプレートを作成する スコープ テンプレートを作成し、その範囲で保護を適用するラベルを作成します。

詳細については、「スコープ ポリシーを使用して特定のユーザーの Azure Information Protection ポリシーを構成する方法」を参照してください。
テンプレートをコピーする Azure Portal では、テンプレートをコピーできません。 2 つのラベルに同じ保護設定を与える場合、ラベルごとにアクセス許可を設定する必要があります。

詳しくは、ラベルの保護設定の構成に関するページをご覧ください。
テンプレートを削除する テンプレートを削除するとデータにアクセスできなくなることがあります。そのため、Azure Portal ではテンプレートを削除できないようになっています。 ただし、ラベルを削除してから、PowerShell の remove-AipServiceTemplate コマンドレットを使用してテンプレートを削除することができます。

詳細については、「Azure Information Protection のラベルを削除または順序変更する方法」を参照してください。
複数言語のサポート [管理] メニュー選択から、[言語] を選択すると、テンプレート名と説明が含まれるカスタマイズ可能なフィールドがエクスポートされます。 文字列を変換し、ポータルにインポートします。

詳細については、「Azure Information Protection で他の言語のラベルとテンプレートを構成する方法」を参照してください。
Rights Management Web レポート Azure Information Protection の中央レポート機能は現在プレビュー段階です。

また、PowerShell の get-help コマンドレットを使用して、Azure Rights Management サービスの使用状況ログをダウンロードすることもできます。 そのデータを利用し、カスタマイズされたレポートを作成できます。 詳細については、「 Azure Information Protection からの保護の使用状況のログと分析」を参照してください。
Rights Management サービスを有効/無効化する [ 管理 ] メニューオプションから、[ 保護のアクティブ化] を選択します。

詳細については、「 Azure portal から Rights Management 保護サービスをアクティブ化する方法」を参照してください。

Azure Portal でテンプレートを編集したり、ラベルに変換したりする前に、「Azure Portal のテンプレートに関する考慮事項」を参照してください。

その他の変更点

Azure Portal の新機能:

  • ユーザーが所属する組織のために既定のテンプレートが自動的に作成されますが、その既定のテンプレートを編集できます。

  • テンプレートをラベルに変換できます。結果的に、テンプレートとラベルをそれぞれ管理するのではなく、1 つのオブジェクトを管理することになります。 方法については、「テンプレートをラベルに変換するには」を参照してください。

  • 他の管理者ロールのサポート: azure Rights Management を構成するには、グローバル管理者として Azure クラシックポータルにサインインする必要がありましたが、Azure portal にサインインして、 コンプライアンス管理者コンプライアンスデータ管理者 を含む他の多くの管理者ロールを使用して Azure Information Protection を管理できます。 サポートされているロールの完全な一覧については、「 Azure portal へのサインイン 」セクションを参照してください。

テンプレートの作成と管理、サービスの有効化と無効化のための PowerShell コマンドレットは、変更なく引き続きサポートされます。

関連項目

詳細については、「Azure Information Protection ポリシーでテンプレートを構成して管理する」を参照してください。