クイック スタート:Azure portal で Azure Information Protection の使用を開始するQuickstart: Get started with Azure Information Protection in the Azure portal

適用対象:Azure Information ProtectionApplies to: Azure Information Protection

このクイック スタートでは、Azure portal に Azure Information Protection を追加し、この保護サービスがアクティブ化されていることを確認し、ラベルがまだ用意されていなければ既定のラベルを作成し、Azure Information Protection クライアント (クラシック) のポリシー設定を表示します。In this quickstart, you'll add Azure Information Protection to the Azure portal, confirm the protection service is activated, create default labels if you don't already have labels, and view the policy settings for the Azure Information Protection client (classic).

このクイック スタートは 10 分もかからずに終了できます。You can finish this quickstart in less than 10 minutes.

必要条件Prerequisites

このクイック スタートを完了するには、次の要件があります。To complete this quickstart, you need:

  • Azure Information Protection プラン 1 またはプラン 2 を含むサブスクリプション。A subscription that includes Azure Information Protection Plan 1 or Plan 2.

    このようないずれかのサブスクリプションがない場合は、組織用の無料アカウントを作成できます。If you don't have one of these subscriptions, you can create a free account for your organization.

Azure Information Protection を使用するための必要条件の完全な一覧については、「Azure Information Protection の要件」をご覧ください。For a full list of prerequisites to use Azure Information Protection, see Requirements for Azure Information Protection.

Azure portal に Azure Information Protection を追加するAdd Azure Information Protection to the Azure portal

Azure Information Protection は、Azure portal で自動的に使用可能になるわけではありません。Azure Information Protection isn't automatically available in the Azure portal. このサービスを追加する必要があります。You must add it.

  1. テナントのグローバル管理者アカウントを使用して、Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal by using the global admin account for your tenant.

    グローバル管理者でない場合は、次のリンクを使用して別のロールにします:「Azure portal にサインインするIf you are not the global admin, use the following link for alternative roles: Signing in to the Azure portal

  2. [+ リソースの作成] を選択し、Marketplace の検索ボックスに「Azure Information Protection」と入力します。Select + Create a resource, and then, from the search box for the Marketplace, type Azure Information Protection.

  3. 結果一覧から [Azure Information Protection] を選択します。From the results list, select Azure Information Protection. 次に、 [Azure Information Protection] ペインで [作成] をクリックします。Then on the Azure Information Protection pane, click Create.

    ヒント

    必要に応じて、 [ダッシュボードにピン留めする] を選択してダッシュボードの [Azure Information Protection] タイルを作成し、次にポータルにサインインするときにサービスの参照をスキップできるようにします。Optionally, select Pin to dashboard to create an Azure Information Protection tile on your dashboard, so that you can skip browsing to the service the next time you sign in to the portal.

    再び [作成] をクリックします。Click Create again.

保護サービスがアクティブ化されていることを確認するConfirm the protection service is activated

この保護サービスは、新しいお客様に対しては自動的にアクティブ化されるようになっていますが、手動でアクティブ化する必要がないことを確認しておくことをお勧めします。The protection service is now automatically activated for new customers, but it's a good idea to confirm it doesn't need manually activating.

  1. [Azure Information Protection] ペインで、 [管理] > [保護のアクティブ化] を選択します。On the Azure Information Protection pane, select Manage > Protection activation.

  2. テナントの保護がアクティブかどうかを確認します。Confirm whether protection is activated for your tenant:

    • 保護がアクティブの場合、次の確認情報が表示されます。If protection is activated, you see the following confirmation:

      Azure RMS での Azure Information Protection の状態 - アクティブ

    • 保護がアクティブでない場合は、状態情報でそのことが示され、アクティブ化するオプションが表示されます。If protection is not activated, you see this reflected in the status information, and the option to activate:

      Azure RMS での Azure Information Protection の状態 - 非アクティブ

  3. 保護がアクティブになっていない場合は、 [アクティブ化] を選択します。If protection isn't activated, select Activate.

    アクティブ化が完了すると、情報バーに [Activation finished successfully](アクティブ化が正常に完了しました) と表示されます。When activation is complete, the information bar displays Activation finished successfully.

ラベルの作成と公開Create and publish labels

お客様の組織に既にラベルが存在している場合があります。これは、お客様のテナント用のラベルが自動的に作成されていたため、または、Office 365 セキュリティ & コンプライアンス センター、Microsoft セキュリティ センター、または Microsoft コンプライアンス センターのラベルが存在するためです。Your organization might already have labels because they were automatically created for your tenant, or because you have sensitivity labels in the Office 365 Security & Compliance center, the Microsoft security center, or the Microsoft compliance center. では、始めましょう。Let's take a look:

  1. [分類] > [ラベル] を選択します。Select Classifications > Labels:

    [既定のラベルの生成] オプションが表示される場合は、ラベルはまだ存在していません。If you see the option Generate default labels, you don't yet have any labels:

    Azure Information Protection の既定のラベルなし

    既定のラベルを生成するこのオプションが表示されない場合は、既にラベルが存在しています。それは、次の図に示すような Azure Information Protection の既定のラベルである可能性があります。If you don't see this option to generate default labels, you already have labels, perhaps similar to those in the following picture, which are the default labels for Azure Information Protection:

    Azure Information Protection の既定のラベルあり

  2. ラベルが存在しない場合は、 [既定のラベルの生成] オプションを選択します。If you don't yet have labels, select that option to Generate default labels.

  3. すべてのユーザーに対してラベルを公開するには、 [分類] > [ポリシー] > [グローバル] で次の操作を行います。To publish the labels for all users, from Classifications > Policies > Global:

    」を参照します。a. [ラベルの追加または削除] を選択します。Select Add or remove labels.

    b.b. [ポリシー: ラベルの追加または削除] ペインで、すべてのラベルを選択し、 [OK] を選択します。From the Policy: Add or remove labels pane, select all the labels, and then select OK.

    c.c. [ポリシー:グローバル] ペインに戻り、 [保存] を選択します。Back on the Policy: Global pane, select Save.

Azure portal でラベルを公開すると、Azure Information Protection クライアント (クラシック) でそれらを使用できるようになります。Publishing the labels in the Azure portal makes them available for the Azure Information Protection client (classic).

ラベルを表示するView your labels

[分類] > [ラベル] を選択し、少し時間を割いて [Azure Information Protection - ラベル] ペインに表示されるラベルをよく理解しておきます。Select Classifications > Labels, and spend a few minutes familiarizing yourself with the labels that are displayed on the Azure Information Protection - Labels pane.

それが前のセクションの図で示されたラベルに似ていない場合、お客様が使用しているのは Azure Information Protection の既定のラベルではなく、おそらく Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターか、Microsoft 365 セキュリティ センター、または Microsoft 365 コンプライアンス センターで作成されたラベルです。If they don't look similar to the labels in the picture from the previous section, you aren't using default labels from Azure Information Protection but labels that might have been created from the Office 365 Security & Compliance Center, the Microsoft 365 Security center, or the Microsoft 365 Compliance center.

ヒント

カスタム ラベルを使用したくない場合は、Azure Information Protection の既定のラベルを代わりに使用してください。If you don't want to use your custom labels, but instead, use default labels from Azure Information Protection:

  • カスタム ラベルを削除すると、前のセクションで説明したように、 [ラベル] ペインに既定のラベルを生成するオプションが表示されます。Delete the custom labels and you then see the option to generate default labels in the Labels pane, as described in the previous section.

[Azure Information Protection - ラベル] ペインでは:From the Azure Information Protection - Labels pane:

  • 分類用のラベルは、 [Personal (個人)][Public (公開)][General (全般)][Confidential (社外秘)][Highly Confidential (非常に機密性の高い社外秘)] です。The default labels for classification are Personal, Public, General, Confidential, and Highly Confidential. 最後の 2 つのラベルを展開するとサブラベルが表示されます。これは、分類にサブカテゴリを設定できることを示す例となります。The last two labels expand to show sublabels, which provide examples of how a classification can have subcategories.

  • [マーキング] 列と [保護] 列から、一部のラベルには視覚的なマーカーが構成されていることを確認できます。From the MARKING and PROTECTION columns, you can see that some labels have visual markings configured. 視覚的なマーカーとは、フッター、ヘッダー、および透かしです。The visual markers are a footer, header, and watermark. 一部のラベルには、保護も設定されています。Some labels might also have protection set.

次に例を示します。For example:

Azure Information Protection の既定のラベルのクイック スタートの概要

ラベルを選択すると、そのラベル構成の詳細が新しいペインに表示されます。If you select a label, you see details for that label configuration on a new pane.

ポリシー設定を表示するView your policy settings

Azure portal を使用して Azure Information Protection サービスに初めて接続するときに、Azure Information Protection クライアント (クラシック) によって使用される既定のポリシー設定が常に自動的に作成されます。The first time you connect to the Azure Information Protection service by using the Azure portal, default policy settings are always created for you that are used by the Azure Information Protection client (classic). クラシック クライアントに対して、ポリシー設定と前述のラベルがクライアントの Azure Information Protection ポリシー内にダウンロードされます。For the classic client, policy settings and the labels we viewed are downloaded to the client in the Azure Information Protection policy.

Azure Information Protection の統合ラベル付けクライアントを使用している場合、このクライアントではこれらのポリシー設定は使用されません。If you are using the Azure Information Protection unified labeling client, this client does not use these policy settings. 代わりに、このクライアントには同じラベルがダウンロードされますが、Office 365 コンプライアンス & セキュリティ センター、Microsoft 365 コンプライアンス センター、または Microsoft 365 セキュリティ センターからのものとは異なるポリシー設定がダウンロードされます。Instead, this client downloads the same labels but different policy settings from the Office 365 Compliance & Security Center, the Microsoft 365 Compliance center, or the Microsoft 365 Security center. Azure portal の代わりに、これらの管理センターを使ってラベルとラベルのポリシーを編集します。Use those admin centers to edit your labels and label policies instead of the Azure portal.

クラシック クライアント用の Azure Information Protection の既定のポリシー設定を表示するには:To view the default Azure Information Protection policy settings for the classic client:

  1. [分類] > [ポリシー] > [グローバル] を選択して、お客様のテナントに対して作成された既定の Azure Information Protection ポリシー設定を表示します。Select Classifications > Policies > Global to display the default Azure Information Protection policy settings that are created for your tenant.

  2. [表示する設定を構成して、Information Protection のエンド ユーザーに適用する] セクションで、ラベルの後ろにポリシー設定が表示されます。After the labels, in the Configure settings to display and apply on Information Protection end users section, you see the policy settings. たとえば、既定のラベル セットはなく、ドキュメントと電子メールはラベルが必須ではなく、ユーザーがラベルを変更するときに理由を示す必要はありません。For example, there is no default label set, documents and emails are not required to have a label, and users do not have to provide justification when they change labels:

    Azure Information Protection ポリシーのグローバル設定

  3. これで、ポータルで開いたすべてのペインを閉じることができます。You can now close any panes in the portal that you have opened.

次の手順Next steps

クラシック クライアントを使用している場合:If you are using the classic client:

統合ラベル付けクライアントを使用している場合:If you are using the unified labeling client:

これらのクライアントの違いがわからない場合は、Not sure of the difference between these clients? こちらの FAQ を参照してください。See this FAQ.